21 歳 貯金。 22歳の平均貯金額・年収!みんな月にいくらくらい貯金している?

20代の平均貯金額!毎月いくら貯蓄に回すべき?賢くお金を貯めるコツは?

21 歳 貯金

有名企業勤務!20~24歳の平均年収はどれくらい違うのか? 大手有名企業に就職した場合、20~24歳まの若手社員がどれくらいの年収なのかも気になるところですよね。 【出版・新聞関係】 20~24歳の年収:618. 5万円 20~24歳の年収:353. 4万円 20~24歳の年収:723. 9万円 【広告関連】 20~24歳の年収:678. 9万円 20~24歳の年収:566. 6万円 【商社関連】 20~24歳の年収:774. 1万円 20~24歳の年収:619. 0万円 【IT関連】 20~24歳の年収:320. 9万円 20~24歳の年収:248. 5万円 業種によって差はありますが、若手社員の平均年収が300万円を超えているケースがほとんどです。 特に、出版社・広告関連・商社は年収300万円を大きく超えて、年収600〜700万円と他業種の倍以上になっています。 サイボウズと三菱商事を比較すると、同年代で年収が倍以上です。 20代前半では、まだまだ平均年収に大きな差は広がりません。 月額給与の比較もありますが、20代前半では月額給与も大きな格差は見られません。 3 中企業 324 20. 38 小企業 310 19. 4 20歳、21歳、22歳、23歳、24歳は会社でどんな立ち位置・役割になる? 20代前半の若手社員に対し、経営陣は仕事上「新卒・研修段階」という認識を持っています。 まだまだ一人前とはいえず、期待度も5割に満ちません。 20歳で新卒入社した場合、25歳手前までは半人前という認識をされることも多く、昇給・昇格し始めるのは25歳頃からです。 例えば建設業界の営業職では、若手のうちは先輩と取引先を回って仕事を覚えながら、取引先に顔を覚えてもらいつつ関係を築いてく流れ。 逆に、若手でもすぐに最前線に立たされるのが保険・金融・小売業。 20〜25歳の間でも多くの仕事をこなし、経験を積まされる傾向にあります。 一方で、医療関係だと一人前として最前線に立たされる年齢が遅めです。 25歳前後でも研修中であることがほとんどで、給与が低いまま生活に苦しむケースも少なくありません。 全業種を通して、同期入社で比較しても20代前半のうちは年収格差は大きくありません。 大手企業と中小企業の同期を比較しても、23歳前後で350万円前後が相場なので年収格差は100万円ほど。 25歳前後になると大手企業・商社と中小企業で年収格差が広がり始めます。 年収格差が広がり始めるタイミングで、大学時代からの付き合いが変化し始めて新たな友人関係へと変化していく傾向にあります。 ただ、25歳前後で年収格差が広がり始めても、企業内では役員レベルの人材としての期待度はまだまだ低め。 日々の業務をこなす平社員というのが、経営陣の一般的なイメージのようです。 24歳前後のアンケート結果では、通常業務の負担やストレス度は他年代よりも低め。 30歳前後になると中間管理職としての苦労やストレスが増え始める傾向にあります。 20代前半ならば、まだ上司のもとで働く部下という立場なので多くの責任は上司や職場全体にあることがほとんどです。 通常業務の中から、直属上司が働きや実績をチェックしています。 会社全体で見ても、22歳頃までの若手社員は学生とさほど変わらない感覚です。 【比較検証】20代前半の生活スタイルでメインとなるのはプライベート? 20代前半だとプライベート重視な傾向にあります。 特に近年は、職場や取引先の付き合いとプライベートをきっちり分ける若者が増えているのです。 また、運輸業界・小売業・土木業界の若手社員は夜遅くまで遊ぶケースが多め。 勤務時間が長めの総合職についた若手社員の場合、終業次第直帰、自宅でプライベートや趣味を楽しむ人が多いようです。 20代前半では趣味や友好関係に割く時間が多く、30代に近づくにつれて仕事に割く割合が増えています。 居住スタイルですが、一人暮らしの割合が多いのは30代。 アパートやワンルームマンションを選択する人が多く生活的には自立していますが、趣味などに割く時間は低め。 20代前半だと上司からの指示で業務をこなす割合が多く、30代になり部下を持つ立場となれば苦労やストレスも増えるので娯楽を楽しむ時間が削られる傾向にあるようです。 まだ大きな責任を負わない20代前半の若手社員は、休日に友人や学生時代の仲間とプライベートを楽しむ人が多めです。 関連コンテンツ 【貯金事情】20代前半の貯金額!理想的な金額は!? 20代後半や30代と比較して、20代前半社員の月額給与は低め。 平均月給が22万円前後となっており、プライベートを重視する傾向もあるので貯金額は高くありません。 生活費およお15万円を除いた額面で、交際費を捻出するので毎月2万円前後貯金できればマシでしょう。 近年、晩婚化が進み30代での結婚件数も減少しているので、独身30代の貯金額は上昇傾向にあります。 営業職の場合、最高貯蓄額が3,500万円という数字が出ていますが、平均すると260万円ほど。 ただし、実際は貯金額50万円前後の割合が多く、さらに2割が貯金額200万円未満となっています。 平均貯金額を押し上げているのは、高学歴で大手企業に就職した一部エリート組。 資格別で貯蓄額を出すと、貯蓄額が多めなのは経理・法務・薬剤師。 稼いでいるようなイメージの強い医師は、逆に負担が多く貯蓄額も少ないのが実態です。 