トラジャ 寿司。 トラジャコーヒー 京阪モール店 (TORAJA COFFEE)

【トラジャ】Travis Japanの基礎知識 プロフィール・メンバーカラー他まとめ

トラジャ 寿司

銀のさら20周年に強力コラボレーションが実現!! Travis Japanが銀のさら20周年のアンバサダーに! 新TVCMでは"銀のトラジャ"が華麗にお寿司を紹介! ~3月25日(水)よりTVCMオンエアスタート~ 株式会社ライドオンエクスプレスホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長 江見 朗)は、ライドオンエクスプレスグループが展開する、宅配寿司「銀のさら」において、2020年3月25日より、ジャニーズJr. の人気グループ「Travis Japan」を20周年のアンバサダーとして起用した新TVCMのオンエアを開始いたします。 新TVCMでは「Travis Japan」のメンバー7人が"銀のトラジャ"となり、華麗なポーズで銀のさらのお寿司を次々と紹介していきます。 メンバーそれぞれが自身のメンバーカラーに合わせた寿司ネタを手に持ち、20年続いた銀のさらのお寿司の美味しさに「旨じゃ!」と言いながら、テンポよくポーズを決めていく。 ラストは「銀のトラジャ!銀のさらじゃ!」と7人そろっての決めポーズで登場いたします。 )プロフィール ジャニーズ事務所所属のジャニーズJr. 内の7人組グループ。 略称は「トラジャ」。 2012年7月、結成。 全身を使った力強いダンス、腕や足の角度までそろえたシンクロダンスに定評があるジャニーズパフォーマンスの正統派。 2020年には単独コンサート「Travis Japan LIVE 2020 ENTER 1234567」も予定。 詳細は、下記PDFでご確認ください。

次の

トラジャが銀のさらCMで持つ寿司ネタは何?メンバーカラーの色と同じ!!

トラジャ 寿司

Travis Japan(トラジャ)松田元太くんのプロフィール・魅力・経歴が知りたい! ファンのみんなをうちゅーいち愛し、ファンのみんなからうちゅーいち愛されているTravis Japan(トラジャ)松田元太くん。 平成の時代に生まれ、平成の時代を、10代というかけがえのない青春時代を、ジャニーズの一員として駆け抜けてきました。 令和時代の幕開けよりも一足早く、20代の仲間入りを果たした元太くん。 「えっ、今まで10代だったの?」なんて驚いている方も多いかもしれませんね。 今回は、そんなTravis Japan(トラジャ)松田元太くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、様々なエピソードを通じて、げんげんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。 あげみざわ~なテンションで、ナチュラルに頑張ります! Travis Japan(トラジャ)松田元太くんのプロフィール・入所理由 画像: まずは、Travis Japan(トラジャ)松田元太くんのプロフィールを見ていきましょう!• 松田元太 まつだげんた• 誕生日:1999年4月19日• 出身地:埼玉県• 血液型:O型• 入所日:2011年2月10日• 同期:松島聡(Sexy Zone)• 身長:169cm• 兄弟:妹(8歳下) 【入所理由】山田涼介くんとの出会い 2011年2月10日にジャニーズ事務所へ入所した松田元太くん。 Hey! Say! JUMP山田涼介くんに憧れたことがきっかけとなり、ジャニーズとしての道を歩みだすこととなります。 小学4年生の頃に参戦したJUMPのコンサートで、キラキラ眩しい山田くんと出会い、「ここに入りたい!」という気持ちが強くなっていきます。 しかし、「山田くんを目指す」という夢だけではなく、元太くんには「プロサッカー選手になる」という夢があったんですよね。 彼自身も「平成一の大きな選択」と語っているように、ここが、元太くんにとってのターニングポイントとなったことは言うまでもありません。 【入所理由】平成一番の大きな選択 高校でサッカー部だったお父さんと、その部のマネージャーだったお母さんが恋に落ち、結婚してげんげんは生まれました。 だから自分は「サッカーをやる運命だった」と語っていたこともありましたね。 4歳頃には、お父さんに教えてもらいながら公園でサッカーボールを蹴っていたのだそう。 その後、小学2年生になりサッカー少年団へ入団。 県ベスト8の実力があるチームで、サッカー漬けの日々を過ごしていたと言います。 