ボードゲーム メモ。 ボッドゲム

我が家にあるボードゲームの一覧

ボードゲーム メモ

松本「なぜこれを田中が仕切っているのか」 松本「すごい前のめりらしいね」 田中「僕がやりたってわけでは」 松本「午前中から入ってるらしいね」 松本「でもこれOA終わり結構売れるんでしょ」 田中「らしいですね、 売り場から なくなったりするらしいです」 スティッキー 輪っかで支えられたスティックをサイコロの目にそって 引いてって倒した人が負け。 そこまでに取ったスティックで得点。 青 太 3点、赤 中 2点、黄 細 1点 田中のルール説明を聞いたところ 松本「えーこんなシンプルで今んとこ全然面白い気せぇへん」 田中「意外と面白いんですこれが」 青をふる遠藤に 浜田「青はやばいで」 最初に触ったスティックが危ないので別のに変えようとする遠藤 松本「あ触、これいいの?」 田中「もうあかん!一回自分で触ったやつは抜かなあかんねん」 遠藤「えーそれ先言えや」 松本「遠藤それはそうやって」 田中「でも、一回ひこうとしてガタガタってなったときにガタガタってやっていいから」 方正「意味がわからん」 浜田「持ち直させていいってこと?」 田中「はい」 方正「それすごい重要なことやで・・・?」 松本「なんで言わんねん」 遠藤、浜田と青を抜いていくと、さらに青の目を出す松本 方正「もうやばいんじゃないですか」 浜田「この青はちょっとな」 松本「でも輪っかさえ保ったらいいってことですよね」 松本成功。 方正さらに青 松本「青しか出えへんで」 松本「でも分かったで、一回もってガタガタって保ったらええねん」 方正「分かりました」 そーっと抜く方正。 浜田「グーッと一回上げたほうがえんちゃう」 てところで崩れるスティック。 松本「しょーもな」 遠藤「地味な終わり方」 方正「いやだから」 松本「中小企業の倒れ方や、しょーもな」 方正「いやでも立て直そうとしたらああなったんや」 浜田「まあもっかい逆周りにやってみる?」 で2回目は順調に進んでいく。 田中あぶないとこから青をすっと抜いていく 次の方正「えマジ?」 方正「これか?いや中段の方か」 と慎重に選んだスティックを触ったとたん崩れかかる。 浜田「崩すの2回目になんで」 松本「崩すなら派手にいってな 」 それでも慎重に抜こうとすると 浜田「奥の方入ってもうたがな」 痛恨のミス。 松本「俺もう無理やと思うけど」 その予想通りぱたっと倒れるスティック。 松本「うわしょーもな」 スライドクト ボードの4辺のレバーを操作して、ボードを協力して傾け 冒険家コマを滑らせてゴールを目指す。 田中ルール説明「ただ、この途中には障害物がありまして」 ダイナマイトコマを道中に置いていく 浜田「いやお前が置くからや」 松本「そういうとこあるよなー」 田中「そういうゲームです、置かなかったら何も面白くないですよ 」 松本「ダイナマイトは落とし穴に落としてもええんやろ?」 田中「いいです、爆発しますけど」 浜田「 落とし穴からなら 破片とか上に飛んでくやん」 田中「え、リアルの話してます?」 松本「ダイナマイトとこれが一緒にオチてもええんやろ?」 田中「これが?いやだめですよ」 遠藤「この穴は落ちてもええよな?」 田中「穴は全部ダメですよ!」 方正「爆発って本当に爆発せんよな?」 田中「なんなんですかもう!!」 1回目のプレイ、見事息が噛み合わずとんでもないとこに 浜田「どこいってんねん」 松本「いーってなる」 浜田「ああもうなんで山ちゃん」 方正「遠藤やって!」 落とし穴にダイナマイト落として失敗。 松本「超難しくないこれ?」 ボードを開けてオチたの回収していく。 松本「あああ、下に死体いっぱいある、前死んだやつやこわいぃ」 方正と松本入れ替わって2回目 3秒で落ちる。 「あ」 松本「うそやろ・・・」 浜田「いや章造やって、お前グーやったやん」 遠藤「やってないです・・・」 3回目もあっという間にダイナマイトが穴に 一同「あーーー!」 