サージ吸収。 サージ対策部品

電子機器専用避雷器M

サージ吸収

雷の発生時期 雷の発生時期は、7〜9月が最も多くなります。 また夏場だけでなく秋から冬にかけても落雷は多いため、一年を通して警戒が必要です。 雷による被害 落雷時には瞬間的に3,000〜4,500Vもの高電圧が流れます。 パソコン本体・周辺機器の電源が入らないなどの故障や、最悪の場合は発火の原因にもなります。 雷サージとは 落雷時、電線などの高所にあるものに瞬間的に発生する有害な過電圧や過電流のことです。 電話線、電源線、アンテナ、大気中を通って家の中に進入し、このサージ電圧によってパソコン・ルーターなどの電子機器は、絶縁破壊や誤作動・劣化などの影響を受けます。 「雷ガード」は、内蔵された吸収素子(バリスタ)が雷サージを吸収することで、接続するパソコンなど故障を防ぐため、雷サージ対策として最適です。 雷サージの種類 誘導雷・・・電線から、モジュラージャックやコンセントなどを伝って屋内のパソコンなどに侵入する雷サージ。 電線近くに落雷した時の電磁誘導により高電圧が発生する、最も多い雷サージの発生原因です。 侵入雷・・・大気中を伝わって侵入する雷サージ。 避雷針などから侵入した場合、パソコンなどの電子機器と地表との間の電位差によって起きる現象です。 直撃雷・・・接続された電線に直接落雷して侵入する雷サージ。 高い電圧や電流が発生するため、直撃雷からパソコンやルーターを守ることは非常に難しいのが現状です。 対策として雷ガードを設置した場合でも、パソコンなどを保護できないことがあります。 これは半導体集積回路が過電圧、過電流に大変弱い事に端を発しています。 また、雷サージで機器破損が起こる事例のほとんどは、通信系(電話線)に集中しています。 これを防止するのが雷サージ吸収素子「バリスタ」です。 電源系のサージ保護対策としてよく使用される素子で、電気抵抗体の一種であり、両端に加える電圧が高くなると抵抗値が急激に小さくなる特性があります。 その動作原理は、半導体のトンネル効果を利用し、ある一定の電圧になると端子間の抵抗値が小さくなります。 この電圧をバリスタ電圧と呼び、この時の電流値は 1mA で試験を行っています。 構造的にコンデンサの成分を持ち、信号自体の減衰の原因となるため、微妙なアナログ波である電話などの信号系のサージ保護には使用されず、主にコンセントや電源タップからの電源系の雷サージ対策に使用されています。 バリスタが破損するとショートモードになり発火する可能性があるため、その対策としてヒューズを取り付けており、ヒューズが切れたときは連動してLEDランプが消えることで新しいものへの交換を促します。 バリスタと比較すると耐久性に優れるため、破損して事故につながることはほとんどありません。 また、一定電圧に対して有効であるため、微妙なアナログ波である電話などの信号系のサージ保護によく使用されます。 「バイパス回路+アース」でさらに安心.