この頃は物静かなサッカー少年だったそうですが、小4からはキャプテンを務めていたそうで、埼玉県のU-12選抜に選ばれるほどの実力の持ち主だったことでも知られています。 本気でプロのサッカー選手を目指していたというげんげん。 夢中になるとそれしか見えなくなるという彼を振り向かせ、「プロのサッカー選手になりたい」という気持ちを揺るがすほど、山田くんとの出会いは大きなものだったことがうかがえます。 ジャニーズのオーディションが行われた2011年2月10日。 この日は、大事なサッカーの決勝戦が行われる日でもあったんですよね。 本気でプロのサッカー選手をめざしていたとき山田くんっていう存在に出会ってもうひとつの夢ができて、悩んだ末に小学生最後の大事な試合の決勝戦よりもオーディションを優先してアイドルになる道を選んでくれた元太くんほんとうに強い ありがとうでいっぱい — も omcgn Travis Japan(トラジャ)松田元太くんの経歴・歩み (出典:より) セクバとしての歩み 念願のジャニーズ入所を果たした元太くん。 入所後初めて出演したステージは何とHey! Say! JUMPのコンサートだったんですよね。 本番前にJUMPメンバーとハイタッチするチャンスがあったそうですが、他のJr. たちがグイグイと行くなかで前に出ることができず、そのまま本番が始まってしまったというエピソードがあります。 同期である松島聡くんがSexy Zoneとしてデビューしてからは、彼らのバックで踊るJr. (=セクバ)としての活動が多くなっていきます。 (聡くんは2011年2月6日入所となっていますが、ほぼ同時期の入所なので同期と考えられています) セクゾのバックについているJr. を「セクバ」と捉える場合もありますが、バックにつくJr. がある程度固定されるようになってからは、特定のメンバーで構成されるJr. たちを「セクバ」と呼ぶことが多くなっていったようにも思います。 げんげんは、セクゾのデビューシングル『Sexy Zone』のMVや、セクゾが地上波初登場を果たした「ミュージックステーション」 2011年11月11日放送 などなど、セクゾのデビュー当初からバックにつく機会が多くありました。 しかし、セクバの主要メンバーとして認識されたのは、松松がシンメとなった2012年の夏以降と考えたほうがいいかもしれません。 セクバってひたすらキラキラしてるってイメージだったけどこういう表現が出来る子もいるんだって衝撃を受けて早数年、今も元気にJr. もちろん、KAT-TUNやKis-My-Ft2をはじめ、様々なグループのバックダンサーとしてステージに立っていますし、Sexy松 Show としての活動やドラマ・バラエティ番組への出演、滝沢歌舞伎やEndless SHOCK、ミクロワールド・ファンタジアへの出演、トラジャへの加入などなど……単なる「セクバ語り」でげんげんの全てを網羅することはできません。 ただ、セクバとしての歩みや経験、そして何よりも共にセクバとして歩んできた 運命的なシンメとの出逢いがあったからこそ、今のげんげんがあると言っても過言ではないんですよね。 中村嶺亜くんのプロフィール記事はこちら!• ちなみに…… 宮近くんが、トラジャからの出張という形でセクバとしてステージに立っていた時期も懐かしいですね。 この時には、松松がトラジャに加入する日が来るとは誰も想像できなかったはず。 余談になりますが、個人的には、少クラでの元太くんと宮近くんの「頭ごっつんこ事件(筆者が勝手に名付けています)」がすごく印象に残っています。 それが、2013年11月6日のザ少年俱楽部でセクゾが『バィバィDuバィ~See you again~』を披露した時。 ニコッとしながら元太くんを見る宮近くんという光景も微笑ましいものがありました。 翌月第1週の少クラ(12月4日放送)でも同曲が披露されたんですが、この時には元太くんが「今日はぶつからないれす!」とばかりにニコっと宮近くんをチラ見していました。 何かこう、ストーリーとしてつながっているような印象を受けたのと同時に、一つ一つのステージを大切に胸に刻んでいることが分かるような光景だった気がして、心がほっこりしました。 セクバ時代の宮近くんと松松を見て「あ〜これ最高〜!好きだな〜!また宮近くんと松松が並んでるの見たい〜!」と思った直後に「あれ?今同じユニでは?」ってなるの、あるある — り 38213s 運命のパートナー・松倉海斗との出逢い げんげんを語る上では、やはり、まつく(松倉海斗くん)の存在を欠かすことができません。 松松が入所した時期は3か月半ほど異なり、セクゾデビュー時の状況などを見ても、2人のスタートラインは異なる位置にあったと言えるかもしれません。 