浜田「お前!なんで持ち上げんたりすんねん!」 方正「俺やってない・・・」 浜田「そら落ちるやろ💢」 浜田「ほんでこっちに来てのに」 方正「こわいこわい」 浜田「あのガキ💢」 松本「あのガキゆうた」 浜田「なんやおまえ二人で」 松本「こわいこわい」 3回目は浜田の代わりに田中が これもすぐ落とし穴に 浜田「そこの ココリコの 2人が」 遠藤「強かったですはい」 田中「俺も急に呼ばれてここ任されてぇ・・・・」 松本「いや 前乗りやし 急に呼ばれてはないやろ」 ウボンゴ サイコロで指定されたピースを使って、マスをぴったり埋めていくゲーム。 完成させた人がウボンゴと叫び、そこから10秒がタミット。 浜田「えどうやってうまんの?」 「ええ?」 松本「まあまあウボンゴ!」 田中「まあまあ?」 1マスはみ出してる松本。 松本「まあまあウボンゴやろこれは!?」 田中「まあまあウボンゴなんてないので・・・」 てところで 方正「ウボンゴ!」 10秒以内に誰も完成せず 松本「ちょっとまって、これをどうやったらウボンゴになったのか気になるわ」 松本「まあまあウボンゴにはなるけど」 と悩んでるところで、横からあっという間に松本のウボンゴを完成させる方正 松本「すぐなった!」 松本「天才少年現るや」 遠藤「これもいいですか?」 浜田「絶対1個あまんねん!」 を次々完成させる方正 松本「天才少年!」 次は難易度を上げたバージョンでやる一同 松本「天才少年には勝てないと思うわ」 天才少年顔をする方正。 田中「ぶさいくですね」 浜田「これ無理やわ」 松本「これはなかな・・・」 方正「ウボンゴ!」 松本「マジで!?」 方正「これで仕事来るかも分からへん」 松本「ウボンゴ芸人」 方正「ウボンゴ芸人」 クアルト 白黒・高さ・丸四角・など色んな属性を持ったコマが相手から渡され 縦横斜めに同属性コマを4つそろえた方の勝ち。 コマは共通で使う。 4つ揃ったらクアルトと言う。 まずは遠藤vs方正 松本「これもなんか不思議やね、相手にこれ置けっていうの」 田中「そうなんですよ」 方正が3つの白を並べ、リーチ状態に 松本「何手かリーチっぽい手があるね」 と、そんなことに気づかず方正に白を渡す遠藤 方正「クアトロ!」 松本「もー遠藤さん」 浜田「あ、俺もきづかなかったわ」 松本「ほんでクアトロやったっけ?」 田中「クアルトです、ピザでしたっけ」 松本「ピザやでクアトロ」 松本「今のドローですね」 方正「俺恥ずかしいわ、ものすごい格好いい顔でクアトロって」 第二戦は浜田vs松本 じゃんけんで先手を決めようとするも 浜田だけ「最初はグー」して食い違う。 松本「いる?この期に及んで最初はグー」 松本にコマを渡されるも浜田動かず 松本「・・・・・・・え?」 松本「いや俺が渡したんやけど」 浜田「あ、俺が置くの?」 で、浜田1手目 松本「・・・・・・・・・・・・・・いや渡せや!」 ココリコ「これやばいっすよ」「この対戦はやばい」 ここで、松本も2回連続で相手に渡すミス。 田中「浜田さんが渡す番ですよ」 浜田つっこむ。 松本天を仰ぐ。 方正「もう無理やって、この2人無理」ともう止めようかの空気。 松本「やらせろ!楽しみに来たんや!」とテーブルバンバン 続行し、初本が置くも 浜田「・・・・・・・渡せや!!」 一同ざわざわ 松本「ええやんけ!今のは別に!ゲームとは関係ないんやから!」 田中「いやでもあんまりひどいとにしますよ?」 松本「考えとんねん、楽しんどんねん!ええやんけ」 やっと普通に進行し始める 松本「いやでもこれ面白いわ」 田中「あったま使うんですよ」 松本「いやでもこれ結構考え出してきたわ」 松本「これも渡すの考えるのも大事ですよ」 松本「でも渡せや!にびびってるからあんま考えんと置いてまうねん」 順調に進行しはじめたのに、浜田がまた相手に渡さず固まる からの 浜田「クアトロ!」でグダグダのエンド。

