熟年 離婚 ブログ。 50代で離婚した人達の人気ブログ

50代で離婚した人達の人気ブログ

熟年 離婚 ブログ

夫婦別|熟年離婚の原因 どうして長年連れ添った夫婦が離婚をしてしまうのでしょうか?それでは早速、その原因についてご紹介します。 夫婦で共通する熟年離婚の原因 まずは、夫婦で共通する熟年離婚の原因からみてきましょう。 一緒にいる理由が見つからない 一緒にいる意味を見出せなくなったことから離婚を決断するパターンが多いようです。 長年溜め続けた不満が爆発する場合と、なぜこの人と一緒にいるのか突然わからなくなる日が来ることもあるようです。 例えば、相手配偶者が平日・休日供に外で過ごすことが多く、夫婦で一緒に過ごす時間がほとんどないような場合は、もう一方の配偶者からすれば一緒にいる理由が見つからなくなってしまうなんてこともあるのかもしれません。 他にも、例えば夫がこれまでは仕事一筋で家にほとんどいなかったのに、定年後にずっと家にいる状態となったことで、妻側からは、これまで見えなかった、あまり気にならなかった夫への不満やいらだちが募ってしまうということもあるかもしれません。 結果、一緒にいるより離婚する方が楽ではないかと考えてしまうこともあるのでしょう。 子どもの心配がなくなった 熟年夫婦の場合、子どもが成人して自立している場合がほとんどでしょう。 これまでは不満があっても子どものために離婚を踏みとどまっていた夫婦の場合、子供が独り立ちしたことをきっかけに離婚を考えるということもあるのかもしれません。 他に好きな人ができた 配偶者以外の異性を好きになってしまい、新たなパートナーと残りの人生を共に歩みたいと願うようになった場合、もう今の配偶者とは一緒にいられないと考えてしまうこともあるかもしれません。 身内の死を体験してから考えが変わった 年齢を重ねるにつれ、自身の両親や親戚など自分の周囲で亡くなる方も増えていくでしょう。 そのような親しい人間の死を目の当たりにしたとき、自分の人生に疑問や不安を覚えるというケースもあるのかもしれません。 そのような疑問や不安から、現在のパートナーとの生活を改めて見直すようになり、離婚を決意するに至るということも否定できません。 介護問題 自身が年齢を重ねてくれば、自分の両親や相手配偶者の両親の介護の問題に直面することになります。 この介護の負担は時に深刻な問題となりがちであり、このことが引き金となり離婚に繋がることも少なくないようです。 例えば、親の介護を家庭で行うか、施設に任せるか、家庭内で介護する場合の役割分担をどうするかなど介護の方針について夫婦間でもめてしまい、これが大きなトラブルに発展することもあるようです。 例えば、このような介護の問題について話し合おうとしても一方がこれに非協力的であったり、一方配偶者のみが介護の負担を押し付けられたり、そもそも介護の負担が重すぎたりなどのケースでは、このようなトラブルに発展しやすいといえるかもしれません。 妻側から見た熟年離婚の原因 熟年離婚についてまず妻側の視点から見て、どのようなケースがあるかを考えてみたいと思います。 夫が定年退職したから 妻が夫の定年退職と同時に離婚を切り出すケースは少なくないようです。 その理由としては以下のような理由があると考えられます。 1つは夫の退職金について財産分与を受けることで、それを老後資金として新たな人生をスタートしようと企図してしまうことが考えられます。 2つめは、上述もしましたが、定年退職した夫が毎日朝から晩まで家にいることが耐えられないという理由が考えられます。 妻ではなく家政婦のように扱われるのが嫌になった 妻が専業主婦であり、夫の仕事により生計を立てているという家庭の場合、妻が家事・育児をすることが当たり前であるという風潮は依然としてあります。 そのためか、妻が長年賢明に家事・育児をこなしてきたのに、夫から労いの言葉は一切なく、手伝いもしないというケースは珍しくないでしょう。 