ただ、負けず嫌いな性格や無限大の向上心で、たくさんの笑顔・汗を輝かせながら頑張ってきました。 そして、いつしか互いを引き付け合うようにシンメとなったんですよね。 それくらい、松松シンメは運命よりも近く、奇跡よりも確かな存在となっていきます。 一度見たら絶対に忘れることのない気持ちよさ・爽快感に溢れるダンスは、佐藤勝利くんをしゃかりきダンスにさせてしまうほど圧倒的存在感を誇っていました。 一緒の道を歩むことが、どこか当たり前のように感じつつありますが、2012年の夏から今もなお「松松」という言葉が私たちの身近にある現実って、やっぱりすごいなぁ……そんなことを、感じずにはいられません。 思えば、2か月間にわたり口を聞かなかった「松松史上最大のケンカ事件」もありました。 今回は泣く泣く割愛させていただきますが、史上最大のケンカ中に魅せた『スワンソング』、そこから4年の月日を経ての『スワンソング』もまたアツいんですよね。 スワンソングは、松松のテーマソングとも言える大切な楽曲の一つです。 色んな経験・想い・景色を共有し、松松の絆はより深いものになっていきます。 2017年 かな? のキンキさんのコンサート見学で、スワンソングのイントロが流れた瞬間松倉くんが背筋をスッ…って伸ばして、ちょっと前のめりになりつつ真剣な表情で聴いていた……という勝手に温めてた激エモエピを投下しますね…はぁ…松松…… — くるみ krkrm11 げんげんを突き動かしたまつくの存在 これまでの松松の歩みに目を向けた時に、「げんげんにとってのターニングポイント」という視点でご紹介したい出来事が、まつくの「Endless SHOCK」抜擢。 松松はずっと一緒だったわけではなく、まつくがSHOCKへ抜擢された2015年の夏以降、1年ほどはそれぞれのフィールドで頑張る時期がありました。 まつくに会うために、自費で大阪まで「SHOCK」見学に行ったげんげん。 大切なシンメの頑張っている姿に、公演前も公演中も公演後も涙が止まらなかったと言います。 ただ、この涙には「感動」や「嬉しい気持ち」だけではなく、「悔しさ」なども交錯した複雑な想いが含まれていたんですよね。 この出来事、まつくという大切な存在が、げんげんを突き動かしたとも言えるかもしれません。 客席で見ていたげんげんが、歌のみのオーディションを勝ち取り、まつくと一緒に「Endless SHOCK」の舞台に立つ…… 光一さん、30人くらいのJr. 一生語られ続けるべし運命の最高峰エピソード。 この記事で何を一番に伝えればいいか考えてみたんですが、行きついた結論は「分からない」なんですよね。 松田元太という人間から魅力をピックアップするというよりは、松田元太という人間そのものが魅力の塊とでも言えばいいでしょうか。 どれも魅力なので、どれが魅力なのか分からないんです。 軽い気持ちで沼を覗きに行くだけで、おそらくもう帰れません。 少しでも気になったらおしまい、油断していると一気に持っていかれます。 松松の話に戻ってしまうんですが、かつて、元太くんは松倉くんと組むことを「RPGゲームの武器屋で強い武器を手に入れた感じ」なんて表現していたことがありました。 ただ、松松が手に入れた武器って、どんどんグレードアップしていくんですよね。 すでに持っている武器で十分だとしても、それに満足しないで、どんどん新たなものを手に入れていく……と言えばいいでしょうか。 今ある武器に決して依存することなく、新たなものへ果敢に挑み、唯一無二の武器を手に入れていく……これが松松の魅力であり、松倉くん・元太くんそれぞれの魅力でもあるんですよね。 見るたびに目まぐるしく進化していく点、両極端にも見える魅力的な一面を「これでもか!」と纏っていく点などなど、まさに「Endless伸びしろ」状態。 見れば見るほど、知れば知るほど「もう訳が分からない!」が最高の褒め言葉へと変わっていきます。 元太くんの沼って、急すぎて自分が今どこにいるのかわからなくなるかんじする。 あれ?はまってる?って思ったらもうアウトで、気づいたら虜で底なし沼ズブズブ。 一方で、一目見ただけでは分からない部分、具体的には「ステージに懸ける想い」や「ファンを大切に想う気持ち」などの内面に触れることで、見えてくる魅力もたくさんあります。 先ほどご紹介した松松史上最大のケンカ事件では、「このままじゃ松松が良く見えない」「こんな松松をファンの人に見せたくない」というまっすぐな想いを松倉くんにぶつけたことがきっかけとなって、仲直りしたというエピソードがあります。 しかし当時彼らは史上最悪の喧嘩中で絶交状態。 ゲンタは泣いて過ごす日々、自分に非があるのでは?とノートに自分の悪いところを書き出し、カイトが何に怒っているか考えたと。 