マーサ ナカムラ。 【単行本】 マーサ・ナカムラ / 雨をよぶ灯台 新装版の通販はau PAY マーケット

雨をよぶ灯台の通販/マーサ・ナカムラ

マーサ ナカムラ

/我々の走馬灯の中で、並んで「そこにいる」「待つ」彼等を、頼もしく思うことさえある。 大きな書店の詩歌の書棚の前に立って、著名な詩人の詩集たちの隙間に押し込まれている、薄っぺらい冊子のような詩集を買うのだ。 代金を文字数で割ったらいったい幾らになるのだろうなどと独りごちながら、確たる基準も無しに詩集を選ぶ。 マーサ・ナカムラの詩集は、オンラインで購入した。 そこに大した意味はない。 「未明 02」に載っていた詩が気になって取り寄せたのだ。 投げ出された言葉の響きが気になって。 詩の言葉にア・プリオリな意味はない。 ア・ポステオリに湧き上がり共鳴し合う心象を追いかけるだけ。 縦書きの言葉を追いかける度に、そう畏まって自戒しながらも、諦め悪く詩人の頭の中にあるだろう意図に思いを馳せてしまう。 例えば、小池昌代の、蜂飼耳の、言葉には、持ち重りするような心象と共に、詩人の心の動きが見える。 心の中まで見通しているのではない。 ただ、その揺れている心持ちを感じ取り、密かな満足感を覚えるのだ。 だが、マーサ・ナカムラの言葉から立ち上る意味は、霧を押し開くような手応えで実態を掴み取らせない。 マーサ・ナカムラの詩は、まるで多重露出のカラー写真を観ているかのよう。 或いは荒木経惟の撮る(描く)一葉のような。 乱暴な構図で、投げ込まれる色、そして抽象。 当然のことながら、言葉の裏側に秘されたように見えるものには仄暗く淫靡な表象が張り付くこととなる。 意図的な多重露出は計算外のニュアンスを産みはするが、案外と凡庸な価値観が透けて見えぬこともない。 その危うさを、極端な擬人化と遠野物語風の語り口で、前のめりになりながらマーサ・ナカムラは転がしてゆく。 言葉の表象を敢えて裏切りながら、ナラティブに詩の言葉を紡ぐこの詩人の行く先は何処なのか。 そればかりが気に掛かる。 でもいったん入り込むと、これはとても不思議。 すごく…おもしろい。 狸やお婆さんが出てきて、まるで昔話のような語り出す。 そして突然サラリと異界へと連れられてしまう…すごく自由に、その詩の中の世界をみせられる感覚が、すごいな、こんなの読んだことない!って思わされる。 反戦的なメッセージが冒頭とラストにあるんだけど、あまりに奇妙だから、重くないし、どんな反戦歌とも違う。 それでいて、異次元の狸たちがホロリと呟く一言がぐわんと考えさせられる一言だったりして… ずっとこのスタイルなのか、この先どんな詩集を作るのか、それとも物語を書いてしまったりして?…と、目が離せない作家さんだ!.

次の

雨をよぶ灯台の通販/マーサ・ナカムラ

マーサ ナカムラ

大変心苦しいのですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を考え、この度のトークイベントの開催を中止いたします。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。 既に決済済みの料金を取り消すこととさせていただきますので、お客様が処理をする必要はございません。 返金対応はすでに終了しております。 お手数をおかけいたしますが、ご確認をお願いいたします。 2020年4月、書肆侃侃房から創刊される文学ムック「ことばと」の創刊記念イベントです。 ことばとは、ことばと(言葉と)何か/誰かの新たなる関係性、そこに今なお眠っているはずの沢山の可能性を、おおらかで自由な、そして大胆不敵なアプローチで探り当てていきたいと考えています。 記念すべき創刊イベントには、ともに創刊号に小説を寄稿してくださっている、詩人のマーサ・ナカムラさんと、いぬのせなか座の山本浩貴さんをお迎えして、ことばと編集長の僕、佐々木敦と三人で、あれこれお喋りしたいと思います。 よろしくお願いします。 (ことばと編集長 佐々木敦).

次の

第23回中原中也賞がマーサ・ナカムラさんの『狸の匣』に決定しました

マーサ ナカムラ

大変心苦しいのですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を考え、この度のトークイベントの開催を中止いたします。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。 既に決済済みの料金を取り消すこととさせていただきますので、お客様が処理をする必要はございません。 返金対応はすでに終了しております。 お手数をおかけいたしますが、ご確認をお願いいたします。 2020年4月、書肆侃侃房から創刊される文学ムック「ことばと」の創刊記念イベントです。 ことばとは、ことばと(言葉と)何か/誰かの新たなる関係性、そこに今なお眠っているはずの沢山の可能性を、おおらかで自由な、そして大胆不敵なアプローチで探り当てていきたいと考えています。 記念すべき創刊イベントには、ともに創刊号に小説を寄稿してくださっている、詩人のマーサ・ナカムラさんと、いぬのせなか座の山本浩貴さんをお迎えして、ことばと編集長の僕、佐々木敦と三人で、あれこれお喋りしたいと思います。 よろしくお願いします。 (ことばと編集長 佐々木敦).

次の