誰か の 心臓 に なれ た なら ま ふま ふ。 ボカロのゴーストルールの解釈をお願いします!私は「人に気に入られたい子の...

#2 いらないでしょ? 2 (そらまふ)

誰か の 心臓 に なれ た なら ま ふま ふ

Warning: This song contains questionable elements; it may be inappropriate for younger audiences. The Vocaloid Lyrics Wiki attempts to follow the , and thus will not host lyrics which are extremely sexual, violent, or discriminatory in nature. If the lyrics found on this page is found to violate the Fandom TOU, they might be removed without notice. Lyrics Japanese Romaji English 「死にたいなんて言うなよ。 "shinitai nante iu na yo. 」 akiramenai de ikiro yo. " Live on without giving up! sonna uta ga tadashii nante bakageteru yo na. How foolish it is to say songs with lyrics like that are correct. "sore ga iya dakara" tte iu ego nan desu. なんて素敵なことでしょう。 nante suteki na koto deshou. What a wonderful thing that would be indeed... 画面の先では誰かが死んで gamen no saki de wa dareka ga shinde On the other side of the screen, someone dies それを嘆いて誰かが歌って sore o nageite dareka ga utatte Lamenting that, someone else sings それに感化された少年が sore ni kanka sareta shounen ga Influenced by that, a young boy ナイフを持って走った。 naifu o motte hashitta. Ran off carrying a knife. 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を kachikan mo ego mo oshitsukete itsumo dareka o koroshitai uta o Pushing values and ego, as always, so very simply we broadcast songs about 簡単に電波で流した。 kantan ni denpa de nagashita. wanting to kill somebody else over radio waves. 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. 軽々しく死にたいだとか karugarushiku shinitai datoka We who thoughtlessly say we want to die 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 karugarushiku inochi o miteru bokura wa inochi ni kirawarete iru. And look at life thoughtlessly, are hated by it. ikiru imi nante midasezu, muda o jikaku shite iki o suru. shounen datta bokutachi wa itsuka seinen ni kawatteku. We who were but youths at some point start to change into young adults. 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 toshioite itsuka kareha no you ni dare ni mo shirarezu kuchite iku. Growing old, one day we rot away like fallen leaves with not a soul in the world knowing of our existence... 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 fujimi no karada o te ni irete, isshou shinazu ni ikite iku. Obtaining an immortal body, and living our whole existence without dying… そんなSFを妄想してる sonna SF o mousou shiteru... mujun o kakaete ikiteku nante okorarete shimau. Living on carrying such contradictions... 「正しいものは正しくいなさい。 」 "tadashii mono wa tadashiku inasai. 」 "shinitakunai nara ikite inasai. zutto hitori de warae yo. Then you gotta laugh alone forever 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで koufuku no imi sura wakarazu, umareta kankyou bakari nikunde Without even grasping the meaning of joy, we just hate the hand life has dealt us 簡単に過去ばかり呪う。 kantan ni kako bakari norou. and merely curse our pasts. 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。 sayonara bakari ga sukisugite hontou no wakare nado shiranai bokura wa inochi ni kirawarete iru. 幸福も別れも愛情も友情も koufuku mo wakare mo aijou mo yuujou mo Happiness, farewells, love and friendship; 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 kokkei na yume no tawamure de zenbu kane de kaeru shiromono. 明日死んでしまうかもしれない。 ashita shinde shimau kamo shirenai. I might just die tomorrow you know, すべて無駄になるかもしれない。 subete muda ni naru kamo shirenai. Everything might just end up being for naught. 朝も夜も春も秋も asa mo yoru mo haru mo aki mo Mornings and nights, spring and autumn, 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 kawarazu dareka ga doko ka de shinu. Unchanging, someone dies somewhere. 夢も明日も何もいらない。 yume mo asu mo nani mo iranai. kimi ga ikite ita nara sore de ii. そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 sou da. hontou wa sou iu koto ga utaitai. Yeah... 命に嫌われている。 inochi ni kirawarete iru. Hated by life itself 結局いつかは死んでいく。 kekkyoku itsuka wa shinde iku. kimi datte boku datte itsuka wa kareha no you ni kuchiteku. You will, I will, one day all of us will rot away like fallen leaves それでも僕らは必死に生きて soredemo bokura wa hisshi ni ikite But regardless, we live on frantically-- 命を必死に抱えて生きて inochi o hisshi ni kakaete ikite Shouldering our lives, frantically, we live-- 殺してあがいて笑って抱えて koroshite agaite waratte kakaete Killing, struggling, laughing, shouldering it all 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 ikite, ikite, ikite, ikite, ikiro. Living, living, living, living-- just live. English translation by Forgetfulsubs Notable Derivatives.

