アジサイ ドライ フラワー。 アジサイをドライフラワーにする方法|初心者でも簡単な作り方とは?

【楽天市場】アジサイ:ドライフラワー工房ねこじゃらし

アジサイ ドライ フラワー

紫陽花のドライフラワーの簡単な作り方 どんな紫陽花でもドライフラワーはできるの? 紫陽花のドライフラワーは人気で、お洒落なカフェや雑貨店でも御覧になったことがあるかもしれません。 微妙な色合いのたくさんの花(がく片)をつけた紫陽花のドライフラワー、 「花びらが落ちないか?」 「色がこんなにきれいに残るのはどうしたらいいの?」 「簡単な作り方は?」 など疑問も浮かんでくることでしょう。 それらの疑問にお答えしたいと思います。 それは 「品種を選ぶこと」です。 紫陽花ならどんな紫陽花でもドライフラワーになるわけではありません。 ドライフラワーに向いている品種があるので、それをドライさせたほうが確実です。 今、流行りの 「秋色アジサイ」はPH値に関係なく、開花中に色の変化を楽しめます。 例えばアナベルは「薄い緑のつぼみ」から「クリーム色の花」そして「白い大輪の1状の花」から「ライムグリーンの手毬状の花」へと変化します。 秋色あじさいは「ヴィンテージ色」が人気なので、西安やピンクドゥードゥルなどが同じくくすんだ緑からアンティークピンクの指し色が入り、少し紫も入り・・・と本当に微妙な色の混ざり方で変化していきます。 花の状態がよくて、自分好みの色の時にカットしてドライすることができるのです。 ドライにできるかどうかは、「花の花色が変化する」ということが目安です。 「花色が枯れるように変化する」品種はドライには難しいでしょう。 次に挙げるアジサイは初心者でも簡単にドライフラワーにできる品種ですので参考になさってくださいね。 紫陽花のドライフラワーに向いている品種は? アナベル 簡単で、花付きも良く、管理も簡単で、ドライフラワーにも簡単にできる。 まさに アナベルは万能選手です。 庭のホワイトガーデンではその大輪で存在感を示し、すぐに切り取らなくても、だんだん緑に変わってくる様を楽しめて、そして、それをカットして、生けて、それからドライフラワーへと生まれ変わる。 冬まで楽しめるのですから、迷ったときにはアナベルをおすすめします。 ハイドランジア ピンクドゥードゥル 開花期は4~7月と長くとても花もちのよい品種です。 装飾花がカールしていて、最初は薄緑色で、そこから 徐々にアンティークピンクへと変化します。 ヴィンテージ色の変化を楽しむ「秋色アジサイ」としても人気です。 ドライフラワーでも色が残りやすいです。 ハイドランジア 西安 西安も色の変化を楽しめる「秋色アジサイ」です。 薄緑に紫がかった桃色が少しずつ色づけていきます。 花びら(ガク片)の縁が少しフリル状になっているのがとても愛らしい紫陽花です。 秋色アジサイとしてとても人気の品種です。 マジカルレボリューション マジカルという名の通り、不思議な色合いに変化する紫陽花です。 マジカル系などとして販売されています。 秋色あじさいとしてとても人気です。 青系、ピンク系などあり、土性PH値によって調整可能で す。 紫陽花のドライフラワーの簡単な作り方 失敗しないため、重要なのは「 切る時期」です。 花が終わって変色して水分がなくなってからは遅いです。 前述の秋色あじさいは、色の変化をするのでわかりにくいかもしれませんが、一番きれいな時期(花の形、色など)に花をカットする必要があります。 色がくすんで、花をちょっと持っただけでパラパラ花びらが落ちて・・・とならない為にも切る時期を適切にしましょう。 花が大きく開いて、装飾花に厚みが出たら、カットのサインです。 つぼみから開きたてはまだ厚みがまだ薄いので、ドライフラワーにすると壊れやすいです。 水をしっかり吸って、装飾花の花びら(ガク片)に厚みがでると、壊れにくいドライフラワーにできます。 ピンクドゥードゥル 花から三節目の上を見てみてください。 脇芽(葉や茎の付け根から出る芽)があります。 脇芽より上をカットしましょう。 少し水を吸わせるために花器に生けましょう。 茎からドライフラワーでは茎に、花の頭部分のみなら頭部分を取った部分に紐やリボンをつけましょう。 風通しが良く、直射日光の当たらない場所に頭を下にして吊るして乾燥させましょう。 スポンサーリンク 紫陽花のドライフラワー、失敗しないようにするには? 前述のように 「簡単な品種を選ぶこと」 「適切なタイミングで切ること」 「水をいったん吸わせること」 これが紫陽花のドライフラワーを作る際に失敗しないコツです。 あと付け加えるならば、 切る日の気候や時間帯も挙げられます。 