ほぼ 類語。 理不尽の意味とは?類語/対義語、不条理との違い、使い方と英語表現

ほぼほぼとはどんな意味?いつから使ってるの?類語はどんな言葉?

ほぼ 類語

「理不尽」とは、どのような意味を持つ言葉なのでしょうか? 理不尽という言葉はたまに使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 理不尽の本来の意味や定義を解説するとともに、例文や使い方についてわかりやすく解説していきます。 また、類語・言い換え語との違い、対義語の意味についても触れていきます。 特に、「不条理」とは意味の違いを含め混同されることが多いため、ここで明確に区別できるようにしましょう。 「理不尽の意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 理不尽の意味とは?|わかりやすく解説 理不尽(りふじん)は「理にかなわない仕方で行うこと。 その態度・様子」を意味します。 「理にかなわない」とは、道徳的に当たり前ではないことや、論理的に考えたら間違っていること、常識的に考えればわかりそうなのにその通りにしないことなどを指します。 辞書の定義は下記の通りです。 道理に合わないこと。 また、そのさま。 「理不尽な要求」「理不尽な扱い」 [派生]りふじんさ[名] 引用: たとえば、職場の上司から、明らかに2日では終わらない量の仕事を任されたときは「理不尽な業務配分」そしてそんな配分をしてくる上司を「理不尽な上司」と表現します。 また、「親から厳しく言われ、苦労を重ねてやっと志望校に入学したのに一度も褒められない」なども理不尽かもしれません。 そのほか、「お願いされたから頑張って助けたのに、それをアダで返された」なども理不尽になります。 ケース別の「理不尽」の言い回し 「理不尽」は、ケース別に様々な「道理に合わないこと」を表現するときに使うことができ、その言い回し方はいくつかのケースに区別することができます。 ここでは、理不尽の簡単な言い回しをケース別に学んでいきましょう。 1 ネガティブな状況下で用いるケース 一般的に、ネガティブな状況に対しては「理不尽」を用います。 理不尽である物事なら何にでも使うことができ、人・物・会話内容・行動、組織・団体など対象は何にでも対応します。 2 人を指すケース もっとも「理不尽」が使われるのは、「人」に対する言い回しです。 たとえば、「理不尽な人」と表現する場合、常識的に考えたらその人の話す内容や行動、他人へ求める内容などが明らかにずれているときや、明らかに一方的な迷惑をこちらが被っているときなどに使います。 また、具体的に「理不尽な上司」「理不尽な同僚」「理不尽な知り合い」などと、具体的に人を指していう場合もあります。 3 物事を指すケース 物事自体が非論理的であったり、常識からかけ離れていたりする場合にも「理不尽」を使うことがあります。 この場合、「理不尽な要求」「理不尽な契約内容」「理不尽な状況」「理不尽な苦情」「理不尽な中傷」などと言い回しがなされます。 4 大きな不満があるケース 理不尽な物事の中でも、特にそのレベルがひどい場合には「理不尽極まりない」「理不尽なことこの上ない」「理不尽すぎる」などと、「度を越した理不尽」を言い表す言い回しもあります。 これは、理不尽なのは当然として、さらに理不尽すぎる自体、つまり、相手や物事に対して大きな不満や不平を抱えているときに使う言葉です。 理不尽の使い方と例文 理不尽の使い方と例文|「理不尽な扱い」の意味 「理にかなわない不当な扱いを受ける」ことを、「理不尽な扱いを受ける」などと表現することがあります。 会社の上司から理不尽な扱いを受けた。 理不尽な扱いには慣れている。 理不尽な扱いをし続けていると、いつか自分が痛い目に合う。 理不尽の使い方と例文|「理不尽極まりない」の意味 極まりないとは「極まり」に形容詞化する「ない」がついたもので、際限がない、言わば「無限」で、「限りない」「果てしない」と同じ意味です。 つまり理不尽極まりないとは「果てしないほどすごく理にかなわない不当な扱いを受けた」ということを意味しています。 昨今の国の若者に対する政策は理不尽極まりないものとして映る。 理不尽極まりない状況下で、よくぞここまで成果を残せたものだ。 