一緒にやろう2020。 桑田佳祐、「一緒にやろう2020」応援ソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」スペシャルムービー公開

#一緒にやろう2020 X 桑田

一緒にやろう2020

日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの民放キー局5社とそれぞれのネットワーク局を合わせた合計114局が、24日に共同番組『民放同時生放送! 一緒にやろう2020大発表スペシャル』(後6:40〜7:00)を生放送することが決定した。 各局を代表して(日テレ)、(テレ朝)、(TBS)、竹崎由佳(テレ東)、(フジ)ら人気アナウンサーが一同に集結する。 災害復興、ゴミ問題、健康促進、安心安全な街、スポーツを通じた青少年育成。 多様な課題に対して、テレビ局が「一緒に」キッカケ作りをすることを目的としている。 プロジェクトの2020年の主なテーマとして、民放放送局は今年いくつかの取り組みを予定しており、美化・健康促進・支え合い、そして東京で行われるアスリートの祭典を最高の舞台にすることを目指す。 東京五輪開幕のちょうど半年前に放送される共同番組では、「一緒にやろう」プロジェクトの詳細や取り組みを発表。 お台場に設置されるオリンピックシンボルの除幕式も生中継する。 各局の垣根を超え、各局を代表するアナウンサーの共演も実現。 各アナからプロジェクトに向けたコメントも到着した。 また、サザンオールスターズの桑田佳祐が書き下ろした「一緒にやろう」プロジェクト応援ソングが、番組内でそのタイトルとともに初公開されることも決定。 みんなで一緒に同じ画面におさまって、同じ言葉を繋いでいけるなんて、ワクワクしかありません!(…少し嘘をつきました。 安住大先輩とご一緒する緊張もあります…) オリンピック本番へ向けて、誰も見たことがないような可能性あふれる放送を、全力でお届けします。 ・弘中綾香(テレビ朝日) 「一緒に」というフレーズがとてもしっくり来るな、とまず一番に思いました。 一生に一度、経験できるかできないかという、私たちのふるさとでのオリンピック開催。 こんなタイミングに立ち会えたことがもう、既に奇跡! そんな二度とない機会を、日本全国のテレビの前の皆さんと一緒に楽しみたい! そして、色んな課題を一緒に乗り越えたいと思っています。 ・安住紳一郎(TBS) 2020年を境に日本人の価値観が変わる気がするのです。 放送のスタイルもきっと変わるはず。 『一緒にやろう2020』がきっかけになるのかもしれません。 民放114局が連係することに私は興奮を隠せません。 今まで聞いたことがありません。 集まる5人が全員攻撃型のアナウンサーというのもナイスです。 ・竹崎由佳(テレビ東京) 東京でオリンピックが開催されると決まった2013年の夏、大学生だった私は、人生で一度しかないであろう自国開催のオリンピックに胸が高鳴り、友人に「アナウンサーになったら、東京五輪に関わって感動を伝えたい!」と興奮気味に宣言したことを覚えています。 取材を通じて、この特別な舞台に立つために、選手のみなさんが絶え間なく努力をし、決死の覚悟を持って代表選考会に挑んでいるところを目の当たりにしました。 マラソンのように長く険しい道のりをいく選手たちがゴールする瞬間まで、大声援を送りたいと思います。 2020年、一緒にやりましょう! ・宮司愛海(フジテレビ) ついに2020年がやってきました! オリンピックという夢の舞台を目指し寸暇を惜しんで努力を続けてこられた選手の皆さんにとってはもちろん、日本全体にとっても大きな意味を持つ1年。 局の垣根を越えたこの試みに参加させていただけることとなり、ワクワクして仕方がありません。 民放チャンネルが、この時間だけ一斉に全く同じ番組を流す。 いったいどうなってしまうんでしょうか……!誰も予想がつかないようなことを、一緒に、テレビの力で実現していきたいと思っています。 除幕式の様子を生中継…誰が除幕をするのかにも注目。 ・一緒にやろうプロジェクト報告「捨てたくなるゴミ箱選手権」紹介など 2019年・秋に5系列の計20番組が参加した社会貢献企画「捨てたくなるゴミ箱のアイディア選手権」や不法投棄問題への取り組みなどを紹介。 ・一緒にやろう2020メッセージ動画の発表 街も心もキレイな開催地を実現するためのメッセージを、5系列40番組が参加して、動画にした。

