エンジョイ すすきの。 ススキとは

【体験談】JYOEN(ジョエン)行ってみた

エンジョイ すすきの

怪しすぎる北の歓楽街すすきののど真ん中、札幌駅前通の西側、南6西4交差点の角にやけに細長く古びた公団住宅が一棟だけポツンと建っているのが非常に目立っている。 周囲一面が如何わしい雑居ビルに包囲されていながらも古臭い佇まいを残すのはススキノアパート(薄野団地)という昭和33(1958)年に建設されて築50年以上になる、北海道内で現存する中では最も古い公団住宅である。 端から端まで全長100メートル程ある5階建ての団地は1階部分が食料品店なんぞが入居する「すすきの市場」になっていて2階から上が計55戸の住宅。 いわゆる下駄履きマンションと言われる体を成している。 札幌駅前通側から見たススキノアパートの入口。 左側が市場、右側が住宅と入口が完全に分かれている。 さすがに築50年超の貫禄が感じられるが市場自体はシャッターが閉まっていて入れない。 もう昼間だというのに。 しかもこの建物、地下階に飲食店街まであった。 その名も「すすきのゼロ番地」。 何ともそそられるネーミングである。 何故ゼロ番地を自称しているのだろう、それは後述する。 っていうかシャッター閉まったままでここも入れません。 傍らにある階段を登ると住宅階に入れる。 端から端までまっすぐに伸びる廊下。 窓から漏れる日光しか廊下を照らすものがなく非常に薄暗い空間である。 まるでそれは廃墟のような趣きさえある。 老朽化が進んでいるので建て替え話が無い事は無いようだが、建物の所有権が複雑化していて具体的な計画が上がらずにいるそうだ。 明かりが漏れる窓から外を眺めると目の前に怪しい店が見えた。 さすがすすきののど真ん中だけの事はある。 素晴らしい住環境ですね。 ススキノアパートの裏手の路地もまんべんなく怪しすぎて笑ってしまった。 ここに住んでいる限りは終電も気にならないし格安家賃で都心の生活がエンジョイ出来る事請け合いであろう。 ただしススキノアパートは新規入居者の募集は行なっていない。 残念でした。 裏から見たススキノアパートの全貌。 学校の校舎か社員寮かという程の見た目の殺風景さは暖色系の塗装で幾分和らげられている。 すすきの市場、すすきのゼロ番地に入れないまま北海道を去りたくはなかったので日にちを改めてまた出直してみたら今度は開いていた。 どうやら店舗部分は日曜祝日休みになるらしい。 市場と飲食店街でまた入口が別になっている。 まずは市場の方に足を踏み入れてみるとしよう。 それにしても市場の中がのっけから雑然とし過ぎているのがありありと分かる。 中に入ってみると見た目は何という事もない市民の買い物の場になっているだけなのだが、昭和30年代の建物のままやっているので異世界っぷりが違う。 惜しむらくは時間が遅かったのが災いしてか、市場に並ぶ店舗の殆どが営業を終了していた事だ。 ススキノアパートが建つ以前からこの市場の前身があり、この土地には大正11(1922)年に札幌市第二の公設市場として設置された「第二公設廉売市場」が存在していた。 そんな事情を知るとこの市場もまた札幌の都市基盤の一つの源流と言えるかも知れない。 上の団地の住民も概ね高齢化したり居なくなったりで元々の客が居ないのに市場が現役で要られるのは、すすきの市場の客は住民ではなく周辺のスナックやら飲食店の方が多いかららしい。 場所柄が幸いしているようだ。 とは言っても市場の夜は早いらしく午後7時前にはこの通り。 ビルだらけになった札幌のど真ん中にもこんな土着的な空間があるだなんて素敵。 このまま取り壊されずにいつまで残っていられるだろうか。 エリアから記事を探す• 110• 104• 117•

次の

すすきのゼロ番地 (北海道札幌市)