こんな状態が長く続いたことで、妻側はいつしか自分は妻ではなく、家政婦ではないかと不満を持つこともあるのかもしれません。 総務省労働力調査の結果によると、昨今では共働き世帯が年々増加し、上記の風潮も変わってきているとは思われますが、熟年夫婦の家庭ではこのような風潮はまだ残っているケースが多いのではないでしょうか。 引用元:「」男女共同参画局 このような不満が蓄積し、ある日、妻が夫婦でいることが嫌になって離婚を決意するということはあるのかもしれません。 何度言っても悪いところを直してくれなかった 長年供に生活する中で、相手に直してほしいところを何度伝えたものの切聞く耳を持ってくれなかったという理由から、妻が夫に愛想を尽かして離婚を決意するということもあるそうです。 例えば、夫からすれば「こんな細かいことどうでも良いだろ」と思っていた事柄であっても、妻からすれば、「あなたにとっては細かいことでも、毎日あなたの脱ぎっぱなしの靴下を片付けることは大きなストレスになるのよ!」といいたくなることもあるのでしょう。 こういった小さな事の積み重ねが妻にとって負担となり、これが長年蓄積され、ある日我慢できなくなってしまい、妻に「夫がいない方が、楽に生活が送れるわ。 」と思わせてしまうのかもしれません。 夫側から見た熟年離婚の原因 続いて夫側の視点から見た熟年離婚のケースについて考えたいと思います。 家計を握られるのが嫌になった 妻が家計を管理している家庭では、夫が一生懸命働いて稼いだお金は妻が管理し、夫はわずかなお小遣いでやりくりしているというケースは珍しくないでしょう。 このように自分が稼いだお金を全て妻に管理されてしまい、自分で自由に使うことができないことにうんざりして離婚を考えてしまうケースもあるかもしれません。 妻の小言に耐えられなくなった 家庭内でのDVやモラルハラスメントは夫から妻にされるものだけでなく、妻から夫にされるものも珍しくないようです。 例えば、夫が毎日のように些細なことで妻からなじられ、以下のような暴言を繰り返されれば、嫌気がさしても仕方のないことです。 実際、統計的にも妻から夫に対するモラハラやDVの認知件数は増加傾向にあるようです。 また、家庭裁判所への調停申立事件の統計データでは、夫・妻ともに精神的な虐待を理由とするものが1位となっております。 引用元:「」裁判所 上記のデータからも、いかに日々の相手からの言動が離婚に繋がっているのかが分かりますね。 自分への愛情が感じられない 夫側としても、妻がいい加減な食事しか出さなかったり、自分のために時間を犠牲にすることを拒否したり、家庭内であまり相手にしてくれないということが続けば、妻からの愛情を疑ってしまうこともあるでしょう。 例えば、夫の仕事で生計を立てているというような家庭でこのような夫をないがしろにするようなことが続けば、 夫としては「こんなに愛されないのなら、家庭のために働くのが馬鹿馬鹿しいな」と感じてしまっても無理はないかも知れません。 結果、この不満に耐えきれずに離婚を決意してしまうこともあるでしょう。 熟年離婚の件数と離婚率の推移 熟年離婚に至る原因は共通するものも多いですが、それぞれみていくとやはり違った考えの元から離婚を決意することが分かりましたね。 では、実際に熟年離婚をした夫婦の件数はどの程度いるのでしょうか。 ここでは国の集計した統計データに基づいてその離婚率をみていきます。 熟年離婚の件数 同居期間別にみた離婚件数です。 同居してから20年から25年で離婚に至る熟年夫婦が一番多いようです。 平成17年度は熟年離婚のピークを迎えていました。 平成27年度で少し落ち着いてきたものの、平成2年と比べると明らかに離婚件数が増えています。 参考: 熟年離婚の離婚率 次に、熟年離婚の離婚率をみてみましょう。 