次 世代 住宅 エコ ポイント。 <話題の商品追加>次世代住宅ポイントの交換商品一覧

<話題の商品追加>次世代住宅ポイントの交換商品一覧

次 世代 住宅 エコ ポイント

ポイント発行申請の受付は令和2年3月31日(火)で終了しました。 申請書類、申請方法等のお問い合わせは下記を確認ください。 これを踏まえ、「次世代住宅ポイントによる住宅需要変動平準化対策事業(準備事業)の補助事業者は「株式会社 電通」に決定しました。 報道発表資料 平成30年12月21日 次世代住宅に関するポイント制度の内容について(リンクは) 平成31年 4月 9日 次世代住宅ポイント制度の交換商品の募集について(リンクは) 平成31年 4月23日 次世代住宅ポイント制度の対象建材・設備の公開について(リンクは) 令和 元年 5月31日 次世代住宅ポイント制度のポイント発行申請の開始、交換対象商品の公開について(リンクは) 令和 元年 8月16日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和元年7月末時点)(リンクは) 令和 元年 9月17日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和元年8月末時点)(リンクは) 令和 元年10月18日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和元年9月末時点)(リンクは) 令和 元年11月12日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和元年10月末時点)(リンクは) 令和 元年12月13日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和元年11月末時点)(リンクは) 令和 2年 1月17日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和元年12月末時点)(リンクは) 令和 2年 2月18日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和 2年 1月末時点)(リンクは) 令和 2年 3月13日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和 2年 2月末時点)(リンクは) 令和 2年 4月 7日 次世代住宅ポイント制度の申請について(リンクは) 令和 2年 4月17日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和 2年 3月末時点)(リンクは) 令和 2年 5月15日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和 2年 4月末時点)(リンクは) 令和 2年 6月19日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について(令和 2年 5月末時点)(リンクは) 更新履歴 平成30年12月21日 次世代住宅に関するポイント制度について掲載しました。 平成30年12月28日 次世代住宅ポイント制度の内容について更新しました。 平成31年 1月 4日 次世代住宅ポイント制度の概要について更新しました。 平成31年 1月 9日 事務局の公募について掲載しました。 平成31年 1月15日 説明会の開催について掲載しました。 平成31年 1月16日 次世代住宅ポイント制度の内容について更新しました。 平成31年 1月31日 事務局の公募について更新しました。 平成31年 2月 1日 説明会の開催について更新しました。 平成31年 2月14日 事務局の公募について更新しました。 平成31年 2月18日 次世代住宅ポイント制度の内容について更新しました。 平成31年 2月18日 事務局の開設について掲載しました。 平成31年 2月18日 説明会の開催について更新しました。 平成31年 3月 8日 建材・設備の公募について掲載しました。 平成31年 4月 1日 次世代住宅ポイント制度の内容について更新しました。 平成31年 4月 1日 次世代住宅ポイント制度 よくある問い合わせについて掲載しました。 平成31年 4月 9日 次世代住宅ポイント制度 よくある問い合わせについて掲載しました。 平成31年 4月 9日 次世代住宅ポイント制度の交換商品の募集開始について掲載しました。 平成31年 4月23日 次世代住宅ポイント制度の対象建材・設備の公開について掲載しました。 平成31年 4月24日 次世代住宅ポイント制度の説明会資料について更新しました。 令和 元年 5月23日 次世代住宅ポイント制度 よくある問い合わせについて更新しました。 令和 元年 5月31日 次世代住宅ポイント制度の内容について更新しました。 令和 元年 5月31日 次世代住宅ポイント制度の説明会資料について更新しました。 令和 元年 5月31日 次世代住宅ポイント制度のポイント発行申請の開始、交換対象商品の公開について掲載しました。 令和 元年 6月 3日 次世代住宅ポイント制度のポイント発行申請を開始しました。 令和 元年 6月 3日 次世代住宅ポイント制度のポイント交換対象商品の検索について掲載しました。 令和 元年 8月16日 次世代住宅ポイント制度の実施状況について掲載しました。 令和 元年 9月18日 次世代住宅ポイント制度の概要について更新しました。 令和 元年12月13日 次世代住宅ポイント制度の内容について更新しました。 令和 元年12月13日 次世代住宅ポイント制度の説明会資料について更新しました。 令和 2年 2月 4日 災害等やむを得ない場合のリンク先を追加しました。 令和 2年 4月 1日 ポイント発行申請の受付終了について掲載しました。 令和 2年 4月 7日 次世代住宅ポイント制度の申請について掲載しました。 令和 2年 4月27日 次世代住宅ポイント制度の概要等の資料を掲載しました。

