ポケモン ソード パーティー。 【ポケモン剣盾】旅パのおすすめポケモン|序盤から組めるパーティ【ポケモンソードシールド】

【ソードシールド】序盤におすすめのパーティ!御三家別の編成紹介【ポケモン剣盾】

ポケモン ソード パーティー

こんにちは。 オンラインでポケモン対戦に初めて手を出したsasakiです。 いやぁ、改めてだけど。 超絶グレードアップしてんじゃん!!! これまで何となくシナリオクリアしてちょこっと好きなポケモン育てたりしたら飽きちゃってた自分ですが、ソードシールドでは初めて努力値振ったり、個体値厳選したりと楽しんじゃってます。 その一番の動機は何??と聞かれると 「映像のクオリティが上がってバトルが楽しい!」これに尽きます。 自分の知ってたポケモンバトルってポケモンの後ろ姿を見ながら若干の攻撃のエフェクトが出て。。。 みたいなイメージでした。 (まぁXYくらいになるとそれなりにはって感じでしたが。 ) でもね、ソードシールドはマジで白熱する! 普通にアニポケ見てるみたい! いやぁ、ソードシールドが発売されたのは2019年の秋だったので今頃(2020年春)になってプレイ開始とかなり出遅れた感が後悔MAXです。。。 そもそも、コロナとかで自宅での暇つぶしがキッカケだったので。 でも今からでも遅くない。 当時ポケモンやっててそれから離れちゃってる人とかにぜひやってほしい。 マジでクオリティの進化にビックリしつつ、根本的なシステムが変わっていなくて安心するから。 そして、何といってもポケモンがめっちゃヌルヌル動いてテンション上がるから! とまぁ、こんな感じで半年遅れくらいでポケモンにハマっている私ですが先日オンラインのランクバトル最高ランク 「マスターボール級」に昇格しました! そこまで辿り着いたのはシナリオクリアと合わせて約50時間くらいです。 結構、レイドバトルとかもやってたりシナリオものんびりやってたのでバトル用パーティーの育成自体は実質20時間くらいってところですかね。 そんなわけでポケモンバトルに関しては完全な初心者である私が今更ながらマスターボール級に到達したパーティーの紹介やどんな感じで厳選・育成を進めたかなんて部分を初心者目線で紹介していきます。 最高ランク「マスターボール級」に初心者が行くために大切なこと まず、先に言っておくとランクバトル最高ランクである「マスターボール級」への昇格自体は初心者でも絶対に辿り着けます。 というのも理由は簡単。 今回のオンラインバトルは 「ランクバトル」というこれまでのレートとは異なるシステムとなっています。 簡単に説明するとランクごとにプレイヤーが区切られており、同ランク内での上下はあるけど、ランクが一度上がってしまえば降格はしないんです。 各ランクごとにセーブポイントがある感じ。 つまり、1個ずつしっかりとランクを上げていけば振り出しに戻るようなことはないんです。 これが誰でもマスターボール級に上がれるという理由です。 じゃあ、下位のランク(モンスターボール級とか)だとプレイヤーも弱いの??って思われるかもしれません。 これが結構罠でみんなガチガチの環境ポケモンを使ってきます。 しかもしっかりと努力値とかも振ってあるし。 だから、マスターボール級に上がる一番の近道はこっちもガチパーティーを編成してあとは回数をこなしていくという感じです(笑) ごめんなさい、当たり前のことを言っちゃって。 でもこれが一番の近道なんです。 実際、プレイスキル的な部分に関してはマスターボール級に上がるまでは最低限の慣れがあれば行けるはずです。 現に自分もポケモンの対人戦は今回のソードシールドが初めてです。 しかも、自分が知ってるポケモンも少なくてぱっと見でタイプとかも分からないレベルです(笑) それでも数十戦(自分の場合はマスターボール級に上がるまで約50戦弱程度)やれば大抵マスターボール級に上がることはできるはずです。 ポケモン初心者がランクバトルでマスターボール級に到達したパーティー紹介 はい、というわけでマスターボール級に上がるには特別なプレイスキルとか知識は不要で最低限オンラインで戦えるパーティーを揃えてバトルの数をこなすことが必要だと分かりました。 まぁ、後者の「バトルの数をこなす」という部分に関しては楽しくて気が付いたらあっという間にプレイしちゃうと思うので、ここからは実際に私がビギナー級からマスターボール級に昇格するまで使っていたパーティーをご紹介していきます。 まず、6体のパーティー構成としては以下の通りです。 ドラパルト• ミミッキュ• パッチラゴン• ヒヒダルマ• アーマーガア• トゲキッス こんな感じです。 実際、パーティー全体のバランスとかはほとんど意識してなくてザックリとした役割の中から環境でよく使われるようなポケモンを好みで選んでいったような感じです。 とは言え、最低限の役割やそれに応じた育成をしないと何もできずにボコボコにされると思います(笑) というわけでこの6体の育成方針と役割を紹介していきます。 特殊型「ドラパルト」の育成 環境で圧倒的な使用率を誇るソードシールド初登場の600族「ドラパルト」 ドラパルトの強みは圧倒的な速さから繰り出される多彩な技のレパートリーです。 物理・特殊どちらもこなせる上に素早さの高さを生かして鬼火やのろい、みがわりなど補助技まで使いこなします。 そのため、単純に型が読みにくい。。。 そんな器用で使いやすいドラパルトですが自分は画像のように特殊型で採用しました。 持ち物は 「だっしゅつパック」にしています。 基本的に先頭で出して対面が悪い場合は「りゅうせいぐん」の打ち逃げをするという戦法。 (この辺はどのポケモンを対処したいかなどによって変わるかと) あとは補助技を組み込んで初手に相手をかく乱するのもありですね。 努力値に関しては 「とくこう:252」は確定。 対面ドラパルトを意識するなら素早さに振るor素早さ&HPに振るのもアリだと思います。 なお、自分の場合はとくこう・すばやさに全振りです。 やっぱり、ドラパルトとの対面がおおいので最速で。 あと特性に関しては 「すりぬけ」と 「クリアボディ」どちらでもよいとは思いますが私は「クリアボディ」を選択しています。 理由としては「だっしゅつパック」が相手のいかくなどで誤発しないようにというのが大きいです。 まぁ、一長一短だとは思いますがやっぱり「だっしゅつパック」を活かすならクリアボディかなと思います。 ばけのかわは1回だけ相手の攻撃を防ぐというもの。 つまり確実に1ターン行動が出来るという点。 しかもミミッキュは素早さが高いポケモンなので、先手を取れる相手なら確実に2回の行動が担保されるのが強いです。 ミミッキュいくつか型がありますが一番スタンダードなのはこの 「つるぎのまい」を持った物理アタッカー型じゃないでしょうか。 能力値は基本的に攻撃と素早さに全振り。 もちものは「いのちのたま」で火力を上げましょう。 初手につるぎのまいでステータスを上げて殴っていくのが基本的な動きになるかと思います。 あとはミミッキュのばけのかわとゴーストダイブで相手のダイマックスを枯らすのにも使えて便利です。 パッチラゴンの強みは何といっても 対ラプラス性能の高さです。 でんげきくちばしは相手より早く出すことで威力が2倍になります。 また、シンプルにダイマックスしてダイジェットで素早さを積めば、あとはでんげきくちばしで3タテなんてこともある破壊力抜群のポケモンです。 努力値は攻撃と素早さに全振りでよいと思います。 とくせいはダイマックス前提で「はりきり」を採用しました。 もちものは「いのちのたま」などが候補にあがりますが、ミミッキュに持たせていたので、「きあいのタスキ」を採用しました。 (最悪スカーフ持ちとか相手に対して相打ちに持っていくため) あとはシンプルにスカーフを持たせてでんげきくちばしを活かしていくのもアリですかね。 技に関してはある程度バリエーションがありますが、「でんげきくちばし」と「つばめがえし」は必須かなと思っています。 一つ注意が必要なのはドラパルトと一緒に選出して相手にパルシェンとかいると一方的にボコボコにされて終わる可能性もあるので注意が必要です。 基本的にはアーマーガアなど相性の良い受けポケモンと一緒に選ぶのがおすすめです。 5倍になるというもの。 つまり、こだわりスカーフのデメリットが重複するんです。 1つのデメリットで2つのメリットが得られるという中々のぶっ壊れ具合(笑) 基本戦法は相手より早く高火力で殴って無双するだけ(笑) ただ、当然相手もスカーフのデメリットを利用して受けポケモンを交代してくる可能性が高いのでその辺は考慮する必要があります。 相性が悪い場合は素直にとんぼがえりで戻るか、素早さで負ける可能性がある場合は交代しましょう。 ステータスは攻撃と素早さに全振りで問題ないです。 立ち回りや相手のパーティーに左右されますが相手にとってはかなりの威圧感を与える強ポケモンです。 そんな時に役に立つのがアーマーガアです。 こうかばつぐんを受けるのが「ほのお」「でんき」だけという優秀なタイプであり、防御のたかさが使いやすいです。 ミミッキュやドリュウズなどを完封できる場合が多く、かなり便利な印象です。 ステータスはHPと防御に振るのがおすすめです。 もちものは 「たべのこし」や 「ゴツゴツメット」が候補となりますが今回はゴツゴツメットを採用しています。 基本的には後出しで相手の物理アタッカーを機能させなくしつつ、ゴツゴツメットやボディプレスで相手を削るのが基本戦法となります。 しかも「てっぺき」で防御を上げつつ、ボディプレスの火力を上げられるのも素晴らしい! ただ、今回の技採用だとただの置物になることもしばしばあるのでその辺は要注意です(笑) 正直、「ちょうはつ」を「はがねのつばさ」などに変えるのもアリだと思います。 戦い方はシンプルなのに強力だから初心者にもおすすめなポケモン。 ステータスは素早さとHPに振っているので火力は「じゃくてんほけん」が発動or「わるだくみ」を積まないと心許ないです。 ハマれば一気に劣勢から3タテかまして逆転なんてことも。 逆にあくびとかで交代を強制させられると一気に崩れたりもします。 あとはじゃくてんほけんが読まれている場合も多いのでマスターボール級以降は工夫が必要になると思います。 冒頭でも話しましたが、今作ではランクバトルというシステムにより最高ランクである「マスターボール級」に上がること自体は初心者でも可能です。 実際、私自身も超初心者だし。 まずは、環境に多い強力なポケモンをパーティーに組み込んでランクバトルを楽しみながら、相手の立ち回りやパーティーを研究して独自のパーティーを育成していくのがおすすめです。 とにかく、今作は映像のクオリティが上がったことでポケモンバトルがマジで白熱します! このご時世なので家に引きこもることも多いと思います。 これからポケモンはじめよう!って方も気楽にポケモンバトルを楽しむことができる環境なのでぜひプレイしてみてください! ちなみに今、ポケモン熱が高まってて「ポケモンカード」にも激ハマりしています。 ゲームとは違った楽しさと大人になった今、好きにカードが買える楽しさが爆発しています(笑).

