手足 唇 病 発疹。 手足口病のかゆみはいつまで?対処法は?塗り薬は何を使えばいい?

[医師監修・作成]手足口病は周囲の人にうつるの?

手足 唇 病 発疹

手足口病の発疹が出る部位• 手のひら、手の背• 指の間• 足底、足の背• ひざ、ひざの裏• 手足の付け根• おしり• 口の中(喉の奥) 私の1歳半の娘も手足口病になりました。 今回は• この発疹・水泡は、乳幼児場合は 痛みもかゆみも出ない場合がほとんどです。 理由は手足口病の感染者の90%が5歳以下の子供の為、小児科医の方が手足口病の症例を良く知っているように思います。 自分でも納得出来なかったので、その後小児科に行くと「 これは手足口病ですよ!!」と言う具合に、一目見て手足口病と判断して下さいました。 手足口病の際、皮膚科じゃダメという訳ではないですよ。 ) ただしこんな症状の場合は急いで病院を受診して下さい!! 以下の症状がある場合は急いで病院を受診して下さいね。 元気がなく、明らかにぐったりしている場合• 水分をとれない場合(脱水症状になると危険!)• 高熱が3日以上続く場合 小さな子供の場合は急変する場合もあります。 また手足口病の症状(熱が出る・出ない、発疹が出る・出ない又発疹の部位や量)も子供によっても違うし1回目と2回目でも全然違うこともあります。 いつもと違ったら小児科を受診してみて下さい。 親は心配し過ぎるぐらいの方がいいように思います。 次は手足口病の治療法・対処法を見ていきましょう! スポンサーリンク 手足口病の治療法!!特効薬はない!? 手足口病には残念ながら特効薬、特にこれと言った薬は処方されません。 安静にし自然に治る(ウイルスが出ていく)のを待つしかありません。 発症してから7日~10日で治まります。 手足口病の代表的な3つの症状(1.高熱が出た時の対処法・2.咽頭痛・口内炎3.発疹・水泡)で親が出来る対処法を見ていきましょう! 1.高熱が出た時の対処法• 夏場は部屋を涼しくしましょう!• 水分をこまめに与えましょう! (水やお茶よりもポカリスエットのようなカリウム・ナトリウムを含むものが良いそうです。 冷えピタをおでこに貼って冷やしてあげましょう!• 5度以上の熱が出た時は解熱剤(カロナールや座薬)を使う場合も! 手足口病で高熱が出た場合も、風邪の時の高熱の時と対処法としては同じになります。 子供の体自身が手足口病のウイルスと戦って勝つ以外に方法はありません。 親として子供にしてあげられるのは子供の免疫力をあげるサポートのみになります。 そうそう子供に熱(38. 5度以上)がある場合は、解熱剤を使うか迷いますよね。 私が医師に聞いた解熱剤を使用する判断基準をお伝えします。 そんな時に解熱剤を安易に使用するとその戦う力を弱めることになり症状の回復までに時間がかかるそう。 また「乳幼児の場合、無理に薬で熱を下げてしまうと次、診断する時には「熱がない状態」で判断しなければならなくなり医学的診断が難しくなる」とも言われました。 ではいつ解熱剤を使うのか? 私の担当医師は…39度の高熱でも• 話しかけた時に目の焦点もきちんと合う• ぐったりした様子でもない• しっかりと眠れる この状態なら座薬は使用しなくて大丈夫!! 逆に 明らかにグッタリしている、とてもしんどそう、愚図って子供自身が寝れない状態ならば、解熱剤(座薬)を入れて熱を下げて、子供が休めるようにしてあげて下さい。 と言われました。 解熱剤はあくまで対処療法である。 手足口病が治る為には子供の体自体がウイルスに勝つ必要がある。 という事でした。 39度とか出ると本当に心配ですよね。 初めての高熱の場合は特に…。 もし夜中の子供の高熱でどうしたらよいか迷った場合は、全国一律の小児救急相談( 8000)に電話をかけて相談するのも一つだと思います。 私自身も利用させてもらったことがあります。 医療関係者に相談できるだけでも不安はだいぶ軽減されます。 2.咽頭痛・口内炎 口内炎やのどの痛みで、普段よりも食べなくなることがあります。 柔らかい食べ物(うどん、おかゆ、ゼリー、ヨーグルト等)を食べさせるようにします。 そして食べなくても水分をとれてるなら、まず問題ないとも言われました。 3.発疹・水泡 手足口病の発疹、水泡に 塗る薬はありません。 自然に消えていくのを待ちます。 また水泡は出来るだけ潰さないように気をつけて下さい。 (つぶれた水泡から細菌感染することがあります。 ) そして注意したいのがステロイド! 手足口病の感染期間は? 接触感染、飛沫感染などで直接感染のリスクが高いのは、 発症してから2週間と言われています。 また排せつ物などからは 約1ヶ月程度感染ウイルスが含まれる(経口感染のリスクがある)と言われています。 手足口病は症状がまだ出ていない潜伏期間中や症状が治まっても1ヶ月程度は感染してしまうことから…流行を阻止するのは困難(キリがない)と言うことで学校感染症の登園禁止項目にはなっていません。 「夏場であること」「数日前に他の子供と遊んだ」「保育園・幼稚園に行っている」「発疹が出た」などの場合は手足口病を疑ってみて、まず小児科を受診してみて下さいね。 診断されると、何はともあれ親としてもひとまず「安心」出来ます。

