手作り マスク プリーツ か 立体 か。 ハンドメイド・手作りマスクはプリーツ型と立体型どっちが良い?作り方の難易度や付け心地を比較!

手作りマスク

手作り マスク プリーツ か 立体 か

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の

手作りマスク 立体型とプリーツ型の使用感とメリット&デメリット 今後の課題と失敗した点

手作り マスク プリーツ か 立体 か

立体型マスク、プリーツマスク、それぞれの作り方や参考にしたサイト、アレンジした点などは「ふくよかさんのハンドメイドライフ」のほうに書いています。 比較したのは、この4タイプのマスクです。 【Aのマスク】 立体型のマスクで、ダブルガーゼで作っています。 裏側には同じくダブルガーゼで作った、フィルターポケットがついています。 (ガーゼは合計で4枚のあつさ) 鼻の部分には、ノーズワイヤー入り。 【Bのマスク】 プリーツタイプのマスク。 ダブルガーゼを二重にして、裏側にもダブルガーゼのフィルターポケットをつけたので、ガーゼは合計6枚という厚さ。 さらにプリーツの重なり部分もあるので、ガード力がありそうです。 鼻の部分にはノーズワイヤー入り。 【Cのマスク】 Bのマスクと同じダブルガーゼで作ったプリーツタイプのマスク。 表側はBと同じくダブルガーゼが二重ですが、フィルターポケットはついていないのでガーゼは4枚の厚さ。 ノーズワイヤーはなし。 【Dのマスク】 普通の使い捨てのマスク。 花粉症のため買い置きしていたものが、残り少なくなってきたので、当初はこれをキッチンハイターにつけ置きしたのを天日干しして繰り返し使っていました。 マスクの裏側は、こんな感じです。 上に置いたフィルターは、アマゾンで手芸用品店が「マスクのフィルターとしても使える」として売っていた不織布です。 この不織布、驚くほど薄くて、下に置いた本の字もばっちり読めるほど。 こんなに薄くて大丈夫?と不安でしたが、こんなに薄いのに2枚重ねると息苦しくなるので、見かけほど頼りなくはないです。 使用後、軽く水洗いしても、ちゃんと水をはじいてます。 マスクの比較 【Aのマスク】 普段はフィルターを1枚だけ入れて使用。 フィルターを2枚入れると息苦しいですが、1枚だと息苦しさもありませんし、息をするたびにマスクが口や鼻に張り付くということもありません。 ゴムがゆるいと鼻と口が密閉されませんが、ちゃんとゴムを調節すれば密着します。 ダブルガーゼ2枚(ガーゼだけだと合計4枚の厚さ)とフィルター1枚で、しっかりガードされている感じがします。 ウォーキングや、少し遠いところまで歩くようなときにはこのマスクを使用しています。 【Bのマスク】 表布が二重にしたダブルガーゼ、フィルターポケットもダブルガーゼなので、全部でガーゼ6枚の厚さ。 厚さ的には一番安心感がありますが、これにフィルターをつけてウォーキングなどをすると若干、息苦しさを感じます。 普通にお買い物に行くくらいなら、このマスクにフィルターを入れても息苦しさは感じないので、スーパーに行くときなどには、このマスクを使用しています。 【Cのマスク】 フィルターポケットなしなので、二重にしたダブルガーゼ(ガーゼだと合計4枚)のみ。 AとBのマスクに比べると、若干ガード力が弱いような気もします。 【Dのマスク】 新品の使い捨てマスクなら安心感がありますが、何度かキッチンハイターなどで消毒したマスクだと不安なのでDのマスクの上にCのマスクを重ねてつけています。 (Cのマスクは少し大きめなので、Dのマスクが隠れてくれます) それぞれのメリット、デメリット 私の独断と偏見で、実際に使って感じたメリット、デメリットです。 立体型マスクのメリット、デメリット 【メリット】 呼吸がラク。 製作時間がプリーツ型より若干、早く出来上がる。 使用する布の量も、プリーツ型に比べて若干少ない。 型紙が合えば、顔への密着度が高い。 手洗い後、フィルターポケット付プリーツ型マスクよりも、乾くのが早い(フィルターポケットなしのプリーツ型マスクとなら同じくらい) 【デメリット】 プリーツ型マスクに比べると、薄い。 手洗いを繰り返した後、形が崩れてくる。 フィルターが若干入れにくい。 密着性を高めるためには、顔の大きさや形に、型紙を合わせる必要がある。 プリーツ型マスクのメリット、デメリット 【メリット】 表布は二重のダブルガーゼで、さらにプリーツで重なる部分もあるので、フィルターを入れるとかなりの保護力が期待できそう。 手洗いを繰り返すと若干型崩れしてくるが、プリーツにコバステッチをかけておけば型崩れが少ない。 顔の大きさや形に、あまり左右されずに使える。 【デメリット】 顔につけていて、分厚さを感じる。 フィルターを入れて、長時間歩いたりすると息苦しさを感じることがある。 立体型より若干、生地の量が必要。 フィルターポケット付にすると、立体型(フィルターポケット付)よりも、手洗い後に乾くのが遅い。