次の

次世代住宅ポイント・「30万ポイント」の上手な活用方法

次 世代 住宅 エコ ポイント

4㎡以上 7,000 ポイント 2. 8㎡以上 20,000 ポイント 【開戸】 1. 8㎡以上 【引戸】 3. 0㎡以上 28,000 ポイント 中 0. 8㎡以上 1. 4㎡未満 5,000 ポイント 1. 6㎡以上 2. 8㎡未満 15,000 ポイント - - 小 0. 1㎡以上 0. 8㎡未満 2,000 ポイント 0. 2㎡以上 1. 6㎡未満 13,000 ポイント 【開戸】 1. 0㎡以上 1. 8㎡未満 【引戸】 1. 0㎡以上 3.

次の

次世代住宅ポイント・「30万ポイント」の上手な活用方法

次 世代 住宅 エコ ポイント

しかし、住宅エコポイントをもらっても、ポイントのまま使うことはできません。 期限内に 対象商品と交換しないといけないのです。 交換できる商品の一覧は以下のリンクから調べることができます。 住宅エコポイントのサイト さくっと調べただけでもたくさんの商品があります。 地元食料品や家具家電、日用雑貨などもあって、迷ってしまうかもしれません。 せっかくもらった住宅エコポイント、普段買わないような高級和牛と交換!というのも良いですが、 できるなら効率的に現金化したいという方も多いのではないでしょうか。 エコポイントを現金化したい! ポイントをそのまま現金として使えれば、交換対象商品ではない物も買えますし、生活費の足しにすることもできます。 何と言っても30万ポイントももらえますから、現金化できれば30万円使い放題です! ただ、 住宅エコポイントの交換商品に「現金」はありません。 とすると、次に思いつくのは 商品券と交換することです。 商品券なら、現金ほど自由度はありませんが、大手のデパートやスーパー、量販店で使える商品券なら、使い勝手は良いですね。 ただし、住宅エコポイントで交換できる商品券の中でも、 交換率が高いものとそうでないものがあるので注意です。 たとえば、1000ポイント交換したら1000円分の商品券がもらえる、といった感じです。 ただし、商品券の種類によっては、 手数料代わりにポイントを取られる商品券があるので注意が必要です。 たとえば、イオン商品券は、交換に200ポイントの手数料がかかります。 3000円分のイオン商品券と交換するなら3200ポイント必要ということです。 もともとタダでもらったエコポイントですが、200ポイントも無駄にするのはもったいないですよね。 200ポイント=200円分あれば、タマゴやヨーグルト、炭酸飲料など買えちゃいます。 先の住宅エコポイントのサイトから商品券を選択して調べると、何ポイントで何円分の商品券と交換できるか分かります。 でも、商品券の種類が多くて探すのが面倒です。 使える店舗情報は以下のサイトから。 使える店舗情報は以下のサイトから。 コンビニ利用の多い方や、赤ちゃんがいるご家庭にオススメです。 先のふたつの商品券に比べるとハードルが高いかも。 ただし、使える店舗は幅広く、 高島屋や三越、丸井、阪急など百貨店関係も多数利用できます! 使える店舗情報は以下のサイトから。 百貨店で買い物したい方にはオススメできる商品券ですね。 お手ごろですね。 CGCグループというのを聞いたことがない方もいると思いますが、利用できる店舗として例えば、 マルフジ、成城、ナフコ、マルヤスなど、地方型のスーパーで利用できます。 全国で使えますので、おそらく自分の住んでいる近くのスーパーで主要な店舗なら使えると思います。 他の商品券に比べるとやや高いですね。 この商品券はどこで使えるのかというと、 旅行代理店やハウステンボスで使うことができます。 HISって旅行関係の会社ですから、その商品券も旅券などの購入に使えるというわけです。 旅行に行くとなると新幹線やホテル代でも何万円かかかりますから。 まとめ 以上、今回は住宅エコポイントを効率的に現金化する方法について紹介しました。 直接現金化はできませんが、商品券という形なら交換できます。

次の