次の

ポケモンソードシールド

ポケモン ソード パーティー

受けループとは 受け性能の高いポケモンで組んだパーティー 「受けループ」とはパーティの構築の一つで、相手の攻撃を受けることが得意なポケモンで固めたパーティのことです。 耐久力の高いポケモンで耐久して勝つ 受けループ構築では、耐久性能の高いポケモンで耐久しつつ、隙を見て攻撃し、勝利を目指します。 相性の良いポケモンで耐久することで、相手の攻撃を回復技で対応し、攻撃のチャンスを生み出します。 回復技、相手を毒状態にする「どくどく」、定数ダメージを与える技、などを覚えるポケモンがよく採用されます。 受けループの崩し方と対策 対策は重要、役割対象を破壊して受けを崩す 受けループに対して全く対策をしていないと、突破困難な敵が現れるため、対策は重要です。 対策を行った上で、相手の役割対象のポケモンを倒し、受けの成立を阻止しましょう。 対策1. 「ちょうはつ」で補助技を無効にする 「ちょうはつ」によって補助技を出せなくさせ、受けポケモンの機能を停止させます。 受けポケモンは素早さが低いため、先制で「ちょうはつ」を打ちやすいです。 一撃必殺技で倒す 一撃必殺技は、受けポケモンに大変有効です。 受けポケモンは、時間をかけてダメージを与えてくるため、ターンには余裕があります。 その間に一撃必殺技を使用して、倒してしまいましょう。 こだわり系アイテムを押し付ける 「トリック」や「すりかえ」などの技は、相手のポケモンと道具を入れ替えることができます。 これを活用し、「こだわりスカーフ」などの、同じ技しか出せなくなるアイテムを相手に押しつけ、受けポケモンの機能を停止できます。 「たくわえる」などの自己強化を行うことで、物理と特殊どちらにも受けられるようなポケモンも存在します。 また、耐久力の高いアタッカーを採用する場合もあります。 この場合は、受け役2体とアタッカー1体を選出します。 耐久をしながらチャンスを狙い、攻撃に転じて勝利を狙います。 パーティー選出が大切 受けループでは、パーティーの選出が大切です。 使用するポケモンの役割を理解して、どのポケモンに対して受けが成立するのかを、意識して選出しましょう。 安易な受けは禁物です。 初手で、不利な相手と対面した際にも、受けの成立するポケモンに退きましょう。 隙を見て攻撃または定数ダメージを与える 受けの成立した有利な対面では、回復技などで相手の攻撃を耐えつつ、攻撃技や定数ダメージを出せる技で相手のHPを削りましょう。 余裕がある場合は、自己強化技の「めいそう」や「たくわえる」などで、自分の特防や防御をあげる手段も強力です。 相手の行動パターンをつかむ 受けループでは、安定行動が大切です。 相手の行動がわからない場合は、「まもる」や「トーチカ」などの攻撃を防ぐ技や、回復技で様子をみましょう。 また、積みアタッカーの場合は起点にされる場合もあるので、「くろいきり」などの技を活用しましょう。 技 説明 ・自分と相手のポケモン「のうりょく」を全て元にもどす。 相手のダイマックスに冷静に対応する HB特化ドイドイデと、AS特化ミミッキュで対面した場合の参考例です 受けの優秀なポケモンは、対面が有利な場合、ダイマックスを切らずとも受けることができます。 回復技や防御技を駆使して、相手のダイマックスターンをやり過ごしましょう。 自分のダイマックスはなるべく温存する 受けポケモンは火力には乏しいため、ダイマックスをしても不利な敵に交代され、簡単にいなされてしまいます。 数的有利状況を作り、相手の交代先に負荷をかけられる場合に、ダイマックスを使用するのが理想です。 また、 相手のダイマックス技による、フィールド・天候変化や能力変化で、攻撃を受けるのが厳しい場合は、ダイマックスを使用しましょう。 ダイウォールを活用して相手の攻撃を防ぎ、相手のダイマックスターンを枯らします。 TODを視野に入れて戦う 試合の残り時間が少なくなった場合は、HPをなるべく温存できる行動を行いましょう。 対戦には時間制限があり、終了時にパーティーのHP割合の残量によって勝敗が決着します。 特に、受けポケモン同士が対面した場合は、非常に試合が長引きます。 この場合はTODも視野に入れて戦うことをお勧めします。 TODとは、「Time Over Death」の略です。 対戦の総合制限時間が切れた場合、ポケモンの残りHP割合によって勝敗が決まります。 レンタルパーティー チームID 0000 0001 04VC 3F 解説付き対戦動画 受けループのレンタルパーティーで対戦を行った動画です。 解説をつけているので、実際の戦い方を是非ご覧ください。 攻略班が使用した感想 受けとして相性補完できている「ドヒドイデ」と「ヌオー」が強力です。 電気技や地面技に対しては、「ドヒドイデ」から「ヌオー」に交代することで、耐久を行えます。 相手に強力な特殊アタッカーがいた場合は「マホイップ」や「ブリムオン」を選出して対応しました。 関連記事 受けループ構築.

