ショート レイヤー。 自分で子供の髪をカットする方法!!ショートレイヤーの切り方

【短めヘア必見】印象別!ショートレイヤーで叶える立体感ヘア大特集

ショート レイヤー

街で見かけるおしゃれな女の子や、テレビで見かけるタレントさんたち、なんだか最近、みんな髪が短いような気がしませんか? なんだかちょっと気になったので、 ヘアドレ認定美容師の小谷準さん(神戸merci店長)に聞いてみました。 すると、 「そうですね。 水原希子さんが出てきたあたりから、短めのレングスが流行ってきたように思います。 」 とのこと。 やっぱり! ショートレングスの中でも圧倒的に人気なのがボブスタイル。 これを読んでいるみなさんの中にも、 「ロングはそろそろ飽きてきたし、短くしたいかも……。 」 なんて、考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 こんにちは。 ショートボブが似合う素敵な女の子を見るたびに、挑戦したい衝動にかられているのになかなか踏み出せないヘアドレ編集部の和谷です。 「ショートボブにしてみたいけど、似合わないかも……。 」 「スタイリングが難しそう」 切ろうかな?と思うたびにそんな不安が胸をよぎります。 同じように思っている方も多いのではないでしょうか。 ショートって初めての人にはちょっとハードルが高いですよね。 そんなみなさん(私)に朗報です! 前出の小谷さんにこの不安をぶつけたところ、• 印象自在のショートボブ まずはなりたいテイストを知ろう! 上品・キュート・カジュアルなど、その振り幅の広さが魅力のショートボブ。 カットの仕方はもちろん、カラーやパーマ、スタイリングの違いでイメージががらりと変わってしまうので、まずは 自分がどんなイメージになりたいかを考えてみましょう。 ナチュラルなショートボブ ナチュラルな可愛らしさが引き立つショートボブ。 上品ショートボブ 毛先にゆるくかかったパーマで 程よく力の抜けた、知的な雰囲気の上品ボブ。 カジュアルショートボブ クールでカジュアルなアシメボブ。 一言でショートボブといっても印象はまったく違いますね。 あなたが目指すのはどんなイメージでしょうか? まずはたくさんのスタイルの中からイメージを固めてみましょう! 1-2. そもそもボブってどんなスタイル?基本の定義を知ろう! 「ボブ」や「ショートボブ」というワードでスタイルを検索すると、いろいろな髪型がでてきますよね。 あまりに色々ありすぎて、ボブの定義って一体なんやねん?!と、わからなくなったところで、またまた小谷さんの登場です。 そうなんです。 だから カウンセリングがとっても大切なんです! 2. 自分にぴったりなスタイルに導くために大切なのは「カウンセリング」だった! 小谷さんのアドバイス通り、いろいろなスタイルがあるからこそ、大切になってくるのが美容師さんとの意思疎通。 そう、カウンセリングです。 初めての美容院だとカウンセリングって結構緊張しますよね。 小谷さんいわく 「ヘアカタログなどの写真を見せてもらえるのはわかりやすくて助かります。 」 とのことなので、ヘアカタログなどの気に入った写真を持っていくのはよさそうです。 また、ちょっとはずかしいですが、 好きな芸能人の写真もOK。 どんな女性像を目指しているのかがわかるので、イメージの共有がしやすくなるそうです。 ただ、写真を見せるのはあくまで最初のワンステップ。 そこから、 そのスタイルのどこが好きなのかなどをじっくり話し合って決めていくことが理想のスタイルを叶えるためには重要です。 もはや 美容師さんとの共同作業ですね。 なかなか自分の想いを伝えるのは難しいですが、小谷さんにカウンセリングのコツを聞いてみました。 初めてカウンセリングを受ける時のポイント• 自分のなりたいスタイルの写真を用意しておく• なりたいイメージに近いファッションで美容室に行く• コンプレックスを正直に伝える• 普段の生活スタイルを伝える(会話のなかで) 2-1. なりたいイメージに近いファッションで美容院にいく カウンセリングを重視している美容師さんは、ケープをかける前にお客様のファッションをチェックしているそうです。 そうすることでできるだけイメージや好みに近いスタイルを提案できるとのこと。 美容院へは、できるだけなりたいイメージに近いファッションで行くことをおすすめします。 2-2. 勇気を出してコンプレックスを伝える 鉢が張っている、顔が大きい、背が低い・高い、目が小さい・離れている・寄っているなど、コンプレックスは人それぞれ。 人に話すのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、 ヘアスタイルで解決できることって意外と多いんです。 また、小谷さん曰く 意外とご本人が コンプレックスと思っていることって、他人が見るとそうでもなかったり、 むしろチャームポイントだったりすることってあるんです。 美容師に話すことで今までの呪縛が解けることもありますよ。 もちろん基本的には気になるところをカバーして、いいところを強調するようなヘアスタイルを提案します。 なのだそうですよ! やはり、コンプレックスはしっかり伝えておくべきですね。 2-3. ライフスタイルも重要な情報! 仕事はオフィスワークなのか、外に出ることが多いのか、子育て中、スタイリングにあまり時間をかけない、休日はインドア・アウトドアなど普段のライフスタイルを把握することで、ベストなスタイルをできるだけ長くキープできる提案ができるとのことです。 「お休みの日は何してるんですか〜?」 