午前か午後、できれば朝に切ること。 紫陽花の花の時期は気温が高くなっています。 秋色アジサイでしたら、8月後半のアジサイもあるかもしれません。 水不足では装飾花おしおれがちで、そのままドライにすると色も耐久性も劣ります。 切り花でも朝のみずみずしい時間帯に切るほうが元気ですよね。 ドライフラワーも同じです。 また、梅雨や台風の時期だと雨も多いです。 水を吸い上げることは重要なポイントですが、花自体が濡れていると、カビや変色の原因になってしまいます。 晴れた日の朝が一番適切な「カットの日」となりますので、実践してみてください。 紫陽花のドライフラワー 色を残すには? 紫陽花のドライフラワ-の色を残すのは難しい? ドライフラワーの色を残す、簡単なようで、実はこれが一番難しいかもしれません。 やはり、ここでも 重要なのは「切る時期」になります。 例えば、アナベルは薄緑のつぼみからクリーム色の小さな手毬状の花になり、そして生成りホワイトの大きな手毬のような花になります。 アナベルつぼみ そしてそのままにしておくと、ライムグリーンの花になりますが、ここでは手毬の大きさも装飾花の開き具合も変わりません。 この時期が切る時期です。 装飾花の咲きに少しくすんだピンクが入った時もいいです。 白っぽいドライフラワーにしたいか、少し赤みがかったヴィンテージっぽいドライフラワーにしたいかによって、カットの日を決めましょう。 また、ここで注意すべきは、 装飾花が丸くなり始めてからでは遅いということです。 開ききった後、花びらに厚みがあるとき、またしぼみ始めてない時期、色味が自分好みの時期、これらの条件は一瞬で過ぎてしまいます。 咲き始めたら、細目に花の様子をチェックしましょう。 紫陽花のドライフラワーの色を残すためには 「切るタイミング」が重要なのです。 紫陽花のドライフラワー、綺麗な色にするには? 直射日光の当たらない、風通しの良い場所、湿気やホコリの溜まりにくい場所で乾燥させてください。 折角、綺麗な時期に切って、吊るしても、直射日光が当たるとすぐにパリパリに日焼けしてしまいます。 また、風通しが悪い場所だと、装飾花がしんなりとしてしまいます。 そして、湿気やホコリも大敵です。 適切な場所で吊るしたのに、生活の湿気やホコリが溜まっては元も子もありません。 このようにお伝えすると、「やっぱり、紫陽花のドライフラワーは難しいじゃないの。 」と思われるかもしれません。 でも、ご自分が紫陽花になったつもりになってイメージしてみてください。 ハンモックで寝て一番気持ちのいい場所をイメージされるといいと思います。 直射日光、湿気、ホコリ、ある場所で快適にすごせないのと同じなのです。 吊るす場所に悩んだら、自分がハンモックで寝るのなら・・・をイメージされると簡単ですよ。 人も紫陽花も気持ちよく眠れる場所は同じなのです。 紫陽花のドライ フラワーの作り方のまとめ ご紹介したとおり、アジサイのドライフラワーの作り方はとても簡単です。 切る時期を見逃さなければ大丈夫。 そして、それが結果的に来年に紫陽花が花を咲かせることができるので、一石二鳥です。 ただ、注意点として、花を咲かせて色の変化を見る、いわゆる「秋色あじさい」を長く楽しめば楽しむほど、剪定の時期が遅れるということになるので、翌年の花は少なくなる可能性が出てきます。 ただ、その場合、「強剪定」をして株を強くさせる年と割り切ってしまう、若しくは、少しだけ花を残して、その他は、花後すぐに剪定して、来年の開花の準備、残している花で秋色アジサイとドライフラワーを楽しむ、そんな方法も良いと思います。 紫陽花は梅雨の時期の花というイメージがあるかもしれませんが、こうして、花の色の変化秋まで楽しみ、そして、花器に生けたり、ドライフラワーにしたりして、一年中楽しめる花だということに驚かれたのではないでしょうか? お庭に紫陽花がなければ、切り花を買ってきてもドライフラワーは作れます。 その場合は必ず、装飾花の厚みがあって、しっかりと水が上がった紫陽花を購入してください。 そして、すぐに水上げをして、いったん水をしっかりと吸い上げさせてください。 その後の手順は前述のとおりです。 毎年様々な品種が出るアジサイは母の日のギフトでも人気です。 また、フラワーアレンジメントとしても人気です。 庭に地植えでも、プラウンターで育てるのも、管理がしやすく、丈夫なので、初心者にも扱いやすい、それが紫陽花です。 そして、育てやすさに加えて、ドライフラワーにしやすいのも紫陽花なのです。 紫陽花の別名の通り、「七変化」するさまを楽しみながら、ドライフラワーにしてみてはいかがでしょうか?.