次の

手足口病の出席停止期間は何日間?症状・予防と潜伏期間や感染経路

手足 唇 病 発疹

手足口病とは? 手足口病は夏季に流行し、7月にピークを迎えるウイルス性の感染症。 原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、複数の種類があるので何度もかかる可能性も。 患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。 手足口病の特徴• 夏季に流行し、7月にピークを迎える。 何度もかかってしまうことも。 まれに大人も感染することがある。 子どもの三大夏風邪に注意! 夏になると子どもを中心に患者数が増える感染症が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。 "子どもの三大夏風邪"と呼ばれたりもしますが、例年6月から8月にかけてそれぞれの流行がピークを迎えますので、特徴や注意点を確認し、事前の感染対策に備えましょう。 エンテロウイルス、コクサッキーウイルスは「ノンエンベロープウイルス」 潜伏期間は、3〜6日。 口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、1〜3日間発熱することがあります。 水疱は、かさぶたにならずに治る場合が多く、1週間程度でなくなります。 また、1〜2ヶ月後に手足の爪がはがれることがありますが、大事にはいたらずすぐに新しい爪が生えてきます。 ですが、口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎(口の中にできた潰瘍)がひどく、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすことも。 また、原因ウイルスの「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるため、まれに脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。 潜伏期間は、3〜6日• 口の中・手のひら・足の裏や甲に水疱性の発疹、発熱、爪がはがれることも• 口内炎の痛みから、飲食を受けつけずに「脱水」になることも• また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。 しっかり手洗い・消毒し、 感染をストップさせましょう!• マスクでしっかり予防しましょう。

次の

大人も要注意? 深刻化する手足口病とは?