という美容師さんのちょっとメンドくさい質問も、日常会話に見せかけて実はいろんなヒントを探っている可能性があるようです。 カウンセリングでスタイルの明確な希望や理想のイメージを伝えるのはなかなか難しいですが、 よい美容師さんはカウンセリングを大切に考えているため、必ずしっかりと聞いてくれるはず。 もし、 カウンセリングを軽視しているように感じたら、大きなイメチェンを任せることはやめた方がいいかもしれませんね。 いそがしい朝もラクちんなスタイリングの秘密はカットにあり! ロングよりもスタイリングが難しそうなショートボブ。 忙しい朝、スタイリングの時間はできるだけ短くしたいですよね。 「起きたら寝グセが!」 「寝ている間に髪がペタンコに!どうしよう(泣)」 そんなときでも、カットがしっかりしていれば、実は意外と簡単にスタイリングできちゃうんです! 3-1. カットがちゃんとしてれば、 くしゃくしゃっとしただけで「こなれ感」がでるのだそう。 3-2. ぺたんこヘアは水+ドライヤーでふんわり感が復活 ペタンコのショートボブってちょっと悲しいですよね……。 パーマをかけるというのも手ですが、ストレートでも水スプレーで髪を濡らして、髪の内側からドライヤーで熱をいれるだけでふんわりが復活します。 こちらもやはり 大切なのはカットのやり方。 カットの後に日常のスタイリングについて聞いてみるといいですよ。 絶対かわいくなれる!おすすめショートボブ37選 冒頭でお伝えした通り、ショートボブの種類はとっても豊富。 とくにこの夏におすすめのスタイルを紹介します。 4-1. ストレートショートボブ ナチュラルなストレートのショートボブは好感度抜群。 年齢や顔の形を選ばないのでチャレンジしやすいスタイルです。 カラー次第でイメージも自在。 ダークトーンのモードボブ シンプルな切りっぱなしボブです。 4-2. 大人に人気!前下がりショートボブ 幅広い年代から支持を集めるスタイル。 特にシャープになりすぎない、女性らしいラインが大人世代から人気です。 洗練された大人のボブスタイル シャープな中に女性らしい柔らかさがあります。 シンプルフォルムの大人ショートボブ 前下がりラインのショートボブがベース。 耳にかける仕草や、さらりと顔にかかる毛は自然体で品があります。 襟足はすっきりと短く切ることで冬服をさらにかっこよく着こなせます。 濡れ髪&動きのあるスタイルで今年っぽく こなれた印象の眺めのバングは少しシースルーにすることで軽やかに。 4-4. また、伸ばしかけの中途半端な長さでもかわいくキマるので、スタイルチェンジの際にもぴったりです。 クールなウェーブ クールだけれど女性らしさも感じるウェーブボブ。 パーマ+カラーで華やかさも感じる ラベンダー系のカラーにパーマを。 ふんわりゆるめのパーマでスイートな雰囲気に ハイライトをいれて、動きに立体感とムラ感をプラス 可愛さとほんの少しのセクシーさが、見る人をドキっとさせます ルーズなミディアムスタイル ラフな雰囲気が伸ばしかけにぴったり ラフに動いてくれて心地の良いパーマスタイル 暗めのカラーに 毛先にゆるくパーマを加えることで、 程よく力の抜けた知的な雰囲気に ! 4-5. 2017 at 4:02午前 PST モデルのサラカミングから火がついたジェンダーレスなボブスタイルがかっこかわいい! ミニマムですっきり爽やかショートボブ ミニマムなショートスタイル。 ハイトーンカラーとの相性バッチリです。 前下がりボブをベースに、少し軽さを加えた重軽スタイル 全体にランダムなハイライトを散りばめて黒髪ベースでも動きの見えるカラーに。 抜け感のある今っぽいスタイルが完成します。 長めの前髪がアンニュイな抜け感ショートウルフ - 1月 26. 2018 at 8:42午後 PST カジュアルなショートウルフ 重めのトップスに、外ハネで軽やかに。 ショートウルフなら自由自在。 ベリーショートウルフ もみあげ、襟足にデザインを残したショートウルフです。 パーマとハイライトで動きを出したウルフスタイル 軽快な動きが出るように顔まわりにハイライトと全体的に緩めのパーマを施したウルフスタイルです。 簡単・かわいい!ショートボブのアレンジテク 「ショートレングスにすると、アレンジが楽しめなくてつまらない……」 そう思っていませんか? ショートボブでもほんのちょっと手を加えるだけで随分印象が変わりますよ。 ショートでもいろんなスタイルを楽しみましょう! 5-1. パーティーやイベントのときはヘアアクセや大ぶりのピアスをプラスすると華やかな雰囲気になります。 - 1月 29. 2018 at 6:41午後 PST 5-2. チャレンジしてみたくなったのではないでしょうか? お伝えした通り、スタイルチェンジをするときは美容師選びとカウンセリングがなによりも大切です。 厳選された美容師のみが掲載されているヘアドレなら、間違いなくあなたの理想のスタイルを実現できますよ。 ショートボブスタイルもたくさんのっていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

次の

【短めヘア必見】印象別!ショートレイヤーで叶える立体感ヘア大特集

ショート レイヤー