次の

日本紫陽花(アジサイ)のドライフラワーの作り方 必ず成功する裏技編

アジサイ ドライ フラワー

8月中旬までは綺麗に咲いていたのですが、8月下旬には一部の花が茶色に枯れ、花弁がカサカサしてきたので、ドライフラワーにすることにしました。 ドライフラワーにする部分は8月に切りました。 本来アナベルの剪定は、花が終わったら11月~12月ごろに枝を切り戻します。 初春に伸びる枝に花がつき、古い枝には花がつかず、枯れていきます。 上から2~3節目を切りました。 アレンジするときにこれではちょっと短かったので、切る時は、もっと茎を長めにしてください。 葉を落としておく。 花の形を綺麗に保ちやすくなります。 花がつやっと濡れた様になるまでしっかりかけておきました。 写真ではうっかり葉を付けたままですが、葉は水分が多いため、落としておきます。 やり方はこれだけ。 とっても簡単です 私はこれを瓶に立てたまま置いておきました。 2~3日ほどで茎がしっかり乾きました。 カサカサになって、色が少しくすんでいます。 花弁がぽろぽろ落ちるので、そろっと丁寧に扱いたいところです。 ヘアスプレーをしておいたので、花びらがくしゃっとなることなく仕上がりました 平行してドライ・イン・ウォーター法でもアナベルのドライフラワーを作ってみたのですが、どちらも仕上がりは似たり寄ったりでした。 枯れかけのアナベルは、ただ乾かすだけの製法で充分そうです 一番簡単な方法は、枯れかけ紫陽花をただ乾かすだけ。 カラカラに乾くまでの時間が短いと綺麗にできます。 一番簡単な方法は、色が変わって枯れかけの紫陽花を、晴れた日に収穫し、風通しの良い日陰で乾かすということです。 直射日光は変色の原因になるので避けて下さいね。 こちらは別のアジサイのドライフラワーです。 アンティークな色のドライ紫陽花はブリキとの相性抜群ですよね 一緒に写っているのはセリアさんのアイテムを使って、キーフックに加工したものです。 追記 ドライフラワーのその後・・ 下の写真は、1年後のアナベルのドライフラワーです。 クリックしても費用は一切掛かりませんので ご安心ください ブログ更新の何よりの励みになっております。

次の

紫陽花(アジサイ)ドライフラワーの失敗しない簡単な作り方!

