お腹 痛い。 お腹と腰が痛い時は何かの病気なの?腰が重くて痛みが走る時は?

お腹の脂肪をつまむと痛い理由は?簡単な対処法を解説!|つぶやきブログ

お腹 痛い

明らかに食欲はなく、元気もなさそうです。 実は、4月から保育園の園舎が変わり、通い慣れた場所とは別のところに通い始めたばかりでした。 クラスが合同になって、子どもの数は倍に。 担任の先生も、看護師や調理師の職員も、教室も遊ぶおもちゃもすべて変わりました。 当初は緊張していたものの、2週間ほどたち新しい友達もできて、元気に通っているように見えた、そのやさきでした。 しばらく様子を見ていましたが、「おなかが痛い」と繰り返します。 夕飯に出した大好きなカレーライスも残してしまい、自分からベッドに行って寝てしまいました。 ネット上でも話題になっています。 「新学期になって、『お腹が痛い』という新小1や新幼稚園児が増えています。 その痛みは本物です。 『痛いね、辛いね』と共感してください」 この投稿に8000件を超えるリツイートがありました。 「自分も子どものとき、お母さんに『お腹痛いから無理しないで休もうね』って言われてすごく救われました」 「『嫌だ』という子のほとんどは保育園などが嫌なのではない。 家庭の居心地の良さを求めている子が多い」などなど。 <ストレスも、食事の変化も> なぜ、この時期に腹痛が起きるのか。 「新しい環境へのストレス、また食べ慣れた家庭での食事から給食に切り替わるような変化で腹痛となることがあります」 腸内の免疫の働きに詳しい、理化学研究所・生命医科学研究センターのチームリーダー、大野博司さんの話です。 大野博司さん ポイントは胃酸の分泌や腸内細菌の状態。 慣れない環境での生活が続くことでストレスがたまったり、また食事がこれまでと変わったりすることで、胃酸の分泌量が増えて粘膜を傷つけたり、腸内細菌のバランスが崩れたりすることがあるそうです。 こうした状態が一時的な腹痛や下痢を引き起こすことがあり、体が環境に適応していくと治るケースが多いと話していました。 「特にストレスは胃潰瘍など、胃腸の異変を来すことは動物実験でも証明されています」 「小さな子どもでもストレスがおなかに影響する、それは肝に銘じてほしいです」 <子どもは表現できない> 子どもは、ほかにも不安を抱えていると指摘する専門家もいます。 養護教諭を務めた経験があるNPO法人「子育てひろばほわほわ」の顧問、永瀬春美さんにも話をきいてみました。 そのうえで慣れない新生活に加え、「不安な気持ちを表現できないこと」、それが重なって腹痛の症状が出ることがあるとみています。 <わかってもらえないジレンマ> 「表現できない」とは例えば次のようなケースです。 「日頃の親子関係の中で、子どもに『そんなこと言わないの』とか『平気、平気』などといって、不安な気持ちをうまく感じ取ってあげられないことがあります」 「すると、子どもは自分の気持ちが否定されたと感じます。 新生活の不安にそのジレンマが加わって、腹痛を引き起こしていることもあるという指摘です。 「『不安だよね』『何に困っているの?』といった言葉で、子ども本位になって不安な気持ちを認めてあげることです」 「不安を子どもひとりに抱え込ませないこと。 親が寄り添っているという姿勢を示すだけで、安心して症状が緩和されることもあるんです」 <完璧な子育てはない> 慣れない新生活、表現できない不安、それに加えてもう一つ、永瀬さんが不安に思っていることがあります。 「学校や保育園を、自分の子育てがいいのか悪いのかを、評価される場所のように感じてしまう人がいます」 「例えば子どもが保育園や学校になじめないでいると、『自分の育児は失敗したのではないか』そう思ってしまう。 それは強いストレスになり、小さな子どもも敏感にそれを感じとります。 「完璧でなくても子どもは自分の力で成長していくので、信じてあげることも必要です。 子どもは親を見てまねをするので、まずは、自分が思っていることをちゃんと言葉にして伝えていくことを心がけてほしい」 <ごめんね> 「おなかが痛い」と言っていた娘。 夜中になると体が熱っぽくなり、計ると38度の熱がありました。 翌日に行った病院での診断は、「胃腸炎の典型的な症状」。 思えば新年度、仕事が忙しくなった時、「保育園で頑張ろうね」と娘に何回も言い聞かせるように声をかけていました。 新しい環境で緊張しても、なかなか親に甘えられなかったのかもしれません。 「おなか痛い」は、単なる胃腸炎でなく、そんな娘のメッセージでもあったのでしょうか。 仕事を少し休んで一緒にいる時間を増やしました。 「おなかが痛いの」から10日。 娘はすっかり元気になり「新しいお友達の名前、ぜーんぶ覚えたよ!」と張り切って、いま、保育園に通っています。 投稿者:戸田 有紀 投稿時間:14時56分.