手足 唇 病 発疹

手足口病は主に夏場に赤ちゃんや幼児などの子供に流行する手足口病ですが、子供だけの病気ではなく大人にもうつりますのでそれぞれの症状や期間などをまとめました。 スポンサーリンク 手足口病について知ろう! 症状は 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10という病原体に感染すると、手足口病というそのまますぎる名前のように、手、足、口の中などに発疹や水疱ができます。 主に5歳以下の乳児幼児に発症します。 潜伏期間は3日から6日で、この期間でも他人にうつります。 このため、1人感染者がいると、幼稚園などの保育施設で爆発的に広がります。 通常発熱がありその後発疹や水疱が出てきます。 赤ちゃんの場合口内の発疹や水疱の影響で よだれが増えることが多いようですね。 熱は 37度から38度程度出ることが多いです。 発疹や水疱が出る部位は• 手のひら• 足の裏• ひざの裏• おしり• 口のまわり• 口の中、喉(口内炎) が多いですが、唇、手の甲やふともも、背中などにも出る場合もあります。 手だけ、足だけ、口だけ、おしりだけなど限定的な部位に症状が出ることがあります。 子供の場合は口の中以外は痛みは伴わないことがほとんどです。 子供は口の中の水疱ができると痛みが出るため、食事を嫌がるようになります。 水などを飲んだだけでも痛いので、食べたり飲んだりすることを嫌がりますが、手足口病は下痢を伴うこともあるので、脱水症状には十分注意してください。 お子さんの好きな食べ物を少量ずつでも飲ませたり食べさせたりしてあげてくださいね。 熱は通常2日から3日で下がり発疹や水疱も3日から4日でなおります。 大人の症状は 乳児幼児だけの病気だと思われがちですが、大人にもうつります。 発熱は40度以上になることも。 大人が感染すると 手足の発疹や水疱が痛くなるケースが多いようです。 その他に 頭痛、悪寒、筋肉痛や指先のかゆみが出て1,2か月後に爪がはがれてしまうこともあるんです。 大人の場合は治るまで一週間程度かかってしまうようです。 大人の方が重症化しやすいようですね。 妊婦が感染した場合は 妊娠中は免疫力が低下しているため手足口病に感染しやすくなるようです。 妊婦特有の症状や胎児への直接の影響はないとされていますが、 高熱や手足の発疹や水疱の痛みによるストレスが胎児に悪影響を及ぼす可能性もありますので、まずは感染しないように細心の注意が必要ですね。 感染経路は 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(幼児のおむつ交換のときなどにウイルスが手に付いて、その状態で食器などを触り口に入ってしまう感染)があります。 咳やくしゃみによる飛沫感染、子供の場合遊んでいると友達との接触も多いですから感染者からウイルスが感染しやすいです。 大人の場合はおむつ交換のときなどの感染が多いです。 治療方法は 現在のところ手足口病の特効薬はありませんので、それぞれの症状に対処療法をしていくことになります。 発熱、発疹や水疱があっても子供が元気な場合はお家で様子を見ましょう。 口内の発疹や水疱を痛がり、飲まず食わずだと脱水症状になる恐れがあるので、 こまめに水分を補給してあげてください。 ぐったりしていたり、頭痛などを訴えたときは小児科を受診してくださいね。 おたふくかぜや水ぼうそうとは違い、手足口病は出席停止にはならないので熱が下がって元気なら、幼稚園に登園しても良いのですが、医師や園と相談してからの方が安心です。 スポンサーリンク 予防方法は 咳やくしゃみでうつることが多いのでマスクをすることが大事ですね。 でも子供はマスクを嫌がることが多いですから、こまめに石鹸を使って手洗いさせる、うがいをさせるなどをしっかり覚えてもらいましょう。 しかし、幼稚園などの保育施設に入っている子供はほとんど一度はかかる病気だと言えますので、症状が出ても慌てずに様子を見て必要なら小児科を受診しましょう。 お子さんが手足口病になったときの予防は 体調がよければ看病していてもほとんど大人に感染することはないのですが、妊娠中で免疫力が低下していたり、自分が病み上がりだったり疲労していたりすると感染の可能性が高まってしまいます。 その予防のためには• マスクをつける• 食器などを共用しない• おむつ交換のあとなど石鹸でしっかりと手を洗う• おむつを捨てる際もビニール袋に密封してから捨てる をしっかり行うことが重要です。 お子さんの症状が治っても 便の中にはウイルスが1か月程度は排出されるので継続して注意が必要です。 まとめ 発熱がありそのあとで発疹や水疱が出てくることが多いですが、お子さんが元気なら心配し過ぎずに様子を見ましょう。 数日後には治ります。 元気がなかったり、水も飲まないときは小児科を受診しましょう。 日ごろからの手洗いやうがいが感染の予防になりますので、しっかりと行いましょうね。 スポンサーリンク.

次の