次の

キー局5社が共同で「一緒にやろう2020」プロジェクトをスタート #広報会議

一緒にやろう2020

「一緒にやろう」を合言葉に、まずは普段ライバルとして競い合う民放放送局5系列が一緒に番組やります。 そして楽曲を初披露! 東京オリンピックという一大イベントを前に、普段はライバルである他の民放と協力するという姿勢は気持ちよいですね。 企画もしてる内容も東京オリンピック開催前にふさわしいものだと感じます。 テーマが社会性の高い共同企画を行う「一緒にやろう」というものなだけあり、捨てたくなるゴミ箱選手権・捨てたくなるゴミ箱のアイディア選手権・不法投棄への取り組み問題を紹介してくれるのもいいかんじです。 東京オリンピックには外国人の方が大勢くるでしょうし、その際興味の対象はオリンピックだけではなく日本もはいるはず。 日本とはどういう国か?とみられるわけです。 どうせならゴミ一つない状況を見てもらい、日本人ってゴミを捨てたりしないし!街中にゴミひとつないキレイな国! 日本人のモラルは高い!先進国でも随一だ!なんて印象を持って帰ってほしいですからね。 今回のテーマはそれを実現に近づけるものだと感じますし、他にもどういった事を紹介してもらえるのか楽しみです。 そしてあの桑田佳祐さんも登場するなど、絶対に見逃せない番組です! 出演者はサザンオールスターズの桑田佳祐さん、 桝 太一日本テレビ アナウンサー、テレビ朝日からは弘中綾香アナウンサー、そしてTBSは安住紳一郎アナウンサーなどなど、絶対に今回を逃すとみられない面々が揃います。 桝さんと安住さんが並ぶと考えただけで、かなりワクワクします。 2020年といえば、そうオリンピック・パラリンピックが開催されます。 その記念すべき年に、一緒にやろうを合言葉にしてまずは普段ライバルとして競い合っている民放放送局5系列が一緒に番組をやることとなりました。 開催地となる場所に番組対抗ゴミ箱選手権や、オリンピックシンボル点灯式、そして初公開となる人気40番組参加のメッセージビデオなどなど盛りだくさんです。 桑田佳祐さんが作詞・作曲した民放共同企画の「一緒にやろう」応援ソングを初披露もあり、これは見逃せません。 絶対に見たい番組です。 京オリンピックまで半年 民放同時放送一緒にやろう2020大発表スペシャルは、全国114のテレビ局が垣根を超えて同時に同番組を放送するというところが前代未聞な試みでとてもおもしろそうだなと思いました。 いつもは視聴率をかけて戦っているテレビ局全局が一致団結するのかと思うとワクワクします。 出演アナウンサーも、桝さんや安住さんなど、大物ばかりなので、このアナウンサーたちがコラボするのかと思うとかなり貴重な番組になるなと感じました。 また、一緒にやろう応援ソングを桑田佳祐さんが歌うというところもかなり豪華だなと思いました。 歌詞を見ましたが、共に頑張ろうという気持ちが込められた素敵な歌詞だったので、これにどんなメロディーがつき、桑田佳祐さんがどんなふうに歌ってくれるんだろうかととても楽しみにしています。 