フローリング シミ 取り。 フローリングのシミ補修方法を解説!ペットのおしっこ対策グッズも紹介

フローリングの水滴のようなシミ(ワックス剥離)の改善法についてアドバイスいただけませんか

フローリング シミ 取り

床にできてしまうシミの原因は、水分や日焼け、化学薬品などの影響が考えられます。 シミを解消するためには、できるだけ早めに、原因に応じた対処をすることが大切です。 ここでは、それぞれの原因別のシミの対処法について見ていきましょう。 水分によるシミ フローリングのシミの原因は、多くが水分によるものといわれています。 飲み物や調味料などをこぼしてしまう以外にも、次のような水分が原因でシミとなり、ひどいとカビやへこみの原因にもなってしまいます。 ・サッシの結露 ・観葉植物の水 ・ペットのおしっこ また、洗濯機を置いている部分に広範囲にシミが広がっていたという、水漏れによる被害のケースもあります。 その場合は、水道修理業者に相談する必要があります。 水分によってできたシミを解消する方法としては、床の表面の塗装補修や、部分張り替えが挙げられます。 また、ペットのおしっこによるシミに効果的なクリーナーも販売されているため、水分の種類に応じて試してみると良いでしょう。 日焼けによるシミ 日光によってフローリングが日焼けすることで、シミのようになってしまうということもあります。 日のあたる窓際の床は特に日焼けしやすく、カーペットや家具を置いていたことで、床の色に大きく差ができてしまった、というケースもあります。 この場合は日光による自然劣化であるため、カビなどの心配はありませんが、 見た目が気になるようであれば、表面の塗装補修や張り替えを検討するといいでしょう。 化学薬品によるシミ ワックスや化学モップ、パーマ液などによってできてしまったタイプのシミです。 対処法としては、専用のクリーナーを使う、塗装補修をする、張り替えをするということが挙げられます。 また、 自分で化学薬品のシミ取りをする際は、「クリーナーは原液のまま使用しない」「シミはティッシュでこすらず、クリーナーを使ったあとに雑巾や専用のシートで拭き取る」といったことに注意しましょう。 シミを悪化させたり、フローリングを傷付けてしまったりするおそれがあります。 シミではなく、ワックスはがれの可能性も シミのように見えて、実はフローリングに塗られていたワックスが部分的にはがれてしまっていたというケースも考えられます。 ワックスは乾燥によって縮んでしまったり、水で溶けてしまったりすることもあるのです。 部屋全体のワックスをはがしてワックスをかけ直す、カラーワックスなどで部分補修を行う、といった対処方法があります。 シミを作らないための予防・お手入れ方法 フローリングは、できるだけシミを作らず、きれいな状態を長く保ちたいものです。 ここでは、フローリングのシミの予防法として、日頃からどんなお手入れをすべきなのかをご紹介します。 シミを作ったらなるべく早く対処する シミは、できてしまってから時間が経過すればするほど、完全な補修は難しくなってしまいます。 シミを作ってしまったらすぐに対処しなければ、その分補修に時間も費用もかかってしまうため、後回しにはしないように注意しましょう。 水分や薬品などを床にこぼしてしまったら、すぐにしっかり拭き取ることも大切です。 日焼け防止をする 自然劣化である日焼けをできるだけなくすために、床の日焼け防止も行いましょう。 日焼けによる床色の差を防ぐためには、窓際の床には家具をなるべく置かないようにする、マット類は全体に敷ける物以外は敷かないといった対策がおすすめです。 また、日当たりが強い時間帯には、カーテンで日光を遮るようにするということも大切です. 室内でタバコを吸わない(ヤニ防止) タバコのヤニは天井や壁、床など室内全体に悪影響を及ぼします。 黄ばみやシミだけでなく、タバコを落としてしまった場合は焦げ跡ができてしまうというリスクもあります。 室内ではできるだけ喫煙を避けるようにしましょう。 乾拭きで掃除する 普段の床掃除の際は、必ず乾いた雑巾やモップを使いましょう。 水拭きはフローリングのひび割れの原因にもなります。 汚れがひどくて、どうしても水拭きをしたい場合は、雑巾を固く絞って掃除をします。 また、薬品が染み込んでいる化学雑巾を使うときは、床の変色の原因となるため、絶対に長時間床に放置しないよう注意しましょう。 定期的にワックスがけをする 半年に1度程度の頻度でワックスがけを行うことで、きれいな床を保つことができます。 ワックスによるお手入れの効果には、次のようなものがあります。 ・フローリングの表面を保護する ・ツヤを出す しかし、フローリングの材質によっては、ワックス剤使用時に注意すべきことがあります。 メーカーの説明書等をよく確認しておきましょう。 シミの状態がひどかったらリフォームも検討しましょう ここまで、床のシミの原因・対処法と、予防方法についてご紹介してきました。 「シミの規模が大きすぎるため、自分で対処するには難しい」「お手入れにも限界がある、いっそのこと床全体をきれいにしたい」といった場合は、張り替えリフォームも検討してみることをおすすめします。 BXゆとりフォームのフローリング張り替えサービス BXゆとりフォームでは、フローリングの張り替えリフォームにも対応しています。 多くの施工実績があり、職人による美しい床の仕上がりが選ばれる理由にもなっています。 ワックスがけのお手入れ不要の「ワックスフリー」タイプのフローリングへの張り替えにも対応しているため、床のシミやお手入れに関する悩みや不明点があれば、まずはお気軽にご相談ください。