こんな2人もいかがです? — 51244*100 会いたい 68upA 特別な意味を持つ『Anniversary』 自身の初めてのソロ曲にKinKi Kids『Anniversary』を選んだ理由。 その背景には、「ファンと僕の記念日にしたい」という想いがあったと語っていたこともありました。 この『Anniversary』という曲は、元太くんにとってもファンにとっても、特別な意味を持つ曲ですよね。 初のソロ曲としてだけではなく、元太くんが初めてマイクを持った曲でもあります。 2013年6月5日放送の「ザ少年俱楽部」のEDでこの曲が披露された時、セクバの子たちがメインとなってステージを披露したんですよね。 普段一生懸命踊っている子たちが、ステージでマイクを持って歌い上げる姿。 そこに描かれる景色へ触れた時に、筆者も込み上げてくるものがあったことを鮮明に覚えています。 みんなの遠くを見つめるまなざしは、何とも言えない雰囲気が漂っていました。 にとって「デビュー」という大きな目標があることはその通りですが、「少しでもいい位置で踊りたい」「いつかはマイクを持ちたい」という想い、それを叶える瞬間がいかに大きなものか、このステージを通じて分かったような気がします。 元太くんにとっては、入所してからマイクを持つまでに2年かかりました。 「2年で」と考えるか、「2年も」と考えるかは人それぞれだと思いますが、彼が尊敬してやまない山田涼介くんもまた、マイクを持つまでに2年かかったと語っていたことがありましたね。 その時の山田くんの想いに触れてみても、「マイクを持つことの意味」って、すごく大きなものだと感じます。 同じステージに立っていても、届きそうで届かない……そのぐらいの距離があるからこそ、元太くんにとっても、マイクを手にしてステージに立った感動、その瞬間はきっと大切に胸に刻まれているはず。 誰かにとっては何気なく過ぎていくステージや時間も、誰かにとっては特別な記念日になるんですよね。 初めてのソロ曲はファンへの感謝を述べるためにAnniversaryにしたげんげん。 新しいスタート地点に立ててファンと思いを共有したいため、貴重な見せ場を自分たちと松松担にとって意義重大なスワンソングを選んだ松松。 ファンとの関係性をいつも大切にしてるこの二人についていけて心からよかったと思う — チョコ🌋 kercc 物事を前向きにとらえる姿勢 先ほど「少しでもいい位置で踊りたい」と話しましたが、元太くん自身も、自分より後ろで踊っていたJr. のバックにつくことが多くなり、悔しさをにじませたことがありました。 どんな状況であっても、心の底からダンスを楽しんでいたはずの自分。 もやもやとした気持ちを顔に出してしまったことを反省しつつも、そう気づけた自分を前向きにとらえて、成長へつなげようとする姿勢がありました。 普通であれば「ここで終わり」という段階、そこよりも先のことまで見据え、前向きに変換して、行動できてしまう点もまた、元太くんならではの魅力と言えるかもしれません。 げんげんを応援し始めてから、自分も夢や目標を実現しよう!って前向きにさせてくれるからほんとうに感謝しかない……応援してるはずなのに、励ましてもらってばっかりな気がする…… — びせちゃん🎁💙 GntBise1805Tj 20代になったTravis Japan(トラジャ)松田元太くんのさらなる活躍に期待! 画像: 元太くんはかつて、「いい人との出会いが多い」と語っていたことがありました。 元太くんの いい人との出会いが多いんですよ っていうの、実際良い出会いが多かったのだろうけれど彼が今までの出会いをそのように捉えられているってことが素晴らしくて尊くて泣いた 彼の自信は勿論色々な裏付けがあっての強い気持ちなのだろうけれどそんな元太くんは本当に強い — りい sinmtj ただ、そうした捉え方をできる元太くんだからこそ、出会いが特別なものになっているのも事実。 決して「運がいい」という話で終わりではなくて、魅力いっぱいの元太くんだからこそ、そうした運命的な人が引きつけられていくのかもしれません。 かつて、ダンスレッスン中に、外国人の先生から「ダンスはどこで表現すると思う?」という問いを投げかけられたことがあり、「手とか、動き」と答えたという元太くん。 これに対し、「ハートで感じながら表現すると人に伝わる」と胸をトントンと叩きながら教えてもらったそうで、先生の言葉に感動したと語っていたんですよね。 こうした何気ない瞬間の出会いも元太くんにとっての財産となっているはず。 ダンスを含め、変わるもの、変わらないものそれぞれに、元太くんの魅力・個性が隠されているんですよね。 「俺のファンにならないと損をする」 本人から発信されるそんな言葉もまた、すごく説得力があります。 貪欲に突き進み、成長していく元太くんからは、一瞬たりとも目が離せないんですよね。 20代となった元太くんが、ここから歩んでいく令和の時代。 テンションあげみざわ~で進化し続ける元太くんから目が離せません! Travis Japanに関するおすすめ記事はこちら!•

