アウトランダー モデル チェンジ。 アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ2020年11月で先進的なデザインへ進化

【三菱新型アウトランダー!】フルモデルチェンジ2020年発売日 予定

アウトランダー モデル チェンジ

新型アウトランダーPHEVの2021年モデルのレンダリングが公開 三菱アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ後の予想レンダリングが、ロシアのデジタルアーティストによって作成されています(画像は入手し次第紹介します)。 今回公開されたレンダリングイメージは三菱新型パジェロ・スポーツのようなデザイン。 フロントにはLEDのヘッドライト・デイタイムライト、ダイナミックシールドを装備します。 リヤスタイルは現行型アウトランダーのデザインを引き継ぎつつ、よりシャープなランプを採用すると予想。 なお、新型アウトランダーPHEVが日産エクストレイル(ローグ)とプラットフォームを共有するとすれば、プロパイロットなどの運転支援技術が搭載されることも期待できます。 次期型アウトランダーPHEVのパワートレインについては、EV走行約68. 8kmを可能とする2. 4L直列4気筒ガソリンエンジンとデュアル電気モーターを組み合わせる可能性が高いとされています。 エンゲルベルクツアラー(e-Yiコンセプト)が次期アウトランダーPHEVになる可能性も 上海モーターショー2019で公開するe-Yiコンセプト 新型アウトランダーPHEVを示唆するモデルとして期待されている 次期アウトランダーPHEVは2019年にジュネーブモーターショー2019で初公開したエンゲルベルクツアラーを基に設計する可能性があります。 三菱のダイナミックシールドを採用した大胆なスタイリングが特徴で、三菱のAWD技術「アクティブヨーコントロール」を採用する新世代SUVです。 パジェロが廃止するという噂もある中で、三菱の次期フラッグシップを担うアウトランダーPHEVに相応しい期待のコンセプトカーです。 アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ後のエクステリア 三菱がパリモーターショー2016で公開した「GT-PHEVコンセプト」は、2020年11月に発表されるアウトランダーPHEVのコンセプトモデルといわれています。 三菱のフロントマスクであるダイナミックシールドを採用し、とても細いデザインの3連LEDヘッドライト、その下には縦に配置された3連フォグランプが配置されていて、ウインカーも兼用していると予想します。 バンパーには、デイライト機能も備えている4連ホワイトLEDが装備されています。 リアビューでは、ボディサイドまで繋がったテールランプが印象的で、三菱エンブレムの下には「GROUND TOURER」と、コンセプトが掲げられています。 装着されているホイールは、5本スポークのメッキタイプで20インチほどありそうな大きなサイズです。 ドアは観音開きになっていて、運転席のシートにはパワーシートのレバーが見えます。 シックなワインレッドのシートで5人乗りですのでアウトランダーPHEVやアウトランダーと乗車人数も合致します。 サイドミラーは、とても細いデザインでカメラを使った方式になっていると予想しますが、市販モデルでは従来どおりのミラーを使った形式になると考えられます。 アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ後の搭載装備 次期型アウトランダーPHEVには、パワートレインに手が加えられて次世代の大容量駆動バッテリー、フロント1基、リア2基の高出力・高効率のトリプルモーター、PHEV専用エンジンを搭載して 現在50kmのEV航続距離を80kmから100kmへ、総航続距離を1,200kmにまで伸ばします。 また、4WDシステムの「S-AWC」がトリプルモーターになったことで、より細やかなコントロールができるようになり、操縦安定性が増します。 アウトランダーも同時にフルモデルチェンジが行われる ガソリン車のアウトランダーも同時にフルモデルチェンジが行われると見られていて、現行のアウトランダーとアウトランダーPHEVのエクステリアはほぼ変わらずラインナップしているため、次期型アウトランダーも「GT-PHEVコンセプト」のエクステリアを採用すると考えられます。 搭載エンジンは、「2. 0Lの4J11 MIVEC」か「2. 4Lの4J12 MIVEC」、次期型PHEVモデルに搭載されると噂されている「3. 0L V型6気筒+スーパーチャージャー」のいずれかになると考えられます。 2017年11月の時点で365万~478万円の価格帯ですので、 新しいエンジンや1基増えるモーターなどを考慮すると400万がスタートラインになると考えられます。 ガソリン車の3代目アウトランダーも同時期に行われ、2017年11月の時点で253万円~328万円で、アウトランダーは据え置きになると予想します。 アウトランダーPHEVとアウトランダーの販売価格などをおさらい 2013年1月24日から販売されているアウトランダーPHEVは、ガソリンエンジンとEV走行ができる「プラグインハイブリッド車」で、 国産車の中では4WDを装備した唯一のPHEV車で、2WDの設定はありません。 2017年11月の時点で販売しているグレードは、標準グレードの「M」、e-Assistを搭載した「G Safety Package」、ナビを追加した「G Navi Package」、AC電源を標準装備した「G Premium Package」、最上級グレードの「S Edition」、特別仕様車の「G Limited edition」があります。 アウトランダーの価格表 グレード 駆動方式 販売価格一覧 M 2WD 2,725,800円~ 4WD 3,003,000円~ G 2WD 2,909,500円~ 4WD 3,184,500円~ G プラスパッケージ 2WD 3,143,800円~ 4WD 3,421,000円~ 3代目アウトランダー、2代目アウトランダーPHEVの実力はいかに 2020年11月には計画されているアウトランダーとアウトランダーPHEVのフルモデルチェンジは、PHEVには新しいプラグインハイブリッドシステムや、より大胆になったダイナミックシールドの採用など、盛りだくさんの内容です。 価格帯は400万円スタートになると予想し、3列シート7人乗りのアウトランダーは、据え置きか少しばかりの上昇になると考えられます。 アウトランダーPHEVは、国産車で唯一の4WDシステムを搭載しているプラグインハイブリッド車で、外部電源を使えるので災害にも強く、雪道や荒れた道なども4WDで走破できるスペックを持っているので、もしもの時に頼れる1台です。