次の

無垢テーブルにシミがついた!効果的なシミの取り方と対策について|アルファトランク 公式ブログ

フローリング シミ 取り

畳に比べて手入れがしやすいフローリングが一般住宅では主流になってきていますが、長く使っていると黒ずんできてしまうこともありますよね。 フローリングが黒ずんでしまう主な原因と、家庭で行える黒ずみ掃除に必要なものとその手順について解説いたします。 1)フローリングが黒ずむ原因 フローリングが黒ずんでしまう原因には、以下のようなものが考えられます。 油汚れ• ワックスの劣化 まず一番考えられるのは、人の足の裏などから出る皮脂です。 素足で歩き回ることが多いフローリングの上には皮脂がつきやすく、これが溜まって時間が経つと黒ずんできてしまうのです。 また、キッチンでは調理時に油が跳ねてフローリングについてしまい、黒ずみの原因となってしまうこともあります。 窓周辺に黒ずみができた場合は、カビの可能性もあります。 窓に結露ができ、その周辺の湿度が高まることでカビが生えやすくなるためです。 フローリングの上を万年床にしている人も、寝汗によって布団下のフローリングにカビが生えてしまうことがあるので、要注意です。 フローリングをきれいに見せるためのワックスが黒ずみの原因となることも。 ワックスを塗ってから時間が経つと劣化し剥がれていくので、そこが黒ずんできてしまうのです。 そしてそれを放っておくとさらに劣化の範囲が広くなり、黒ずみも大きくなっていきます。 2)家庭でできるフローリングの黒ずみ掃除の仕方 黒ずみは放っておくとベタベタしてきたり、その上にどんどん汚れが積み重なってきたりして、ちょっとやそっとでは取れなくなることもあるので、定期的に掃除をすることが大切です。 以下でフローリングの黒ずみ掃除の仕方を説明します。 必要なもの• フローリングワイパー• ワイパー用のドライシート• 掃除機• バケツ• 中性洗剤• 雑巾2枚 洗剤は住宅用の洗剤を用意してもいいですが、台所用の中性洗剤でも十分黒ずみ除去には効果があります。 掃除手順• フローリングワイパーで乾拭きしてホコリを取る• 掃除機をかけてワイパーで取り切れなかった細かいゴミを除去する• 中性洗剤を混ぜた水で固く絞った雑巾で拭く• 赤ちゃんやペットがいる場合は水拭きをして洗剤を落とす• 乾いた雑巾で拭く いきなり掃除機をかけてしまうと排気によってホコリが空中に舞い上がってしまうので、まずはドライシートをつけたフローリングワイパーでホコリや汚れを取ります。 そのあと、フローリングの溝や隅に入ってしまっている細かいゴミを掃除機で吸い取りましょう。 次に、 水2リットルに対して台所用中性洗剤を小さじ1杯程度混ぜたものをバケツに用意し、雑巾を浸して固く絞り、フローリングを丁寧に拭いていきます。 黒ずみが気になるところは特に念入りに拭きましょう。 中性洗剤で拭いたあとは、仕上げの水拭きは基本的に必要ありません。 しかし 赤ちゃんがハイハイをしたり、ペットが歩いたりするから気になる……という方は、水拭きをして中性洗剤を残さないようにしましょう。 最後に乾いた雑巾で乾拭きをし、床をしっかりと乾燥させて完了です。 3)落ちにくい汚れがある場合は キッチンまわりの頑固な油汚れや、長期間放置してしまった皮脂汚れなどは、中性洗剤で掃除をしても落ちないこともあるかもしれません。 重曹水(水100mlに対し重曹小さじ1杯)で落とせる場合もありますが、ワックスが剥がれ落ちてしまう恐れがあります。 どうしでも自力で落としたい場合は、重曹水を雑巾に浸けて、黒ずみの部分のみを優しくこすり落とすように拭きましょう。 また、黒カビも中性洗剤では落ちないこともありますが、ここでアルカリ性のカビ取り用洗剤を使ってしまうと、フローリングの素材を傷めてしまう可能性があるので禁物です。 場合によっては変色して取り返しがつかなくなってしまうこともあります。 カビによる黒ずみは家庭で除去するのは難しいので、無理せずにプロのクリーニングに依頼することをおすすめします。 4)黒ずみ予防にはワックスの塗り直しが大切 ワックスの劣化によって黒ずみができてしまう場合があることは上述しましたが、それを防ぐためには定期的にワックスの塗り直しをすることです。 おすすめの頻度は 上塗りを半年に一回、古いワックスを剥離させて塗り替えるのを5年に1回です。 ワックスは自分で塗ることもできますが、きれいにできるか不安な人も多いと思います。 特にすべて剥がしてから塗り直す作業は、手間もかかって大変ですよね。 そんな方は、プロのを依頼してみてはいかがでしょうか。 施工すればフローリングに光沢ができてきれいに見える上、耐久性にも優れているので長い間特別な手入れをする必要もなくなるので、おすすめです。 5)落とせない黒ずみはハウスクリーニングを 上記でも触れましたが、落とせない黒ずみがある場合に強力な洗剤を使ったり強くこすったりしてしまうと、フローリングの素材を傷めてしまう可能性があります。 無理をせずに、プロのの依頼をおすすめします。 プロのハウスクリーニングなら、高い技術と業務用の洗剤で、家庭では除去しきれない黒ずみも、隅々まですっきりきれいにしてくれますよ。

