ニルバーナ 意味。 涅槃とは|涅槃(ニルヴァーナ)の意味は苦しみの最高の境地=仏教のゴール

ニルヴァーナクォーツ(アイスクリスタル)の意味・効果

ニルバーナ 意味

涅槃(ニルヴァーナ)とは? 「 涅槃(ねはん)」とは、 もともとインドの言葉の「 ニルヴァーナ」に そのまま中国語の漢字をあてたもので、 意味から翻訳した言葉では「 滅度(めつど)」ともいわれます。 意味は「 吹き消すこと」です。 ややなど、一切のを吹き消した 最高のの境地のことを 「 涅槃」とか「 ニルヴァーナ」、「 滅度」と言い、 仏教究極の目的です。 ところがこの「 涅槃」には2つあります。 2つの涅槃 「 涅槃」に2つあるというのは、 「 有余涅槃(うよねはん)」と 「 無余涅槃(むよねはん)」の2つです。 「 余」とは、残余のことで、肉体のことです。 は、35歳で仏のさとりを開かれましたが、 そのときは肉体がありますので、食べ物も必要ですし、 病気にもなりますから、肉体の束縛を受けます。 まだ完全とは言えず「 有余涅槃」といいます。 ところが、仏のさとりを開かれたお釈迦さまが、 80歳でお亡くなりになりますと、肉体はなくなって、 「 無余涅槃」となります。 これが完全な涅槃です。 仏のさとりを開かれた方は、 地球上ではお釈迦さまただお一人ですから、 お釈迦さまがお亡くなりになることを 「 涅槃の雲に隠れられる」ともいわれます。 この「 無余涅槃」のことを「完全な涅槃」ということで、 「 般涅槃(はつねはん)」ともいわれます。 「 般」というのは完全ということです。 「 般涅槃」に大の字をつけて 「 大般涅槃(だいはつねはん)」ともいわれ、 『 大般涅槃経』というお経もあります。 ところが、この完全な涅槃である「 般涅槃」について、 重大な聞き誤りがあります。 聞き誤った完全な涅槃とは? それは、煩悩の火を吹き消して涅槃の境地に達したならば、 を離れるので、涅槃の境地に達した人は、 「 死ねば何もなくなってしまう」というものです。 これは、上座部仏教の目指す最高のさとりの境地です。 今日スリランカや東南アジアに残っている、 も同じです。 この死ねば何もなくなってしまうという聞き誤りを 「 灰身滅智(けしんめっち)」といわれます。 身を灰にし、智が滅しますので、心身共に無になる、というもので、 それで昔西洋人は、テーラワーダ(上座部)仏教から仏教の研究を始めたので、 仏教は虚無主義だという誤解を与えてしまったのです。 このように、上座部仏教では、 布施やを教えないことはありませんが、 は在家の人のするべき程度の低い行だと教え、 の人はなど、自分の修行の完成を優先します。 そして、さとりが完成すれば何もなくなってしまうとすれば、 お釈迦さまの説かれた仏教とは異なる利己的な教え、 自分だけが救われる小さな乗り物ということで、 「 」と言われるのです。 では、真実の涅槃とはどんな境地なのでしょうか? 真実の涅槃とは? 真実の涅槃とはどんな境地かというと、 「 あるが故に生死にとどまらず 慈悲あるが故に涅槃に住せず」 といわれる境地です。 「 あるが故に生死にとどまらず」とは、 がありますから、生死輪廻を 限りなく続けるということは、もはやありません。 しかしだからといって、自分だけ助かれば、 他の人はどんなに苦しんでいてもかまわない ということでは無慈悲です。 慈悲心がありますから、まだ苦しみ迷っている人が大勢いるのに、 自分だけ涅槃でじっとしていることはできません。 「 慈悲あるが故に涅槃に住せず」 何とか助けてやりたいと、 すぐに生死の世界に戻ってきて、 すべての人を助ける救済活動をせずにおれなくなってきます。 これを「 無住処涅槃(むじゅうしょねはん)」と言います。 生死にも涅槃にとどまらず、すべての人が救われるまで、 助けずにおれないのです。 これを「 生死即涅槃(しょうじそくねはん)」ともいわれます。 真実は言葉にかからないから、 言っても分かることではないと思っても、 言わずにおれなくなります。 それが、真実の涅槃であり、 仏のさとりなのです。 どうすれば涅槃が得られるの? では、私たちはどのようにすれば、 真実の涅槃の境地に達することができるのでしょうか? それには、の根本原因を知らなければなりません。 このの根本原因は、ではなく、もっと深いところにあります。 それこそが、私たちの苦悩の根元であり、 それを断ち切れば、輪廻から離れ、涅槃に至ってが消えると 仏教では教えられています。 ではその苦悩の根元とは何か、小冊子とメール講座にまとめましたので 読んでみてください。 メニュー•