次の

【三菱新型アウトランダー!】フルモデルチェンジ2020年発売日 予定

アウトランダー モデル チェンジ

(ベストカー 講談社) そこで今回カーギークで取り上げるのが 三菱新型アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ最新情報。 現行アウトランダーPHEVは発売から既に経ってますが、果たして次期モデルはどう進化するのか?ついにピュアEV化される? 発売日は2020年後半に早まる? まず最初は「発売日・発売時期」の最新情報。 新型アウトランダーはいつごろフルモデルチェンジするのか? 結論から書くと、 三菱新型アウトランダーの発売日は2020年後半頃になります。 ベストカーの最新情報が先駆けてそれを報じ、マガジンXの最新情報でも後追いで2020年秋頃を発売日と報道。 当初はマガジンXは2021年のフルモデルチェンジを予想してたものの、新型アウトランダーの発売日は早まってる様子。 でのメーカー規模を考えると三菱自動車の経営資源は知れてるものの、既に日産傘下に入ってるのは周知の事実。 次期アウトランダーPHEVの開発にも日産自動車が当然にして関与しており、そこらへんが良い意味で影響か。 とはいえ既に現行アウトランダーPHEVは2018年夏にビッグマイナーチェンジを行い、2019年9月にも一部改良を施すなど何度かテコ入れされてますが、フルモデルチェンジまで「足掛け8年」と非常に長いモデル周期に落ち着きそう。 新型アウトランダーPHEVの次期デザインはどうなる? 続いては「次期デザイン」の最新情報。 新型アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ後の見た目はどう進化するのか?はたまたフルモデルチェンジ後もキープコンセプトなのか? 結論から書くと、 新型アウトランダーPHEVの外観は大胆に進化しそう。 キープコンセプトではあるものの、見た目の雰囲気はガラッと変わりそう。 (三菱エンゲルベルクツアラー 外観デザイン画像) 2019年3月開催のジュネーブモーターショーに出品された「エンゲルベルクツアラー」と呼ばれるコンセプトカーと雰囲気は酷似。 当初から次期アウトランダーと目されていましたが、ボンネットフードの立体感などは想像以上に似てるかも。 例えば、新型アウトランダーのフロントマスクを詳しく見ておくと、メッキパーツに薄型LEDヘッドライトが内蔵され、ターンシグナルランプがそれに沿うように設置。 グリルはハニカム風構造に仕上がり、穴のカタチはeKワゴンや次期eKスペースといった三菱自動車の最近のそれに近い形状か。 リア周りもコンビネーションランプも前方部と同様に更に薄型に成形。 逆に左右のランプを結んでいたガーニッシュは廃止。 サイドはピラーがブラックアウト化。 またクォーターウィンドウの面積が小さくなり、新型アウトランダーPHEVの「塊感」がフルモデルチェンジ後は強まりそう。 実際、次期デザインは「更に角ばったフォルムに進化」と報じるのがベストカーの最新情報。 「エンゲルベルクツアラー」というコンセプトカーはややズングリムックリ感は否めず、新型アウトランダーPHEVはもっとブラッシュアップされてそう。 フルモデルチェンジ後の新型アウトランダーの内装はどう進化するのか? 結論から書くと、新型アウトランダーPHEVの内装は不明。 次期テストカーも内装面まではスクープできておらず、東京モーターショー2019にも次期アウトランダーのコンセプトカーなどは出品されておらず。 