エンジョイ すすきの

札幌もかなり肌寒くなってきました。 それでも例年に比べると暖かいも多くてすすきのに行く機会もけっこうあるわけです。 なにかとイベントや集まりがあった後は決まってすすきのの無料案内所へ! 友人達もそんなやつばっかりなんだけど、みんな二言目には 「とりあえず案内所いくか?」 ハッキリ言って頭のおかしい連中に集まりです・・・笑 その日は知り合いの繋がりでとあるハロウィンパーティーに参加した帰りだった。 タカポンは友人二人と参加してきてコスプレの女の子6人くらいからLINEをGETしてきたんだけど そのうち一人とはいい感じにやり取りを重ねていて来週デートのアポが確定!! まあすすきのとは全く関係のない話なので詳細は別の場所で書くことにします。 で、パーティーが終わったのが22時くらい。 まだまだ夜はこれからエンジンが掛かってくるという時間帯なんでお決まりの 「とりあえず案内所いく?」 となって無料案内所にいってみると週末でハロウィンも重なってるせいもあり、ものすごい混みようだ! そしてチョイスしたのが以前行ったことのあるジョエンの系列店であるEN女医!! 案内所のおじさんの話ではソフト店ながらジョエン同様かなり人気が高くビジュアルレベルも相当高いらしい。 ナースメイドなどたくさんのお店が入っているNS45ビルの7階だ。 エレベーターを降りるとスタッフさんが待ち構えていて、割引チケットを渡すと受付横の待合室へ通される。 待合室からもわかるくらい、店内は爆音もかかっているがワイワイ賑わっている声も聞こえてくる。 ナイツなどの雑誌も置いてあって友人はそれを食い入るように見ていた笑 しばらく待っているとダウンタイムが終了したようで、さらに待っていると帰っていくお客さんが数組いた。 キャバクラは特にチケットでワンセットだけというお客さんも多いので回転が早い。 という事は女の子は休むまもなく次から次へと新しいお客さんを相手にしなくてはならない。 またくもって大変なお仕事だと思うがそれなりの報酬があるということなのだろう。 そしていよいよ呼ばれて店内に入って行く。 店内はキレイな感じでキャバクラにしてはわりと明るめの証明になっている。 なのでほかの席の女の子たちを観察してみるとウワサ通りかなり可愛い子がいることに気付いてワクワクがとまらないタカポン一行。 よくよく見てみると、EN女医はその名の通り女医さんをコンセプトとしたお店なのだが、その日はハロウィンということもあってみんな思い思いのコスプレをしている!まあ普段の女医からしてコスプレなのだが・・・ そうしていると一人目の女の子の登場です。 その子は女子高生の格好をしていて、本当に女子高生では?と思うくらい制服がマッチしているかなり若い子。 って!! 思わずツッコみたくなる名刺だったが、そこはあえてスルーしてみる。 顔を見てみると、う〜ん。 女子バレーで数年前に全日本にいた多治見選手に似ている・・・ 多治見ちゃんは札幌ではなくて地方に住んでいて出勤日数も少ないらしく普段は地元の居酒屋でアルバイトをしているらしい。 まだ18歳で本当につい最近までは女子高生という年齢だったが高校は行ってないらしい。 その子はお話好きの子で休みの日は札幌で服を買うのが好きとか、飲み会ではどうとか聞いてもいない事を色々と語ってくれた。 中学時代は運動系の部活でけっこう活躍していたそうで筋肉自慢もしてきてダウンタイム以外はオサワリ禁止にも関わらず色々な場所を触らせてくれた・・・ そのままダウンタイムに突入したのだが、ウソかホントかダウンタイムのあの対面座位みたいな体勢が足をつりそうになる為苦手なそうな・・・ 単にダウンタイムを回避する為のいいわけのようにも聞こえたが、かまわず乗ってもらうと 「あ〜足いたい〜」 などとずっと言っていた。 このお店はソフト店だけれどダウンタイム中はトップレスのお店で生のおっぱいを堪能することができるのだが、筋肉質な多治見ちゃんは胸筋もけっこう発達していて男らしい胸に抱かれてダウンタイムは終了した。 次に登場したのはかなり細身のけっこう可愛い子だったのだが相当ベロンベロンに酔っぱらった状態で登場した! 「ど〜も〜変態ポリスの〇〇で〜〜す」 超ミニスカートの婦人警官の格好をしていたのだがそんなセリフで登場した。 名刺には 「わたし失敗しませんから!」 みたいな強気な肩書きがついていたがやっぱりそこはスルーしてトークをスタート! 雰囲気からしてかなりエロエロな感じの子だったが、何ぶん相当酔っぱらっているので言っていることが支離滅裂な感じで意味不明なトークを繰り返していた。 ルックスも多治見ちゃんよりはそうとう上位のレベルで出来ることならダウンタイムはこの子との方が良かったと思いながらも相変わらず意味不明なトークをしている変態ポリスちゃんはダウンタイムでもないのにタカポンの色んな所をさわっていた。 会話は決してかみ合ってはいなかったがけっこう楽しいなと思っていたやさき、10分もしないうちに黒服が現れて 「そろそろお時間になりますが御延長いかがですか〜??」 と聞いて来た。 たしかに多治見ちゃんはけっこう長い間ついていたな〜とは思ったけれど、それにしても二人目との時間差があからさまだったため、もしや時短?とも思ったが待合室から席に通された時間を覚えていなかったので何分間ここにいたのかもわからず、モヤモヤしたまま1セットが終了となった。 ダウンタイムの時間やお店の混み具合など色々考えることもあるのは重々承知しているが出来る事ならもう少しバランスのとれた時間配分をしてほしいものだ・・・ まあ結果的にはけっこう楽しめたし、周りをみてもルックスレベルは本当にウワサ通りけっこうレベルの高いお店だと思った。 女の子いよってはかなりエロい子もいることがわかったので一応名前のとおりエンジョイすることはできたかなあと思うタカポンでした。 EN女医 無料案内所:5000円/50分コミコミ.