次の

お腹が痛い・下痢の原因はお腹が冷たいこと?!お腹の冷え対処・改善法

お腹 痛い

今回は腹痛の治し方についてご紹介します。 「お腹が痛い」という症状は誰もが一度は感じたことがあるはずですが、意外と対処法をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。 「そこまで痛くないから大丈夫」「そのうち治まるはず」などと考えてしまいがちです。 しかし、腹痛も体のサインですので、放っておくことはとても危険です。 そこで当記事では• お腹が痛くなる場所• 腹痛の原因• 腹痛の種類と症状• すぐ病院を受診した方がいい腹痛は?• 病院では何科を受診する?• 家庭での腹痛の応急処置• 突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法• 腹痛の予防法や食事について といった内容で、急な激しい腹痛が起こる原因と症状、そして、突然の下痢、便秘や冷えでお腹が痛い時に、すぐ痛みを緩和するにはどのように対処すればいいのかお伝えしていきます。 体内で発生した何かしらの異常を知らせる情報が、まず痛みの自覚症状として起こるとされています。 腹痛の原因も様々です。 胃や腸といった消化器系に起因するものだけでなく、循環器系、泌尿器系、婦人科系などに起因するものもあります。 上腹部でおこる腹痛 胃、十二指腸、胆嚢、膵臓などの痛感神経が集まる心窩部(みぞおち)に痛みを感じることが多いです。 中でも胃痛によるものが多いです。 下腹部でおこる腹痛 下腹部の痛みは腸の病気による原因がほとんどです。 中腹部(へそ周辺)の痛みは腸炎、右下腹部痛では虫垂炎が代表的です。 腸炎の場合には下痢の症状が伴うことが多いです。 左下腹部痛では大腸の病気が疑われます。 さらに、泌尿器系や婦人科系の病気の可能性も考えられます。 (2)ストレス 精神的ストレスだけでなく、エアコンをつけた時などの室内外の温度差による身体的ストレスは自律神経を乱し、胃腸の粘膜を傷つけ腹痛を起こす原因になります。 (3)過敏性腸症候群 過労や精神的不安、過度の緊張によるストレスから便秘や下痢などの便通異常や下腹部に強い痛みがあらわれます。 (4)冷えと下痢 人の体には体内に起きている生命の危機に対して防ごうとする機能、すなわち防衛本能が備わっています。 冷えにより体内の温度が低下すると、内臓の機能も低下し抵抗力も落ちてしまいます。 そこで、体内では腹痛や下痢という症状により体を内側から温めようとする防衛本能が働きます。 まず冷えによる下痢は、下痢をすることで体内から水分を出し、体内で熱を生み出し、熱を保ち、熱が低下しないようにするための防衛本能です。 次に冷えによるお腹の痛みは、「体が冷えていますよ!」という体のサインです。 それぞれの腹痛の特徴を見てみましょう。 内臓性腹痛 胃や腸管などの管腔臓器の収縮、伸展、拡張、痙攣によって発生する痛み。 内臓神経(自律神経)を介して感じる腹痛です。 痛みの部位が明確でなく、間欠的で「なんとなくお腹が痛い」という、鈍痛から激しい痛みまで幅広い痛みを訴えます。 内臓性腹痛の症状としては、悪心や嘔吐、冷や汗を伴うこともあり、ズキズキする痛みです。 体性腹痛 腹腔内臓器の炎症によって壁側腹壁や腸間膜が刺激されて発生する痛み。 知覚神経が刺激されて起こる腹痛です。 「ここが痛い」というように痛みの部位が限定されていて、持続的で刺すような鋭い痛みを訴えます。 