次の

ブランズウィックのニルバーナ™:サンブリッジ

ニルバーナ 意味

においては、を滅尽しての()を完成した境地のこと。 涅槃は、生死を超えた悟りの世界であり、仏教の究極的な実践目的とされる。 完全な涅槃を 般涅槃(はつねはん)、のを 大般涅槃という。 この世に人として現れたののを指すこともある。 の教えにも涅槃を説くものがあるが、仏教の涅槃とは異なる。 詳細は「」を参照 仏教において [ ] 涅槃の解釈はとで異なり 、大乗と部派の各々の内部にも、後述のように異なる説がある。 部派仏教 [ ] 部派仏教では、涅槃とは煩悩を滅し尽くした状態であるとしている。 部派仏教でいう涅槃には有余涅槃(有余依涅槃)と無余涅槃(無余依涅槃)の2つがある。 有余涅槃は、煩悩は断たれたが肉体が残存する場合を指す。 無余涅槃は、全てが滅無に帰した状態を指す。 無余涅槃は灰身滅智(けしんめっち)の状態である。 などでは、涅槃は存在のあり方であるとして実体的に考えられたが、などでは、涅槃は煩悩の滅した状態を仮に名づけたものであって実体のあるものではないとされた。 択滅は、正しい知恵による煩悩の止滅 を意味し、ののうち「」のことをさす。 なお、「択」とはに対して正しい弁別判断をなす洞察力のこと。 では、1つ1つのが断たれて、の相続がそのの拘束からする(離れる)ごとに、「択滅」というの(ダルマ)が1つ1つ、そのの相続に結びつけられ、涅槃となると考える。 こうしてすべての煩悩が断ち尽くされたのを般涅槃(はつねはん)、すなわち完全な涅槃という。 大乗仏教 [ ] 大乗仏教では、・楽・・浄のを具えない部派仏教の涅槃を涅槃とするのに対して、この四徳を具える涅槃を涅槃とし、無為涅槃を最上のものとする。 大乗仏教では、涅槃を積極的なものと考える。 では、本来自性清浄涅槃・有余依涅槃・無余依涅槃・無住処涅槃の四種涅槃を分ける。 やでは、性浄涅槃・方便浄涅槃の二涅槃を分ける。 では、性浄涅槃・円浄涅槃・方便浄涅槃の三涅槃を分ける。 釈迦牟尼仏の肉体の死としての涅槃 [ ] 涅槃、般涅槃、大般涅槃の語は、この世に人として現れた仏(特に)の肉体の死を指すこともある。 『総合仏教大辞典』は、これは無余依涅槃を意味しているようだとしている。 抜粋 [ ] ダンマパダ [ ]• 涅槃が仏教の究極的な実践目的であるところから、の一つに 涅槃寂静がある。 「般」は: pariのであり、完全という意味。 各言語では次のように表記される。 灰身滅智(けしんめっち)とは、身は焼かれて灰となり、智の滅した状態をいう [ ]。 出典 [ ]• Chad Meister 2009. Routledge. "Buddhism: the soteriological goal is nirvana, liberation from the wheel of samsara and extinction of all desires, cravings and suffering. Kristin Johnston Largen. Fortress Press. 107—108. "One important caveat must be noted: for many lay Buddhists all over the world, rebirth in a higher realm - rather than realizing nirvana - has been the primary religious goal. ] while many Buddhists strongly emphasize the soteriological value of the Buddha's teaching on nirvana [escape from samsara], many other Buddhists focus their practice on more tangible goals, in particular on the propitious rebirth in one's next life. What-Buddha-Taught. net. 2014年10月22日閲覧。 2014年2月17日閲覧。 Gavin Flood, Nirvana. In: John Bowker ed. , Oxford Dictionary of World Religions• Anindita N. Balslev 2014. SAGE Publications. 28—29. 1132-1133. 朝日新聞社. 2017年10月16日閲覧。 『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え』(kindle版) Evolving、2018年。 , p. 142. , p. P109. , p. P61. , p. P142. 『原訳「法句経 ダンマパダ 」一日一話』 、2003年、Kindle版, 4. 参考文献 [ ]• 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』下巻、法蔵館、1988年1月。 他『岩波仏教辞典』岩波書店、1989年。 (初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)• 『倶舎論』大蔵出版、1981年。 『龍樹』講談社学術文庫、2002年。 関連項目 [ ].