次の

すすきのゼロ番地 (北海道札幌市)

エンジョイ すすきの

さまざまな場面で見かけるPINコードって何? 新しいスマホを契約してSIMカードを挿入したとき。 無線LANの設定をするとき。 そしてLINEのセキュリティを強化したいときなど、「PINコードを設定してください」と言われた経験はあると思います。 でもこのPINコードって何なのかをご存知ですか? PINコードのPINとは「Personal Identification Number(個人識別番号)」の略で、機器やサービスの盗難、紛失、第三者による不正利用を防ぐための暗証番号のことです。 場合によっては特殊文字や大文字と小文字を含む場合もありますが、基本的には数字4桁で設定します。 でも暗証番号というならパスワードと同じじゃないの? 何が違うの? と思いますよね。 そこで今回はPINコードとパスワードの違いについてご説明します。 PINコードとパスワードの違いって? パスワードはSNSやサイト、アプリへのログインといったものに関連付けられています。 これに対しPINコードはスマホやPCといった端末やSIMカードに関連付けられています。 つまり、パスワードはインターネット上に、PINコードは端末上にそれぞれ格納されている、ということができます。 たまに、PINコードは4桁程度の数字の羅列で、パスワードは英数字の混ざったもの、といった認識をしている人もいますが、定義としてこれは間違いです。 でもこれだけの説明では「だから何?」と思いますよね。 実はこの違いによって安全性に大きな違いが出てくるんです! パスワードよりもPINコードのほうが安全なの? 普段、SNSやフリーメールなどのネットサービスを使う際に設定するパスワードって最低でも6~8文字ではないでしょうか? しかも数字、大文字、小文字、特殊文字などを使って設定しますよね。 それに比べてPINコードは通常、数字4桁で設定します。 ということは、「パスワードよりも安全ではない」ような気がしませんか? 実際はパスワードよりもPINコードのほうが安全だといわれています。 なぜなら前項でご説明したようにPINコードは端末に関連付けられているため、万が一、パスワードだけを盗まれたとしても、その端末がなければ、ログインすることができないからです。 例えばLINEでPINコードを設定していない場合、パスワードを盗まれてしまうと、別の端末から不正ログインされてしまう危険があります。 でもPINコードを設定していれば、その端末でなければログインすることはできません。 さらにパスワードはサーバーに転送される際に傍受されたり、サーバーから盗まれたりといったことがあります。 でもPINコードは端末に保存されているだけで、どこかに転送されることがありません。 なので仮に端末を盗まれたとしても、PINコードを解読される可能性はパスワードより低いんです。 機種やサービスよってはPINをパスコードと呼ぶ場合も PINコードとパスワードの違いについてご理解いただけたと思います。 でも実はPINコードとパスワードの違いがわかっても、やっぱり勘違いしてしまうケースがあります。 それは機種やサービスによってPINコードのことをパスコードと呼ぶ場合があるからです。 代表的なのが、iPhoneを使う際に入力するパスコードです。 iOS9以降は6桁の数字を入力してログインしますが、これはいわゆるPINコードです。 またいくつかのアプリでもPINコードをパスコード(またはパスワード)と呼んでいるものがありますのでご注意ください。 PINコードの設定でより安全にスマホを使いましょう スマホの紛失、盗難はもちろん、パスワードの漏洩で個人情報を抜き取られてしまったり、悪用されてしまったりすることは絶対に避けたいですよね。 そういった際に役に立つのがPINコードです。 もし、ご自身のスマホやPCでPINコードを設定していない場合は、できるだけ早く設定することをおすすめします。 関連記事 ・ ・ ・.

次の