次の

Travis

トラジャ 寿司

メンバー [ ] この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 と兼任していた。 仲田拡輝 (なかだ ひろき) 1994-01-04 (26歳) 兄組 (もりた みゅうと) 1995-10-31 (24歳) 白 兄組 、Love-tuneと兼任していた。 梶山朝日 (かじやま あさひ) 1998-11-09 (21歳) 紫 弟組 メンバー変遷 [ ] 初期 吉澤閑也、中村海人、阿部顕嵐、宮近海斗、梶山朝日 2012年『PLAYZONE』出演決定時 仲田拡輝、川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、阿部顕嵐、宮近海斗、梶山朝日 2016年10月 - 仲田拡輝、川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日 2017年3月 - 川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日 2017年9月 - 川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日 2017年10月 - 川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗 2017年11月18日 - 川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、松田元太、松倉海斗 略歴 [ ] 2012年2月に日生劇場で行われていた舞台『ABC座 星(スター)劇場』を観劇していた吉澤・中村・阿部・宮近・梶山の5人と他のジャニーズJr. 数人が幕間にリハーサル室に呼ばれ、そこで初めて振付師のに出会い、レッスンを受ける。 そこにはのちに 兄組と呼ばれる当時 として活動していた仲田・川島・森田・七五三掛の4人もおり、メンバーは初対面を果たす。 そしてそこで Travis Japanが結成されたが、その時のメンバーはのちに 弟組とも呼ばれる吉澤・中村・阿部・宮近・梶山の5人だけだった。 しかしその後、情報局から発行された会報に、兄組と合わせた9人でTravis Japanとして7月からの『』に出演する旨が書かれており、本人達が増員の事実を知ることになる。 その後も『PLAYZONE』限定で活動していたが 、2015年の『 35周年ツアー 2015』のバックダンサーに起用され 、それを観に来たから「あいつらを使いたい」と指名されたことをきっかけに 、、らのバックダンサーを務めるようになる。 しかし「兄組」と「弟組」の仲はまだ深まっておらず、2016年5月の『』には「兄組」「弟組」分かれて出演することも検討されたが、『PLAYZONE』シリーズが終わったら仕事が無くなるのではないか、グループとして何かやらなくてはという思いから9人で開催することを選び 、その結果、社長や周囲から「9人のダンスがいいよ!」と揃ったダンスが評価され、グループとしての強みを見つける。 しかしその直後に阿部が脱退の意向をメンバーに伝え 、8月の『サマステ ジャニーズキング』には9人で出演したが 、10月の舞台『ABC座2016 株式会社 応援屋!! 〜』に阿部は出演せず 、以降は8人で活動する。 2017年1月まで開催された『』では8人で活動したが、その公演中に仲田から「夢を追いたい」と脱退の意向が兄組の4人に打ち明けられ、3月の『ジャニーズJr. 祭り』には7人で出演した。 そして5月の『』 および8月に開催された『サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE』には7人で出演したが 、9月に上演された『』で森田はTravis Japanとしては出演せず、6人で出演。 10月のフジテレビ系バラエティ番組『』開始を伝えるニュース 、そして同月に制作発表が行われた舞台『』公式HPには梶山の名前が無く、5人で出演した。 その後『お台場 踊り場 土日の遊び場』の11月18日14時公演にて、が加入。 以降7人体制で活動することとなり、『ジャニーズJr. dex』の12月放送分には7人で出演。 