クロス 探偵 物語。 クロス探偵物語の攻略本の中で どの書籍が最もレアなのか?

【クロス探偵物語】20年以上経った現在でも未だに続編が待たれる未完の傑作!平成初期に発売された最高の本格推理アドベンチャーゲーム!【PlayStation・SEGA SATURN ・ワークジャム・レビュー】

クロス 探偵 物語

昨今のアドベンチャーゲーム(以下、ADV)と言えば、ホラーテイストを盛り込んだものや、キャラクターを直接操作する作品なども数多く、多彩な広がりを見せています。 もちろん、そういった方向性は昔からありましたが、それ以上に推理モノも数多く、探偵を主人公とした作品も多数登場。 そんな王道とも言える推理モノの中で、ひときわ高く評価されていたのが、セガサターンソフト『クロス探偵物語 ~もつれた7つのラビリンス~』です。 本作が発売されたのは、ちょうど20年前となる1998年の6月25日。 奇遇にも、プレイステーションソフトと同日にリリースされました。 『ダブルキャスト』は、フルアニメーションでサスペンスホラーを描いており、その切り口や姿勢は当時目新しく、大きな注目を集めました。 その一方で、『クロス探偵物語』のシステムはコマンド選択式アドベンチャー。 ゲーム性においても王道と言える作りでした。 ですが、本作の知名度・存在感ともに、『ダブルキャスト』にまったく劣っておらず、今も名作ADVのひとつとして語り継がれているほどです。 そこで今回は、20周年という節目を記念し、『クロス探偵物語』の特徴や魅力などを紹介させていただきます。 これだけ聞くとギャグやコメディかと思われるかもしれませんが、この「依頼者」も含めて事件そのものはシリアスに進行します。 また、一部の話によってはゲームシステムが変化。 第四話「依頼者」は、分岐やコマンドがなく、物語以外の部分を極力そぎ落とした形に。 また、第六話「満月の夜に」では3Dダンジョンのような舞台で物語が展開します。 この大胆な切り口は、それぞれ賛否が分かれる点ではありますが、コマンド選択式ADVという枠組みの中でメリハリをつけるためと見る向きもあります。 それでいて、第四話や第六話も込みで、全体的な物語の完成度は高く、推理系ADVの中でも屈指の作品として今も知られています。 特に最終話となる第七話「タランチュラ」は、大胆で陰惨な殺人事件が、プレイヤーの選択次第でルート分岐して展開。 ひとつの事件内でルートが分岐する推理モノは当時珍しく、その点でも高い評価を受けました。 定番ながらも魅力的なキャラクターや、読み応えのある物語面なども好評な『クロス探偵物語』ですが、本作の特徴はそれだけではありません。 当時は、プレステやセガサターンなど、CD媒体のタイトルが数多くありましたが、それは同時に読み込みの問題を浮き上がらせます。 様々な場所を調査するため移動が頻繁になりがちなので、ADVにおいてもロード時間は大きな課題でした。 ロード待ちのストレスがほぼ撤廃され、プレイヤーが調査と推理に没頭できる点も『クロス探偵物語』の大きな魅力ならびに特徴と言えるでしょう。 その完成度の高さはすぐに知られ、ADVファンを中心に大きな関心を集めました。 そして、プレステしか持っていないユーザーからは、羨望の眼差しも寄せられる形に。 ですが翌年の8月1日に、プレイステーション版『クロス探偵物語』が発売。 ボイス面やゲーム面で様々な調整が施されたほか、第4話「依頼者」がドラマCDとなり同梱されるなど、他に類を見ないようなパワーアップが施され、今度はセガサターンユーザーが羨む番に。 無論、両方手に入れたコアなファンも数多くいました。 そんなプレステ版『クロス探偵物語』も当然のように高い人気を誇り、店舗によっては品薄。 中古市場も高値で安定していました。 ですが、その状況を打破する廉価版が、2000年9月28日にリリースされました。 ちなみに、この廉価版は前編と後編に分かれており、各1,500円で販売。 両方購入してもドラマCD同梱版の中古相場よりも安かったため、「プレイしたいけど手が出ない…」と諦めていたユーザーも、『クロス探偵物語』を楽しめるようになりました。 その人気ぶりから、装いを変えて再登場を果たした『クロス探偵物語』。 そんな本作には、実は続編の構想がありました。 残念ながら、現時点では頓挫する形となっており、新たな発表などもないまま。 そのため、未だに残念に思う声がSNSなどに上がることも。 オリジナル版が登場してから、プレステ版、廉価版と2度の新展開を迎えただけに、「2度あることは3度ある」を期待したいものです。 《臥待 弦》.