さらに、史上最も綺麗なオリンピック開催地にするため、ゴミ捨て問題を扱うということも良いなと思いました。 やっぱり日本で開催されるからには日本の良さも海外に発信していきたいし、色々な問題もみんなで考えて少しでもよくしていけたら良いなと期待しています。 この番組を見て、東京オリンピックまで気持ちを高めたいなと思います。 みんなで一緒にやろう、一丸になろうというのは仲良しこよしみたいな幼稚な雰囲気もありますが、純粋な気持ちで進んでいこうとするのは案外悪くないですよね。 この番組も民法で一緒に何かをしようというテーマの番組ですが、この番組自体はあくまで発表なんですよね。 恐らくこれからオリンピックに向けて全体でテーマを決めて、各局でそのテーマの元に番組を制作していくという発表をするのだと思います。 一体何を一緒にやるのでしょう? 番組情報を見るからに恐らく捨てられたゴミが落ちていない東京を作ろう、というテーマなのかもしれませんが、それだけではちょっと地味すぎます。 それともゴミをテーマにしているのは発表の時だけで、他に重大発表があるのでしょうか。 どちらにせよ桝さんと安住さんが一緒の画面内にいるというのはなんだか特別な感じがしそうですね。 女子アナの方が正直入れ替わりが激しすぎて誰が誰だか分かっていないのですが、桝さんと安住さんの安心感は絶大です。 その二人が共演している場面を見るだけでも見る価値はあるかなと感じます。 まとめ オリンピックは平和の祭典ですから、民放局は協力していきましょうと桑田佳祐さんは影響力があるので、歌にして伝えます。 民放5局ありますが日頃はライバル関係で切磋琢磨していますが、同じような事していますので力を合わせてオリンピックを放送すれば楽しくなります。 一緒にやろう2020年オリンピック同時放送をテーマに番組をします。 各放送局が同時放送する機会はオリンピックにあります。 民放5局だけではありませんが115局位ありますので、オリンピック前のリハーサルみたいなテレビです。 全ての放送局が力を合わせれば凄いテレビになります。 各局のアナウンサーが出演していますが、同じアナウンサーでも表現の仕方やアイデアも違いますから素晴らしいSPになります。 アナウンサーはプロですからその人達の集まりです。 オリンピック前に意見交換しておきましょう。 テーマは一緒にやろうですから、活躍した選手は疲れているのに各局がインタビューしています。 言う事は同じですがオリンピック種目のプロです。 これを一緒にすれば1回で済む事になります。 民放局はインタビューや放送のプロです協力すればもっといい番組が作れます。 視聴者や応援する人達も1つにまとれば感動しますから、運のいい人は2度ですがほとんどの人が1度ある東京オリンピックを楽しくして下さい。 桑田佳祐 サザンオールスターズ はテーマ曲を披露するので番組のテーマにそって歌いますが表現もしています。 アナウンサーが揃えばいいアイデアが出ます。