2018年3月より、Johnny's Webにてグループ単独ブログ「とらまる 〜僕ら虎の子、ひのまるしょって〜」の定期掲載をスタート。 「About」ページにて改めてメンバーカラーが決定したことが報告された。 2020年5月13日号(5月7日発売)の『』()でグループ初表紙を飾り、発売翌日の8日に緊急重版が決定。 デビュー前のジャニーズJr. の重版としては、、に続く3組目。 オリジナル曲 [ ] 公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「Travis Japan」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。 夢のHollywood - JASRAC作品コード:1L0-3418-9• DANCE WITH ME LESSON 1 - JASRAC作品コード:1L4-1272-8• HAPPY GROOVY - JASRAC作品コード:1L7-0920-8• LOCK LOCK - JASRAC作品コード:1L9-7780-6• VOLCANO - JASRAC作品コード:1M9-3827-8• TALK IT MAKE IT - JASRAC作品コード:1N1-9560-1• Namidaの結晶 - JASRAC作品コード:249-4116-6。 MVも制作されている。 UNIQUE TIGERS - JASRAC作品コード:249-4117-4• 〜ぷれぜんと〜OVERTURE - JASRAC作品コード:251-0132-3• Together Now - JASRAC作品コード:1N8-3838-2• FREE YOUR MIND - JASRAC作品コード:1N8-4094-8• BLUE MASQUERADE - JASRAC作品コード: 1N8-6975-0• GET ALIVE - JASRAC作品コード: 1O4-8163-1 出演 [ ] 特記無き場合は、当時のメンバー全員出演 舞台 [ ]• (2012年7月9日 - 8月10日、青山劇場)• (2012年9月4日 - 9月26日、日生劇場) - 森田・川島・七五三掛・宮近・阿部• (2013年4月7日 - 5月12日、日生劇場) - 川島・七五三掛• (2013年5月20日 - 21日、) - Travis jr. として弟組• (2013年7月3日 - 8月10日、青山劇場) - 宮近除く• ANOTHER(2013年9月4日 - 28日、日生劇場) - 宮近除く。 森田は交互出演。 (2014年1月7日 - 28日、日生劇場) - 宮近除く• (2014年7月6日 - 8月9日、青山劇場) - 阿部除く• (2015年1月6日 - 22日、青山劇場) - 阿部リハ中の怪我のため出演なし• (2015年5月5日・6日・15日・16日〔弟組〕、22日〔兄組〕、シアタークリエ)• (2016年5月2日 - 5日、シアタークリエ)• (2016年10月5日 - 27日、日生劇場) - 川島、公演中の怪我のため一部休演• (2016年12月3日 - 2017年1月24日、帝国劇場)• (2017年5月6日 - 10日、シアタークリエ)• (2017年9月6日 - 30日、帝国劇場)• (2017年10月7日 - 28日、)• (2018年1月1日 - 27日、帝国劇場)• (2018年10月5日 - 24日、新国立劇場中劇場) - 宮近・七五三掛・中村• ABC座 ジャニーズ伝説2018(2018年10月7日 - 29日、) - 川島・吉澤・松倉・松田• (2018年12月6日 - 2019年1月27日、帝国劇場)• サマステ ジャニーズキング[・・Travis Japan](2016年8月17日 - 25日、)• ジャニーズJr. サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE(2017年8月15日 - 17日〔単独公演〕、8月18日 - 8月20日〔と合同公演〕、EXシアター六本木)• お台場 踊り場 土日の遊び場(2017年11月18日・19日、東京・お台場湾岸スタジオ 特別会場)• ジャニーズJr. Summer Paradise 2018(2018年8月18日 - 24日、)• ジャニーズ IsLAND Festival(2019年5月25日・26日、さいたまスーパーアリーナ)• Summer Paradise 2019(2019年8月10日 - 22日、TOKYO DOME CITY HALL)• Japan Tour 2019(2019年10月14日・15日、横浜アリーナ) - スペシャルゲストとして出演 