ただし、後述しますが新型アウトランダーは完全なピュアEV化される可能性もある。 大容量のバッテリー搭載スペースなどを考えていくと、フルモデルチェンジ後の車体のサイズアップは予想されます。 (三菱MI-TECH 内装インテリア) また東京モーターショー2019に出品された「MI-TECH」と呼ばれる新型PHEVの内装を見てみると、吹出口が前述の新型アウトランダーPHEVのテストカーのグリル形状と似てなくもない。 もちろん「MI-TECH」は2シーターのオープンSUVと設定が奇抜。 しかも、搭載エンジンがガスタービンエンジン。 それでも新開発の4個モーター搭載の4WD仕様など、どこか次期アウトランダーPHEVへの応用も期待されます。 やはり2020年後半という発売日の遅さも考慮すると、新型アウトランダーPHEVの内装がここまでシンプルかつ先進的な内装にフルモデルチェンジしたとしてもおかしくない。 フルモデルチェンジで「よりBEV」に近づくか? 続いては「電動化といった中身」の最新情報。 新型アウトランダーの「PHEV(プラグインハイブリッド)」部分はどう2020年のフルモデルチェンジで進化するのか? 結論から書くと、新型アウトランダーは今回のフルモデルチェンジで「よりに近付く予定」です。 具体的には 「前に1モーター」「後ろに2モーター」の合計3モーターを採用した4WDシステムが採用されそう。 (三菱e-EVOLUTION CONCEPT TMS公式サイト) 東京モーターショー2017で「e-EVOLUTION CONCEPT」と呼ばれるコンセプトカーが出品済み。 次期アウトランダーPHEVではなかったようですが、電子制御系含めてほぼ同じ仕組みが流用されそう。 車体下に現行アウトランダーPHEV以上の大容量のバッテリーが敷き詰められ、デュアルモーターにも「AYC」が組み込まれる。 左右輪にはトルクベクタリングも採用し、走りは「次期ランエボSUV的」な雰囲気も漂うと早くも評判。 既に現行アウトランダーPHEVは2018年のマイチェンで、キルティング風ダイアステッチをあしらった本革シートを採用するなど内外装を高める以外に、リチウムイオン電池の容量アップや電気モーターのトルクアップ。 発電用エンジンは2. 4L直4エンジンにアップサイジングし、車体は構造用接着剤で剛性感をアップ。 新型アウトランダーPHEVが次にフルモデルチェンジするとしたら、もはや「BEVに近づける」以外に道はない。 ただし、前述の「MI-TECH」はそれを上回る4個のモーターを各々のタイヤに搭載し、更にはデュアルモーターAYCを採用。 だから、三菱自動車内で次期アウトランダーを含めたPHEVの開発は順調に進んでいるフシも読み取れます。 少なくとも新型アウトランダーPHEVは3個の電気モーターを搭載し、よりBEVに近付くのは間違いないか。 更に言うと、 三菱新型アウトランダーは「日産次期エクストレイルのEV版」と兄弟車になりそう。 何故なら現行アウトランダーPHEVと違って、前述のテストカーは給油口は右側に設置されてるから。 これは日産・エクストレイルと同じ。 そのため、 次期エクストレイルEVと車体が共用されている可能性はほぼ間違いないか。 もし三菱自動車と日産自動車の共同開発が順調だと仮定すれば、フルモデルチェンジ後は「全輪に電気モーター4個搭載」というパターンも大いに有り得そうです。

次の

次の顔は俺だ!! 三菱アウトランダー フルモデルチェンジ予想!!