次の

【ボドゲ紹介】『まじかる☆ベーカリー』ブラックなパン屋で仕事の押し付け合い!!

ボードゲーム メモ

プリントアンドプレイと呼ばれるボードゲームをご存知ですか?海外ではPrint And Playの頭文字をとって「PnP」と呼ばれてるそうです。 AndはAじゃなくnなので頭文字とは言えないか。 プリントアンドプレイってのは、自宅のプリンターでデータを印刷して遊ぶタイプのゲームです。 そのデータって有料販売してるものも一部あるけど、 ほとんどがタダなんですよ!そんなの遊ぶしかないでしょ!印刷して、ハサミやカッターで切って、糊付けして…と、それなりに手間は掛かるんだけど無料ですから。 って言うか工作と思えばそれもまた楽しい。 我々は今、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため外出自粛を強いられてますよね。 自宅にいる時間が長い訳です。 そんな中、本来は購入しなきゃ遊べないボードゲームなのに、プリントアンドプレイ版を期間限定で無料公開してるケースが増えているんです。 家族で自宅にこもるなら 楽しく遊んで過ごして欲しいという作者からのメッセージでしょう。 だからこの機会を逃す手はないのです。 という事で、無料公開されているプリントアンドプレイのゲームを18個紹介します。 ホント、読むだけでお得! タギロン 2度リメイクされてる程の面白さを誇るタギロンが無料で遊べるなんて!(小声で)購入したら2400円くらいするのでは……。 数字は0~9まで赤と青の2色のタイルを5枚受け取って、相手はどのタイルを持っているのかを当てる理論的パズル対戦ゲーム。 交互に行う質問によって「偶数は1枚しかないのか…」「あれ?9持ってないの?」など少しずつ相手の手の内が分かっていくのがたまらなく楽しいゲームです。 個人的な印象としては、ボードゲームを遊んだ事ない人に遊ばせるとどっぷりハマっちゃうゲームってイメージ。 なので、まだ遊んだことない人にオススメ。 ちなみに2~4人まで遊べますが、3人プレイが最も面白いので是非。 プリントアンドプレイ版には、タイルを隠す為のついたてとメモがないのでご自身で準備して下さい。 図形や数字が書かれたカードを見て、ペアをみつけて素早く取るアクションゲーム。 トポロジー的に同じカードを見つけたらカルタのように素早くカードを手で押さえて、カード獲得となります。 トポロジーとは、図形を構成するパーツの数と穴の数で区別する考え方。 例えば「461」と「AND」はトポロジー的に同じなのです。 パーツの数は3つ、穴の数は2つだからです。 理解出来なかった人は印刷して遊んでみましょう。 小学生でも楽しく遊べるゲームなので。 自作でいろんな図形を加えて遊びたくなりますね。 新型コロナウイルスの感染拡大防止に備えるご家庭向けに、ゲームをご自宅のプリンターやコンビニで刷って遊べる無料キットをリリースしました。 休校やリモートワークで家で過ごすお時間にぜひ。 ボードゲーム『トポロメモリー』をご家庭で印刷して遊べるPDFキットを無料配布 — ミヤザキユウ ボードゲームデザイナー バンソウ zakimiyayu オストル クラウドファウンディングで900%達成感の圧倒的な支持をされたオストルが無料で遊べるなんて!(小声で)購入したら1500円くらいするのでは……。 相手のコマを2つ取ったら勝ちという2人か4人用のアブストラクトゲーム。 自分の手番では自分のコマか穴を1マス動かす事が出来ます。 この時、相手のコマをボードの外に押し出すか穴に押し入れる事が出来れば相手のコマを取る事が出来ます。 押して取るからオストル。 でも奥が深いんですよ。 印刷した紙のままでも遊べるけど、コマの裏側に滑りやすい素材を貼り付ければスムーズに遊べそう。 【プリントでまるっとあそべるボードゲーム】 チェスに似たボードゲーム「Ostle(オストル)」はご家庭でプリントして、まるっとぜんぶ遊べます。 こちらのPDFで、ご家庭でぜひお楽しみください。 Ostle無料体験版PDF: — 雅ゲームス MiyabiGames ラブレター 様々な映画やアニメとコラボバージョンも発売されているラブレターが無料で遊べるなんて!(小声で)購入したら1800円くらいするのでは……。 16枚だけのカードを使った数字比べのカードゲーム。 