音楽番組 [ ]• (2012年 - 現在、) - 初期は「弟組」の5人のみ出演 バラエティ [ ]• (2017年10月21日 - 2018年3月4日 、) ネット配信 [ ]• (2018年3月21日 - 、)• (2019年3月1日 - ) ラジオ [ ]• (2019年4月 - 、) - 22時台MC(・と週替わりで担当) MV [ ]• 「」(2015年) CM・広告 [ ]• 「オランジーナ100」(2019年6月 - ) - WEB広告のみ• (2020年3月 - ) イベント [ ]• (2017年4月16日、) 単独コンサート [ ] 年 タイトル 公演規模 備考 2019年 Travis Japan Concert 2019 〜ぷれぜんと〜 1都市2公演• 「ジャニーズJr. SPECIALカード」『』2018年10月号、、2018年8月25日、 81 - 88頁。 WiNK UPオフィシャルサイト. 2012年5月7日. 2019年5月1日閲覧。 2018年10月4日. 2018年10月7日閲覧。 とれたてフジテレビ. フジテレビ 2019年11月15日. 2020年2月29日閲覧。 Vol. 2」『STAGE navi』第13巻、、2017年3月27日、 107-115頁。 EX THEATER ROPPONGI 公式サイト. 2016年7月. 2018年3月1日閲覧。 2017年5月. 2017年4月29日時点のよりアーカイブ。 2017年6月22日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2015年5月7日. 2019年5月1日閲覧。 2015年8月14日. 2016年3月14日閲覧。 ステージナタリー 2016年3月5日. 2016年3月14日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2016年. 2016年8月23日時点のよりアーカイブ。 2019年5月1日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2016年. 2016年8月23日時点のよりアーカイブ。 2019年5月1日閲覧。 ABC座2016 株式会社 応援屋!! 2016年. 2016年11月26日時点のよりアーカイブ。 2017年4月1日閲覧。 2016年. 2016年12月11日時点のよりアーカイブ。 2017年6月22日閲覧。 2017年5月7日. 2017年8月22日閲覧。 テレビ朝日 2017年6月. 2017年6月10日閲覧。 2017年. 2017年8月22日時点のよりアーカイブ。 2017年12月2日閲覧。 2017年10月6日. 2017年10月28日閲覧。 ジャニーズ Happy New Year アイランド. 2017年10月. 2017年10月27日時点のよりアーカイブ。 2017年10月28日閲覧。 「今週のイチメンFOCUS『Travis Japan』」『』平成29年12月8日号、東京ニュース通信社、2017年11月29日、 111頁。 「今週のイチメンFOCUS『ジャニーズJr. dex』」『』平成29年12月8日号、東京ニュース通信社、2017年11月29日、 110頁。 ジャニーズJr. dex 公式サイト. 2017年11月17日時点のよりアーカイブ。 2017年11月30日閲覧。 マイナビニュース. マイナビ 2020年5月8日. 2020年5月9日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA 2019年12月1日. 2020年2月16日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2019年8月23日. 2019年8月23日閲覧。 Johnny's net. 2012年. 2012年8月6日時点のよりアーカイブ。 2019年5月1日閲覧。 2012年9月. 2016年6月24日時点のよりアーカイブ。 2017年12月2日閲覧。 Johnny's net. 2013年. 2013年5月2日時点のよりアーカイブ。 2017年8月22日閲覧。 2013年4月30日時点のよりアーカイブ。 2016年5月3日閲覧。 2013年4月13日. 2016年5月3日閲覧。 ANOTHER. 2013年. 2016年4月24日時点のよりアーカイブ。 2017年12月2日閲覧。 エンタメOVO. 2014年1月6日. 2016年4月16日閲覧。 2013年10月26日時点のよりアーカイブ。 2016年5月3日閲覧。 