珍しい名前ランキング。 数少ない珍しい女の子の名前ランキング2017!おすすめなのは?

実在する珍しい名前やキラキラネームランキング!後悔エピソードを紹介!

珍しい名前ランキング

珍しくて少ない女の子の名前ランキング ひととき流行したキラキラネームとは、またニュアンスが異なる珍しくて少ない名前。 なんて素敵な漢字を使っている名前なんだろう!と感じたその名前は、見た目だけではなく響きも素敵だったりします。 そんな頭が固い自分には思いつかない、素敵に心地よい名前。 スポンサードリンク 花心 名前の読み方は「かこ」と読みます。 とても綺麗な名前「花心」は、花を愛する方が考えた名前でしょうか。 清楚・素直・かわいらしい・癒されるなど、良いイメージばかり湧いてきます。 「花心」に願いを込めるなら「清らかな心で周囲の人を癒し、愛される人となって、花のある人生を送ってほしい」ですね。 「花心」は「かこ」の読み方の他にも、「はなこ」の読み方も考えられます。 花心のある風流な人になってほしいと願いを込めて「花心」と名づける方もいるそうですよ。 心優 名前の読み方は「みゆう」と読みます。 「心」は「気持ち」「おもいやり」など、「優」は「やさしい」「おだやか」などの意味があります。 漢字の通りに、広く温かい心で穏やかに、周囲の人に優しくできる人となってほしい!と願いが込められます。 漢字の見た目だけでも、温かい人を連想する名前ですね。 心優は「みゆう」の他にも「みひろ」とも読まれています。 茉宙 名前の読み方は「まひろ」と読みます。 ジャスミンの花をイメージする「茉」と、空や天を意味する「宙」で「茉宙」。 「茉宙」には、清純で美しく、広い心を持った人となって、世界にはばたいてほしい!と願いが込められます。 男の子の名前のイメージがある「宙」ですが、女の子らしいイメージがある「茉」と組み合わさると女の子の名前のイメージになりますね。 かなり珍しくてなかなか見ることのない名前ですが、響きがいいですね。 花穏 名前の読み方は「はのん」と読みます。 漢字の見た目は優しく、読み方の響きも穏やかに美しい名前ですね。 「花穏」に願いを込めるなら「穏やかで優しく、可憐にかわいらしい人になってほしい」でしょうか。 個人的には「はのん」の響きが好きですが、「かのん」という響きも素敵です。 「伽羅」は、とても良い香りがする木をいい、花言葉のなかに「高尚」という花言葉があります。 花言葉などから「伽羅」には、上品に気高く立派な人になってほしい!と願いが込められますね。 「伽羅」という名前の方には、本木雅弘・内田也哉子夫妻の娘「内田伽羅」さんがいますね。 本木雅弘・内田也哉子さんは、どんな願いを込めて「伽羅」と名づけたのでしょう? ちょっと聞いてみたいですね。 奏和 名前の読み方は「そわ」と読みます。 「奏」は「すすめる」「申し上げる」「かなでる」、「和」は「やわらぐ」「なごむ」などの意味があります。 「奏和」に込める願いは「人との和を大切にし、和ませ癒すことのできる人になってほしい」でしょうか。 「奏和」には、「そな」と言う読み方もありそうですね。 花が咲く・笑うなどの意味がある「咲」と、はね・つばさなどの意味がある「羽」で「咲羽」。 「咲羽」には、笑顔が素敵な魅力のある人となり、広い世界で活躍してほしい!と願いが込められます。 