20代前半のうちに30代での結婚と家族を養うことを考えれば、毎月5万円ほど貯蓄しておきたいところです。 6年でおよそ300万円ほど貯蓄でき、30代で昇給して年収をアップしておけば、共働きで家族を養うのにも安心感が出てきます。 20~24歳で年収1000万円以上達成のためのコツ・働き方とは? 国税庁の平成26年度の調査結果では、民間企業のサラリーマン平均年収はおよそ415万円。 前年度もほぼ変わらない平均年収でしたが、実は平成9年の平均年収467万円が近年のピーク。 平成21年度になると平均年収額が最も最低の406万円となっています。 平成21年から26年にかけて少しずつ右肩上がりになってはいるものの、現在も平均年収における大幅回復の兆しはありません。 社内でも若手社員の20~24歳だと、平均の平均年収は平成26年度でおよそ265万円。 これは国税庁の民間給与実態統計調査がソース元です。 20~24歳の若手社員でも年収1000万円超えを目指すなら、率直に言ってIT関連での起業が有力かもしれません。 民間企業の20代前半社員は、どう頑張っても年収300万円前後がいいところ。 年収1,000万円達成しているのは、30代以上の政治家や警察官僚キャリア。 大学教授や大手病院勤務のエリート医師や外資系エリート。 20代で年収1,000万超えを達成するのはハードルが非常に高く、普通に勤めていては手が届きません。 しかし、20代前半で年収1,000万超えを達成している人も確実にいます。 当時25歳だったマーク・ザッカーバーグ氏は、巨大SNS・Facebookの創始者として2010年度の米国経済誌「フォーブス」にて「世界で最も若い10人の億万長者」第1位! 推定総資産額はおよそ4,840億円と発表されています。 流石にマーク・ザッカーバーグ氏超えは難しいかもしれませんが、日本国内でもIT分野で企業し稼いでいる20代前半の若者はいます。 実現不可能、というわけではありません。 【口コミ】20歳、21歳、22歳、23歳、24歳のリアルな年収事情! 職業、年収、をそれぞれきいてみた結果発表です! 20歳 業種:製造業 年収は210万円です。 若手なので配達しづらい地域とか遠方エリアを押し付けられるので大変です。 30歳になるまでに次の職を考えたほうがいいのかな?と不安。 大手ではあるものの、今後の昇給など望みは薄めです。 21歳 業種:製造業 年収は350万円くらい。 業界自体が年功序列で、今は毎日先輩たちから仕事を教えてもらってます。 責任は大きくないので負担やストレスは少なめですが、若手の基本給はめちゃくちゃ低い。 なのに残業が多いですね。 まだまだ年収は上がりそうもなく、25歳くらいまで我慢かなと思っています。 22歳 業種:情報通信系大企業 都内勤務で年収は420万円になりました。 今の部署が将来的にも続いていく感じです。 昇給や昇進はおそらく27歳前後。 30代になると流石に仕事の失敗やミスが査定に響くので、若い今のうちしか遊べないかも。 23歳 業種:保険業 今は年収320万円前後。 保険業界は大体の昇進目安が決まってますね。 3年経てば主任レベル。 経験を積めば大体順調に昇格できますが、実績が比例することは大前提です。 同僚と競うよりも自分の業績との勝負という感じ。 サービス残業が当たり前な業界でもあるかな。 24歳 業種:建設業界非ゼネコン系 今は年収420万円ほどですが、あと数年もして施工管理を任されるようになれば、30歳前後で年収600万円も可能です。 ただ、毎月80時間くらい残業も出てくるので時給にするとコンビニより低め… 女性だと総合職よりも給与が低めな傾向です。 20歳 業種:小売業店舗経営相談員 今は年収が280万円くらい。 毎年査定があって、賞与と基本給も変動します。 OFC(店舗経営相談員)になれば給与アップ! あと2年くらい経てば年収380万円前後になると思われるので、末端店舗と比較すると勤続年数5年くらいで店長クラスの給料がもらえます。 21歳 業種:土木関係作業員 年収は270万円くらい。 事務所は中規模です。 公共工事が主な仕事なので、無資格でも給料はいいほうですね。 今後は資格も取得する予定。 ただ資格取得の補助はないので、貯金するしかありませんね。 今は転職は考えていません。 22歳 業種:飲食店 年収は210万円前後。 総合職営業ですが、飲食関連ではごく普通科かと。 賞与が基本給4ヶ月分出るようになったので嬉しい! でも、店舗マネージャーになっても仕事は忙しいのに給与や待遇が良くない印象。 30代でマネージャーになって忙しくても380万円前後です。 23歳 業種:広告代理店営業職 年収は480万円になりました。 入社4年目になると年俸制から変わるので、残業分も貰えるように。 年1回の賞与ですが、5年目で年収600万円達成できれば万々歳。 ただ、近年の不景気で30代でも給与ダウンなんてケースもちらほら出ています。 24歳 業種:大手総合商社 年収は700万円になりました。 就職して5年目くらいまではそこまで大きな昇給もありません。 ただ25歳前後から海外転勤が出てくるので、そうなると大手商社レベルの年収にアップしますね。 成績に連動した評価支給と基本賞与があるので、30歳手前で年収1,000万円超える人も出てきます。 入社して2年目での年収大幅アップは嬉しいです。 同じ年代では年収高めの仕事だと思います。 【その他】年代別の年収一覧まとめ その他、年代別の平均年収をまとめてありますので、どうぞご覧ください。