夫と妻共に40代後半での離婚がピークと考えられます。 一般的に20年以上婚姻関係が続いた夫婦は熟年夫婦といわれますので、40代でも熟年離婚に至っている夫婦もいるでしょう。 参考: 熟年離婚をするなら離婚後の生活について考えておく 熟年離婚を考えたときに、まずは離婚後の生活についてよく考える必要があります。 1人で生活できるか 離婚をしたらこれまで共同生活していたものが、独りで生活することになることも多いです。 離婚後に両親や別パートナーと同居するのであればともかく、全くの独りでスタートする場合には老後どのように生計を立てていくかについてよく考えなければなりません。 自分の両親について介護が必要となる可能性や自分自身が介護を要する状態になる可能性についても十分に考えなければなりません。 また、生計を立てるかどうかよりは優先度は下がるかも知れませんが、今後、自分が周囲とどのように関わっていくかもよくよく考えるべきでしょう。 いざ1人での生活がスタートするととても寂しい思いをする可能性もあります。 今のままだと今後どういった生活を送ることになりそうか真剣に考えてください。 仕事はあるか 上記の生計を立てることと関連する事柄ですが、離婚後の仕事(収入源)の確保はできていますか? 老後の生活をカバーするのに十分な資産があればともかく、そうでない場合には生活のためにどのように仕事をしていくかをまず考えなければなりません。 金銭面の心配はないか これも生計を立てることと関連しますが、もし離婚後に十分な収入が期待できない場合には、老後の生活をまかなえるほどの資産はありますか? 老後はとてもお金がかかります。 離婚の際に財産分与で一定の資産を得られたとしても、それだけで老後の生活がまかなえるかはわかりません。 自分の今後の人生設計とそれに見合う資産の有無は慎重に検証する必要があるでしょう。 場合によっては生命保険のライフプランナーなど専門家に相談してみるべきでしょう。 金銭面でいうと財産分与というものがありますので、詳しくは「」の記事をご覧ください。 日常生活は大丈夫か 多くの場合男性側にいえるのかもしれませんが、これまでの食事や家事全般を相手配偶者に任せきりにしていたような場合、離婚後は自分でこれらをこなしていかなければなりません。 例えば、食事一つとっても健康面や経済面を考えれば、毎日外食したり、コンビニやスーパーのお惣菜を食べつ続けるというのもつらいものがあるでしょう。 このような炊事だけでなく、家の掃除や選択も離婚後は自分の力でやっていかなければなりません。 これらが苦にならないなら別に問題ないかもしれませんが、そもそも自分にそのような生活力があるかは一度考えてみても良いかもしれません。 熟年離婚をしてよかったことと後悔したこと 熟年離婚が良いか悪いかは当事者次第ですが、一般的には以下のようなメリット・デメリットが考えられます。 よかったこと 熟年離婚により自分のためだけに新たな人生をスタートできることをメリットと捉える人は多いようです。 例えば、熟年離婚を機に今までできなかった趣味を始めたり、新たな仕事に挑戦したり、交友関係を広げたりと自分だけの人生を謳歌するということは魅力の一つかもしれません。 後悔したこと 長年一緒に過ごしてきた相手と別れ、いざ1人で生活してみると想像以上に寂しいと感じることがあるかもしれません。 一時的なものと割り切ることができればそれでよいですが、もしこの孤独感を引きずるようなことがあれば、それは非常に辛いことといえそうです。 また、このような孤独感に加え経済的な不安も重なってしまうと、心身の健康を害することにもなりかねません。 熟年離婚の最大のデメリットはこのような独りで生活することに不可避的に伴う不安といえそうです。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 熟年離婚をしたくない場合 相手に熟年離婚を切り出されてしまったが、自分はやりなおしたい。 