カードを1枚持って、自分の手番ではカードを1枚引いてどちらかのカードを捨てて、捨てたカードに書かれている効果を発動。 これを繰り返して最後まで生き残るか最も数が大きいカードを持っていたら勝ちというルール。 5分程で決着がつくアッサリとしたゲームながら、しっかりとした心理戦や駆け引きが楽しめるので完成度の高い人気ゲームです。 プリントアンドプレイ版はオリジナルの製品版とイラストがちょっと違ってますね。 道化の髪型と目、姫のドレスが違うような気がするなぁ。 無料配布なのにオリジナルのイラストを描くって、どうなってんの!しかも塗り絵としても楽しめるし。 これはシールに印刷して、トランプとかに貼って遊んだ方が良さそう。 【コロナに負けるな!】カナイセイジさんからの提案でラブレターのプリント&プレイ版を公開します!プロトタイプベースなので、現在のグラフィック・文言とは一部異なります。 塗り絵として楽しんで、オリジナルラブレターを家族でお楽しみください! — アークライトゲームズ ArclightGames GAME BOOK ゲームマーケットでちょっと他と毛色が違うゲームを発表しているアソビデプトが無料公開しているのがコチラ。 どうやら紙とペンを使って何かを書き込んで遊ぶ紙ペンゲーム集のようです。 しかも2人専用ゲームが20個も掲載されてるんです。 なんだこのボリューム! ルールを読んだところ、60cm上からペンを落としてどこに着地したかを競う「ガリレオ・ターゲット」、相手より多くの鶏肉を食べた方が勝ちという「ねぎま」が面白そう。 プリントアンドプレイ版は、最後に「本書の無断転載、複製、複写(コピー)、翻訳を禁じます」という注意書きが斜線で消されてるところにセンスを感じます。 自宅にプリンターがない人はセブンイレブンでプリント出来るようになってるのもいいですね。 当然、ペンをご用意下さい。 PDFをダウンロードして、ご家庭でプリントしてお楽しみください!2人用の紙ペン対戦ゲームです。 セブンイレブンでもプリントできます。 2人専用の人狼です。 イラストは子供にもウケそうなポップで可愛い感じですね。 説明書を読む前の印象はハッキリ言ってしまうと、ワンナイト人狼みたいなゲームなのかなぁと思ってたんです。 でもこれが良く出来た2人用のコミュニケーションゲーム。 目の前の相手を信じる事が出来るか否かという深層心理に迫ってくる感じ。 子供向けに作られたって書いてあるけど、夫婦とか大人のカップルで遊んでも楽しいと思う。 この人が作った他のゲームが気になるなぁ。 小学生のお子さんと2人でできる人狼ゲームはないかと相談を受け「ふたりでなかよしじんろう」という新しい人狼ゲームを趣味で制作しました。 まだ試作版ですが、手作りキットを無料公開します。 よかったら遊んでみてください。 休校などで家ですごす時間を楽しくする一助に。 — 雪見展 notkaoruyami722 常夏日記 Lite 話題作「FOGSITE」を作ったソルナーゲームズが過去に作ったゲームで、マップに直接ペンで書き込んで昭和の夏を楽しむ「常夏日記」の紙ペンバージョンです。 オリジナルの方も遊んでないので説明書を読んだけど、これめちゃくちゃ楽しいやつじゃないですか。 サイコロを使った紙ペンゲームは多々あれど、ここまで世界観やテーマがしっかりしてるのは珍しい。 印刷した紙をラミネート加工してホワイトボード用のマーカーで書いたり消したりすれば何回でも遊べますね。 どうやらプリントアンドプレイ版はオリジナルよりもルールが簡単になって、子供でも遊べるようにボード上の漢字にふりがなが振られてるのもポイントですね。 人数分のコマとペン、サイコロ2つをご用意下さい。 楽しみにしていた春休みの予定が 「イベント中止」や「外出自粛要請」 などでなくなってしまった皆さんへ。 1人でも遊べる言葉ゲームで、部屋の中にあるモノの名前を書き込んでマス目を埋めていくのが目的。 しかし、一度使った文字は使えないという決まりがあって楽しそう。 米光さんが「ビデオ会議を使っても遊べるゲームがあれば」と思い返したら、このゲームがあるじゃないかと気付いたらしいです。 2人以上だと交互に書き込んで書けなくなったら負け。 もしくは協力ゲームとしても遊べるらしく、遠く離れた友達とリモートで遊べば更に面白そう。 