あぶり出す 類語。 選民意識が強い人の特徴6つ|特別意識/選民思想/エリート意識

疚しいの意味は?疚しいの使い方・例文・類語と後ろめたい・疾しいとの違いを解説

あぶり出す 類語

スポンサーリンク 「ご指摘」の意味や使い方は? まず最初に 「ご指摘」の詳しい意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「ご指摘」は「指摘」という名詞に敬語の接頭辞「ご」を付けた、丁寧な言葉です。 「指摘」の「指」は、文字通りには手先の指のことですが、漢字の成り立ちをみると、てへんに旨という字から成り立っています。 旨は 「スープが旨い(うまい)」といった語句からも分かる通り、 「おいしい食べ物」という意味があります。 このため 「指」は元来は手においしい食べ物を持つことを示し、転じて「指さす」ことを表すようになりました。 一方「摘」はてへんに「啇」というつくりになっています。 「啇」にはそもそも「多い」という意味があり、元来は果実をたくさん拾い集めることを示したとされます。 ここから 「摘」は、 「つかみ取る」、「選び取る」こと、さらには 「要点をまとめる」、「他人の秘密を発表する」といった意味にも広がりました。 こうしたことから、 「指摘」は 「全体の中から大事なこと、注意すべきことなどを具体的に取り出して、はっきり示すこと」という意味になります。 単に指し示すだけでなく、とりわけ「多くの中からあやまりを指し示し、暴き出すこと」という意味合いを強く持ちます。 また 「指でつかみ取る、摘み取る」という動き自体を示すこともあります。 この丁寧な形が「ご指摘」ですから、主にはビジネスシーンなどで、「こちら側の間違いなどを指し示していただく」という趣旨で使われることが多い言葉だといえます。 「ご指摘」の言い換え方は? 次に 「ご指摘」の言い換え方について見ていきましょう。 「ご指摘」を言い換える言葉をまとめておきますね。 ご教示• ご指導• ご意見 「ご指摘」の言い換え方をご紹介しましたが、ここに例示したそれぞれの語句が、「ご指摘」と全く同じ意味で、どれを言い換えに使用しても不都合がないかというと、そうではありません。 スポンサーリンク やはりおのおのにニュアンスが異なりますので、使用する際には注意が必要です。 例えば「」は 「教えていただく」という意味になります。 「やり方についてご教示願います」などと使います。 また「」では、表面的な操作法というよりも、ものごとの中身や意義、技術そのものを深く、長期間教わるというイメージがあります。 一方「ご鞭撻」は 「努力するよう励ますこと」という意味ですので、一般にはビジネスの挨拶文などで 「今後ともご指導、ご鞭撻たまわりますよう、よろしくお願いします」などと、定型的に使うことが普通です。 「ご指摘」は前述したように、 「全体の中から誤りを見つけて、指し示す」といった意味合いがあります。 基本的には悪い点をあぶり出す、取り出すという用例が一般的です。 このため、言い換える場合としては 「当方の誤りをご教示くださり、誠に恐れ入ります」や、 「ご意見をいただいた点につきましては、早急に善処いたします」といった言い方が適切となるでしょう。 「ご指摘」の類語や敬語・例文を教えて! 最後に 「ご指摘」の類語や敬語、例文を見ていきましょう。 「指摘する」の類語には次のようなものがあります。 要望する• 指示する• 名指しする• 指さす• 指名する• 指定する• もの申す• 異議を唱える• 摘発する 敬語表現の「ご指摘」の類語としては、 「ご要望」、「ご教示」、「ご意見」、「お示し」、「ご指定」、「ご指名」などとなります。 「ご指摘」の例文としては次のようなものが挙げられます。 先般ご指摘いただいたとおり、早速修正させていただきます。 当方の手落ちにつきまして、ご指摘くださりまことにありがとうございました。 契約書の案文を作成いたしましたので、ご一読の上、訂正箇所等がございましたら、ご指摘のほどをお願い申し上げます。 「ご指摘」の類語や例文をまとめてご紹介しました。 類語や例文を知ることでその言葉に対してより一層、理解が深まると思うので是非、参考にしてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご指摘」の 詳しい意味や正しい使い方、そして言い換え方や類語、例文について詳しくご紹介しました。 同じような言葉でも使うシーンによってはしっかりと選ばないといけませんし、正しい認識で相手に伝える為には意味もしっかり理解しておかないといけませんね。