Johnny's net. 2014年. 2017年8月22日時点のよりアーカイブ。 2017年8月22日閲覧。 中本裕己 2014年7月19日. 2016年5月3日閲覧。 2015年1月6日. 2017年10月28日閲覧。 2015年7月21日時点のよりアーカイブ。 2016年5月3日閲覧。 Seo Mizuho「Johnnys' Jr. 徹底解剖 File. 4 Travis Japan 川島如恵留」『Dance SQUARE』第18巻、日之出出版、2017年3月27日、 74-82頁。 ORICON NEWS. 2017年6月20日. 2017年6月22日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞. 2017年10月6日. の2018年9月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月5日閲覧。 2018年7月7日. 2018年9月24日閲覧。 2018年10月7日. 2018年11月25日閲覧。 2018年11月. の2019年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年11月25日閲覧。 Johnny's net. 2018年. 2018年11月24日時点のよりアーカイブ。 2018年11月25日閲覧。 ネットネイティブ 2019年8月7日. 2019年10月16日閲覧。 2017年3月27日. の2017年9月1日時点におけるアーカイブ。 2017年4月1日閲覧。 フジテレビ EVENT GUIDE. 2017年9月. 2017年9月29日閲覧。 2018年1月19日. 2018年6月10日閲覧。 Johnny's net. 2018年. 2018年6月21日時点のよりアーカイブ。 2018年7月1日閲覧。 Johnny's net. 2019年3月. 2019年5月21日時点のよりアーカイブ。 2019年5月1日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年5月27日. 2019年5月27日閲覧。 Johnny's net. 2019年3月. 2019年8月16日時点のよりアーカイブ。 2019年5月27日閲覧。 www. hipjpn. 2019年5月27日閲覧。 2019年10月15日. 2019年10月16日閲覧。 2017年10月. 2017年10月28日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年3月5日. 2018年3月5日閲覧。 2019年2月24日. 2019年2月24日閲覧。 『らじらー! 』公式Twitter、 2019年4月22日閲覧。 中山優馬「笑顔でいれば、大丈夫」『TVfan CROSS』第14巻、、2015年5月5日、 43頁。 ORICON NEWS. 2019年6月6日. 2019年7月15日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2020年3月23日. 2020年3月24日閲覧。 Johnny's net. 2017年. 2017年3月15日時点のよりアーカイブ。 2017年10月28日閲覧。 2019年4月2日. 2019年5月1日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2019年. 2019年3月21日時点のよりアーカイブ。 2019年2月5日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2020年3月27日. 2019年3月19日時点のよりアーカイブ。 2020年3月28日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2020年2月12日. 2020年2月16日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2020年3月27日. 2020年3月28日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2020年4月14日. 2020年4月14日閲覧。 『』公式アカウント、 2019年10月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - ジャニーズ事務所によるジャニーズJr. 公式ページ• -ジャニーズ事務所によるISLAND TV公式ページ.

次の