今人気のショート、ボブスタイルだけど…本当に自分に似合うのは何なの? これからショート、ボブ切りたい方、もしくはいつもショート、またはボブだけど本当に今のスタイルが1番似合っているの? ショート、ボブは シルエット、 ライン、 フォルムを変えるだけで印象が大きく変わります。 オーダーで失敗しないようにショート、ボブのハズさない為の違いとポイントを紹介します。 皆様も最低限の知識があるだけで美容師さんとの距離も縮まり安心してカウンセリングできるのではないでしょうか。 そもそもショート?ボブ?どんな違いがあるの? ショートってどんなスタイル? サイド耳後ろにえぐれがあり、襟足のあるレイヤーベースの軽めのスタイルことをいいます。 ボブってどんなスタイル? ショートとは反対に一般にボブとは横から見た際にラインが繋がっていて耳後ろにえぐれがない。 レイヤーが入っていない。 グラデーションベースの重めのスタイルのことをいいます。 レイヤーベースの軽いスタイルで顔にかかる毛が少ないので好印象を与えます。 レイヤースタイルは長さは同じにみえても細部のカットの違いでまとまりにとても大きな違いが出ます。 信用できる美容師さんにお任せするのをお勧めします。 バランスを揃えて仕上げても伸びるとシルエットが崩れバックに重さが出やすくなります。 形にもよりますが、月1回くらいのメンテナンスをお勧めします。 表面に重さを残すので艶がとても出やすくなります。 清潔感、女性らしさがアップします。 人にはそれぞれクセがあり、左右どちらかが思い通りにスタイリング出来ないことが多いですが、ボブは左右対象に内巻きにスタイリングしたり、外ハネにしたりスタイリングが楽にでき、比較的時間が経ってもキープされます。 ボブの重めのカットベースで丸みをつけすぎると膨らみ頭が大きく見える事があります。 別名ミニマルショート。 ハンサムボブ同様、ドライのみでまとまるようにカットし、いらない重さを極限までそぎ落としタイトにまとめたハンサムなショートスタイル。 耳上のアウトラインを並行にし、 あまり前下がり、前上がりにしないのがポイントの一つ。 また前髪は作らず長めで分けるのもポイント。 カットオーダー例 襟足の長さを短めにショートローレイヤーで設定し、顔まわりに重さと長さを残します。 ウエイトの位置を並行に横スライスで60度のグラデーションでカットすると良いです。 サイドに重さをあえて残すのがポイントです。 フレンチショート ショートから1歩踏み込んでトップ前髪を短く切り込んだフレンチテイストのショートスタイル。 骨格に合わせて、 アンダーからレイヤーを入れていき頭にフィットさせていきます。 カットオーダー例 ショートレイヤーベースでトップも動きが出るよう短めにします。 アンダーをハイグラデーションで切り、ミドル、トップからセイムレイヤーを入れます。 前髪に重さを残しすぎないのがポイントです。 2ブロックショート ナチュラル2ブロックショート。 男性のような刈りアゲでなく、骨格に合わせ 内側を1段階短くきることで顔まわりに軽さと動きを出します。 ボリュームが出すぎる方や、タイトに収めたい方におすすめです。 カットオーダー例 ハンサムショートと似たカットベースです。 襟足の長さを短めにショートレイヤーで設定し、顔まわりに重さと長さを残します。 ウエイトの位置を並行にカットすると良いです。 サイドをタイトにしたいのでサイド内側を耳が出るくらいのハイレイヤーでナチュラルに内側を切ります。 内側を短くすることでサイドに軽さと透け感がプラスされます。 小顔ショート 前髪顔まわりに骨格、顔型に合わせ 落ちる毛を作り小顔に見えるように切るショートスタイル。 大切なのは、二枚目の写真でわかりやすいよう赤で囲った前髪の横の毛がイノ毛(命の毛)と呼ばれる部分です。 メインの前髪の横に落ちる毛の長さと、量感が小顔のポイントですね。 カットオーダー例 メインのカットベースはどんなベースでも大丈夫です。 前髪の横2センチのところを前髪より1段階長くローレイやーでカットします。 ベースのカットと顔型に合わせて残す長さのバランスを決めます。 注意点は、顔まわりに癖が強い方や、半年以内にストレートパーマをかけている方はカット時に注意が必要です。 大人ショート 横から見た際にバックに骨格に合わせた レイヤーを入れボリュームを出し、顔まわりには 前下がりに重さを残しタイトに収める艶とシルエット重視のショートボブスタイル。 大人世代には正面だけではなく、サイド、バックから見たシルエットがとても重要なポイントになります。 カットオーダー例 襟足にローレイヤーでショートレイヤーを入れ、バックから顔まわりにかけて後ろから前下がりにハイグラデーションを入れていきます。 顔まわりに長さと重さを残し、トップにセイムレイヤーを入れるのがポイントです。 正面から見た際にひし形のシルエットをつくります。 耳後ろの重さをしっかり落とすとよりフォルムに締まりが出ますよ。 では、【ボブ】の押さえるべきトレンドカットバリエーションをご紹介! 切りっぱなさないボブ 以前人気があり、切りっぱなしボブと呼ばれていたスタイルのハイクオリティーボブ。 基本的には、ドライのみでフィットするボブでスタイリングの方法で切りっぱなし風にもできるボブスタイルです。 本当に切りっぱなしてしまうと癖やまとまりの悪さが出てしまい朝の時間が大変なことに・・・ カットオーダー例 首の丸みに沿って前下がりにラインを作り、トップセクションにセイムレイヤーを前下がりに入れていきます。 襟足の内側の重さをセニングでしっかり落とすのがポイントです。 マッシュウルフボブ シンプルなボブの進化系。 トップにたっぷりレイヤーを入れ、顔まわりには マッシュベースで耳周りから大胆に切り込みます。 1歩先行くオシャレな方にはとてもおすすめなスタイルです。 モードなテイストがプラスされます。 