次の

21歳、新社会人。貯金は5万円ですが、貯蓄や投資、借金返済など何を優先すればいいですか?

21 歳 貯金

関連記事 そもそも20代の平均年収はいくら? 大手人材会社DODAの年収データによると、20代の年齢別平均年収は以下の通りになっています。 年齢 平均年収 全体 平均年収 男性 平均年収 女性 20歳 268万円 291万円 250万円 21歳 272万円 294万円 253万円 22歳 277万円 290万円 265万円 23歳 292万円 306万円 279万円 24歳 320万円 335万円 304万円 25歳 344万円 360万円 325万円 26歳 363万円 380万円 338万円 27歳 377万円 398万円 347万円 28歳 390万円 412万円 354万円 29歳 404万円 426万円 365万円 20代全体 346万円 367万円 319万円 年収ごとに平均貯金額は変わってきますので、上記の金額を参考に貯金額をみていきたいと思います。 関連記事 20代の平均貯金額は?独身・既婚別で紹介! 2016年に金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、 20代の平均貯金額は 184万円でした。 184万円という数字は多いと感じるでしょうか、少ないと感じるでしょうか。 「皆そんなに貯めてるの?」と焦った方もいるかもしれませんが、これはあくまで平均値にすぎません。 一部の多額な貯蓄保有者に全体の数値が引っ張られてしまうため、一般的な感覚とズレる可能性があります。 例えば、貯金1000万円の人が1人、貯金0円の人が3人いたら、平均貯金額は250万円ということになってしまいます。 これは貯金がない3人からすると、少し感覚値が異なりますね。 そこで、 より実感値に近い貯蓄額を見極める指標として、「中央値」という数値が参考になります。 中央値とは、統計のデータを上から順番に並べて、ちょうど真ん中に位置する数値を指します。 大きな貯蓄額を保有している人がいたとしても、真ん中にあたる数値を見ることができるので、平均を知るにはぴったりです。 以下では20代の貯金中央値を「独身」「既婚 夫婦・子持ち 」別で見ていきます。 関連記事 独身の場合:貯金額の平均値・中央値 20代独身の年収別貯金額は以下の通りです。 こちらは参考程度に見ておけば良いでしょう。 20代の平均年収で最も多い年収300万円〜500万円の中央値は75万円でした。 夫婦・子持ちの場合:貯金額の平均値・中央値 次に既婚者及び子持ち家庭 2人以上の世帯 の貯金平均額をみていきます。 年収 平均値 中央値 300万円未満 85万円 15万円 300〜500万円未満 283万円 111万円 500〜750万円未満 393万円 308万円 750〜1,000万円未満 51万円 51万円 1,000〜1,200万円未満 350万円 350万円 1,200万円以上 350万円 350万円 出典:「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査) 平成30年」 二人以上の世帯の場合、年収750万円を超えると貯金額に大きな開きがないことが分かりました。 20代のボリュームゾーンである年収300万円〜500万円での中央値は111万円。 独身世帯よりも貯金意識が高いこと傾向があります。 なお、既婚共働き世帯の貯金額は、以下の記事で詳しく解説しています。 よろしければ、合わせてご覧ください。 