「さくは」の読み方の他に「さきは」の読み方もある名前です。 璃音 名前の読み方は「りおん」と読みます。 爽やかで透明感のあるイメージの「璃」、人を癒す力がある「音」の二文字で「璃音」。 「璃音」には、上品で透明感のある心を持つ人になってほしい!と願いが込められます。 「璃音」は、「りおん」の他に「りね」「りのん」の読み方もあります。 秋桜花 名前の読み方は「あきか」と読みます。 「秋桜」と書いて「コスモス」と読むと思っている方も多いかもしれませんが、秋桜はコスモスの和名で、読み方は「あきざくら」と読みます。 いつの日からか、秋桜を「コスモス」と読むようになったのは、山口百恵さんの「秋桜」という曲からだとされていますね。 「秋桜花」は、実り多い「秋」に、日本の国花とされている「桜」、植物の総称「花」の三文字から成っています。 「秋桜花」に願いが込められるなら「温かい心を持ち、華やかに実り豊かな人生を送ってほしい」でしょうか。 緋彩 名前の読み方は「ひいろ」と読みます。 「濃い紅色」「あか」の意味がある「緋」、「いろどり」「美しい」「あや」などの意味がある「彩」で「緋彩」。 魅力的な人を連想する名前「緋彩」に願いを込めるなら、「才能に恵まれ、美しく彩り豊かな人生を送ってほしい」ですね。 【11位】 美久梨 名前の読み方は「みくり」と読みます。 美しいなどの意味を持つ「美」、久しい・長いなどの意味を持つ「久」、果実のナシの意味がある「梨」で「美久梨」です。 「美久梨」に願いを込めるなら「豊かな感性を持つ心がきれいな人となり、人生を歩んでいってほしい」でしょうか。 【12位】 華緒 名前の読み方は「かお」と読みます。 美しく優雅なイメージがある「華」、しとやかで思いやりのあるイメージの「緒」の二文字で「華緒」。 「華緒」には、人とのつながりを大切にできる思いやりのある人となって、魅力ある人になってほしい!と願いが込められます。 【13位】 紗羽 名前の読み方は「さわ」と読みます。 しなやかに柔らかいイメージのある「紗」と、おおらかで広いイメージのある「羽」。 「紗羽」には、しなやかに柔軟性の備わった人となって、未来へはばたいてほしい!と願いが込められます。 【14位】 絵夢 名前の読み方は「えむ」と読みます。 漢字の見た目も響きも、かわいい「絵夢」。 「絵夢」に願いを込めるなら「豊かな感性を持って、夢を実現してほしい」と願いが込められますね。 【15位】 織舞 名前の読み方は「しきぶ」と読みます。 「織舞」は、機を織る・あやぎぬなどの意味を持つ「織」と、まう・励ますなどの意味を持つ「舞」から成っています。 「織舞」には、明るく周りを元気づけ、心遣いのできる優しい人になってほしい!と願いが込められそうです。 スポンサードリンク 終わりに・・・ いかがでしたか? 今回は、珍しくて数少ない変わった女の子の名前をランキング形式でご紹介しました。 あなたの目に留まるような素敵な名前はみつかったでしょうか。 人名に使える漢字も増え、当て字などで名前を名づけても何の違和感もない今日この頃。 親の願いや字画などを考えて名づけするなら、珍しい名前も素敵でいいですよね。 ただ、やっぱり読めない難読な名前には注意が必要ですよ。 自己満足にならないように、こどもの将来を願って名付けしてくださいね。 最後までありがとうございました。