次の

【まふまふを無料で聴くなら!】最新アルバムが全曲聞ける!?おすすめサービス3選

誰か の 心臓 に なれ た なら ま ふま ふ

Warning: This song contains questionable elements; it may be inappropriate for younger audiences. The Vocaloid Lyrics Wiki attempts to follow the , and thus will not host lyrics which are extremely sexual, violent, or discriminatory in nature. If the lyrics found on this page is found to violate the Fandom TOU, they might be removed without notice. Lyrics Japanese Romaji English 「死にたいなんて言うなよ。 "shinitai nante iu na yo. 」 akiramenai de ikiro yo. " Live on without giving up! sonna uta ga tadashii nante bakageteru yo na. How foolish it is to say songs with lyrics like that are correct. "sore ga iya dakara" tte iu ego nan desu. なんて素敵なことでしょう。 nante suteki na koto deshou. What a wonderful thing that would be indeed... 画面の先では誰かが死んで gamen no saki de wa dareka ga shinde On the other side of the screen, someone dies それを嘆いて誰かが歌って sore o nageite dareka ga utatte Lamenting that, someone else sings それに感化された少年が sore ni kanka sareta shounen ga Influenced by that, a young boy ナイフを持って走った。 naifu o motte hashitta. Ran off carrying a knife. 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を kachikan mo ego mo oshitsukete itsumo dareka o koroshitai uta o Pushing values and ego, as always, so very simply we broadcast songs about 簡単に電波で流した。 kantan ni denpa de nagashita. wanting to kill somebody else over radio waves. 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. 軽々しく死にたいだとか karugarushiku shinitai datoka We who thoughtlessly say we want to die 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 karugarushiku inochi o miteru bokura wa inochi ni kirawarete iru. And look at life thoughtlessly, are hated by it. ikiru imi nante midasezu, muda o jikaku shite iki o suru. shounen datta bokutachi wa itsuka seinen ni kawatteku. We who were but youths at some point start to change into young adults. 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 toshioite itsuka kareha no you ni dare ni mo shirarezu kuchite iku. Growing old, one day we rot away like fallen leaves with not a soul in the world knowing of our existence... 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 fujimi no karada o te ni irete, isshou shinazu ni ikite iku. Obtaining an immortal body, and living our whole existence without dying… そんなSFを妄想してる sonna SF o mousou shiteru... mujun o kakaete ikiteku nante okorarete shimau. Living on carrying such contradictions... 「正しいものは正しくいなさい。 」 "tadashii mono wa tadashiku inasai. 」 "shinitakunai nara ikite inasai. zutto hitori de warae yo. Then you gotta laugh alone forever 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで koufuku no imi sura wakarazu, umareta kankyou bakari nikunde Without even grasping the meaning of joy, we just hate the hand life has dealt us 簡単に過去ばかり呪う。 kantan ni kako bakari norou. and merely curse our pasts. 僕らは命に嫌われている。 bokura wa inochi ni kirawarete iru. We are hated by life itself. さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。 sayonara bakari ga sukisugite hontou no wakare nado shiranai bokura wa inochi ni kirawarete iru. 幸福も別れも愛情も友情も koufuku mo wakare mo aijou mo yuujou mo Happiness, farewells, love and friendship; 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 kokkei na yume no tawamure de zenbu kane de kaeru shiromono. 明日死んでしまうかもしれない。 ashita shinde shimau kamo shirenai. I might just die tomorrow you know, すべて無駄になるかもしれない。 subete muda ni naru kamo shirenai. Everything might just end up being for naught. 朝も夜も春も秋も asa mo yoru mo haru mo aki mo Mornings and nights, spring and autumn, 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 kawarazu dareka ga doko ka de shinu. Unchanging, someone dies somewhere. 夢も明日も何もいらない。 yume mo asu mo nani mo iranai. kimi ga ikite ita nara sore de ii. そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 sou da. hontou wa sou iu koto ga utaitai. Yeah... 命に嫌われている。 inochi ni kirawarete iru. Hated by life itself 結局いつかは死んでいく。 kekkyoku itsuka wa shinde iku. kimi datte boku datte itsuka wa kareha no you ni kuchiteku. You will, I will, one day all of us will rot away like fallen leaves それでも僕らは必死に生きて soredemo bokura wa hisshi ni ikite But regardless, we live on frantically-- 命を必死に抱えて生きて inochi o hisshi ni kakaete ikite Shouldering our lives, frantically, we live-- 殺してあがいて笑って抱えて koroshite agaite waratte kakaete Killing, struggling, laughing, shouldering it all 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 ikite, ikite, ikite, ikite, ikiro. Living, living, living, living-- just live. English translation by Forgetfulsubs Notable Derivatives.