アウトランダー モデル チェンジ

新型三菱アウトランダーへのフルモデルチェンジは2020年後半、次期モデルのワールドプレミアは2020年10月と予想 三菱アウトランダーは2020年後半にフルモデルチェンジが行われると予想します。 ワールドプレミアは2020年10月1日~11日に開催予定のパリモーターショーが濃厚でしょう。 次期モデルで注目なのはルノー・日産・三菱アライアンスによって開発されたプラットフォームの使用です。 最近では自動車メーカーのグループ化が顕著になっており、それぞれメーカー同士で技術の共有をしたり、売り上げを補い合っています。 このことによって高品質なものを短期間で開発することが可能になっているというわけです。 しかも三菱は日産の傘下ということで、ルノー・日産・三菱アライアンスというわけですが、ルノーといえばフランス政府が大株主なんですよね。 しかも世界の自動車メーカーとしては2017、2018年共に一位のVWに次ぎ2位となっています。 新型がどのような感じになるのか、ますます楽しみです! まだ正確な発表日ではないとはいえ、新車購入狙いの方で余裕がある場合は10月まで待ってみるのもありかもしれませんね。 逆に言うと、現行車がラストイヤーになるということは熟成度は高いといえるでしょう。 現行車の購入の狙い時も今年なのかもしれません。 いずれにせよ、新車をいずれ買うことになりそうな方にはぜひこちらを読んで準備していただければと思います。 損せずに新車を手に入れる方法です。 そうです。 三菱が2019年にジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミア、そして東京モーターショーで日本初お披露目したあの『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)』です。 次期アウトランダーは、デリカと同様にダイナミックシールドがフロントいっぱいに表現された、迫力のある顔つきのようです。 さらに、三菱デリカに似たライトの構成であると考えらます。 二本光るライトがLEDのヘッドライト、その上にある細いライトが同じくLEDのポジションランプでしょう。 また、多くの車がモデルチェンジでグリルの拡大化を行っている中で、次期アウトランダーはそういった変更は行わないようです。 形も長方形でシンプルですね。 下部のエアインテークも薄目になりそうです。 それなのにインパクトを持たせるデザインになることは濃厚ですから、すごいことですよね。 万人受けしないと言われることもある顔ですが、「多くの人に求められようとして無難になってしまう」のとは正反対を突き進む姿勢、そして新鮮さを感じさせてくれるというのは、三菱だからこそ出来るのかもしれません。 また、そういうスタイルを望む声も絶対にあるんですよね。 しかも、車を車としてだけでなく、モビリティとしての重要性が問われ始めているこのご時世です。 従来のような「車らしい」見た目だけでなくもっと多様性を持ってもいいですよね。 むしろどんな形であれ何かしらのインパクト持たないと今後生き残っていけないかもしれません。 ルーフスポイラーは厚みがあり、後ろ姿にも迫力を忘れていませんね。 オシャレで後ろ姿に気を付けなければいけないとは思いますが、車でも同じですね! 車を維持するのにお金が結構かかりますよね。 しかしそんな中でも、ある方法で今までと比べ5万円以上の節約ができる方もいます。 それは…車の保険の見直しです。 次期三菱アウトランダー フルモデルチェンジでプラットフォームが新しくなる!? 次期三菱アウトランダーでは、フルモデルチェンジでエクストレイルとプラットフォームを共有すると予想 三菱の新型車では、ルノー・日産・三菱アライアンスに基づき、ルノー・日産の車とシャシーを共有することが濃厚です。 その中でも、次期アウトランダーのプラットフォームは次期日産エクストレイルの物との共通化が考えられます。 これにより、アウトランダー次期型はサイズが拡大するでしょう。 2Lクリーンディーゼルターボ、2. 4LNAガソリンエンジンが搭載されるようです。 — ゆっくりしむけん 日産自動車の日本市場復権を全力で目指しています Jz1YHiVcuaxoLRM 次期アウトランダーには「CMF」といって、日産とルノーが共同開発した共通化システムを採用すると見られます。 CMFは、車の構造を「エンジンコンパートメント」、「コクピット」、「フロントアンダーボディ」、「リアアンダーボディ」の4つの組み立てユニットに分け、そこに「電子アーキテクチャー」を加えた4+1の組み合わせで構成し、様々な車種に対応するというものです。 次期三菱アウトランダーのフルモデルチェンジでパワートレインは• 5L 直4ターボエンジン• 0L 直4エンジン• 5L直4ターボ、2. 0L 直4エンジンの他に2. このアウトランダーのPHEVのシステムが次期エクストレイルにも採用されるのではないかという情報もあります。 まさに共同開発ですね。 5L 直4ターボエンジンといえば三菱エクリプスクロス現行車で、その最高出力は150PS、最大トルク240Nmを発揮しています。 0L 直4エンジンは最高出力150PS、最大トルク190Nmですから、トルクは1. 5Lエンジンの方が優位ですね。 0Lエンジンにも改良が加えられ、燃費面で1. 5Lターボエンジンを上回るようにするかもしれません。 ミドルサイズのSUV車として、燃費の向上は嬉しいところですからね。 PHEVは、バッテリーの総電力量が現行の13. 8㎾hよりも大きくなると期待されます。 それに付随し、純粋なEV走行距離も伸びるでしょう。 現行のEV走行距離がWLTCモードで57. 6㎞ですが70㎞近くになるとも予想されます。 エンゲルベルクツアラーのEV走行での航続距離も70㎞以上とされているので、実現濃厚な数値と言えますね。 2020年中にフルモデルチェンジとなるのであれば、これからどんどん情報が出てくるでしょう。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の