次の

【絶滅寸前】日本に現在5世帯以下しかいない「珍しい名字(苗字)」20選

珍しい名前ランキング

実在する珍しい名前やキラキラネームランキング!後悔エピソードを紹介! 子供の名前を決めるのって本当に難しい・・・画数や姓名判断、文字数や漢字、響きやイメージなどなど、いろいろな考え方がありますよね。 夫婦そろって同じイメージを持つなんてことはめったにないでしょうし、男の子や女の子といった性別でも願いが変わってきます。 できるだけ個性的に!他の子供とかぶらない名前を!と思うパパママも多いとは思いますが、珍しすぎる名前はちょっと注意が必要です。 今回は、 そんな珍しい名前を持つ方の残念なエピソードをランキングにしてまとめてみました。 あ・・・この名前いいと思ってた・・・という方は、是非参考にしていてください。 スポンサードリンク 「いるみ」さんの場合 私の名前は 「いるみ」というちょっと珍しい名前なんです。 キラキラネームというか発音しづらくて、まず初対面や電話で必ず「えっ?もう一度お願いします」と必ず言われます。 なので、最初から「ちょっと聞きづらいんですけど、い!る!み!と言います」と一文字ずつ強調しています。 やっぱり皆さん、名前に「いるみ」という概念が無いんですよね。 そして「るみさん?」とか聞かれることも多いですね。 しかも、今は結婚して名字が「今井」になってしまったので「いまいいるみ」みたいになってしまい、さらに名前を言うのがおっくうです。 学生時代の出席簿から結婚式の席次表、病院診察券から領収書も仕事のメールの宛名などなど、正しい名前で記載されていた事はほぼ無く、もはや諦めています。 家も近く、産まれた日にちも近いため仲良くさせてもらっていますが、名前がティアラのために幼少期の頃はお姫様みたいだねと言われていました。 でも、だんだん大きくなるにつれてティアラとは似つかないような体格体型に・・・その時は本人もそれほど気にしていないようでしたね。 でも、その体型を生かしてちびっこ相撲を習っていたのですが、優勝するくらい強くなって本人もとても得意げだったのですが、ティアラという珍しい名前で相撲をする事からよくからかわれる事も多くなってしまい、いじめに近い状態に。 そのせいで得意だった相撲も辞めてしまいまったようです。 キラキラネームのせいで、得意なことを続けられないなんて・・・と、やっぱり名前を付ける時は注意が必要と感じました。 「きらり」さんの場合 私の名前は 「葵羅璃 きらり 」です。 この名前が本当に嫌で嫌で、名前を言うたびに「え?」「本名?」と言われて・・・ただでさえ珍しい名前なのに、20代も中盤なのでキラキラネームの先駆けみたいな感じで、今では多少の理解もありますけど子供の時は本当に周りの人に受け付けられていませんでした。 大人になった今では昔ほどにコンプレックスを感じていませんが、面接などの時に名前を言うのが怖いと言いますか、名前の印象からしっかりしていないようなイメージを持たれるような感じがして本当に嫌です。 自分の子供には普通の名前を付けてあげたいなと思います。 「のんのん」さんの場合 知り合いの子供ですが、 「のんのん」とつけられていました。 確かに幼い時は可愛いかもしれませんが、大人になってからは本人もその名前を嫌がっていたようです。 本人からすれば「普通の名前がよかった!」といつも言っていて、まるでどっかのキャラクターみたいだと、とても好きになれないそうです。 子供の頃はよくても大人になったらちょっと・・・という名前は多いのかも。 個性が大切!そう思って珍しい名前をつけるのかもしれませんが、つけられた本人はたまったものではないのかもしれませんね。 最近では特に変わった名前が多いですが、子供は自分では名前を選べませんから、やはり一生付き合っていく大切な名前だからこそきちんと考えてつけてあげたいものですね。 「あんじゅ」さんの場合 私の名前は 「安寿 あんじゅ 」と言います。 今の若い人には珍しくないかもしれませんが、私が小学生当時にはなかなかいなくてかなり珍しい名前でした。 おばあちゃんが命名してくれたらしいのですが、安寿と厨子王と言うお話からとった名前だと聞かされました。 素敵な思いやりがあるお姫様の名前なのと言われてきて小さい頃は喜んでいましたが、年頃になってその安寿と厨子王の話を読むと、凄絶な人生を歩んだお姫様だったのでかなりショックでした。 なんでそんな名前つけたんだと言ったら、おばあちゃんは響きがすごく素敵だったからと安易な理由でダブルでショックでした。 