また、相手から熟年離婚を切り出されることを回避したいという場合、以下のようなことに注意してみてはいかがでしょうか。 子どもに間をとりもってもらう 夫婦仲を修復する方法の一つとして、子どもに間に入ってもらってコミュニケーションを回復することが挙げられると思います。 当事者同士のみでは素直な気持ちを伝えられないときも、子どもを介して相手に伝えることはできるのではないでしょうか。 同時に子どもから第三者の立場で意見をもらうことで、冷静になれるというメリットもあります。 夫婦間でぎくしゃくしてしまい、これを解消するための話合いもうまくできそうにないという場合、子どもを交えて話すことで関係修復を模索するという方法は検討に値します。 自分が悪い場合はきちんと謝罪し話し合う 離婚を切り出された側は、なぜ相手をそう思わせてしまったのかよく考えましょう。 そして、相手から指摘されたことについて、客観的に見つめ直すことは大切です。 これが客観視できず、「でも」や「私だって」といった自己中心的な見方で物事を見てしまうと、解決は困難です。 客観的に見て、自分にも非があるようであれば、素直に謝るべきでしょう。 また、客観視した結果、相手がおかしいと考えることもあるでしょうが、相手には相手の考え方があるということを理解する姿勢が大切です。 この場合も、「お前が間違っている」と一方的にいうのではなく、自分はこう考えるがどうかということを相手に伝えつつ、相手の考え方に耳を傾け、これを尊重する姿勢を取るように心がけてはいかがでしょうか。 プロの手を借りてみる 2人では修復不可能と考えた場合は、思い切って離婚カウンセラーに相談してみましょう。 カウンセラーという他人からの客観的意見を取り入れることで夫婦関係の修復に兆しが見えることもあるかもしれません。 もちろんカウンセラーに頼るだけでは駄目です。 カウンセラーの手を借りながら自分自身が変わる努力をしましょう。 お互いに悪いところがある場合は素直に認め、改善する努力をする 離婚を切り出した側もそうじゃない側も、お互いに悪いところがあるのであれば、お互い反省して、改善の努力をする姿勢が大切です。 特に熟年夫婦のケースでは年を重ねたことで、お互い自分のことには頑固になりがちです。 「自分はこうだ!」と譲らない姿勢を貫いてしまえば、問題の解決は遠のいてしまいます。 夫婦に限らず人とうまく付き合うためには、相手の立場で物事を考え、相手の考え方を尊重し、必要に応じて譲歩することが大切です。 離婚を回避したいのであれば絶対にやるべきことだとお考えください。 夫から妻にできること 妻が夫に対する不満でよく挙がるのが「感謝されなくなった」「褒められなくなった」ということです。 妻との関係を修復したいのであれば、妻を褒めることが恥ずかしいと感じる場合は、ありがとうをたくさん言うようにしてください。 食事を用意してくれたとき、洗濯をしてくれたとき、掃除をしてくれたとき。 ありがとうを言うチャンスはたくさんありますので、ぜひ実践してください。 もしかしたら妻から「何をいまさら」等のことを言われるかもしれません。 それでもめげずに続けてください。 夫婦関係を修復するための一番の近道ですからね。 妻から夫にできること これまで何か決めるときに、夫に選択権を与えてきたか考えてみてください。 「あなたはどう思う?」夫に意見を求めていましたか?夫の力が必要という姿勢でいることは非常に大切です。 男性はいくつになっても頼られたり、すごい!と言われたい生き物です。 もちろん男性は頼りたい願望もありますので、時にはあなたがリードすることも大切でしょう。 でも、これまで何でも勝手に決めてきてしまったのであれば、これからは夫の力を借りるようにしてください。 また、お金に関することばかり話題にしないように気をつけてくださいね。 