体性腹痛の症状としては、一定の時間にわたって持続するうずくような痛みと鋭い痛みを伴います。 また、体を動かすと痛みが強くなることが多いです。 重症化すると、腹膜炎から腹膜刺激症状を認め、重症感染症による敗血症性ショックを起こすため、緊急手術が必要になります。 そこで、すぐに病院を受診した方がいい腹痛の主な症状例をご紹介します。 すぐに病院を受診した方がいい腹痛 ・急激にお腹が痛くなり痛みが持続する腹痛 ・トイレに行っても解消されない激しい腹痛 ・転げまわるような激痛を伴う腹痛 ・お腹の限られた部位の痛みが徐々にお腹全体の痛みへと変わる腹痛 ・食後に激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛 次の症状などを伴う腹痛の場合も早めに医療機関を受診してください。 ・高熱 ・吐き気や嘔吐 ・出血や下血 ・顔面蒼白 ・頻脈 ひんみゃく ・意識低下 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性がありますので、抵抗力の弱いお子様やご高齢の方はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。 もし腹痛の原因が食中毒である場合、下痢をすることは体がいち早くウイルスや細菌を体の外に排出しようとしている働きなので、むやみに止めてはいけません。 下痢止め薬をむやみに服用せず、医師の診断を受けてください。 病院では何科を受診する? 突然の腹痛が起きた時、「病院では何科にかかるのが良いの?」と、迷ったり分からない事もあります。 特に深夜になると多くの病院は診療を終了しているので、とても不安な気持ちになります。 一般に、腹痛が起きる原因として消化器官の異常が原因であることが多いため、まずは消化器内科を受診するのもよいです。 ただし、腹痛の原因として、内科的要因、外科的処置が必要な場合、婦人科の疾患の場合など、さまざまな臓器の病気が原因となっている可能性もあります。 腹痛の原因に身に覚えがなく、何科を受診すればいいのか全く分からない場合は、総合病院の受付で症状を話して、何科を受診すればいいのか教えてもらのがよいでしょう。 その病院で可能な診察や処置を受けて、さらに治療が必要な場合や原因が分からない場合は、どこを受診すればいいのか聞いたり、紹介状を書いてもらえるはずです。 女性の場合には、痛みの他に出血などの症状が伴う場合には、婦人科もある病院を選ぶことをおすすめします。 また、上記の 「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」に該当する場合、自力で病院に行けないほど痛みや症状が悪化している場合は我慢し過ぎず、救急車を呼んでください。 医療機関で適切な処置を受けるためのポイント 病院で適切な処置を受けるためにも、腹痛を訴えるポイントをメモなどして医師に伝えましょう。 ・痛む場所 ・痛み方と度合い ・痛みの間隔 ・下痢や嘔吐など腹痛以外の症状 腹痛の症状をできるだけ詳しく伝えることで、受診すべき科目の判断がしやすくなりますし、適切な診断や治療につながります。 なお、上記でご紹介した「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」の症状に当てはまらなくても、腹痛が何日も続く場合や繰り返される場合は、早めに病院を受診しましょう。 