読み方が珍しい名前で、漢字だけだと男性に間違えられることがよくあります。 高校生までは先生たちに名前と顔を覚えてもらえていて、「みなみ」さんと呼んでもらえていたのであまり名前を気にしたことはありませんでした。 でも大学生になると、生徒数が多く先生たちに顔と名前を覚えてもらえることが少なくなったので、出席をとるときに「みなみ」くんと呼ばれたり、メールでも男性に間違われたりすることが増えました。 そのときは少し悲しくなりましたね。 初対面の方で1回で読むことが出来る方にお会いしたことがほとんどありません。 学生時代は転勤族だったので、転校するたびに学校の先生に名前を覚えてもらうのに大変苦労しました。 読み方だけでなく書き方も難しいので、名前を間違えられることはしょっちゅうです。 卒業アルバムや卒業証書、合格通知や役所の書類などは何回もチェックが必要でしたね。 どうせならアルファベット表記にしてくれたらどんなに楽だったのに…と思うことが多いです。 今では気に入っている名前ですが、学生の頃はとてもからかわれました。 今ではキラキラネームなんて言葉もあるくらい珍しい名前も増えてきましたが、私が学生の頃はまだ変わった名前などが流行っていなかったもあって、随分とバカにされたものです。 今は国際化社会なので日本語の観点から見て綺麗な名前でも、せめて英語で同じような音の悪い意味の言葉がないか、名付けの際に考えた方がいいのかなと思いました。 個性的な名前をつけてあげたい親の気持ちは十分分かりますが悪い印象の珍しい名前になることは避けたいですね。 「きらり」さんの場合 私の娘が通う幼稚園のお友達が少し珍しい名前を持っています。 最近キラキラネームが多くて個人的にはあまり好きではないので、自分の子どもにはキラキラネームではなく誰が読んでも間違えないで読んでもらえる名前にしようね!ということで、少し古風な名前を名付けました。 ところが、友だちから「キラキラネーム?大吉と書いて超ラッキーと読むの?」と言われることが多々あります。 そんなはずないでしょ!っていつも思っていますが、キラキラネームが多い世代の弊害ですかね・・・。 絶対にキラキラネームではなく、しっかりと読んでもらえる名前だ!と自信を持っていたのですが、まさかそんな読まれ方をするとは思ってもいなかったのでショックでした。 「りえ」さんの場合 私の名前は 「りえ」なんですが、日本では普通に通る名前だと思います。 でもこれ、日本以外だと結構珍しい名前になるんです。 たとえば、20歳のときにアメリカに留学したときのアメリカ人の反応は、人によって英語でlie 嘘つき という響きと同じらしくてよくからかわれたりしました。 その時まで自分の名前が恥ずかしいとは一度も思っていませんでしたが、英語で例えると響きが悪いので自分の名前を変えたいと思うようになりました・・・。 さらにフランス語で「りえ」は笑うという意味らしく、日本を出たら笑い物になるような気がしてなりません・・・気にしすぎかもしれませんが、これほど自分の名前を変えたいと思ったことはありませんでした。 スポンサードリンク 赤ちゃんの名付けに困ったらコレ!おすすめ名付け本! 生まれてきてくれた大切な赤ちゃんの名前。 名付けにはいろいろな考え方がありますから、これが正しい決め方!という方法はありません。 なので、どうやって決めたらいいか・・・と悩む方も多いと思います。 そんな名付けに悩んでいる方の参考にして欲しい参考になる名付け本をご紹介します。 赤ちゃんの名づけ新百科 ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ ベネッセコーポレーション こちらも女の子の名前用の一冊です。 「音」や「漢字」の他、「愛称」や「将来への願い」、「思い入れのあるもの」などのちょっと変わったアプローチを紹介。 他の本では思いつかなかった名前が浮かんだという人もいて高評価です。 最後に・・・ いかがでしたか? 今回は、珍しい名前やキラキラネームの残念なエピソードをまとめてご紹介しました。 やはりちょっと変わった名前を付けるのは注意が必要ですね。 もちろんご両親の気持ちがこもった名前ならばそれが一番!とは思いますが、つける前にその子が大きくなったときのことを想像してみる必要もあります。 あまりにも読めない難読な漢字や当て字などの名前は、子供が苦労する可能性がありますからね。 はじめての贈り物である名前ですから、やっぱり本人に喜んでもらいたいものです。 最後までありがとうございました。 カテゴリー• 140• 106•