次の

ニルバーナ(にるばーな)とは

ニルバーナ 意味

においては、を滅尽しての()を完成した境地のこと。 涅槃は、生死を超えた悟りの世界であり、仏教の究極的な実践目的とされる。 完全な涅槃を 般涅槃(はつねはん)、のを 大般涅槃という。 この世に人として現れたののを指すこともある。 の教えにも涅槃を説くものがあるが、仏教の涅槃とは異なる。 詳細は「」を参照 仏教において [ ] 涅槃の解釈はとで異なり 、大乗と部派の各々の内部にも、後述のように異なる説がある。 部派仏教 [ ] 部派仏教では、涅槃とは煩悩を滅し尽くした状態であるとしている。 部派仏教でいう涅槃には有余涅槃(有余依涅槃)と無余涅槃(無余依涅槃)の2つがある。 有余涅槃は、煩悩は断たれたが肉体が残存する場合を指す。 無余涅槃は、全てが滅無に帰した状態を指す。 無余涅槃は灰身滅智(けしんめっち)の状態である。 などでは、涅槃は存在のあり方であるとして実体的に考えられたが、などでは、涅槃は煩悩の滅した状態を仮に名づけたものであって実体のあるものではないとされた。 択滅は、正しい知恵による煩悩の止滅 を意味し、ののうち「」のことをさす。 なお、「択」とはに対して正しい弁別判断をなす洞察力のこと。 では、1つ1つのが断たれて、の相続がそのの拘束からする(離れる)ごとに、「択滅」というの(ダルマ)が1つ1つ、そのの相続に結びつけられ、涅槃となると考える。 こうしてすべての煩悩が断ち尽くされたのを般涅槃(はつねはん)、すなわち完全な涅槃という。 大乗仏教 [ ] 大乗仏教では、・楽・・浄のを具えない部派仏教の涅槃を涅槃とするのに対して、この四徳を具える涅槃を涅槃とし、無為涅槃を最上のものとする。 大乗仏教では、涅槃を積極的なものと考える。 では、本来自性清浄涅槃・有余依涅槃・無余依涅槃・無住処涅槃の四種涅槃を分ける。 やでは、性浄涅槃・方便浄涅槃の二涅槃を分ける。 では、性浄涅槃・円浄涅槃・方便浄涅槃の三涅槃を分ける。 釈迦牟尼仏の肉体の死としての涅槃 [ ] 涅槃、般涅槃、大般涅槃の語は、この世に人として現れた仏(特に)の肉体の死を指すこともある。 『総合仏教大辞典』は、これは無余依涅槃を意味しているようだとしている。 抜粋 [ ] ダンマパダ [ ]• 涅槃が仏教の究極的な実践目的であるところから、の一つに 涅槃寂静がある。 「般」は: pariのであり、完全という意味。 各言語では次のように表記される。 灰身滅智(けしんめっち)とは、身は焼かれて灰となり、智の滅した状態をいう [ ]。 出典 [ ]• Chad Meister 2009. Routledge. "Buddhism: the soteriological goal is nirvana, liberation from the wheel of samsara and extinction of all desires, cravings and suffering. Kristin Johnston Largen. Fortress Press. 107—108. "One important caveat must be noted: for many lay Buddhists all over the world, rebirth in a higher realm - rather than realizing nirvana - has been the primary religious goal. ] while many Buddhists strongly emphasize the soteriological value of the Buddha's teaching on nirvana [escape from samsara], many other Buddhists focus their practice on more tangible goals, in particular on the propitious rebirth in one's next life. What-Buddha-Taught. net. 2014年10月22日閲覧。 2014年2月17日閲覧。 Gavin Flood, Nirvana. In: John Bowker ed. , Oxford Dictionary of World Religions• Anindita N. Balslev 2014. SAGE Publications. 28—29. 1132-1133. 朝日新聞社. 2017年10月16日閲覧。 『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え』(kindle版) Evolving、2018年。 , p. 142. , p. P109. , p. P61. , p. P142. 『原訳「法句経 ダンマパダ 」一日一話』 、2003年、Kindle版, 4. 参考文献 [ ]• 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』下巻、法蔵館、1988年1月。 他『岩波仏教辞典』岩波書店、1989年。 (初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)• 『倶舎論』大蔵出版、1981年。 『龍樹』講談社学術文庫、2002年。 関連項目 [ ].

次の