次の

リレーのコイルサージ対策について教えてください。

サージ吸収

リレーを多用する制御回路では、サージ電圧と呼ばれる、電源電圧と反対方向の大きな電圧が発生することがあります。 このサージとはどのようなもので、どういった原因で起こる現象なのでしょうか。 サージの意味と要因、サージが回路におよぼす影響、サージによる回路損傷を防止する手段を紹介します。 サージ サージとはどのようなものか、何が原因で発生するのかを見てみましょう。 サージとは 異常な大きさの電流または電圧が瞬間的に発生することを、サージといいます。 このとき流れる電流がサージ電流、電圧がサージ電圧です。 短時間に定格以上の電圧がかかることを全般的に過電圧と呼びますが、サージ電圧もこのひとつといえます。 またそのなかで持続時間がナノ秒~マイクロナノ秒のものはスパイクと表現され、ミリ秒単位のものがサージと呼ばれています。 サージの発生要因 サージはどういった要因から引き起こされるのでしょうか。 一般的にサージという言葉をよく聞くのは、IT機器やその関連商品についてかもしれません。 IT機器の場合では、落雷が原因で発生する雷サージのことを指す場合が多いです。 雷サージには機器やデータの破損といった問題につながる大きなリスクがあるため、雷サージ対策が施された機器や用品が数多く販売されています。 またIT機器や電子機器においては、サージ発生の原因のひとつに静電気の放電があります。 これは人体によって引き起こされる場合が多いといわれており、数千ボルトの高電圧に達することもあります。 制御回路においては、上記のような雷や静電気によるサージも起こりますが、最も問題となるのは逆起電圧と呼ばれるものです。 コイルを使った回路やリレー内部では、電磁誘導により電極の接触と遮断を行っています。 コイルに流れる電気が遮断されると、コイルの作用により大きな電圧が生じます。 この誘導負荷を遮断した際に発生するものが逆起電圧です。 サージによって引き起こされる影響 サージが発生し、その電圧がそのまま機器や制御回路にかかってしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。 代表的な例として次のような影響が考えられます。 接点の焼損 定格を超える大きな電流が流れることで接点にアークが発生し、溶けてしまうことがあります。 またこれにより、接点に炭化物や硝酸が生成され付着し、抵抗になったりノイズを発生させたりすることがあります。 電子部品・回路の破損 大きなサージ電圧により、素子が焼けてしまったり複数箇所が破損したりすることで、回路そのものが壊れてしまうこともあります。 機器の破損 定格を超える大きなサージ電圧が制御回路で発生した場合、その先に接続されている機器や設備を破損させてしまう可能性もあります。 ソフトウェアやデータストレージへの被害 制御システムの一部にPCが接続されている場合、ソフトウェアの不具合やデータの損失につながるおそれもあります。 システム障害 サージにより機器や制御システムがダウンしてしまうと、大規模なシステム障害へと発展する可能性もあります。 特に上記のような影響が複数同時に発生した場合は、復旧までに長時間を要するおそれもあります。 サージを防ぐためには サージとそれによる影響から機器や回路を保護するためには、どのような手段があるのでしょうか。 その対策として使われるのが、サージアブソーバーです。 制御盤内で発生するサージに対して使われるものはサージキラーとも呼ばれ、シーケンサ出力側のような誘導負荷のある箇所に使われています。 サージキラーの回路接続には次のような方式があります。 CR方式• ダイオード方式• ダイオード+ツェナーダイオード方式• バリスタ方式 このなかで、DC(直流)誘導負荷の場合はダイオード方式、AC(交流)誘導負荷の場合はCR方式が一般的に使われています。 サージから回路や機器を保護する対策を サージの発生原因と影響、およびサージから機器を守る保護対策を紹介しました。 サージは回路の電子部品や接続されている機器を破損させる危険を持ちます。 その結果、ソフトウェアに影響をおよぼし、システム全体の障害につながる可能性も考えられます。 大きな損害に発展する危険性もあるため、適切なサージキラーを設け回路を保護しましょう。 参考:• 総合カタログ35 総合カタログ35は、IT業界・製造業で使用される当社製品をすべて網羅し、設計者、開閉装置(スイッチギア)メーカー、データセンター事業者のニーズを満たします。 世界中で幅広く使用されている産業用キャビネット・ボックス、分電・配電システム、温度管理システム、ITインフラストラクチャ製品ラインアップの詳細情報を、936ページにわたってご紹介しています。

次の

サージ対策部品

サージ吸収

回答 逆起電圧 サージ とは、コイルを使用した誘導性の負荷状態でOFFした際に負荷から発生する逆方向起電圧のことです。 図1 のようにコイルに電圧を印加すると磁束が発生します。 次にスイッチをOFFにするとこの磁束はなくなりますが、電圧をかけて電流を流すと誘導起電力が発生します。 磁束が増えた場合、磁束が増えないように逆方向に磁束が発生します。 磁束が減った場合、磁束が減らないように磁束と同じ方向の磁束が発生し コイルの自己誘導作用 、 それによって逆起電圧が発生します。 逆起電圧の対策には、接点保護回路 サージキラー を用います。 DCの場合はダイオード方式が、ACの場合はバリスタ方式、CR方式が一般的です。 サージキラーによる接点保護については、をご覧ください。 ソリッドステート・リレー SSR で、誘導負荷を接続する場合の対策については、をご覧ください。 2019年9月現在.

次の