カットオーダー例 並行のアウトラインを作り、耳前全て前に引き出しレイヤーを入れます。 2ブロックポイントより上を急激にレイヤーを入れてマッシュラインを作ります。 襟足の毛先をあまり軽くしすぎずに重さを残しておくと今風のウルフになります。 外ハネボブ 先ほどのマッシュウルフボブの 顔まわりは切り込まずに残すスタイル。 ボブベースのカットのトップセクションにのみハイレイヤーを入れ、あえてはねるように作るスタイル。 内巻きにするのが苦手な方や、カジュアルなテイストがお好きな方におすすめです。 カットオーダー例 平方のアウトラインを作り、バックのトップにハイレイヤーを入れます。 顔まわりにも、もみあげより前にハイレイヤーを入れていきます。 グラデーションのベースに急激なハイレイヤーを入れることでドライのみで外ハネになりますよ。 ほつれボブ こちらは20代の女性中心に人気を集める外国人風スタイル! 髪の毛に透け感を出し、ほつれるようなテクスチャーで作るボブスタイル。 直毛の方、スタイリングが苦手な方は最新の酸性デジタルパーマがおすすめです。 カットオーダー例 ボブのベースに スライドカットをかなり多めに入れることで、浮遊感と動きを演出します。 巻くことが多い方、パーマをかけている方にオススメですが、 ストレートが多い方だとパサつき等出やすくなるので注意が必要です。 別名ミニマルボブ。 カットでドライのみでまとまるようにカットし、いらない重さを極限までそぎ落としタイトにまとめたハンサムなボブスタイル。 アウトラインを並行にし、あまり前下がり、前上がりにしないのがポイントの一つ。 カットオーダー例 襟足にショートレイヤーを入れ上からボブベースのラインをかぶせます。 さらにトップにレイヤーをいれることでフィット感を出せます。 そうすると極限までボリュームを抑えたボブになります。 前髪は、シースルーで薄めにすると良いかと思います。 【髪質の変化に合わせてヘアスタイルにも変化をつけよう(年代別)!】 20代 20代の女性の多くは、自己主張の強いスタイル。 ダメージよりデザインを重視する方が多い。 切り抜きや画像を持ってくるお客様も多い。 また巻いたり、スタイリングをしっかりするお客様が多いのでカウンセリングをしっかりやり切りすぎないようにする。 この世代のお客様で他店からのお直しが一番多いのは、「切られすぎた」という意見です。 美容師さんはまとまりや、手入れのしやすさを重視してカットする方が多いので、 皆様切られすぎないようカウンセリングでの最終仕上がりの長さの伝え方には、注意しましょう。 30代 20代の頃の髪はファッションの一部という考えから30代になると徐々に髪は体の一部という考えにシフトしていきます。 エイジングが始まり、ファーストグレイ(白髪の生え始め)が始まり、中間から毛先にうねりがで始めます。 個人差はありますが、トップのボリュームダウンや、分け目が出やすくなってきます。 理想のヘアの画像は持ってはいるが、手入れが楽なスタイルにしてほしい方が多い。 20代・30代おすすめショート 20代・30代おすすめボブ 40代 40代になると、髪は身だしなみの一部に。 オシャレ感も出しつつ骨格や癖などの素材に合わせたヘアスタイル提案を待っています。 また色々な美容師さんにカットされている方が多く良し悪しをわかっていらっしゃるので、 カットの技量がかなり問われる世代ではないでしょうか。 30代の頃より周期が短くなり、手入れし辛くなる前にご来店するお客様が多く、 質の高いヘアスタイル、自分に合うものを提案してほしいようです。 50代 50代になると髪は悩みや、不安の種となる方が多いです。 悩みを解決できるようなら、少々お金や時間をかけるというお客様も増えていきます。 薄毛や、トップのボリュームダウンに合わせたスタイル提案が重要になります。 カットだけで対応できない場合はパーマや、カラー、トリートメントで改善できるよう提案すると良いでしょう。 40代・50代おすすめショート 40代・50代おすすめボブ 【顔型別ショートボブ】 丸顔 一番相談を受けるのが丸顔のお客様。 短くしてより丸顔が強調されないですか? 顔大きく見えませんか? 答えは、、、「大丈夫」です!!! 丸顔の方は、横の丸みを気にしているので、縦を強調し横を隠してシャープに見せますので、額は出した方が良いと思います。 前髪がある方は隙間を作り、縦の長さを出します。 顔まわりは出しすぎずに毛を残し顔にかかるようにします。 ベース ベース型は、顔が大きく見えたり強い印象を与えます。 エラを隠し、丸みをもたせソフトに見せる。 基本的には、丸顔の時同様に額の隙間を作り、顔まわりに毛を残しバランスをとります。 逆三角 頬~アゴがシャープできつい印象なので、サイドに丸みをつけ肌を出すことで、柔らかさを強調させると良いです。 特に、アゴがシャープな分、頭が大きく見え、特に目尻の上が膨らんで見えるので、目尻上を隠すようカットします。 面長 縦長で細い印象なので、横広がりと丸みを強調するデザインで、ふくらみと柔らかさを出します。 前髪は、ワイドバングやラウンドバングで横幅を強調するデザインが良いです。 サイドには肌を出しつつ横にボリュームや丸みを持たせます。 ポイントは、顔まわりの作り方とサイドのシルエットですね。 【ショート、ボブ】に合うパーマコレクション まずはじめに基礎知識! 皆様パーマをかけたことはありますでしょうか? パーマとは、 ズバリ!! 髪の毛を曲げること!!W 【お客様からの口コミ】 始めて銀座5丁目店へ伺いましたが、お店がとても落ち着いていて居心地がとても良かったです。 