相手に対して感謝の気持ちを伝える 熟年離婚に至るケースの中に、相手からの愛情を感じなくなったというケースがあることは上記のとおりです。 相手に対して感謝の念があったとしても、言葉にしなければ絶対に伝わりません。 もし、相手との関係を修復したいのであれば、相手に対して率直に感謝の念を述べることや相手と積極的にコミュニケーションを取ることをを意識してみてはいかがでしょうか。 食事を用意してくれたとき、洗濯をしてくれたとき、掃除をしてくれたとき。 ありがとうを言うチャンスはたくさんありますし、テレビ番組のこと、趣味のこと、家事のこと、子供・孫のことなど一緒に生活していれば共通の話題はいくらでもあるでしょう。 このような機会に敢えて感謝の言葉を伝えたり、コミュニケーションを取ったりすることで、関係を修復できる場合もあります。 まとめ 熟年離婚の原因は人それぞれだとは思います。 既に修復不可能な夫婦であれば離婚を選択したほうが幸せになるのかもしれません。 しかし、まだ修復可能の段階であるのなら、手遅れになる前にすぐに自分のすべきことが何かお考えいただければと思います。

次の

熟年離婚のその後|末路や後悔・よかったことなどの体験談まとめ|離婚弁護士ナビ

熟年 離婚 ブログ

「もし熟年離婚をしたら…女性が一人で生活できるのかしら…」 「夫の浮気に苦しめられ続けた生活…もうイヤ! 」 「私の人生…このままでいいのかしら…」 「夫の浪費ぐせに、今後も我慢しないといけないの…」 こんな想いが湧いているあなたは、いままで、家族に尽くしてきて20数年、子どもたちのためにと自分の本当の想いに目をつぶってきたのではないしょうか。 でも、もはや子供たちも立派に自立し、一安心。 50代を過ぎて、ふと残りの人生を考えるとき…『熟年離婚』の言葉が浮かんでくるかもしれません。 「ダメダメ。 生活費や老後のお金はどうするの」 「これから仕事なんてできるのかしら」 「生活が変わると、 いままでのお友達との関係や趣味が続けられなくなるかもしれない…」 不安もいっぱい出てきますよね。 この記事で、実際に「熟年離婚」という行動を起こした先輩たちの『その後』を覗いてみませんか。 ちなみに、熟年離婚には一般的に二つの意味があります 目次• 熟年離婚したい女性の後悔しない生活! 熟年離婚して「幸せな女性・不幸せな女性」それぞれの生活 熟年離婚した女性達は、その後は幸せなのでしょうか? それとも不幸せなのでしょうか? 実際には 「離婚してよかった」と幸せをかみしめる女性達と 「離婚しなければよかった」と不幸せに嘆く女性達がいます。 どんな違いがあるのか検証してみます。 熟年離婚で幸せをかみしめる女性達の「3つの自由」 熟年離婚で幸せをかみしめる女性は 「精神・行動・経済」の3つの自由を手にしています。 精神的な自由 夫にギャンブルや浪費の癖があると、妻は借金や日々の生活費の捻出に頭を悩まされます。 また、 夫から暴力や虐待を受ける恐怖や、浮気をされ続け傷つく苦痛もあります。 熟年離婚で、これらの問題が根本から解決したと感じると、相当に心が軽くなることでしょう。 ホッとできる状態が手に入るのです。 これこそ「精神的な自由」ですね。 行動の自由 結婚当初は 「妻だから」と自分を抑え、遠慮して、夫に合わせていた人間関係…結婚生活が長いと、小さな不満も、いつの間にか膨れ上がります。 大きなストレスになっていることが多いようです。 たとえば、• 夫の両親と折り合いが悪い• 夫側の兄弟姉妹とのかかわり方が一筋縄ではいかない• 夫の両親の介護に重圧を感じる また、自分の趣味や友達付き合いを、夫によく思われていないケースもあります。 「俺が働いている時間無にお前は遊んでいるのか」なんて言われ、楽しいはずの時間を 罪悪感を持ちながら過ごしたり…これらのストレスが、熟年離婚によって解放されると「行動の自由」として感じられます。 