あの上司の業務配分は、完全にえこひいきだ。 業務を遂行するにあたり理不尽極まりない。 理不尽の類語・言い換え語 ここでは、「理不尽」に意味や使い方が似ている言葉や類語、言い換え語として用いることのできる言葉についてご紹介・解説を加えています。 理不尽の類語|「不条理(ふじょうり)」の意味と違い 「不条理(ふじょうり)」とは、「事柄の筋道が立たないこと」を意味する言葉で、「理不尽」とほぼ同じ意味を持つ言葉になります。 両者には、意味そのものではなく「使い方」「使うときのシチュエーション」に違いがある点に注意が必要です。 「理不尽」は、他人の発言や行動、自分へとふりかかる迷惑に対して、道理にあっておらず納得できない気持ちを言い表すときの言葉です。 対して、「不条理」は、道理に合わない、物事が正しい筋道ではない状況そのものに対して使います。 そのため、「理不尽な上司」を不条理で言い換えると、「部下を不条理な境遇に追いやる上司」「不条理な条件で働かせる上司」「不条理な要求をつきつける上司」などになります。 ただし、あくまでも違いを明確にする表現で言い換える場合に限り、たとえば「不条理な上司」などという表現も一般的には用いられています。 理不尽の類語|「無茶苦茶(むちゃくちゃ)」の意味 「無茶苦茶」とは、「無茶」を強めた言葉で、「物事の順序が、筋道立っていないさま」を表す言葉です。 そのため、理不尽とは同じ意味を持つ言葉として理解することができます。 ただし、無茶苦茶の場合にはそれ以外にも「物や人を乱暴に扱うこと」という行動や、「平均よりもかなり下回っている/上回っている」という程度を表す言葉として用いるため、ニュアンス・使うべきシーンに注意します。 また、丁寧な言葉で表現する場合には「無茶苦茶」は適当ではありません。 理不尽の類語|「不理屈(ふりくつ)」の意味 不理屈とは、一般的にはあまり使われていない「造語」となります。 意味としては、不条理や理不尽とまったく同一の言葉となります。 理不尽の対義語・反対語 ここでは、理不尽とは反対の意味を持つ言葉や対義語について、ご紹介と解説をおこないます。 理不尽の対義語|「妥当(だとう)」 「妥当(だとう)」とは、「実情によくあてはまっていること」「適切であること」を意味する言葉です。 「実情によく当てはまっている」とは、言い換えれば現実的によく考えられていること、現実としっかり合っていることと同義です。 つまり、理不尽の「道理にあっていないこと」とは正反対の意味になります。 理不尽の対義語|「正当(せいとう)」 「正当(せいとう)」とは、「正しくて道理にかなっていること」という意味を持つ言葉です。 理不尽とは「道理にあっていないこと」を意味する言葉であり、意味内容に照らして対義語となります。 理不尽の英語表現 「unfair」 「unfair」は、「不公平」「不当」「不平等」などを意味する言葉です。 」という場合、「不公平である」「卑怯だ」「ずるい」というニュアンスがあります。 「unreasonable」 「無理」「理性的でない」「道理をわきまえない」というニュアンスを持つ英単語が「unreasonable」になります。 理不尽な言動に関して使われる言葉で、日本語の「理不尽」とは同一の意味を持ちます。 「do not make sense」 「make sense」は「道理にかなう」という意味を持つ表現・イディオムになります。 つまり、この表現に対する否定をすることで、「道理にかなっていない=理不尽」を表現することができます。 英語の例文・イディオム• life is so unfair. :人生は理不尽だ。 unreasonable demands:無理な要求• Her request does not make sense. :彼女の要求は理不尽だ。 理不尽の中国語表現 理不尽の中国語表現は「无理」です。 横暴で理不尽であることを意味する成語として「蛮横无理」などがあります。 中国語の例文• 不近情理:理不尽である。 无理要:理不尽な要求 理不尽の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、理不尽の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