特に気に入っていますのが、シャンプールーム。 クラシックな音楽が流れていてとても素敵でした。 担当者さまに全てお任せしましたが、短めのボブに仕上げていただき、周りからは好評で大満足です。 こちらのヘッドスパは、全てのスタッフが取得して自信のあるメニューだとお聴きし、スパも追加。 とても気持ち良く、施術してる感覚です。 感動したのが、キラ水を使ったカラーリングです。 仕上がりに感動しました。 髪の潤いやツヤが、今までと全然違います。 これからも通うのが楽しみです。 今回は特別な日に向けて、カットとカラーの相談をさせていただきました。 前回同様、親身に細かく相談に乗ってくださり、的確な提案をしていただき本当に感謝しています。 また、当日予約にも関わらず、気持ちよく受け入れてくださりとても嬉しかったです。 ありがとうございました。 前回、初めてこちらのサロンにお世話になりましたが、時間が経ってもセットしやすい髪の毛のままで、本当に技術の高さを改めて感じておりました。 髪の毛で、毎日の自分への自信に繋がると感じています。 これからも、色んな相談をさせていただくと思いますが、よろしくお願いします。 いつも綺麗に仕上げていただきありがとうございます。 色も仕上がりもとても良く、手入れが楽になり毎日のセットが楽しくなりました。 シャンプートリートメントなども丁寧にしてくださりありがとうございます。 気持ちよかったです。 別日に結婚式参加の為にヘアセットをお願いした際もとても可愛く仕上げていただきました。 アップスタイルということだけ決めて細かいところをお任せしたのですが、似合うスタイルを提案していただき大満足でした。 ありがとうございます。 またよろしくお願いします。 銀座新店舗に初めて伺わせて頂きました。 とても綺麗で落ち着いたお店ですが各ブースで雰囲気を変えている様で素敵でした。 スタッフさん方々のプロフェッシャルな丁寧な説明と接客で毎回本当に心地の良い時間になってます。 白髪に対応してカラーをして頂いてますが、日数が経っても白髪悩みを感じさせない様な仕上がりが続いてます。 カットも自分でのスタイリングがとても扱いやすくなっており、毎日が楽しいです。 今後もよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。 【Q&A】 Q1、くせがあるのですが、ショートボブはスタイリングが難しいですか? 一概には言えませんが、くせがあるお客様の多くは、イメージを変えたい場合や短くしたい時クセを抑えるために長さを残し、鎖骨、肩くらいの長さでオーダーしてきます。 ですが、鎖骨くらいのミディアムの方が広がり等出るので、肩につかないくらい短くすると意外にくせがまとまります。 お客様一人一人クセは異なりますので、そのクセをいかせるようカットのプロセス、仕上がりを作っていきます。 迷っていると、なかなか切れませんがしっかりカウンセリングして、カットしますので安心してお任せください。 Q2、顔が大きく見えそうで不安なのですがどうでしょうか? 前髪、顔まわりのデザインやバランスがとても重要になります。 前髪の横の目尻に落ちる毛がポイントですので、顔型や髪質に合わせて、おしゃれで小顔効果抜群の顔まわりのデザインをお約束いたします。 Q3、イメージ画像持って行っても良いですか? もちろん大丈夫でございます。 逆にお好みのイメージがあることで、イメージ共有しやすくなりありがたいです。 ただ、全く同じスタイルにするのではなく、そのスタイルをベースに髪質、骨格等に合わせ、イメージに近いオリジナルのヘアスタイルをご提案いたします。 Q4、結びたいけど切りたいのですがどこまで切れますか? 人により襟足の生え際の深さが違います。 襟足が浅い方は肩につかないくらいまで切れますが、逆に深い方に関しては、結構長さが残ります。 しっかりカウンセリングしてカットさせていただきますのでご安心下さい。 基本的にカットは美容師である僕らにお任せいただければ良いのですが、皆様がカットに対しての一定の知識を持っていただくことで、より失敗のリスクを減らし大切な髪の毛でオシャレを楽しんでいただけると思います。 MINXには、他のサロンでのカットのお直しでご来店されるお客様がたくさんいらっしゃいます。 そんなお客様の為にも、今後も質の高いヘアを僕自身のお客様にはもちろん、より多くの女性に綺麗を届けるべく、全国の美容師さんに講習活動を通してレベルアップを図り業界のさらなる発展に尽力したいと思っております。 世の中にヘアを通してたくさんの笑顔を届けられますように・・・・・・ 皆様どんどんヘアチェンジして楽しみましょう。 Written by: 現在は、サロンワーク中心に撮影、ヘアショー、国内外セミナー等を展開。 表参道、銀座エリアの第一線で活躍するメンバーで構成される東京ブレンドにも所属。 サロンワークでは、経験とキャリア、親しみやすさを活かした親身なカウンセリングを得意とし、今まで解決できなかった悩み、コンプレックスを必ず解決します。 毛先1ミリまでこだわりを持ってカットし最高に質の高いヘアスタイルをお届けしたい。 その想いを常に心に美容師をしております。 今では年代問わずお客様からの支持を多数頂いております。 バッサリ切ってイメージ変えたい方、カットと連動したハイライト等のデザインのあるカラーを求めるお客様は是非一度お任せ下さい。

次の

【短めヘア必見】印象別!ショートレイヤーで叶える立体感ヘア大特集

ショート レイヤー