関連記事 男女別:貯金額の平均値 男女で貯蓄額に差はあるのでしょうか。 こちらは年収別のデータはないのですが、総務省によって行われた「男女、年齢階級別貯蓄の状況」によると、 30歳未満の貯蓄現在高は男性が 164万円、女性が 144万円です。 先にみた平均年収では男女に差がありましたので、それに応じて平均貯蓄額に少し差があるようです。 毎月手取り額のいくらを貯金へ回すべき? ここでは毎月の適切な金額を貯金していくための目安をご紹介していきます。 なお、貯蓄には銀行預金に加えて、投資商品や積立保険なども含みます。 この額は、みなさんも実践できる現実的な数字だと思います。 毎月の手取りが30万円だとすると、月々3万円〜4. 5万円が貯金に回すべき額になります。 貯金をする際は、上記の金額を目安にしていただくと良いと思います。 上記のデータをみると貯金をしていない20代も 単身世帯で12. とくに都心中心に暮らしている場合、生活費だけでいっぱいいっぱいになっている世帯も少なくありません。 とはいえ、結婚や子育て、マイホーム購入など大きな出費が予想される30代になる前に無駄な出費を抑えることや少しずつ 貯金を行う習慣をつけることが大切です。 貯金を成功させるための生活習慣を身に付けるには以下が参考になります。 まずは今日から少しずつ貯蓄習慣を身に付けることで数ヶ月後、もしくは数年後には達成できる数字だと思うので、ぜひ挑戦してみてください。 貯金ができない20代必見!効率的にお金を貯めるための3つのコツ お金を貯める上で気をつけてほしいポイントを解説していきます。 貯金を始める第一ステップは、自分の収入と支出を正確に把握することです。 支出がわかったら、そこから削減できる項目を見つけて少しずつ支出を抑えていきましょう。 給料が支払われる口座と現金を引き出す口座、クレジットカードの引き落とし口座を一つに統一されている方が多いかと思います。 毎月4万円貯めるぞ!と意気込んでいても、生活用と貯蓄用の口座が一緒だとついつい使い過ぎてしまうもの。 貯金口座を作り、毎月そこに決まった額を振り込み、それ以外は一切手をつけないことにすると効率的にお金を貯められます。 例えば、月1,2回居酒屋に行くのを控える、外食を月に数回減らす、服や家電、家具、化粧品などの消費財を買う際に「本当にこれは今必要なのか?」と問いかける癖をつけることで年単位で見ると、大きな節約ができるはずです。 衝動的な出費を抑え、本当に必要なものだけを買う癖をつけることで貯金が増えていくはずです。 貯金目標を達成するにはFPのサポートを受けるのもおすすめ! ここまでご覧頂き、 「同世代よりも全然貯金が出来ていない・・・」と不安を感じた方も多いのではないでしょうか。 もしこれからさらに貯金レベルをあげたいのであれば、 お金のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談してみるのもおすすめです。 FP無料相談サービスでは、• そもそも今後の人生でいくら位の費用がかかるのか• どのような貯蓄の手段があるのか• 今の年収でどれくらい貯金をすればいいのか といったお金に関する悩みをFPに相談できます。 保険や税金、貯金などお金に関する専門知識を持ったプロからのアドバイスは、きっと皆さんの貯金計画の実現に役立つはずです。 とくにおすすめは、リクルートが運営している「」です。 日本全国で対応していて、厳選された現役FPが皆さんの貯金計画をサポートしてくれます。 何度相談しても費用は一切かかりませんので 、気になった方は、一度相談してみることをおすすめします。