その2:服薬 医療機関で処方してもらう他に、市販薬を上手く使うことで、いち早く腹痛を抑える対処法もあります。 市販薬購入時は必ず、薬剤師に相談して症状にあった薬を選ぶことをおすすめします。 「ガスター10」は幅広く服用されているブロッカーです。 激しい腹痛の場合や薬を服用しても効果がみられない場合は、すぐに医療機関を受診してください。 ウイルスや細菌による下痢や吐き気を抑える市販薬 もし腹痛の原因がウイルスや細菌などの感染による場合、下痢の症状は体内のウイルスや細菌を体外へ排出する行為であるため、むやみに下痢を止めてはいけません。 市販の下痢止め薬をむやみに服用せず、早めに医師の診断を受けてください。 とは言っても、すぐに病院に行けない状況での激しい下痢や吐き気は辛いものです。 そこで感染性の胃腸炎の場合、ゆるやかな作用で腸の運動を改善する漢方薬や腸内の環境を整える整腸剤などの使用がおすすめです。 【正露丸】大幸薬品株式会社 ゆるやかな作用で腸の運動を改善する薬で、腸内環境を整えることで下痢や軟便を改善する薬です。 吐き気や嘔吐の症状改善にも適しています。 5才以上のお子さまから服用が可能です。 【柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)】ツムラ漢方 風邪の中期以降の症状で、腹痛や吐き気を伴う「お腹にくる風邪」に適しています。 風邪だけでなく、胃腸炎に処方されることもあり、臓器の熱や炎症を鎮め、痛みを緩和する漢方薬として知られています。 体力が中程度又は虚弱気味の人に向いている薬です。 【新ビオフェルミンS錠】大正製薬 腸内環境を整える3種類配の乳酸菌を配合した市販薬です。 錠剤タイプと顆粒タイプがあり、錠剤は5才以上のお子さまから、顆粒は生後3か月を過ぎた赤ちゃんから服用できます。 妊娠中や授乳中の服用も問題ないとされています。 その3:家庭での応急処置 医療機関を受診したら、医師の指示に従います。 薬が出された場合は用法、容量を守り服薬を行います。 症状が治まったからといって、自己判断で服用を中止してはいけません。 ではここで、医療機関を受診する前、受診できない場合の応急処置についてご紹介します。 腹痛の応急処置方法 ・楽な姿勢で安静にする 服装を緩め、楽な姿勢をとり、静かな場所で安静にしましょう。 ・胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝る 胃から腸への出口は体の右側にあります。 なので胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝ると、食べたものが腸の方へ流れやすくなり消化促進の効果につながります。 ・吐き気や嘔吐の症状がある場合は横向きに寝る 幼い子や高齢の方は仰向けの状態でいると、もし嘔吐した場合に嘔吐物が気道を閉塞してしまう可能性があります。 横向きに寝かせてあげることで嘔吐物を詰まらせないようにしましょう。 ・下痢による脱水予防のため水分を補給する 体内の水分とイオンがバランスよくとれるスポーツドリンクやイオン飲料などがおすすめです。 この時、冷たいものは胃腸を刺激しやすいので、常温のものか少し温めるとよいです。 昔から「お腹が痛い時は温めるといい」と聞きます。 お腹を冷やしたことによる下痢や便秘が原因の腹痛には、お腹を温めるのも効果があります。 ・痛むお腹の場所を手の平で温める 手の平を、お腹の痛む場所にそっと当ててあげるだけでポカポカ温まり楽に感じます。 