今人気のショート、ボブスタイルだけど…本当に自分に似合うのは何なの? これからショート、ボブ切りたい方、もしくはいつもショート、またはボブだけど本当に今のスタイルが1番似合っているの? ショート、ボブは シルエット、 ライン、 フォルムを変えるだけで印象が大きく変わります。 オーダーで失敗しないようにショート、ボブのハズさない為の違いとポイントを紹介します。 皆様も最低限の知識があるだけで美容師さんとの距離も縮まり安心してカウンセリングできるのではないでしょうか。 そもそもショート?ボブ?どんな違いがあるの? ショートってどんなスタイル? サイド耳後ろにえぐれがあり、襟足のあるレイヤーベースの軽めのスタイルことをいいます。 ボブってどんなスタイル? ショートとは反対に一般にボブとは横から見た際にラインが繋がっていて耳後ろにえぐれがない。 レイヤーが入っていない。 グラデーションベースの重めのスタイルのことをいいます。 レイヤーベースの軽いスタイルで顔にかかる毛が少ないので好印象を与えます。 レイヤースタイルは長さは同じにみえても細部のカットの違いでまとまりにとても大きな違いが出ます。 信用できる美容師さんにお任せするのをお勧めします。 バランスを揃えて仕上げても伸びるとシルエットが崩れバックに重さが出やすくなります。 形にもよりますが、月1回くらいのメンテナンスをお勧めします。 表面に重さを残すので艶がとても出やすくなります。 清潔感、女性らしさがアップします。 人にはそれぞれクセがあり、左右どちらかが思い通りにスタイリング出来ないことが多いですが、ボブは左右対象に内巻きにスタイリングしたり、外ハネにしたりスタイリングが楽にでき、比較的時間が経ってもキープされます。 ボブの重めのカットベースで丸みをつけすぎると膨らみ頭が大きく見える事があります。 別名ミニマルショート。 ハンサムボブ同様、ドライのみでまとまるようにカットし、いらない重さを極限までそぎ落としタイトにまとめたハンサムなショートスタイル。 耳上のアウトラインを並行にし、 あまり前下がり、前上がりにしないのがポイントの一つ。 また前髪は作らず長めで分けるのもポイント。 カットオーダー例 襟足の長さを短めにショートローレイヤーで設定し、顔まわりに重さと長さを残します。 ウエイトの位置を並行に横スライスで60度のグラデーションでカットすると良いです。 サイドに重さをあえて残すのがポイントです。 フレンチショート ショートから1歩踏み込んでトップ前髪を短く切り込んだフレンチテイストのショートスタイル。 骨格に合わせて、 アンダーからレイヤーを入れていき頭にフィットさせていきます。 カットオーダー例 ショートレイヤーベースでトップも動きが出るよう短めにします。 アンダーをハイグラデーションで切り、ミドル、トップからセイムレイヤーを入れます。 前髪に重さを残しすぎないのがポイントです。 2ブロックショート ナチュラル2ブロックショート。 男性のような刈りアゲでなく、骨格に合わせ 内側を1段階短くきることで顔まわりに軽さと動きを出します。 ボリュームが出すぎる方や、タイトに収めたい方におすすめです。 カットオーダー例 ハンサムショートと似たカットベースです。 襟足の長さを短めにショートレイヤーで設定し、顔まわりに重さと長さを残します。 ウエイトの位置を並行にカットすると良いです。 サイドをタイトにしたいのでサイド内側を耳が出るくらいのハイレイヤーでナチュラルに内側を切ります。 内側を短くすることでサイドに軽さと透け感がプラスされます。 小顔ショート 前髪顔まわりに骨格、顔型に合わせ 落ちる毛を作り小顔に見えるように切るショートスタイル。 大切なのは、二枚目の写真でわかりやすいよう赤で囲った前髪の横の毛がイノ毛(命の毛)と呼ばれる部分です。 メインの前髪の横に落ちる毛の長さと、量感が小顔のポイントですね。 カットオーダー例 メインのカットベースはどんなベースでも大丈夫です。 前髪の横2センチのところを前髪より1段階長くローレイやーでカットします。 ベースのカットと顔型に合わせて残す長さのバランスを決めます。 注意点は、顔まわりに癖が強い方や、半年以内にストレートパーマをかけている方はカット時に注意が必要です。 大人ショート 横から見た際にバックに骨格に合わせた レイヤーを入れボリュームを出し、顔まわりには 前下がりに重さを残しタイトに収める艶とシルエット重視のショートボブスタイル。 大人世代には正面だけではなく、サイド、バックから見たシルエットがとても重要なポイントになります。 カットオーダー例 襟足にローレイヤーでショートレイヤーを入れ、バックから顔まわりにかけて後ろから前下がりにハイグラデーションを入れていきます。 顔まわりに長さと重さを残し、トップにセイムレイヤーを入れるのがポイントです。 正面から見た際にひし形のシルエットをつくります。 耳後ろの重さをしっかり落とすとよりフォルムに締まりが出ますよ。 では、【ボブ】の押さえるべきトレンドカットバリエーションをご紹介! 切りっぱなさないボブ 以前人気があり、切りっぱなしボブと呼ばれていたスタイルのハイクオリティーボブ。 基本的には、ドライのみでフィットするボブでスタイリングの方法で切りっぱなし風にもできるボブスタイルです。 本当に切りっぱなしてしまうと癖やまとまりの悪さが出てしまい朝の時間が大変なことに・・・ カットオーダー例 首の丸みに沿って前下がりにラインを作り、トップセクションにセイムレイヤーを前下がりに入れていきます。 襟足の内側の重さをセニングでしっかり落とすのがポイントです。 マッシュウルフボブ シンプルなボブの進化系。 