類語国語辞典のおすすめ人気ランキング10選

ほぼ 類語

「おおよそ」の意味とは? 「おおよそ」の意味は「だいたいの量」 「おおよそ」は、話の中で物事の量や大きさなどを表現する時に用いる言葉で、「はっきりとはしないが確かであろう」「だいたいこのくらいである」という意味です。 「約」という意味もあり、時間や距離などの数値を述べるときに、その数値がはっきりとはしないが、だいたいこのくらいですと伝える場合にも使用します。 また、話の最初に使用する「そもそも」といった意味や、「全然」や「まったく」といった意味もありますが、一般的に使用されるのは先に紹介した「だいたいこのくらいの量である」という意味が多いでしょう。 「おおよそ」は漢字で「大凡」と書く 「おおよそ」を漢字で書く場合は「大凡」と書きます。 凡は「ボン」や「ハン」と読み、「すべて」や「ふつうの」という意味の他に、「およそ」という意味も持っています。 また、「大」も「おおきい」や「おおい」といった意味の他に、「だいたい」や「およそ」といった意味を持つ漢字です。 そのため、「大凡」は、同じような意味の漢字を組み合わせた熟語のひとつと言えます。 「おおよそ」と「およそ」は同じ意味 「おおよそ」と似た言葉に「およそ」がありますが、その違いをご存知でしょうか? 「およそ」は「おおよそ」から音変化したもののため、実はどちらも同じ意味を持つ言葉です。 音変化とは、発音がしにくい音がある言葉を発音しやすくするための変化のこと。 「おおよそ」の重なる「お」を次第に発音しなくなり「およそ」という言葉に変化したとされています。 そのため、「おおよそ」は文語的表現として、主に文章にしたときやビジネスシーンなどの丁寧な言い回しとして使用されるのに対し、「およそ」は口語的表現のため、日常会話で使用されています。 「おおよそ」の使い方と例文 「おおよそ」は敬語ではないが丁寧な表現 「おおよそ」は敬語ではありませんが、ビジネスシーンや文章にする場合の丁寧な言い回しとして使用できます。 日常会話で使用すると堅苦しい雰囲気になってしまいますので、日常会話では「およそ」や「大体」を用いる方が良いでしょう。 「おおよその目安」「おおよその金額」と使う 「おおよその目安」「おおよその金額」など、その数値や大きさがはっきりとしないがだいたいそのくらいであるという場合に「おおよそ」を用います。 「お知らせしたスケジュールは、おおよその目安です」や「おおよその金額を算出いたしました」などビジネスのシーンでも使えます。 また、「約」という意味で用いる場合は、具体的な数字の前に付け、「駅から会社までは、おおよそ2km離れています」という使い方になります。 ビジネスで使える「おおよそで構いません」 「おおよそで構いません」とは、「だいたいで構いません」という意味で使える言い回しです。 たとえばビジネスメールなどで、はっきりとはしないがだいたいの時間や金額などを確認したいとき、「おおよそで構いません」を使うとスムーズです。 「おおよそで構いませんので、到着時間を教えてください」や「おおよそで構いませんので、修理にかかる金額を先に連絡ください」などと用います。 「おおよそ」を使った例文• おおよその時間を教えていただけますか?• 正式には後日連絡いたしますが、おおよそのスケジュールはこちらです。 先ほど会社を出発しましたので、おおよそ1時間後には到着します。 「おおよそ」の類語 「おおよそ」の類語は「大体」や「ほぼ」 「おおよそ」の類語は「大体」や「ほぼ」です。 「大体」は「物事の大まかな量」を表現する言葉。 「大体10分かかります」「大体の日程はこちらです」と使用した場合、「おおよそ」に置き換えることも可能です。 ビジネスシーンで「大体」を使用する場合、「おおよそ」に置き換える方がより丁寧な印象になります。 「ほぼ」は「ある事柄の全体に近い量である様子」を表し、「おおよそ」と同じ意味ではありますが、ニュアンスが少々違います。 「おおよそ」は「約」という意味合いが強いのに対し、「ほぼ」は「ほとんど」や「全体に近い量」という意味合いが強くなります。 「おおよそ1時間」よりも「ほぼ1時間」の方が、より1時間に近いイメージです。 「概ね」「ざっと」も「おおよそ」の類語 「概ね(おおむね)」には「物事の大部分である状態」という意味や「約」という意味があり、「おおよそ」とほとんど同じ意味です。 「概ね」も固い表現になるため、「おおよそ」と同じくビジネスなどフォーマルな場で使用できます。 「ざっと」には、「おおざっぱな様子」という意味の他に、「大まかな」や「大体」という意味があります。 「おおよそ」と同じ意味ですが、少しフランクな言い回しになります。 「おおよそ」の英語表現は? 「おおよそ」は英語で「roughly」や「about」 「おおよそ」を英語で表現するのに当てはまるのは「roughly」や「about」です。 どちらも同じ意味として使用できますが、「about」はカジュアルな表現となるため日常的に使うなら「roughly」でしょう。 また、「approximately」も同じ意味ですがより堅く丁寧な印象です。 まとめ 「おおよそ」とは、物事の量や大きさなどを「だいたいこのくらいである」と表現する時に用いる言葉。 丁寧な言い回しとなるため、ビジネスシーンでも使用できます。 「およそ」は、「おおよそ」からの音変化によるもの。 意味は同じですが、フォーマルな場や文章には「おおよそ」、日常会話なら「およそ」を用いる方が良いでしょう。