拡散希望【無料公開】ゲーム「部屋と言葉」お家でのんびり遊ぼう|米光一成 遊んでねー。 — 米光一成・はぁって言うゲーム遊んでねー yonemitsu キャットチャップ&マウスタード〜バトル・オブ・サンドウィッチ〜 この人も「ふたりでなかよしじんろう」の雪見展さんと同じで他にゲームを作ってらっしゃるのか分かりませんが、ファズさんによる無料公開のゲームです。 すごろくで止まったマスに書かれた食材を集めて、サンドウィッチやサラダを作るのが目的のゲーム。 サイコロの出目に一喜一憂していろんなメニューが出来上がっていくのが楽しそうですね。 幼い子供でも遊べるしイラストも可愛らしいし家族向けなのかな、という印象です。 遊ぶには人数分のコマとペンとサイコロが必要です。 キャットチャップ&マウスタード~バトル・オブ・サンドウィッチ~ 以下からjpgまたはpdf形式で無料でダウンロードできます すごろくで素材を集め、5回最初にメニューを揃えたら勝ちの紙ペンゲーム。 2~4人用、約20分、8歳以上から。 羊飼いになって牧草地を増やしながら羊を増やして、より多くの収入を得た方が勝ちという2人専用のエリアマジョリティーゲーム。 サイコロを2つ振って、ボードに羊・牧草地・小屋を書き込むか移動力として使うかを選択してゲームは進んでいくようです。 シンプルなルールなので子供でも遊べそう。 サイコロの出目を見て悩み、どこに書き込むかで悩み。 なかなか渋いゲームですね。 これは面白そう。 ペンとサイコロ2個が必要です。 家で過ごすことが多い今日このごろのために、タルトゲームズの新作として無料の紙ペン&サイコロゲーム『グッド・シェパーズ』を公開します。 2人用です。 サイコロ2個、画像のボード1枚、それと筆記用具&紙だけで遊べる手軽な陣取りです。 2人から遊べる協力型のコミュニケーションゲーム。 6つの嫁の条件をヒントに、12人の偉人の中から花嫁が誰かを当ててもらうというルール。 女性のプロフィールなどを見て、イメージで伝えるのがちゃんと伝えられるか否かがこのゲームの面白さの肝なのかと思われます。 ふたりで遊べる協力コミュニケーションゲーム「ナイチンゲールはオレの嫁」の体験版です。 紙とペンがあれば印刷するだけですぐ遊べます。 12人の偉人の中からあなたの花嫁を見つけ出してください。 pdf版もこちらにあります — 松本博のり TsukubaGames ToDo ゲムマ2020委託通販大作戦中 TsukubaG なんでデジカメ忘れたんすか芭蕉さん!! 不思議な図形を見た芭蕉さんがデジカメを持ってないので、その図形を俳句で伝えるというコミュニケーションクイズゲーム。 図形を言葉で伝えるって難易度高いと思うんだけど、なんと5・7・5で伝えなきゃいけないという縛り付き。 その575のヒントを聞いて図形を書き、最も近い図形を書いたら高得点というルールです。 プリントアンドプレイの中では珍しい大喜利的な要素もあるイラストを描くのがメインのゲームです。 すでに拡張もあるようなので、大勢で遊んでみてはいかがでしょう。 【お知らせ】 みんなに俳句で図形を伝えるゲーム「なんでデジカメ忘れたんすか芭蕉さん!!」の拡張セットが出来ました! ここから無料でダウンロードできます。 ご家庭やコンビニで印刷して遊んでね! 【拡張】なんでデジカメ忘れたんすか芭蕉さん!!~二日目~ — 泉研 塩 nobirobeisan アスモデ社の6つのゲーム 最後は特別編。 新型コロナウイルス感染拡大防止は世界レベルの話です。 なので、自宅にこもってる人達のために世界中のボードゲーム会社がプリントアンドプレイのゲームをネット上に無料公開しています。 そこでアスモデ社です。 日本でも人気のボードゲーム 「ドブル」「ディクシット」「タイムライン」「アンロック」などのプリントアンドプレイ版が6つも公開されてるんです!残念ながら日本語版がないので、アンロックやタイムラインは英語が理解出来ないと遊びにくいかも知れないけど…。 でも、言語依存のないドブルとディクシットなら問題無し。 無料でこんなに遊んじゃっていいのかな。 なんだか申し訳ない。 実際遊んでみて、気に入ったら製品版を買ってみるのもいいでしょうね。 製品版があるゲームはあくまでも試供品って感じでしょうから。 外出しなくたって、お金を掛けなくたって、これだけ楽しめるんですよ!.