アジサイ ドライ フラワー

CONENTS• 秋色アジサイがステキ! でも、秋まで枝につけておくと来年の花が・・・。 アジサイの花って 雨に濡れた表情がとてもきれいですよね。 見た目で 梅雨のうっとおしさを晴らしてくれるような、そんな気がします。 つぎつぎ 色が変化していく様子もおもしろくて、とても楽しみの多い植物ですね。 そんななか、秋まで枝につけたままにして、 シックな色合いになったアジサイが近年とても人気です。 そんなアジサイは 「秋色アジサイ」と呼ばれています。 ドライフラワーにして飾ると、とってもおしゃれですよね。 でも、 秋までアジサイの花を枝につけっぱなしにしておくと・・・。 残念ながら来年の花が咲きません! アジサイの花芽は8月ごろできる! アジサイは、 来年の花芽ができるのがとても早い植物で、なんと 今年の8~9月ごろには来年の花芽ができちゃうんです。 花芽は枝の上の方にできるので、秋まで花を枝につけておいて、 秋色アジサイができてから花を切ってしまうと、来年の花芽も一緒に切り落としてしまうことになるんです! 来年の花は咲かせたい、でも秋色アジサイのドライフラワーも楽しみたい。 そんなときには、花芽ができる寸前を狙いすまして花を切りましょう。 花を切る時期を間違わなければ、ドライフラワーにするのも簡単です! いつ花を切ればいいかというと・・・それは 7月下旬なんですよ! これ以上遅らせると、来年の花芽ができてしまうので、 7月中にはアジサイの花をカットしちゃいましょう! 秋色とまでは行かなくても、7月下旬にカットしても、かなり雰囲気のあるドライフラワーができますよ! アジサイは、咲き終わりにサインがある! アジサイは、花がいつまでもきれいなまま残るので、 いつ咲き終わったのか分かりにくいのですが、じつはちゃんと 咲き終わりのサインがあります。 その サインを確認してから花をカットしましょう。 アジサイの花は、咲き終わると花首が下を向いてくるのです。 なんだかアジサイが乱れた感じになったと思ったら、よく観察してみてください。 きっと花が下を向いているはずです。 さらに アジサイが咲き終わると、花が少しずつ緑がかってきます。 これも大事なサインですね。 アジサイの花首が下を向き、全体に緑色がかってきたら収穫時期です! 少し緑色が物足りないかな? と思えても、来年の花を咲かせるために、必ず7月中に収穫しましょう。 スポンサーリンク 咲き終わりのサインを無視してアジサイを収穫するとどうなるか、ちょっと実験してみました。 1、こちら、もともと青いアジサイを弱アルカリ性土壌で育てたので、中心が青でまわりが紫という不思議な色合いになったアジサイです。 なかなかステキに咲いてくれました。 これをドライフラワーにして残したいと思います。 まだ咲き終わりのサインはありませんが、ここで収穫します。 2、これは 咲き終わりのサインが出てすぐのアジサイです。 少し緑色がかっていますが、全体にまだまだ瑞々しい感じです。 この状態で収穫します。 3、こちらは 早くから咲いていたので、すっかり花が終わってしばらくたっています。 全部の花首が下を向いてしまっていますね。 緑色を越して、全体に白っぽくなっています。 ところどころ赤みも残っていて、これもなかなかステキです、こちらもドライフラワーにしたいと思います。 この状態で収穫します。 咲き終わりのサインが出てすぐの2、のアジサイは、シワになることなくドライフラワーになりました。 でも、 色味が残っているのは一部分だけ。 ほとんどは茶色く変色してしまいました。 3、の、咲き終わってからしばらくたったアジサイは、 色味はあまり変わらず、薄い紙のような質感になりました。 触ってみるとカサカサと、こちらも紙のような触り心地です。 アジサイをドライフラワーにして残したいなら、収穫時期がとても大切なのがよく分かりますね! 7月いっぱいまで粘って枝につけておき、なるべく3、のアジサイに近い状態になってから収穫すると、苦労せずにきれいなドライフラワーに仕上がります。 アジサイのドライフラワーの作り方 アジサイの花は、じつは 花びらではなく萼が変化したものです。 花びらよりも水分量が少ないので、ドライフラワーにしやすいのですね。 ここでは、 自然に乾燥させてドライフラワーにする簡単な方法を紹介します。 花を下にして吊るす方法もありますが、一番簡単なのが、葉をすべて取り、水を張らずに花瓶に挿しておく方法です。 エアコンの効いた、日の当たらない室内に飾っておけば、数日できれいなドライフラワーができます。 アジサイを飾っておくと、 小さなつぼみのようなものがポロポロ落ちてきます。 本当の花(真花)が乾いて落ちたものだと思われます。 全体がきれいに乾いたら、新聞紙の上で、このポロポロが出なくなるまで、 ていねいに真花を取り除きましょう。 花の裏側から手探りすると、よく取れます。 飾る場所には注意! そのまま 花瓶に飾っておいてもきれいですが、リースに仕立てても素敵ですよね^^ 飾る場所には注意してください。 できれば 夏の間はエアコンの効いた室内で飾るといいですよ。 せっかくきれいにドライフラワーになったアジサイは、 もう一度湿気を吸ってしまうと茶色く変色してしまいます。 乾いた場所に飾ってくださいね! まとめ 今回は、アジサイを自然乾燥でドライフラワーにする作り方を紹介しました。 アジサイをドライフラワーにする成功のカギは収穫時期です。 アジサイの花が終わり、来年の花芽を作るギリギリの7月いっぱいまで待ってから収穫すると、きれいなドライフラワーに残せます。 収穫時期さえ間違わなければ作るのは簡単です。

次の