次の

【絶滅寸前】日本に現在5世帯以下しかいない「珍しい名字(苗字)」20選

珍しい名前ランキング

名前をつける時に気になるのが字画(画数)についてでしょう。 字画によって性格が左右される、字画にこだわりすぎるよりも名前の響きを大切にした方が良いなど、様々な考え方があるようです。 一般的には「吉」か「凶」かで字画を決めたり、字画の数によって、コツコツと努力ができる男の子、穏やかで包容力のある男の子など、それぞれの数字の意味で決めることもあるようです。 また字画の意味は男の子と女の子の場合で違ってきます。 女の子には凶であっても、男の子には吉の場合もあります。 書店には様々な字画の専門書があるので、こだわりたい!という人はそういった本を手に取るのも良いかもしれませんね。 当記事では、珍しい男の子の名前を一覧にしてご紹介します。 あなたは息子がどんな男の子に育ってほしいですか? 出産と並ぶ一大イベントの命名式。 この珍しい名前一覧を参考にして、素敵な名前を命名してあげてくださいね。 男の子の名前の中でも漢字一文字のものをご紹介します。 たった一文字だけにすべての親の想いを込めて男の子の名前を命名するというのも素敵ですね。 いろいろな読み方があるんだなぁと思ってしまいます。 気に入る男の子の名前が見つかるといいですね。 塁…るい 劉…りゅう 厳…いつき 魁…かい 豪…ごう 岳…がく 翔…つばさ・かける 駆…かける 達…いたる 應…おう 聖…こうき 然…ぜん 蒼…そう 想…そう 颯…そう 道…たお 立…たつる 典…つかさ 創…つくる 萌…はじめ 響…ひびき 和…やまと 楽…らく 青…あお 陽…あきら 生…いくる 出…いずる 凱…がい 力…りき 仁…じん 迅…じん・しん 剣…けん 拳…けん たった一文字でも様々な読み方があり、一人一人の男の子の名前に込められた想いが伝わってきますね。 強そうな名前も、かわいい名前も、誠実そうな名前も、明るい名前も、漢字一文字で様々な表現ができるのは、日本ならではですね。 古風な名前を付けたいと思った時、どんな風な漢字を入れたら古風になるのかと悩んじゃいますよね。 そんな時にこの漢字を入れれば古風になるというものをご紹介します。 もちろん、この漢字一文字だけでも素敵な名前なので、参考にしてみてくださいね。 臣…おみ・じん 士…つかさ 雅…みやび 壱…はじめ 貴…たかし 尊…たかし 蔵…くら・まさ・おさむ 麗…れい 京…きょう・けい・みやこ 奏…かなで・そう 慶…けい 和…かず・やまと 宮…みや・きゅう・たか 彦…ひこ・ひろ 武…たけし・いさむ 次は、古風さがよく感じられる名前をご紹介します。 まるで江戸時代にタイムスリップしてしまったかのような歴史を感じる名前です。 現代ではこうした古風な名前が逆に新鮮に感じられていいかもしれませんね。 藍一郎…あいいちろう 蔵之介…くらのすけ 健士…けんし 慶太郎…けいたろう 朔一郎…さくいちろう 左之介…さのすけ 宗助…そうすけ 尊之進…たかのしん 光比古…みつひこ 蘭太郎…らんたろう 竜五郎…りゅうごろう いかがでしたか?最近では見かけないような珍しい名前が多かったですね。 どれも素敵な名前なので、どんな名前を付けようか迷っちゃいますね。 自然の美しさや、たくましさを男の子の名前に入れるのもいいですね。 きっとそうした自然の名前を命名された男の子は、強くたくましく育ってくれることでしょう。 では、自然の名前が入っている男の子の名前を見てみましょう。 月咲…つかさ 月冴…つかさ 月…つき 飛空…とあ 冬夜…とうや 良天気…たいよう 天希…たかき 空将…たかすけ 天人…たかと 天都…たかと 宇宙…たかひろ 耕…たがやす 大空…たから 太功樹…たくみ 太幹…たみき 宙煌…ちゅうこう 真鳥…まとり 稀樹…まれき 望宇…みう 三日月…みかげ 海方…みかた 宇宙を意味する「宙」を入れるのか、いつも見上げられる「空」を入れるのかは、男の子の名前を命名する時の悩みどころです。 宙も空も、どちらも捨てがたいですよね。 また、「樹」や「海」などの文字を入れることで一気に自然らしさが増しますね。 それにしても、「良天気」と書いて「たいよう」と読ませるなんて考えましたね。 