次の

【ゲーム紹介】アズール (Azul)

ボードゲーム メモ

Contents• 火山島が噴火しました。 あなた方は火山島に隠した宝物を持って逃げ出さなければなりません。 逃げ道を記憶を頼りに探しましょう。 神経衰弱を進化させた新たなカードゲームです。 カードがつながっていれば、ゲームを続けることが出来ます。 続かなければそのラウンドは、ゲームから脱落します。 最後まで残ったプレイヤーは、 宝物カードを受け取ることが出来ます。 これを7回繰り返します。 1番多くの宝物を獲得したプレイヤーの勝利です。 トランプの神経衰弱を更に楽しく遊びやすくしたゲームとなっています。 カードが続いているとは下のような状態を言います。 つまり 同じ動物または同じ背景をめくることです。 子どもでも楽しめるカードゲームです、というより子どもの方が強いかも知れません。 ゲーム準備 場所カードです。 背景が5種類あります。 また、同じ背景に5種類の動物が描かれています。 宝物カードです。 7枚あって、それぞれにルビーが描かれています。 火山カードです。 鳥が1・3・7匹描かれたカードが計3枚あります。 場所カードをよくシャフルして、裏向きのまま24枚下の写真のように並べます。 残った1枚は表を見ないで箱にしまいます。 中央に空いた場所に、宝物カードを裏向きのままよくシャフルして重ねて中央に7枚置きます。 火山カードをよくシャフルして【人数ー1】枚を 宝物カードの上に置きます。 以上で準備完了です。 ルール説明 カードがつながっているとは? 各プレイヤーは手番に、1枚づつ場所カードをめくっていきます。 カードがつながっているかをチェックします。 つながっていつとは以下の2つのことを言います。 1.背景が同じ 2.動物が同じ 各プレイヤーは、ゲームの最初に自分の1番手前にある辺の3枚の 場所カードを、他のプレイヤーに見られないように見て確認します。 手番にすることは、1枚の場所カードをめくるだけです。 つながっているカードをめくった場合は、次のプレイヤーに手番が回り、自分の手番になったら新たに1枚カードをめくります。 つながっていないカードをめくった場合は、そのラウンドは脱落し1番上にある火山カードを1枚取ります。 次のプレイヤーの手番になります。 下の写真に1つの例を示します。 【注意】最初の1ラウンド目の最初にめくる 場所カードは、各プレイヤーが最初に見た辺の3枚以外から1枚めくります。 スタートプレイヤーは、1枚目のカードをめくります。 次のプレイヤーは新たに1枚カードをめくります。 つながっていた(赤の矢印)ので、次のプレイヤーが1枚カードをめくります。 またつながっていたので次のプレイヤーが1枚めくります。 次のプレイヤーがめくった砂浜のカメの 場所カードはつながっていないので(青の矢印)このカードをめくったプレイヤーは、火山カードを1枚取って自分の前に置きます。 火山カードを取りました。 1人以外のプレイヤーが火山カードを受け取ったら1ラウンド終了です。 (4人の場合は3人が 火山カードを受けとる) 最後まで残った1人のプレイヤーは 宝物カードを1枚中央から獲得します。 1ラウンド終了したら、 場所カードの位置を変えずにそのまま場所カードを裏返しにします。 (最重要) 宝物カードの上に各プレイヤーの 火山カードを回収して、新たに 火山カードをシャフルして置きます。 前のラウンドで1番鳥の数が多い 火山カードを受け取ったプレイヤーがスタートプレイヤーとなり、新しいラウンドを開始します。 これを7ラウンドを行います。 1番多くの宝物カードのルビーを獲得したプレイヤーの勝利です。 感想 記憶力が決め手の神経衰弱系のカードゲームです。 おじさんの苦手な分野です・・・。 ラウンドを終了しても 場所カードを変えないので、ラウンドが進むにつれてドンドンめくれるカードが増えていきます。 慣れてくるとかなりの枚数をめくれるようになります。 トランプの普通の神経衰弱はめくって同じ数字だと連続して同じプレイヤーの手番になるので、強い人とプレイすると、全然自分の番が回ってこないうちに負けということがありますよね?! でもこの「 メモアァール」の場合は1枚ずつめくれるので、一緒に参加している感があり、楽しいですね。 子どもと一緒に家族でプレイしても楽しめると思います。 おそらく子どもの方が強いでしょう! 慣れてきたら 上級ルールもあるので、そちらでプレイした方がより楽しめます。 以上「 メモアァール」の紹介でした。

次の