「手当」といわれるゆえんですね。 ・手の平でおへそ周辺をマッサージする 便やガスがたまってお腹が圧迫されて痛い場合は、手の平でおへそ周辺をゆっくり「の」の字を書くように優しくマッサージすると楽になります。 腹痛の原因がハッキリしない場合では、お腹を温めることは控え、医師の診断を受けてください。 その4:突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法 急にお腹が痛くなった時、すぐトイレに行ける状況であれば、まずトイレに行きましょう。 下痢を伴う突然の腹痛の場合は、体内の毒素を排出しようとする体の防衛本能が働いている可能性があります。 下痢止め薬などを飲み、むやみに下痢を止めてしまうと、体内にある毒素が排出されず健康を害する可能性もあります。 しかしそうは言っても、電車の中だったり、会議中や授業中、出先でトイレが見つからないなど、いつでもトイレに行ける状況ばかりではありません。 そこで、突然の下痢と腹痛でトイレに行けない場合や便秘や冷えによる腹痛の時など、お腹が痛い時にすぐできる対処法をいくつかご紹介します。 ここがポイント! 気持ちを楽にしリッラクスすることで痛みを和らげるための深呼吸です。 息を吸う出す時間は、ご自身が苦しくなく楽にできる秒数で行ってください。 大腸は右外側にあり腸内の流れは時計回りですので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで反時計回りにゆっくり優しく大きくマッサージしましょう。 大腸は右外側にありますので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで時計回りに大腸に沿ってゆっくり大きくマサーッジしましょう。 丹田を温めることで内臓の動きが良くなり、体温も上がりポカポカして、お腹の痛みも少しずつ和らぎます。 冷えによる腹痛や生理痛におすすめです。 また、内臓が温まると腸の活動も促進されますので、便秘の時にもお試しください。 ハンカチなどで包むか衣服の上から使用し、長時間の使用は控えてください。 腹痛や便の状態など、症状に従って消化の良い食事をとるようにしましょう。 食べ物は基本的に温かく、柔らかいものが適しています。 おかゆや煮込みうどん、柔らかく煮た野菜などがおすすめです。 逆に脂肪分の多いものや刺激物、食物繊維の多い野菜類は控えましょう。 なお、下痢の症状がひどい場合の食事は便と同じ柔らかさのものが基本になります。 重湯やおかゆなど、お腹に負担をかけないもので経過観察します。 1日3食を規則正しく、適量を守って食べることが腹痛の予防に大切です。 また日頃から食物繊維を意識してとると便秘予防になります。 エアコンの効いた室内では、上着や膝かけなどで体温調節を行うとよいです。 また、体を内側から冷やさないために冷たい飲み物は控えましょう。 お気に入りの入浴剤でゆっくりお風呂に入る、好きな本を読んだり音楽を聴く、愛猫や愛犬と遊ぶ、寝る前に軽くストレッチを行うなど、1日のうち少しの時間でも簡単にできるストレス解消法を持ちましょう。 まとめ:「腹痛を緩和する6つの対処法」 いかがでしたか?「腹痛の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。 最後にもう一度6つの対処法について確認してみましょう。

