建設 業 キャリア アップ システム。 建設キャリアアップシステムのご紹介~2019年度本運用開始~

建設キャリアアップシステムの推進

建設 業 キャリア アップ システム

【建キャリ登録した?】建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリット 【建キャリ登録した?】建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリット• 2019. 21更新 今回は建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリットを取り上げます。 業界がこぞって建設キャリアアップシステム登録をしよう!という流れになっていますが、知り合いの業者さんは登録していないし、登録要請はあるけど別になくても仕事は来るのでまだ登録しなくてもいいかなと思いますよね?とはいえこのまま放置しておくのも…とも思っていませんか? この板挟み状況は、建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリットを知ることにより解消されます。 この記事を読むことで、建設キャリアアップシステム登録を前向きに考えることが出来るでしょう! ではさっそく説明を始めましょう。 令和2年1月1日以降、新規で外国人実習生が雇用できなくなる。 国交省は建設分野の技能実習生の受入れに当たり、下記事項を義務化しました。 申請者(雇用先)が建設業法第3条の許可を受けていること• 申請者(雇用先)が建設キャリアアップシステムに登録していること• 技能実習生を建設キャリアアップシステムに登録すること よって建設キャリアアップシステムの登録を行っていないと令和2年1月1日以降、新規で外国人実習生を雇用する事は不可能です。 また実習生の雇用が決まってから登録するにしても、事業者登録の登録完了までに1~3か月の期間を要するので、実習生を速やかに受け入れることが困難になります。

次の

建設キャリアアップシステム登録は強制?それとも任意?

建設 業 キャリア アップ システム

国土交通省と建設業界の大手団体が進める「建設キャリアアップシステム」。 既に2019年1月から試験運用が始まり、4月から本格的に全国で運用が開始されました。 「名前だけは聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。 ただ、実際どんなシステムで、どんなメリットがあるのかまでは、あまり知られていません。 そこで、今回は中小企業や職人目線で、システムの概要やメリットを紹介します。 導入背景/若年層が働きたくなる業界を目指して 「建築キャリアアップシステム」とは、簡単に言えば「建設現場で働く職人や現場監督の 資格、経験、現場歴などをデータベース化 して、 ICカードで仕事履歴を蓄積 していけるようにしよう」というものです。 もともとのスタートラインは、業界全体に広がる人材不足です。 現在、建設業界で働く人の数は約500万人。 ピークである1997年(平成9年)から3割ほども減っています。 要はベテラン3人に若手1人というバランスの悪い構成になっています。 そこで、経験を業界統一で評価することで、スキルアップが賃金アップに繋がりやすい形に是正したいという目的があります。 そこで、スキルアップすればICカードの色がステップアップしていくシステムを構築し、キャリアステップを思い描きやすい業界に変えるという目的もあります。 仕組み/建設技能者の職務経歴をIT化 「建設キャリアアップシステム」の具体的な仕組みは、このようなものです。 引用:一般社団法人 建設業振興基金|システムの概要編| システムの流れを見ておきます。 (1)情報を登録 まず、働く側の建設労働者、雇う側の事業者両方が基本情報を登録します。 ゆくゆくは4種類になる計画ですが、当面は一般カードと、登録基幹技能者の資格保持者に配られるゴールドカードの2種類です。 ・技能者 パソコンやスマホでいつでも閲覧でき、出力・印刷も可能なので、自らの経歴を確認し、転職時などにアピールすることができます。 ・事業者 自社の技能者の情報閲覧はもちろん、元請・上位事業者は自社の現場に入場中の事業者や技能者の情報を確認することができます。 他の事業者は、技能者と所属事業者が認めた情報に限って閲覧できます。 利用料/安価で利用可能 ちなみにシステムを利用する費用ですが、かなり控えめな金額です。

次の

【建キャリ登録した?】建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリット

建設 業 キャリア アップ システム

建設キャリアップシステム(Construction Career Up System, 略称CCUS)とは、建設業に関わる技能者の資格・社会保険加入状況・現場の就業履歴などを登録・蓄積し、技能者の適正な評価や建設事業者の業務負担軽減に役立てるための仕組みのことで、国土交通省が推進しています。 2020年1月には、国土交通省により外国人技能実習生のCCUS登録義務化が施行され、ますます対応が急務となる同システムですが、建設事業者の方々のなかには「現場の対応がスムーズにできないのでは…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、建設キャリアアップシステムの基本的な 概要から導入メリット、 申請方法、導入にともなう事業者や現場の 課題をわかりやすく整理してご紹介します。 国土交通省は、同システムの導入スケジュールについて「運用開始初年度で100万人の技能者の登録、 5年で全ての技能者(330万人)の登録を目標とする」と述べています。 また、2020年1月には外国人技能実習生のCCUS登録を義務化することを告示しました。 このような背景から、今後、建設キャリアアップシステムへの対応は、ますます必要性が高まると思われますが、建設事業者の方々にとっては、実際に「現場でどう対応できるか」「いつまでに対応をすべきか」など、迷われることもあるかと思います。 そこでまずは、建設キャリアアップシステムの目的や、事業者・技能者にとって同システムを活用するメリットを整理し、その重要性を考えてみましょう。 建設キャリアアップシステムが構築された背景には、日本全体の就業人口の減少や、それにともなう建設業界の人材不足に対策する目的があります。 建設業振興基金によると、建設業界の年齢別賃金(賃金カーブ)は、他の製造業より早い40歳前後にピークに到達しており、管理能力や後進の指導といった経験に裏付けられた技能者の能力が適切に評価されていないことが考えられます。 人材不足に対応し、若年層の入職を進めるためにも、建設業が他の産業と比べても「生涯を通じて魅力的な職業である」ことを目に見える形で示す必要があることから、このような仕組み化が求められました。 下記の項目では、建設キャリアアップシステムの3つの目的をわかりやすくまとめます。

次の