次の

クロス探偵物語

クロス 探偵 物語

第一話 名探偵誕生 主人公は「黒須 剣 くろす けん 」。 高校を卒業したばかりの青年です。 父の墓前で探偵を目指すことを報告しています。 その様子を見て声をかけてくる女性がいました。 彼女は「美樹 夏子 みき なつこ 」。 父の知り合いらしい。 父のことは事故死だと思っていた剣に、父親は殺されたのだと彼女は告げました。 父は亡くなる3ヶ月前に巨額の保険に加入していました。 そのおかげで剣は今まで何不自由なく暮らしてきましたが、確かに不自然です。 母親の方は剣の出産時に他界しています。 美樹夏子はそれだけを告げると去っていきました。 そういえば父の部下、大川刑事が弔問に訪れたときのこと。 カタキを取ると言っていた……。 冴木探偵事務所 それからしばらく経ちました。 剣は超一流の探偵「冴木 達彦 さえき たつひこ 」に弟子入するため、冴木探偵事務所に通っていました。 そしていつものように受付の友子に門前払い……。 この友子が本のページをめくったり頬を指でトントンと叩いたり、細かくアニメーションをしています。 立ち絵でなくこういう場面でもアニメーションをしているとは、細部までクオリティが高い。 冴木先生が帰ってくるまで勝手に待たせてもらうことにしました。 その間に、剣は鋭い推理で友子に姉がいることを見抜きます。 そこへ女の人がやってきました。 どうやら仕事の依頼をしに来たようです。 うまいこと言って女の人をノせて、勝手に依頼を引き受けてしまいます。 女性は「川崎 亜紀 かわさき あき 」。 女子大生です 見えない……。 彼女の話では、昨日の深夜2時頃、部屋に男が侵入してきたというのです。 なぜ男だと思うかと言うと、不審者に驚いて重い時計を投げつけたら股間にあたり苦しがっていた、と。 それに自分が狙われるのだから男なのではないかと。 剣はまだ男と断定するには弱いと推理。 他には、最近下着や男と一緒に写った写真がなくなっていることがあったようです。 どうやら強盗ではなくストーカーの線が濃そうですね。 ひとまず、現場となった亜紀の部屋へと行ってみることにしました。 亜紀の自宅マンション 亜紀の自宅は綺麗なマンションでした。 中は物も少なく、よく片付けられています。 話を聞きながら、怪しいところをカーソルで指定して調べていきましょう。 昨日の夜、ドアには鍵がかかっていた。 もちろん窓の鍵もかかっていた。 そもそも8階なので普通は登ってこれない。 玄関でドアチェーンを調べると、どうやら壊れているらしいことがわかった。 亜紀の話では、3ヶ月前に引っ越してきた時から壊れているらしい。 不動産屋に修理を依頼しているがまだ直してもらえていない。 亜紀に合鍵の存在を尋ねてみました。 合鍵を持っているのはボーイフレンドの「昌二 しょうじ 」と「健一 けんいち 」の2人。 この部屋に引っ越したときに鍵は取り替えたので前の住人の鍵は考えなくても良さそう。 合鍵を持たせているボーイフレンドが2人も居るのか……。 それと、マンションの管理をしている不動産屋も合鍵を持っている。 さらに部屋の中を調べる。 電話を調べると受話器の中から盗聴器が! そしてコンセントの中からも盗聴器を発見しました。 ひとまず不動産屋に行って、鍵を取り替える許可をもらうことに。 盗聴器の件は念のため秘密にしておいてもらいます。 つづく 次回の記事はこちらです。