次の

手作りマスク「プリーツマスクと立体マスクどちらが良いのか」

手作り マスク プリーツ か 立体 か

プリーツマスクが簡単という理由• 縫い目がまっすぐだから簡単 それでは、立体マスクとプリーツマスクを作る時の難易度を比べてまとめてみました。 立体マスクとプリーツマスクの作成時の難易度比較 簡単な点 難しい点 立体マスク 縫う時に段差が少ない カーブがある アイロンを使う回数が少ない 少ない生地で作れる プリーツマスク 直線だけで縫える 縫う時に段差がある 手縫いでも縫える アイロンを多用する ノーズワイヤーが必要 洗濯で折り目が膨らむのでアイロンが必要 立体マスクとプリーツマスク、どちらもそれぞれ簡単な点と難しい点がありますね。 でも、いくつか作っていくうちに、慣れてくるというのがあるので、試しにどちらか作ってみてはいかがでしょうか。 立体マスクとプリーツマスクの作り方の動画を見て、なんとなくイメージしてみてください。 【動画】立体マスクの作り方 スポンサーリンク 立体マスクとプリーツマスクの効果の比較 立体マスクとプリーツマスク、どちらが細菌やウイルスの侵入を防ぐという点で、効果的なのでしょうか。 国民センターの実験によりますと、次のような結果が出ました。 細菌・ウイルスの漏れ率 立体マスク 40~80%超の漏れ率 銘柄による プリーツマスク 65~90%の漏れ率 銘柄による もちろん、素材や銘柄による違いはありますが、この結果から見てわかるのは、どうやら 2つのマスクの形状の違いによることも大きいようです。 立体マスクは顔のにフィットした形なので、 細菌・ウイルスの侵入を プリーツマスクよりも若干、防ぐことができます。 まあ、漏れるという点では、どちらも漏れると言えば漏れますが、立体マスクの方が多少は漏れ率が少ないですね。 効果を重視するなら、どちらかと言えば立体マスクを選んだ方が良さそうですね! 花粉などを防ぎたい場合は、立体にしてもプリーツ型にしても、 不織布マスクを選んだ方が良いです。 もし、布製の立体型マスクやプリーツマスクで、もう少し効果を上げたい場合は、中に不織布などの フィルターを挟むなどした方が良いですね! 立体マスクとプリーツマスクのフィット感 使用感 の比較 立体マスクとプリーツマスクのつけ心地の違い 立体マスクとプリーツマスクの使用感の違い。 両方、使ったことのある人たちの声を紹介します。 立体マスクはマスクと鼻や口の間に空間ができて呼吸が楽な気がするよね! 立体マスクは内側に口紅がつかないのがいいと思う。 プリーツタイプはプリーツを広げると顔をたくさん覆えるから、化粧をしなくていい 笑 プリーツタイプって顔が大きくても合わせられるられるところが好き! などなど、いろんな声がありますね。 では、そんな声を参考に「立体マスクとプリーツマスクのフィット感 使用感 の比較」をまとめてみました。 立体マスクとプリーツマスクのフィット感の比較 つけ心地が良いの声 つけ心地が悪いの声 立体ますく 呼吸が楽な気がする 形が恥ずかしい 内側に口紅がつかないのがいい 鼻に当たる縫い目が気になる 顔にフィットして位置調節が不要 プリーツマスク 顔のサイズや形を選ばない よくズレるので常に位置調節が必要 隙間があって楽 見た目が普通で恥ずかしくない 両方つけた事がある方は、上の「つけ心地が良い」と「つけ心地が悪い」の両方の声を見ると、「わかる、わかる! 」と思ったのではないでしょうか? でも、やはり、どちらが自分にとって付け心地が良いのかはそれぞれ違うと思うので、ご自分に合った方を選んでうまく使用できれば良いですね。 ただ、顔とマスクの間にフィルターなどを一枚挟むと、より安心ですので、ガーゼでもティッシュでも、キッチンペーパーでもお家にあるものを使って工夫してみてください。 マスクを手作りしようにも、ダブルガーゼやマスク紐など、今、品薄になってきていますよね。 そんな、マスク作りに必要な素材をネットで見つけたので、必要な人はぜひ参考にしてくださいね!

次の