トップにたっぷりレイヤーを入れ、顔まわりには マッシュベースで耳周りから大胆に切り込みます。 1歩先行くオシャレな方にはとてもおすすめなスタイルです。 モードなテイストがプラスされます。 カットオーダー例 並行のアウトラインを作り、耳前全て前に引き出しレイヤーを入れます。 2ブロックポイントより上を急激にレイヤーを入れてマッシュラインを作ります。 襟足の毛先をあまり軽くしすぎずに重さを残しておくと今風のウルフになります。 外ハネボブ 先ほどのマッシュウルフボブの 顔まわりは切り込まずに残すスタイル。 ボブベースのカットのトップセクションにのみハイレイヤーを入れ、あえてはねるように作るスタイル。 内巻きにするのが苦手な方や、カジュアルなテイストがお好きな方におすすめです。 カットオーダー例 平方のアウトラインを作り、バックのトップにハイレイヤーを入れます。 顔まわりにも、もみあげより前にハイレイヤーを入れていきます。 グラデーションのベースに急激なハイレイヤーを入れることでドライのみで外ハネになりますよ。 ほつれボブ こちらは20代の女性中心に人気を集める外国人風スタイル! 髪の毛に透け感を出し、ほつれるようなテクスチャーで作るボブスタイル。 直毛の方、スタイリングが苦手な方は最新の酸性デジタルパーマがおすすめです。 カットオーダー例 ボブのベースに スライドカットをかなり多めに入れることで、浮遊感と動きを演出します。 巻くことが多い方、パーマをかけている方にオススメですが、 ストレートが多い方だとパサつき等出やすくなるので注意が必要です。 別名ミニマルボブ。 カットでドライのみでまとまるようにカットし、いらない重さを極限までそぎ落としタイトにまとめたハンサムなボブスタイル。 アウトラインを並行にし、あまり前下がり、前上がりにしないのがポイントの一つ。 カットオーダー例 襟足にショートレイヤーを入れ上からボブベースのラインをかぶせます。 さらにトップにレイヤーをいれることでフィット感を出せます。 そうすると極限までボリュームを抑えたボブになります。 前髪は、シースルーで薄めにすると良いかと思います。 【髪質の変化に合わせてヘアスタイルにも変化をつけよう(年代別)!】 20代 20代の女性の多くは、自己主張の強いスタイル。 ダメージよりデザインを重視する方が多い。 切り抜きや画像を持ってくるお客様も多い。 また巻いたり、スタイリングをしっかりするお客様が多いのでカウンセリングをしっかりやり切りすぎないようにする。 この世代のお客様で他店からのお直しが一番多いのは、「切られすぎた」という意見です。 美容師さんはまとまりや、手入れのしやすさを重視してカットする方が多いので、 皆様切られすぎないようカウンセリングでの最終仕上がりの長さの伝え方には、注意しましょう。 30代 20代の頃の髪はファッションの一部という考えから30代になると徐々に髪は体の一部という考えにシフトしていきます。 エイジングが始まり、ファーストグレイ(白髪の生え始め)が始まり、中間から毛先にうねりがで始めます。 個人差はありますが、トップのボリュームダウンや、分け目が出やすくなってきます。 理想のヘアの画像は持ってはいるが、手入れが楽なスタイルにしてほしい方が多い。 20代・30代おすすめショート 20代・30代おすすめボブ 40代 40代になると、髪は身だしなみの一部に。 オシャレ感も出しつつ骨格や癖などの素材に合わせたヘアスタイル提案を待っています。 また色々な美容師さんにカットされている方が多く良し悪しをわかっていらっしゃるので、 カットの技量がかなり問われる世代ではないでしょうか。 30代の頃より周期が短くなり、手入れし辛くなる前にご来店するお客様が多く、 質の高いヘアスタイル、自分に合うものを提案してほしいようです。 50代 50代になると髪は悩みや、不安の種となる方が多いです。 悩みを解決できるようなら、少々お金や時間をかけるというお客様も増えていきます。 薄毛や、トップのボリュームダウンに合わせたスタイル提案が重要になります。 カットだけで対応できない場合はパーマや、カラー、トリートメントで改善できるよう提案すると良いでしょう。 40代・50代おすすめショート 40代・50代おすすめボブ 【顔型別ショートボブ】 丸顔 一番相談を受けるのが丸顔のお客様。 短くしてより丸顔が強調されないですか? 顔大きく見えませんか? 答えは、、、「大丈夫」です!!! 丸顔の方は、横の丸みを気にしているので、縦を強調し横を隠してシャープに見せますので、額は出した方が良いと思います。 前髪がある方は隙間を作り、縦の長さを出します。 顔まわりは出しすぎずに毛を残し顔にかかるようにします。 ベース ベース型は、顔が大きく見えたり強い印象を与えます。 エラを隠し、丸みをもたせソフトに見せる。 基本的には、丸顔の時同様に額の隙間を作り、顔まわりに毛を残しバランスをとります。 逆三角 頬~アゴがシャープできつい印象なので、サイドに丸みをつけ肌を出すことで、柔らかさを強調させると良いです。 特に、アゴがシャープな分、頭が大きく見え、特に目尻の上が膨らんで見えるので、目尻上を隠すようカットします。 面長 縦長で細い印象なので、横広がりと丸みを強調するデザインで、ふくらみと柔らかさを出します。 前髪は、ワイドバングやラウンドバングで横幅を強調するデザインが良いです。 サイドには肌を出しつつ横にボリュームや丸みを持たせます。 ポイントは、顔まわりの作り方とサイドのシルエットですね。 【ショート、ボブ】に合うパーマコレクション まずはじめに基礎知識! 皆様パーマをかけたことはありますでしょうか? パーマとは、 ズバリ!! 