その手があったかと思ってしまいます。 子どもは無限の可能性を秘めているもの。 どんな夢をもっているんだろう、どんな人生を歩んでいくんだろうと子どもへの期待は絶えません。 男の子に沢山の希望をもってもらえるような名前も素敵です。 未来歩…みきほ 未来翔…みくと 未来人…みくと 夢中…むな 夢羽…むう 夢人生…むおと 夢貢…むく 無限…むげん 愛…めづる 夢走…めろす 瞳真…どうま 童夢…どうむ 憧夢…どうむ 叶夢…とむ 十夢…とむ 斗夢…とむ 徒夢…とむ 大夢…たいむ 道…たお 創…つくり 「夢」という漢字を一文字入れるだけでとっても希望溢れる名前になりますね。 「夢」という漢字とどんな漢字を組み合わせるのかによって、それぞれの個性も出てきそうです。 中には「夢走」と書いて「めろす」と読ませるものもありましたね。 国語の時間に注目を集めちゃうこと間違いなしです。 子どもはとても神聖に見えるもの。 子どもからは人類の神秘を感じます。 そんな思いから、神秘的な名前を付ける方もいらっしゃるようです。 ここからは、神聖さを感じる男の子の名前をご紹介します。 碧大…あおと 碧透…あおと 秋都…あきと 秋空…あきら 臨也…いざや 理…おさむ 神衣…かむい 煌…きあら 銀河…ぎんが 銀志朗…きんしろう 久遠…くおん 紅蓮…ぐれん 玄武…げんぶ 咲一…さいち 彩人…さいと 冴空…さすけ 神音…しおん 志謳…しおう 朱里…しゅり 神…じん 真聖…しんせい 嵩己…すうき 聖央…せいおう 聖蓮…せれん 世蓮…せれん 「神」という漢字を使うと、とても神聖な雰囲気の出る男の子の名前になりそうです。 「煌」と書いて「きあら」と読ませるのも素敵な名前ですね。 神様から授かった子どもという雰囲気が出て、まさに子宝に恵まれたという親の気持ちのこもった男の子の名前です。 生まれてくる男の子をどんな風に呼びたいのか具体的に決まっているのであれば、その音に漢字を当てはめてみるのもいいですね。 実際に声に出してみると、男の子の生まれてくる実感も湧いてきて、喜びもひとしおです。 当て字で作るとなかなか他の人とは被らないため、個性あふれる名前になります。 賢栖…かしす 剛琉…ごうる 吉玖…きっく 光音…れおん 光翔…らいと 天志…てんし 輝石…きせき 輝宝…きせき 琉生…るい 来夢…らいむ 必飛…ひっと 来音…らいおん 瑛飛…えいと 初めて会った人がなかなか読めない名前も多いですね。 でも、その分名前当てクイズとか、いろいろと初対面の人との会話のきっかけにもすることが出来そうです。 名前はどんな音を当てるのかも自由に決められます。 同じ漢字でも読み方が違うだけで一気に個性が出ますね。 どんな風に呼んでもらいたいか考えるのも楽しいです。 空…すかい 潮流…たいど 賢…せいじ 動…あくと 光…らいと 光矢…れいや 騎士…ないと 虎…たいが 指揮…たくと 護…りあむ 結夢…ひろむ 海…かい 幸矢…らきや 波輝…なるき 貴人…けいと 勇気…こあ 創造…はく 緑…まお 楽…おり 学…あお 学斗…あおと 爽…おる 高…るな 光…からま 愛…れい 星斗…ほくと なかなか読めない漢字も多かったのではないでしょうか。 きらきらネームなんて言われたりもしますよね。 でもかわいい読み方をする名前も多くて迷っちゃいます。 男の子が幸せに育ってくれるように素敵な名前を付けたいですね。 珍しい名前の中でもさらに個性的にしたいなら漢字三文字の名前がオススメです。 漢字一文字や二文字を使う名前もよいですが、あえて漢字三文字を使うことで独特な雰囲気を持つ名前にすることができます。 歩真礼…ほまれ 知加良…ちから 登季也…ときあ 未来彦…みきひこ 加寿貴…かずき 羽矢人…はやと 真呼人…まこと 亜沙陽…あさひ 夏南太…かなた 架寿也…かずや 武沙士…むさし 飛雄馬…ひゅうま 一智利…いちさと どれも個性的な名前で迷ってしまいますね。 「知加良」と書いて「ちから」など、本来なら漢字一文字でも表現できる名前も、あえて漢字三文字を使うことで個性度がUPします。 他の人からどんな漢字を書くの?と聞かれた時にも自慢気に答えたくなっちゃいますね!.

次の