次の

一緒にやろう2020のクロニクル・エイト・民放が話題

一緒にやろう2020

「一緒にやろう」を合言葉に、まずは普段ライバルとして競い合う民放放送局5系列が一緒に番組やります。 そして楽曲を初披露! 東京オリンピックという一大イベントを前に、普段はライバルである他の民放と協力するという姿勢は気持ちよいですね。 企画もしてる内容も東京オリンピック開催前にふさわしいものだと感じます。 テーマが社会性の高い共同企画を行う「一緒にやろう」というものなだけあり、捨てたくなるゴミ箱選手権・捨てたくなるゴミ箱のアイディア選手権・不法投棄への取り組み問題を紹介してくれるのもいいかんじです。 東京オリンピックには外国人の方が大勢くるでしょうし、その際興味の対象はオリンピックだけではなく日本もはいるはず。 日本とはどういう国か?とみられるわけです。 どうせならゴミ一つない状況を見てもらい、日本人ってゴミを捨てたりしないし!街中にゴミひとつないキレイな国! 日本人のモラルは高い!先進国でも随一だ!なんて印象を持って帰ってほしいですからね。 今回のテーマはそれを実現に近づけるものだと感じますし、他にもどういった事を紹介してもらえるのか楽しみです。 そしてあの桑田佳祐さんも登場するなど、絶対に見逃せない番組です! 出演者はサザンオールスターズの桑田佳祐さん、 桝 太一日本テレビ アナウンサー、テレビ朝日からは弘中綾香アナウンサー、そしてTBSは安住紳一郎アナウンサーなどなど、絶対に今回を逃すとみられない面々が揃います。 桝さんと安住さんが並ぶと考えただけで、かなりワクワクします。 2020年といえば、そうオリンピック・パラリンピックが開催されます。 その記念すべき年に、一緒にやろうを合言葉にしてまずは普段ライバルとして競い合っている民放放送局5系列が一緒に番組をやることとなりました。 開催地となる場所に番組対抗ゴミ箱選手権や、オリンピックシンボル点灯式、そして初公開となる人気40番組参加のメッセージビデオなどなど盛りだくさんです。 桑田佳祐さんが作詞・作曲した民放共同企画の「一緒にやろう」応援ソングを初披露もあり、これは見逃せません。 絶対に見たい番組です。 京オリンピックまで半年 民放同時放送一緒にやろう2020大発表スペシャルは、全国114のテレビ局が垣根を超えて同時に同番組を放送するというところが前代未聞な試みでとてもおもしろそうだなと思いました。 いつもは視聴率をかけて戦っているテレビ局全局が一致団結するのかと思うとワクワクします。 出演アナウンサーも、桝さんや安住さんなど、大物ばかりなので、このアナウンサーたちがコラボするのかと思うとかなり貴重な番組になるなと感じました。 また、一緒にやろう応援ソングを桑田佳祐さんが歌うというところもかなり豪華だなと思いました。 歌詞を見ましたが、共に頑張ろうという気持ちが込められた素敵な歌詞だったので、これにどんなメロディーがつき、桑田佳祐さんがどんなふうに歌ってくれるんだろうかととても楽しみにしています。 さらに、史上最も綺麗なオリンピック開催地にするため、ゴミ捨て問題を扱うということも良いなと思いました。 やっぱり日本で開催されるからには日本の良さも海外に発信していきたいし、色々な問題もみんなで考えて少しでもよくしていけたら良いなと期待しています。 この番組を見て、東京オリンピックまで気持ちを高めたいなと思います。 みんなで一緒にやろう、一丸になろうというのは仲良しこよしみたいな幼稚な雰囲気もありますが、純粋な気持ちで進んでいこうとするのは案外悪くないですよね。 この番組も民法で一緒に何かをしようというテーマの番組ですが、この番組自体はあくまで発表なんですよね。 恐らくこれからオリンピックに向けて全体でテーマを決めて、各局でそのテーマの元に番組を制作していくという発表をするのだと思います。 一体何を一緒にやるのでしょう? 番組情報を見るからに恐らく捨てられたゴミが落ちていない東京を作ろう、というテーマなのかもしれませんが、それだけではちょっと地味すぎます。 それともゴミをテーマにしているのは発表の時だけで、他に重大発表があるのでしょうか。 どちらにせよ桝さんと安住さんが一緒の画面内にいるというのはなんだか特別な感じがしそうですね。 女子アナの方が正直入れ替わりが激しすぎて誰が誰だか分かっていないのですが、桝さんと安住さんの安心感は絶大です。 その二人が共演している場面を見るだけでも見る価値はあるかなと感じます。 まとめ オリンピックは平和の祭典ですから、民放局は協力していきましょうと桑田佳祐さんは影響力があるので、歌にして伝えます。 民放5局ありますが日頃はライバル関係で切磋琢磨していますが、同じような事していますので力を合わせてオリンピックを放送すれば楽しくなります。 一緒にやろう2020年オリンピック同時放送をテーマに番組をします。 各放送局が同時放送する機会はオリンピックにあります。 民放5局だけではありませんが115局位ありますので、オリンピック前のリハーサルみたいなテレビです。 全ての放送局が力を合わせれば凄いテレビになります。 各局のアナウンサーが出演していますが、同じアナウンサーでも表現の仕方やアイデアも違いますから素晴らしいSPになります。 アナウンサーはプロですからその人達の集まりです。 オリンピック前に意見交換しておきましょう。 テーマは一緒にやろうですから、活躍した選手は疲れているのに各局がインタビューしています。 言う事は同じですがオリンピック種目のプロです。 これを一緒にすれば1回で済む事になります。 民放局はインタビューや放送のプロです協力すればもっといい番組が作れます。 視聴者や応援する人達も1つにまとれば感動しますから、運のいい人は2度ですがほとんどの人が1度ある東京オリンピックを楽しくして下さい。 桑田佳祐 サザンオールスターズ はテーマ曲を披露するので番組のテーマにそって歌いますが表現もしています。 アナウンサーが揃えばいいアイデアが出ます。

次の