次の

腹痛を治す!お腹が痛いときの対処法

お腹 痛い

今回は、原因不明の腹部の痛みで考えられる「腹痛の原因と種類」、「お腹が痛くなる場所から分かる病気」についてご紹介します。 原因不明の腹痛にお悩みではないですか? 急なお腹の痛みだけでも辛いのに、原因が分からず長引いてしまうのはとても辛いことです。 しかしなぜお腹は痛くなるのでしょうか? そこで当記事では、• お腹の痛み方はいろいろ• 腹痛の原因と種類• お腹が痛い場所ごとに考えられる病気• 腹痛で病院に行くなら何科を受診する? といった内容で、急にお腹が痛くなる原因、そして腹痛の原因や場所から考えられる病気についてお伝えしていきます。 原因不明の腹痛で辛い思いをされている方は参考にしてください。 イタタタと言いたくなるような「キリキリ」とした痛みや、「ドーン」と重たい痛み、そして「ウッ」と挿し込むような鋭い痛みなどがあります。 痛み方が様々あるように、その原因もそれぞれ違います。 それではどんな痛みの時は何が原因なのか、腹痛のおこり方とその種類について詳しくお話をしていきます。 内臓神経(自律神経)を介して感じる腹痛です。 特徴として• 差し込むような痛み• 周期的• 吐気や嘔吐を伴うことが多い 体性腹痛 腹腔内臓器の炎症によって壁側腹壁や腸間膜が刺激されて発生する痛み。 知覚神経が刺激されて起こる腹痛です。 特徴として• 刺すような痛み• 持続的• 悪心や嘔吐を伴わない• 内臓腹痛より重症であることが多い 関連痛と放散痛 関連痛とは内臓からの痛みの刺激が皮膚に伝わり、皮膚の痛みや知覚過敏を起こす痛みです。 また、放散痛は痛みが離れたところに伝搬することをいいます。 心因性の腹痛 神経性によるものやストレスを中心とした心の病が原因で発症する腹痛です。 次に、腹痛から考えられる病気について腹痛の部位ごとにご説明します。 特に食後の痛みが強い。 さらに、その痛みが背中や肩にまで及ぶこともある。 さらに頻尿や残尿感をともなう。 発症数時間はみぞおちに痛みがあらわれ、痛みが増しながら段々と右下に移動する。 その間痛みは持続し、右下腹部に行きつくころには幹部が化膿して腹膜も刺激するようになるので、体を動かすのも大変なほど激しく痛む。 腹部全体に痛みがおこる多くの疾患では、ショック症状をともなうような激しい痛みが起こるため、早期に医療機関を受診することが必要です。 さらに、次の症状を伴う腹痛の場合も早めに医療機関を受診してください。 高熱を伴う• 出血や下血を伴う• 転げまわるほどの激痛がある• 激しい吐き気や嘔吐がある• 顔面が蒼白である• 頻脈 ひんみゃく である• 意識が低下している 病院では何科を受診する? 腹痛の原因として、内科的要因、外科的処置が必要な場合、婦人科の疾患の場合など、さまざまな臓器の病気が原因となっている可能性があります。 そのため、病院ではどの科を受診すればいいのか分からない事もあります。 そこで、総合病院を受診し、受付で症状を伝えて、適切な科目にまわしてもらうのがよいでしょう。 ただし、総合病院では特別料金が発生したり(平成28年4月からは、緊急やむを得ない場合を除き、紹介状なし大病院で初診を受ける場合、診察料とは別に特別の料金を支払う必要があります)とても混んでいたりします。 そこでまずは、行きつけの病院やクリニックなど受診しやすい医療機関を受診し、そこで可能な診察や処置を受けて、さらに治療が必要な場合や原因が分からない場合は、どこを受診すればいいのか聞いたり、紹介状を出してもらう方がよい場合もあります。 なお、以下の症状がある場合は我慢しすぎず、救急車を呼んでください。 吐き気や嘔吐• 出血や下血• 顔面蒼白• 頻脈 ひんみゃく• 意識低下 まとめ:「腹痛3つの原因と痛む場所から考えられる8つの部位の病気」 いかがでしたか? 原因不明の腹部の痛みで考えられる「腹痛の原因と種類」と「お腹が痛くなる場所から分かる病気」をテーマにご紹介させていただきました。 最後にもう一度、お腹が痛む8つの部位ついて確認してみましょう。 その1:みぞおちに腹痛がおこる病気 その2:みぞおちの右手側に腹痛がおこる病気 その3:みぞおちの左手側に腹痛がおこる病気 その4:おへその周辺に腹痛がおこる病気 その5:下腹部に腹痛がおこる病気 その6:右手側の下腹部に腹痛がおこる病気 その7:左手側の下腹部に腹痛がおこる病気 その8:腹部全体に腹痛がおこる病気 応急処置としまして、急な激しい腹痛に襲われたときの対処法は、下記の記事に詳しく書いてありますので参考にしてください。 腹痛は身近な症状だけに自己判断したり放置しがちですが、原因が分からずきちんとした対処が出来ない場合は、生死にかかわることもあります。 普段と違う異変を感じましたら病院へ行くことをおすすめします。 当記事がお役に立てれば幸いです。 スポンサーリンク - -, , , , ,.

次の