また、 熟年離婚後に、女性として自信を持てる出会いや、シニア再婚など新しい「行動の自由」に幸せを感じる方もいます。 経済的な自由 夫のギャンブルや浪費癖のために、妻として返済の義務を負っていたり、そこまででなくても、 妻個人が使うお金を制限されている場合があります。 洋服・化粧品などの女性特有の出費や趣味の費用などを「それは本当に必要なのか」などと監視されていた女性です。 このような体験を持っていると熟年離婚により「経済的な自由」を感じるようです。 「熟年離婚なんてしなければよかった」と嘆く女性達の「4つの不幸せ」 もちろん熟年離婚をして幸せをかみしめる女性ばかりではありません。 「熟年離婚なんてしなければよかった」と嘆く女性達が多いことも事実です。 その理由は大きく「4つの不幸せ」に分けられます。 「思い描いたことのない孤独感」という不幸せ あなたはたった一人での食事に慣れていますか?家族で住んでいれば、夫の姿がなくても、たとえ不仲であっても、家の中に人の気配があります。 あなたと関係している人たちの存在は感じられます。 それらを完全に失ったとき、 思い描いたことのない孤独感に襲われるといいます。 また、予定がない休日にやるせなさを感じ、会話をする相手がいない事実に愕然として 熟年離婚を不幸せだと感じます。 「生活が成り立たない」という不幸せ 熟年離婚後の 一人暮らしにいくらかかるのか、しっかりした見通しを立てられているかどうかは重要です。 見通しが甘かったり、そもそも見通しすら立てずに、 行き当たりばったりで離婚に踏み切ると、生活が成り立たなくなります。 子供に生活費の援助を求める方も多いようです。 ただ、子どもたち自身にも生活がありますから、ずっと面倒をみてもらえるとは限りません。 子供たちが先にギブアップしてしまい 縁を切られてしまった女性もいるのです。 「交友関係が続けられない」という不幸せ 熟年離婚ともなると、一緒にいた年数に比例して、交友関係のかなりの割合が、夫婦共通になります。 とくに、夫婦共通の趣味があり、同じコミュニティに所属していたりすると、それまでと 同じ交友関係を続けるのはなかなか難しいようです。 ですので、妻である女性自身の趣味のサークルなどがあれば、まだよいのですが、通常は、離婚したことで交友関係が続けにくくなり、居場所が少なくなります。 妻の身に危険があるほどに、切迫した夫婦関係の場合には、考慮すべき点ではないでしょう。 ですが、 良好な交友関係は、思っている以上に「人が快適に楽しく暮らしていくための潤滑油」となっています。 「これまで当たり前にしていたこと」がなくなった場合の想定もしておくと後悔が少なくて済みます。 また、 離婚後の経済状況によっては、これまでの趣味やコミュニティの付き合いに割くお金の余裕がなくなり、続けたくても続けられなくなるケースもあります。 「仕事がみつからない」という不幸せ 専業主婦、あるいは扶養控除内で仕事をしていた女性特有の悩みです。 彼女たちは家族が健やかに過ごすために、心地よい生活空間をととのえ、栄養を考えた食事をつくるなど、 お金に変えられない価値ある仕事をしてきました。 ですが残念なことに、収入を得るための仕事を開始するとなると、別の問題が出てきます。 家族を支えてきた経験が活かせて、かつ、満足のいく収入を得る職種はなかなかありません。 さらに、 社会で働いたのが数十年前で、特殊な技能がないとなれば、再就職はなかなか難しいのが現実です。 これに加えて離婚時の財産分与がうまくいかなかったりすると、かなりの確率で 熟年離婚後の生活資金が不足します。 その結果 「熟年離婚なんてしなければよかった」と嘆くことになります。 熟年離婚を経験した女性の実態 彼女達の不幸せの原因は、 「不十分な生活費」と「満たされない心」です。 そして、この2つをクリアするためには、 離婚に至るまでの十分な準備が必要です。 