髪の毛を曲げること!!W 【お客様からの口コミ】 始めて銀座5丁目店へ伺いましたが、お店がとても落ち着いていて居心地がとても良かったです。 特に気に入っていますのが、シャンプールーム。 クラシックな音楽が流れていてとても素敵でした。 担当者さまに全てお任せしましたが、短めのボブに仕上げていただき、周りからは好評で大満足です。 こちらのヘッドスパは、全てのスタッフが取得して自信のあるメニューだとお聴きし、スパも追加。 とても気持ち良く、施術してる感覚です。 感動したのが、キラ水を使ったカラーリングです。 仕上がりに感動しました。 髪の潤いやツヤが、今までと全然違います。 これからも通うのが楽しみです。 今回は特別な日に向けて、カットとカラーの相談をさせていただきました。 前回同様、親身に細かく相談に乗ってくださり、的確な提案をしていただき本当に感謝しています。 また、当日予約にも関わらず、気持ちよく受け入れてくださりとても嬉しかったです。 ありがとうございました。 前回、初めてこちらのサロンにお世話になりましたが、時間が経ってもセットしやすい髪の毛のままで、本当に技術の高さを改めて感じておりました。 髪の毛で、毎日の自分への自信に繋がると感じています。 これからも、色んな相談をさせていただくと思いますが、よろしくお願いします。 いつも綺麗に仕上げていただきありがとうございます。 色も仕上がりもとても良く、手入れが楽になり毎日のセットが楽しくなりました。 シャンプートリートメントなども丁寧にしてくださりありがとうございます。 気持ちよかったです。 別日に結婚式参加の為にヘアセットをお願いした際もとても可愛く仕上げていただきました。 アップスタイルということだけ決めて細かいところをお任せしたのですが、似合うスタイルを提案していただき大満足でした。 ありがとうございます。 またよろしくお願いします。 銀座新店舗に初めて伺わせて頂きました。 とても綺麗で落ち着いたお店ですが各ブースで雰囲気を変えている様で素敵でした。 スタッフさん方々のプロフェッシャルな丁寧な説明と接客で毎回本当に心地の良い時間になってます。 白髪に対応してカラーをして頂いてますが、日数が経っても白髪悩みを感じさせない様な仕上がりが続いてます。 カットも自分でのスタイリングがとても扱いやすくなっており、毎日が楽しいです。 今後もよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。 【Q&A】 Q1、くせがあるのですが、ショートボブはスタイリングが難しいですか? 一概には言えませんが、くせがあるお客様の多くは、イメージを変えたい場合や短くしたい時クセを抑えるために長さを残し、鎖骨、肩くらいの長さでオーダーしてきます。 ですが、鎖骨くらいのミディアムの方が広がり等出るので、肩につかないくらい短くすると意外にくせがまとまります。 お客様一人一人クセは異なりますので、そのクセをいかせるようカットのプロセス、仕上がりを作っていきます。 迷っていると、なかなか切れませんがしっかりカウンセリングして、カットしますので安心してお任せください。 Q2、顔が大きく見えそうで不安なのですがどうでしょうか? 前髪、顔まわりのデザインやバランスがとても重要になります。 前髪の横の目尻に落ちる毛がポイントですので、顔型や髪質に合わせて、おしゃれで小顔効果抜群の顔まわりのデザインをお約束いたします。 Q3、イメージ画像持って行っても良いですか? もちろん大丈夫でございます。 逆にお好みのイメージがあることで、イメージ共有しやすくなりありがたいです。 ただ、全く同じスタイルにするのではなく、そのスタイルをベースに髪質、骨格等に合わせ、イメージに近いオリジナルのヘアスタイルをご提案いたします。 Q4、結びたいけど切りたいのですがどこまで切れますか? 人により襟足の生え際の深さが違います。 襟足が浅い方は肩につかないくらいまで切れますが、逆に深い方に関しては、結構長さが残ります。 しっかりカウンセリングしてカットさせていただきますのでご安心下さい。 基本的にカットは美容師である僕らにお任せいただければ良いのですが、皆様がカットに対しての一定の知識を持っていただくことで、より失敗のリスクを減らし大切な髪の毛でオシャレを楽しんでいただけると思います。 MINXには、他のサロンでのカットのお直しでご来店されるお客様がたくさんいらっしゃいます。 そんなお客様の為にも、今後も質の高いヘアを僕自身のお客様にはもちろん、より多くの女性に綺麗を届けるべく、全国の美容師さんに講習活動を通してレベルアップを図り業界のさらなる発展に尽力したいと思っております。 世の中にヘアを通してたくさんの笑顔を届けられますように・・・・・・ 皆様どんどんヘアチェンジして楽しみましょう。 Written by: 現在は、サロンワーク中心に撮影、ヘアショー、国内外セミナー等を展開。 表参道、銀座エリアの第一線で活躍するメンバーで構成される東京ブレンドにも所属。 サロンワークでは、経験とキャリア、親しみやすさを活かした親身なカウンセリングを得意とし、今まで解決できなかった悩み、コンプレックスを必ず解決します。 毛先1ミリまでこだわりを持ってカットし最高に質の高いヘアスタイルをお届けしたい。 その想いを常に心に美容師をしております。 今では年代問わずお客様からの支持を多数頂いております。 バッサリ切ってイメージ変えたい方、カットと連動したハイライト等のデザインのあるカラーを求めるお客様は是非一度お任せ下さい。

次の