次の

♧「だれかの心臓になれたなら」歌ってみたぬき。by うらたぬき

誰か の 心臓 に なれ た なら ま ふま ふ

ボカロ曲はよくわからない、なんて思ってるそこのあなた!「だれかの心臓になれたなら」という曲はボカロ曲の中でもダントツにエモい、最高の曲です。 是非、この記事を読んで「だれかの心臓になれたなら」を聴いてみてください。 きっとボカロの見方が変わるはずです。 「だれかの心臓になれたなら」ってどんな曲? 「だれかの心臓になれたなら」は、「ユリイ・カノン」さん氏が作詞・作曲・編曲したVOCALOID ボカロ 曲です。 2018年2月12日に発表されました。 ボカロ曲なので、歌っているのは機械の声の女の子。 名前はGUMIです。 ユリイ・カノンさんって誰? ユリイ・カノンさんは、VOCALOID、つまり人の声を機械で再現したパソコンソフトを使って作曲をしています。 いわゆるボカロP プロデューサー と呼ばれる人ですね。 2016年5月29日「【GUMI】 或いはテトラの片隅で 【オリジナル曲】」でニコニコ動画に初めて投稿します。 2016年10月26日に投稿された「【オリジナル】 おどりゃんせ 【初音ミク&GUMI】」がVOCALOIDランキング2位を獲得するほどの大ヒット作となりました。 また、初のVOCALOID殿堂入り 10万回再生 を果たします。 2018年9月13日20時55分には、VOCALOID伝説入り 100万回再生 まで達成したすごい人です。 ユリイ・カノンさんはどんな曲を作っているの? ユリイ・カノンさんは、ロックな曲調を得意とするボカロP プロデューサー です。 スピード感があって、ボカロキャラがかなり高い声で歌う曲を作ることが多いです。 また、初投稿からボーカルにはGUMIと初音ミクを使用しています。 デュエット曲の場合はこの2人を使って曲を作っています。 「だれかの心臓になれたなら」の歌詞の意味とは? とても、命について考えさせられるような歌詞ですね。 この歌詞で、主人公の「僕」は、登場人物の「君」から心臓をもらって生きています。 だから、あのとき僕が君から心臓をもらったように、僕も誰かの心臓、つまり命になりたい。 そんな意味の歌詞です。 全ての生き物の命には、限りがあります。 だからこそ、人生も一瞬一瞬を大切にしなければならないものです。 「だれかの心臓になれたなら」の歌詞は、そのことをもう一度確認させてくれます。 この歌詞は、人によって色々な意味が考えられそうですね。 この曲を聴いて、歌詞の意味を自由に考えてみてくださいね。 「だれかの心臓になれたなら」のニコニコ動画での反響がすごい! ニコニコ動画では、動画を見ている人が感じたことを、動画の上に自由にコメントすることができます。 次の感想は、「だれかの心臓になれたなら」を見た人の感想の一部です。 メロディーが良い まず、メロディーが素晴らしいです。 一度聴いたら忘れられません。 ボカロ曲で一番好き 聴いた瞬間、高いキー歌い始めるGUMIの声に心が高まります。 ボカロ曲で一番好き、という声も頷けますよ。 神曲 「神曲」、これに尽きます。 音楽の感じ方は人それぞれかもしれません。 しかし、あの疾走感のあるメロディー、リズム感、深い歌詞は、多くの人を魅了するはずです。 Youtubeの視聴回数600万回という数字を見ても、この曲に共感した人の多さがわかります。 泣ける・共感できる・心に染みる 歌詞を味わうのも楽しいですが、一回曲を聴いてみてください、泣けますよ。 本当に。 命について再確認させてくれるような、素敵な歌詞、きれいなメロディーに共感できます。 中毒性がある 特にボカロなんて機械の声でしょ、たぶんそんなに感動しないんじゃない?と思っている方にこそ、この曲は聴いてほしいです。 正直機械音がこんなにエモいなんて思いませんでした。 食わず嫌いは本当にもったいないです。 高性能なソフトとはいえ、ボカロは人間ではありません。 一歩間違えば、気の抜けた人の声のようにもなってしまうこともあります。 そこを、ソフトを使ってこの人間らしさのあるエモさを作り上げたのは、ユリイ・カノンさんの腕前のすごさがあるからと言えます。 とにかく一度聴いてみて欲しいイチオシ曲です! TEXT カッパナスビ.

次の