現実的な損得も勘定に入れて、 冷静に計画を立てることが大切です。 たとえば、夫から暴力や虐待を受けて 身体・精神ともに緊急事態にあったり、夫の浪費やギャンブルなどによる 借金の負債を抱えている場合です。 彼女達は、その後の 生活状況が厳しくても、離婚をした幸せの方が上回ります。 まとめ これまで熟年離婚を実際に行動を起こした、先輩たちのその後を覗いてきました。 もしあなたが、離婚後に後悔しない生活を送りたいのであれば 「離婚しなければよかった」と不幸せに嘆く女性達に大きなヒントがあります。 今の生活がツラいと「すぐに別れたい!」と感情的になりがちですが、熟年離婚後にもっとツラい思いをしないように、先輩たちの体験から大いに学びたいですね。 しかしそれから月収5万円も 稼げない期間が1年8ヶ月続く。 お金の不安と向き合いながら 集客の本質に気がつき2015年に お金に好かれる専門家としてリ・スタート。 10名弱の0期生は たった6ヶ月で3000万円以上の売上を達成! 山中自身がプロデュースする案件では たった2週間で2000万円の売上を生み出す。 プライベートでは料理が趣味、 全力で妻と2人の息子を愛する良きパパ。

次の

熟年離婚か家庭内別居か?対照的な60代のブロガーさん

熟年 離婚 ブログ

熟年離婚のその後、現実は厳しいです。 私は、夫と別居してもうすぐ4年になります。 音信不通になってから、2年がたとうとしています。 私の場合、離婚は成立していないので、熟年離婚ではなく熟年別居になりますが・・・ 50代のブロガーさんの記事を拝見すると、熟年離婚をした方をけっこうみかけます。 ある方は、熟年離婚後、キラキラとした人生をおくっています。 もう何年もブログを拝見していますが、どんどん変わっていきました。 私が、うらやましく感じるのは、芯の強さです。 めそめそした記事なんて見たことないです。 私にもその強さがあればと、何回も思いました。 今も、毎日キラキラと輝いた記事を発信されています。 熟年離婚後の生活を、自分の人生を楽しんでいるとても良い見本になっています。 もう一人の熟年離婚をした50代のブロガーさん。 以前記事にしました。 本当にしっかりされた方で、この方も芯が強いと思っていました。 自分をもっている、そして老後の設計までしっかりしていました。 すごいなと思っていたけれど、ストレスが原因でしょうか? 体調を崩されています。 夫と別れて、そのストレスからは解放されたけれど、今度は一人で生きていく覚悟が大きすぎて、頑張りすぎて、ストレスを抱えてしまったのでしょうか。 頑張りすぎはよくない。 申し訳ないけれど、そんなことを学びました。 熟年離婚のその後、現実は厳しく、生活は苦しいままです。 私の場合、とっさに飛び出し始まった別居です。 なので、ちゃんと準備をしてこなかったから、経済的に苦しいままです。 でも、精神的には、天国と地獄くらいの差があります。 パートを終えて帰宅する時、今は家に帰るのが楽しみでした。 自分の時間もたっぷりあります。 突然スイッチが入り、怒り出す夫がそばにいる。 それは大きなストレスでした。 いつもいつも夫の顔色を見て暮らしていました。 そのストレスからは解放されました。 熟年離婚その後、私は別れてよかったと、今は心からそう思います。 後悔しているのは、子供たちに心の傷を与えてしまったことです。 実の父親から、暴言を受け続けて、セルフイメージが低い大人になってしまいました。 自分に自信がないということです。 娘は26歳、息子は19歳だからまだ大人とは言えないかもしれないけれど、二人とも自分のことが嫌いだと言っています。 自分に自信がないという大きな心の傷が、いろんなことに影響を与えてしまっています。 もっと早く熟年別居すればよかったと思っています。 その熟年離婚は損?得?よく勉強してからの行動をお勧めします。

次の