次の

「おおよそ」の意味と使い方!「およそ」との違いや類語も解説

ほぼ 類語

「ほぼほぼ」の意味 「ほぼほぼ」は「完全とは言えないまでも、おおむねその通りであるさま」を表す言葉です。 「ほぼ」を二回重ねて強調した言葉ということですね。 広辞苑など、多くの辞書には「ほぼ」は載っていますが、「ほぼほぼ」は載っていません。 「ほぼ」は「おおよそ。 おおかた」つまり「おおむねその通りである」という意味です。 「ほぼ」にしろ、「ほぼほぼ」にしろ、はっきりと「90パーセント以上!」というような基準はないのですが、かなりそうである状態に近いさま、ほとんどそうなっているさま、大体そうであるさまを表します。 つまり「ほぼほぼ」は「ほぼ」とほぼ(笑)同じ意味、使い方であると言えます。 ただし、「ほぼ」よりもさらに完全に近いという意味で使われる場合や、「ほぼ」という意味を強めるために使われる場合など、使う人や場面によって少しニュアンスは違ってきます。 「ほぼほぼ」の使い方 「ほぼほぼ」は「ほぼ」と同じように使います。 ビジネスシーンでも、テレビでも、日常生活でも、何かと聞くことがあると思います。 【例文】• 卒論はほぼほぼ書けています。 新製品はほぼほぼ完成しました。 海外事情に詳しい人の話なので、ほぼほぼ間違いないでしょう。 また、文化庁による平成29年度「国語に関する世論調査」では「使うことがある」とした人は27. 逆に70歳以上になると「聞いたことがない」と答えた人が59. このことから、「ほぼほぼ」はいかにも若者が使う、新しい言葉という感じがしますよね。 ですが、 「ほぼほぼ」の記録に残っている最も古い使用例は1949年の国会会議録だそうです。 また、1990年代頃から使用例が増えてきて、2010年頃にはしばしば使われ、インターネットなどでも見かけるようになっていたそうです。 そうなると、10年20年前にも「ほぼほぼ」を使っている人はいた、もっと昔にも使われることがあったということになりますね。 新語っぽいわりには意外と前から使われていたんですね。 「ほぼほぼ」はビジネスで使ってもOK? 「ほぼほぼ」はそこそこの割合の人が使ったり、自分では使わなくても聞いて意味がわかったりする言葉だということでした。 ですが、 結論から言うと「ほぼほぼ」はビジネスでは使わないほうがよい言葉です。 「ほぼほぼ」ではなく「ほぼ」など、後で述べるような類語、言い換え表現を用いるようにしましょう。 「ほぼほぼ」は間違った表現ではありません。 日本語には「まあまあ」「またまた」「のちのち」など、一語でも意味は通じるけれど強調のために二回繰り返す言葉というのは色々あるものです。 「ほぼ」を「ほぼほぼ」と言うこと自体は問題なく、実際にテレビで大臣や評論家など真面目なコメントをする人が使うこともあります。 ですが、あくまでもまだ一般に浸透して日が浅い(「新語」大賞になるような)言葉であること、若者中心に使われている言葉であることなどを考慮する必要があるでしょう。 ビジネスの場では目上の人や、年配の人と話すことも多くあると思います。 そのような時に「ほぼほぼ」と言ったのでは、相手が受ける印象はくだけた若者言葉だということになるかもしれません。 親しい仲の仕事相手や、気心の知れた先輩後輩、フレンドリーな雰囲気の職場など、あまり言葉遣いに気をつかわなくてもよいような場であれば、仕事中でも「ほぼほぼ」を使っても問題ないでしょう。 ですが、 誤りではないとはいえ、敬語や改まった言葉を使うべきビジネスの場では「ほぼほぼ」は避けたほうが無難であるということです。 「ほぼほぼ」の類義語、言い換え表現 「ほぼほぼ」の類義語や言い換え表現には次のようなものがあります。 あらかた• おおよそ• おおむね• ほとんど• 九割がた• 九分九厘• 十中八九• あと少し• あと一歩 などなど、「ほぼ」「ほぼほぼ」と同じように「大部分において」「完全に近い」というような意味で使える言葉は他にも色々あります。 「九割がた」「九分九厘」「十中八九」といった、数字を使った言葉であればおおよその範囲や程度が示されているわけですが、あとの言葉はどのくらいの程度なのかぼんやりぼかされていますね。

次の