次の

フローリングの水滴のようなシミ(ワックス剥離)の改善法についてアドバイスいただけませんか

フローリング シミ 取り

建築現場では床材を貼った後、養生をした上で壁を仕上げたり、電気工事をしたりすることが多いです。 床材を養生していてもどうしても傷がついたり、なんらかのシミが付いてしまったりすることがあります。 特に多いのが、サッシの洗いなど、クリーニング業者さんの洗剤のシミです。 このシミを取る基本は衣服や食器の汚れのシミを取ることと同じ考え方で、アルカリ性と酸性を中和させることで汚れを取るという考え方があります。 洗剤の多くはアルカリ性なので、酸性で中和させると汚れが取れる、もしくはシミが薄くなります。 こちらはオークのカットサンプルに強アルカリの洗剤を垂らした写真です。 写真の左側に洗剤を垂らしたのですが、シミというよりも、かなり変色してしまっています。 これに市販のお酢を垂らしてあげます。 酢は酸性なので、結構、中和させることができるんですよ。 今回、使用したのはこちらの普通のスーパーで市販されているお酢です。 このお酢をさきほどの黒いシミのところに塗ってみました。 テープの左側にお酢を塗ったのですが、完全にシミが取れた訳ではありませんが、だいぶシミが薄くなっているのが、おわかりになりますでしょうか? 後は、サンディングして表面を削ってあげた上で、自然塗料等を塗ってやれば、かなりシミは目立たなくなります。 無垢材で洗剤のシミでお困りの方は、一度、試してみてもいいかと思います。 学生時代は中学から大学まで体育会でテニス部に所属。 しかし根性も無いため目立った活躍はなし。 大学在学中に半年ほどアメリカに留学。 大学卒業後、地元のスーパーに就職。 一時は30億の売上高の所属の営業部長を任されるが、36歳の時に父親と一緒に現在の会社の運営を開始する。 英語は相変わらず下手ながら現在はさまざまな国から無垢フローリングを中心に輸入、インターネット販売を中心に設計事務所・工務店に販売しています。 最近の投稿• アーカイブ•

次の