次の

【ソードシールド】旅パにおすすめのポケモンと構成のコツ【ポケモン剣盾】

ポケモン ソード パーティー

剣盾ポケモン対戦の話なんですけど・・ 最近本当に勝率が低くなりました。 今多分50%ぐらい。 ポケモン対戦で50%というのはじゃんけんをしているのと変わらないと思っています。 私からすれば致命的。 徹底的に自分のパーティーを分析してみたらある一つのことが分かりました。 私のパーティーの作り方は 「 ほぼすべてのポケモンに対応できるパーティー」を コンセプトに作っていました。 これが全くダメ、負けの原因でした 何が駄目なのか 「 ほぼすべてのポケモンに対応できるパーティー」 それって対応出来るだけで、倒すことまでは考えていないのです。 具体的に言うと・・ 役割論理っていう戦い方に近いです。 ミミッキュにはナットレイを後投げ、 バンギラスにはローブシンを後投げ、 トゲキッスにはヒートロトムを後投げ、 みたいな感じ。 一応対応はできますが、その後、対面ポケモンを倒せるかどうかと言われると・・ 倒せませんよね。 大体交代されて終わりです。 交代しないのは初心者か選出に無理があった人ぐらい。 さらに言うとここで読みが発生してしまい、 交換読みをするかしないか、誰への交代を読んで技を撃つのかなど 不確定要素がもりだくさん。 また、今作はダイマックスというシステムで無理やり耐えたりも出来るので またも読みが発生。 つまり「ほぼすべてのポケモンに対応できるパーティー」というのは ただの不確定要素の塊のような戦い方だったというわけです。 ではどうすればいいのか 私の出した結論を言うと、 パーティーに一つ強み、コンセプトを持たせるべき。 その強み、コンセプトを押し付ける戦い方をするという感じ。 私の場合はダイマックスエースを主軸にパーティーを構築してみました。 ダイマックスエースとは、バレーボールで言うエーススパイカーみたいなもんです。 剣盾はダイマックスというシステムが鍵を握ることが、間違いないと考えました 当たり前。 私の場合、そのパーティーが -ギャラドス -ナットレイ -ヒートロトム -ドリュウズ -ミミッキュ -ドラパルト ただの厨パですが、ギャラドスを生かすための構築となっています。 ほとんどのポケモンが、 ギャラドスのじしんかじょうを発動させるための技構成をしています。 基点づくりだったり、そもそも対面を減らすことが目的のポケモンだったりといろいろ。 もちろんまだ未完成なので、これから研究を重ねます。 まとめ パーティーに一つ強み、コンセプトを持たせ、パーティー構築をしてみましょう。 すべてのポケモンに対応できるパーティーというのは幻想です・・.

次の