次の

浅薄とは|意味・読み方・使い方、類語・対義語・英語表現を解説

あぶり出す 類語

浅薄の読み方と意味 「浅薄」という語は「せんぱく」と読みます。 意味は「ものの見方や考え方が浅く、薄っぺらで浮ついていること」を表します。 浅薄の使い方 「浅薄」は名詞ですが、日常会話や文章では「考えが甘い」「思慮が足りない」などを意味する形容動詞として用いられるのが一般的です。 たとえば前述の「浅薄な知識」あるいは「浅薄な言動」「やることなすことが浅薄すぎる」「浅薄に判断する」といった形で表現されます。 浅はかとの違い 「浅薄(せんぱく)」という言葉は「あさはか」と混同されがちですが、「浅薄」と「あさはか」は全く別の言葉です。 非常にまちがいやすいので、読むときには注意が必要です。 「あさはか」は漢字で「浅はか」と書きます。 「はか」はひらがなが基本です。 漢字で書くことはありません。 一部に「浅墓」という当て字も見られますが、これはまちがいです。 「浅はか」の「はか」は接尾辞ですので、単独では意味を持ちません。 語源も「墓」ではなく「量をはかる」という意味から来ています。 もともと「あさはか」は面積や容積が足りないことを示す言葉でした。 それが転じて、「思慮や配慮が足りないこと」を意味するようになりました。 「浅はか」の接尾辞の「はか」は語源の名残といえるでしょう。 浅薄の類義語 浅薄と同じ意味の類義語としては「浅はか(あさはか)」「軽薄(けいはく)」「皮相(ひそう)」などをあげることができます。 「浅はか」は、すでに説明したように、「浅薄」と混同されやすい言葉です。 「浅はか」と「浅薄」は漢字も語源も違いますが、意味はほぼ同じです。 次に「軽薄」は「態度や言葉にじゅうぶんな配慮がないこと」「浅はかで軽々しいこと」を意味する言葉です。 古くは「お世辞」や「お追従」の意味もありましたが、時代を経るうちに「歯の浮くようなお世辞やお追従で、人の機嫌を取ろうとする人」を意味するようになりました。 現代では「お世辞」や「お追従」の意味は希薄になり、軽薄は「浅はかで軽々しい人の言動」という意味合いが強くなっています。 類義語の3番目の「皮相」は、「物体の表面」「うわべ」という意味のほかに、「物事をうわべだけで判断し、その本質を理解するに至らないこと」などを意味します。 要するに「浅はか」が深さや奥行きがないことを示すのに対して、「軽薄」は重みがないことを、「皮相」は厚みがないことを示す言葉と考えてよいでしょう。 浅薄の対義語 浅薄と真逆の意味を持つ対義語としては、「深厚(しんこう)」「重厚(じゅうこう)」「深遠(しんえん)」などをあげることができます。 「深厚」は、意味がとても深く厚いこと、人の態度や気持ちが心の奥底からわき起こった本音の表れだということを意味します。 「重厚」は、人や物の外観や性質がどっしりしていて、落ち着きを感じさせることを意味します。 「深遠」は意味や内容が奥深く、簡単には見通せないほど遠大なことを意味します。 類義語と対義語の例文 類義語「浅はか」の例文.

次の

「釈明」の外国語(英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/ロシア語/ハンガリー語)

あぶり出す 類語

INDEX• 「明示」とは?|意味と定義を解説! 「明示」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「明示」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、明示の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 明示の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 明示とは何か?|読み方・意味・定義を簡単にわかりやすく! 明らかに示すこと。 はっきり示すこと。 法律分野における「明示」「黙示」の意味 明示とは、意思や物事を明らかに示すこと を言います。 一方の黙示とは、明らかに意思表示がなされていないが、その時の状況などによって、間接的に意思表示と見なされる(主張できる)ことを言います。 刑事裁判による物的証拠などによる直接的な証拠に対して、状況証拠の関係に該当します。 民事裁判においては、その契約の事実を争う場合、発注書や契約書、口頭による注文意思などによって、明らかになるものに対して、それらの直接的・明示的な行為が無い場合は、当事者の発言や行為によって、間接的に契約したことをどちらかが一方が主張することになるのですが、その時の契約に準ずる行為とみなされるものを黙示と言います。 明示と明記の意味の違い 明記ははっきりと書きしるすことという意味を持ちます。 つまり明示は表現方法を関係なくはっきり示すことを意味しています。 例えば口頭や動画等も含みます。 しかし明記は文書限定で用いる用語です。 明示の例文・使い方 明示するの意味 相手に対してはっきり示すこと 明示的の意味 はっきり示す様子 明示化するの意味 はっきり示す状態にするということ 例えば「うやむやな政治献金の問題を明示化する」という具合に使います。 不動産用語「境界の明示」の意味 不動産(土地・建物・マンション)を売買する際、契約書に「境界の明示」という項目があります。 売主が売買契約締結後、残代金支払い日までに、買主に現地で境界標を指示して隣地との境界を明示することを定めた条項になります。 買主に本物件の範囲等を認識してもらうことがその趣旨です。 売主は、境界標がないときは、土地家屋調査士などの資格ある者に依頼し、新たに境界標を設置してもらわなければなりません。 「明示」の英語 clarification 例文・イディオム express [state, describe] clearly(明示する) an express command(明示された命令) 明示の類語・言い換え語 顕示 ・ 発現・あぶり出す ・ 釈明 ・ 明らめる 明示の対義語・反対語 暗示です。 意味はそれとなしに知らせること。 他人の心に無意識のうちに、ある観念を与えるような刺激。 間接的に伝えるという意味では隠喩やメタファーと近い意味になりますね。 明示の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、明示の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上に知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の