次の

特集『クロス探偵物語』

クロス 探偵 物語

第一話 名探偵誕生 主人公は「黒須 剣 くろす けん 」。 高校を卒業したばかりの青年です。 父の墓前で探偵を目指すことを報告しています。 その様子を見て声をかけてくる女性がいました。 彼女は「美樹 夏子 みき なつこ 」。 父の知り合いらしい。 父のことは事故死だと思っていた剣に、父親は殺されたのだと彼女は告げました。 父は亡くなる3ヶ月前に巨額の保険に加入していました。 そのおかげで剣は今まで何不自由なく暮らしてきましたが、確かに不自然です。 母親の方は剣の出産時に他界しています。 美樹夏子はそれだけを告げると去っていきました。 そういえば父の部下、大川刑事が弔問に訪れたときのこと。 カタキを取ると言っていた……。 冴木探偵事務所 それからしばらく経ちました。 剣は超一流の探偵「冴木 達彦 さえき たつひこ 」に弟子入するため、冴木探偵事務所に通っていました。 そしていつものように受付の友子に門前払い……。 この友子が本のページをめくったり頬を指でトントンと叩いたり、細かくアニメーションをしています。 立ち絵でなくこういう場面でもアニメーションをしているとは、細部までクオリティが高い。 冴木先生が帰ってくるまで勝手に待たせてもらうことにしました。 その間に、剣は鋭い推理で友子に姉がいることを見抜きます。 そこへ女の人がやってきました。 どうやら仕事の依頼をしに来たようです。 うまいこと言って女の人をノせて、勝手に依頼を引き受けてしまいます。 女性は「川崎 亜紀 かわさき あき 」。 女子大生です 見えない……。 彼女の話では、昨日の深夜2時頃、部屋に男が侵入してきたというのです。 なぜ男だと思うかと言うと、不審者に驚いて重い時計を投げつけたら股間にあたり苦しがっていた、と。 それに自分が狙われるのだから男なのではないかと。 剣はまだ男と断定するには弱いと推理。 他には、最近下着や男と一緒に写った写真がなくなっていることがあったようです。 どうやら強盗ではなくストーカーの線が濃そうですね。 ひとまず、現場となった亜紀の部屋へと行ってみることにしました。 亜紀の自宅マンション 亜紀の自宅は綺麗なマンションでした。 中は物も少なく、よく片付けられています。 話を聞きながら、怪しいところをカーソルで指定して調べていきましょう。 昨日の夜、ドアには鍵がかかっていた。 もちろん窓の鍵もかかっていた。 そもそも8階なので普通は登ってこれない。 玄関でドアチェーンを調べると、どうやら壊れているらしいことがわかった。 亜紀の話では、3ヶ月前に引っ越してきた時から壊れているらしい。 不動産屋に修理を依頼しているがまだ直してもらえていない。 亜紀に合鍵の存在を尋ねてみました。 合鍵を持っているのはボーイフレンドの「昌二 しょうじ 」と「健一 けんいち 」の2人。 この部屋に引っ越したときに鍵は取り替えたので前の住人の鍵は考えなくても良さそう。 合鍵を持たせているボーイフレンドが2人も居るのか……。 それと、マンションの管理をしている不動産屋も合鍵を持っている。 さらに部屋の中を調べる。 電話を調べると受話器の中から盗聴器が! そしてコンセントの中からも盗聴器を発見しました。 ひとまず不動産屋に行って、鍵を取り替える許可をもらうことに。 盗聴器の件は念のため秘密にしておいてもらいます。 つづく 次回の記事はこちらです。

次の