次の

21歳、新社会人。貯金は5万円ですが、貯蓄や投資、借金返済など何を優先すればいいですか?(2020年6月21日)|BIGLOBEニュース

21 歳 貯金

この記事の目次• 23歳の貯金が100万以上!多い?少ない? 短大を卒業と同時に東京都内で就職し、一人暮らしをしている方は、26歳になっても貯金が100万以上にならないという方がいます。 そう考えると、社会人になってから貯金した額が、23歳ので150万円あるのは、多い方かもしれません。 しかし、子どもの時に親からもらったお金が大半を占めていたり、職業によって給料も変わってくるので、貯金額の基準を決めるのは難しいでしょう。 実家で暮らしている人は、一人暮らしよりは生活費がかからない分、貯金に回すお金の余裕があるかもしれません。 自立して、一から100万円以上貯金できているならば、多いのでしょう。 社会人になるまでにある程度の貯金があったり、給料が高い職業などの特定の条件がある方は、少ないと言えるかもしれません。 23歳で貯金額が100万円になる人は多かった! 社会人になって、一から自分で100万円を貯めたことがある人は、どのくらいいるのでしょうか。 あるアンケート調査の結果では、「20代で100万円を貯金した」と答えたのが全体の約6割を占めていました。 そのうち、初めて自分で100万円貯金した年齢で一番多かったのが25歳(20%)、次いで23歳(約19%)、24歳(14%)という結果が分かりました。 20代前半の若者は、自力で貯金できる目標として、最初に100万円を設定するようです。 23歳で100万円を貯金できた人のほとんどは、社会人1年目で貯めれたようです。 実家暮らしというのが大きいですが、毎月意識しながら定額を貯金に回したりするなど、さまざまな工夫をして貯金しています。 残高が増えてくると嬉しく感じ、貯金する楽しさを覚えた方もいるそうです。 23歳の貯金事情!平均目安100万円を目指したいワケ 社会人になると、自分の稼いだお金で自由に楽しみたくなります。 しかし、働き始めたこの時期だからこそ、貯金をしておくように心がけることが大切です。 それは、結婚をしたり子供ができると、さまざまなことにお金がかかってくるので、貯金をすることができなくなるからです。 独身でいるうちが一番貯金がしやすいので、今後のためにも貯金しておくことをおすすめします。 23歳の平均貯金額は110万円と言われています。 そのため、給料の6カ月分を貯金するように目標を立てると良いでしょう。 毎月の給与額の1~2割を強制的に貯金に回します。 ボーナスを合わせると、1年間で約100万円は貯金することができ、平均額に近づけることができるでしょう。 社会人2年目以降になると給与も少し上がるので、アップした分を貯金するとより効果的に貯金ができますよ。 100万円を貯めた人の3つ感想とは 100万円があることの安心感 「預金通帳に100万円があることで、安心感が出てきて精神的に少し楽になった」 「突然リストラされても安心」 という感想を持つ方がいらしゃいます。 貯金があると、いざという時に困ることがないので、安心に繋がっていきます。 人生はいつ何があるかわからないので、急にお金が必要になる場合もあります。 その時のためにも貯めれる時に貯金をして、備えておくといいでしょう。 使い道を考える楽しみがある 「スキルアップのために、専門学校に入学することができる」 「奨学金の繰り上げ返済に回すことができる」 など、自分が学んできたことやこれから学ぼうとしていることへの資金として活用することを考える方もいらっしゃいます。 実際に使うとすぐに無くなる金額ですが、目標のために貯金をしてきて、いざお金を使う瞬間は達成感がありますね。 貯金をする代償が大きかった 「貯金が貯まったことは嬉しかったけど、プライベートの時間がないほど仕事が忙しかった」 貯金をしようとしたわけではなく、気づいたら貯まっていたという方もいるようです。 忙しかっただけの思い出が強いだけでは、感動が薄れてしまいます。 充実したプライベートな時間を過ごして、たまに息抜きも必要ですよね。 20代のうちに確実に貯金したい人必見!節約するには お昼には職場の人とランチに出かけたり、夜も外食したりコンビニ弁当で済ませるという方はいらっしゃいませんか?20代のうちに確実に貯金額を増やしたい場合は、自炊することを強くおすすめします。 例えば、1,000円のランチと夜にコンビニ弁当を買うと、一日に1,500円程度使います。 これを 月に20日間続けると、30,000円もかかってしまいます。 朝食や夜の外食を考えると、4万円や5万円の食費になってしまいます。 これを自炊をすることを心掛けるだけで、グッと食費を抑えることができます。 時間がない場合は、休日に1週間分のおかずを作るといいでしょう。 スーパーで買った食材で自炊をした方が、とても安上がりになります。 お昼は作り置きのおかずや冷凍食品を利用したお弁当を持参して出勤します。 お弁当が難しい時は、500円以内で収まるように工夫しながら買いましょう。 これだけで2万円程度の節約になりますよ。

次の