レコードプレーヤー。 【楽天市場】レコードプレーヤー

人気のレコードプレーヤーおすすめ17選。懐かしく新しい音楽がここに

レコードプレーヤー

出典: SPレコードと同じ直径30cmに片面30分の録音が可能となったレコードで、1分間に約33回転します。 現代のアルバムのように、一枚の中に複数の曲を録音できます。 付属品を確認 トーンアームの違い トーンアームにはカートリッジと一体化しているイングレーテッドタイプと、カートリッジを取り外し可能なユニバーサルタイプがあります。 さらにトーンアームの形状にもストレート形、J字形、S字形などがあります。 カートリッジによる違い カートリッジにはマグネットの振動でオーディオ信号を発電させるMM型があり、一般的なレコードプレーヤーはこちらが採用されています。 MC型はコイルの振動によってオーディオ信号を発電させます。 電圧が低く音質の良さが売りですが、他の機器を接続する必要があるため、上級者向けです。 フォノイコライザーの有無で選ぶ この商品の特徴 高品位なアナログレコードの再生と、アナログレコードの音をDSD 5. 6MHzなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤーです。 録音した音源は、ハイレゾ再生対応のウォークマンなどの他機器で聴くことができます。 駆動方式はベルトドライブを採用しており、ターンテーブルの回転を支えるセンタースピンドル部に、1クラス上の精度と強度を持つベアリング構造 ボールレス を採用しています。 これにより回転とベルトの走行を安定化し、自然な再生音を実現します。 この商品の特徴 高品位なアナログレコードの再生と、アナログレコードの音をDSD 5. 6MHzなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤーです。 録音した音源は、ハイレゾ再生対応のウォークマンなどの他機器で聴くことができます。 駆動方式はベルトドライブを採用しており、ターンテーブルの回転を支えるセンタースピンドル部に、1クラス上の精度と強度を持つベアリング構造 ボールレス を採用しています。 これにより回転とベルトの走行を安定化し、自然な再生音を実現します。

次の

レコードプレーヤー|中古通販のネットモール(ハードオフ公式サイト)

レコードプレーヤー

出典: SPレコードと同じ直径30cmに片面30分の録音が可能となったレコードで、1分間に約33回転します。 現代のアルバムのように、一枚の中に複数の曲を録音できます。 付属品を確認 トーンアームの違い トーンアームにはカートリッジと一体化しているイングレーテッドタイプと、カートリッジを取り外し可能なユニバーサルタイプがあります。 さらにトーンアームの形状にもストレート形、J字形、S字形などがあります。 カートリッジによる違い カートリッジにはマグネットの振動でオーディオ信号を発電させるMM型があり、一般的なレコードプレーヤーはこちらが採用されています。 MC型はコイルの振動によってオーディオ信号を発電させます。 電圧が低く音質の良さが売りですが、他の機器を接続する必要があるため、上級者向けです。 フォノイコライザーの有無で選ぶ この商品の特徴 高品位なアナログレコードの再生と、アナログレコードの音をDSD 5. 6MHzなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤーです。 録音した音源は、ハイレゾ再生対応のウォークマンなどの他機器で聴くことができます。 駆動方式はベルトドライブを採用しており、ターンテーブルの回転を支えるセンタースピンドル部に、1クラス上の精度と強度を持つベアリング構造 ボールレス を採用しています。 これにより回転とベルトの走行を安定化し、自然な再生音を実現します。 この商品の特徴 高品位なアナログレコードの再生と、アナログレコードの音をDSD 5. 6MHzなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤーです。 録音した音源は、ハイレゾ再生対応のウォークマンなどの他機器で聴くことができます。 駆動方式はベルトドライブを採用しており、ターンテーブルの回転を支えるセンタースピンドル部に、1クラス上の精度と強度を持つベアリング構造 ボールレス を採用しています。 これにより回転とベルトの走行を安定化し、自然な再生音を実現します。

次の

レコードプレーヤーのおすすめ10選【2020年版】

レコードプレーヤー

レコード(アナログ)プレーヤーとは、アナログレコードを再生する機器のことを指します。 アナログレコードのことを、LPと呼ぶこともあり、CDとの名称の区分けもされていました。 基本的に、レコードプレーヤーから出力される信号は微弱であるために、アンプで増幅され、最終的にスピーカーに接続して音を楽しむことができます。 構造としてはターンテーブル、トーンアーム、ピックアップ、筐体で構成されています。 CDなどのようにレーザーでデータを読み取らず、ピックアップ部 レコード針)でトレースして読み取る方式となっているので、過度にカバーしなくても良い機構となっています。 これを生かして、スクラッチなどのテクニックを使うことができるのが魅力的です。 ターンテーブルは常に一定の回転を続けることが重要で、耐久性も重視されています。 他にも、ピックアップは摩耗するため、定期的な交換が必要です。 CDの登場以降はシェアを奪われていくことになりましたが、CDにはない温かみのあるサウンドを楽しめるとあって、今でも一定のファンを獲得しています。 特に、オーディオファンほどアナログレコードを好む傾向が見られ、その需要に応じて今でもレコードプレーヤーの新規開発が行われています。 よくある質問(FAQ) Q 故障したレコードプレーヤーの買取はしていますか? A はい。 壊れたレコードプレーヤーでもメーカー型式によって買取できるものはたくさんございます。 レコードプレーヤーはカートリッジやアーム、ターンテーブルなどすべてパーツで見ることが可能になりますのでお問い合わせお待ちしております。 Q 古いレコードプレーヤーを売るさい、修理やメンテナンスをしたほうが良いですか A 修理やメンテナンスをしていただいたほうが当然高く買取はできます。 ただ修理してからの売却価格と修理しない売却価格では、修理代金が嵩む可能性がございますので、その際はメーカー型式をお調べ頂きご相談ください。 Q まとめて古いレコードは売れますか A 古いレコードでもジャズやクラッシックと需要のあるレコードはまとめて買取を行っておりますので、お問い合わせください。 Q クラッシックレコードのみの買取はしていますか? A クラッシクレコードのみでも大量にございましたら買取は出来ますのでお問い合わせください。 Q 未使用品のカートリッジは高く売れますか? A カートリッジにつきましてはメーカーや型式によって様々でございますが高値で買取できるものは沢山ございますのでお問い合わせお待ちしております。

次の