ワンピース978。 ワンピースネタバレ978話最新話考察確定!カイドウの息子と飛び六胞

ワンピースネタバレ978話最新話確定速報!飛び六砲の正体とは?

ワンピース978

カイドウとの大事な一戦に備えて、戦力を温存しておくという意味合いも強いようです。 カイドウの手下に見つからないよう、慎重に鬼ヶ島の北側へと船を進めます。 鬼ヶ島へ裏から上陸する際に最大の難所となるのは、「うずしお」ですが、ローの技を使えば難なくクリアできそうですね! 海流の影響を最小限におさえ、最短ルートで赤鞘たちを大きなドクロの裏側へと連れて行こうとしています。 冷静沈着でクールなロー、誰かさん達とは全く正反対の性格ですね…。 と、ここでローや赤鞘たちの目の前に現れたのは、 謎の一隻の船です!! 乗組員は敵なのか味方なのか…!? 船内には、緊張が走ります…! 島内へ潜入開始! 裏ルートから敵陣を狙うローや赤鞘たちに対し、作戦などお構いなし!のルフィやキッドたちは 真正面から上陸します! 誰もが予想した通りの展開といったところでしょうか…。 敵の侵入を阻むための番人がいるようですが、ここは狙撃の名手であるウソップが瞬時に仕留めます。 緑星の威力は健在のようですね! ここから先はすぐに大乱闘…、とはさすがにならず、麦わら勢は敵と同じコスチュームに変身します。 錦えもんの術式は、潜入捜査にはうってつけです! 敵陣のど真ん中のため、できるだけ戦闘をしないように目的を達成する方が得策という判断でしょう。 目立ちすぎて仲間の誰かが捕まってしまったら、それだけ遠回りすることになってしまいますからね! 精鋭の顔ぶれ! カイドウに謁見すべく姿を見せたのは、 飛び六胞のメンバーたちです! 既出の ドレークに続き、ページワンの全身姿も登場します。 個性的な髪型に、アシンメトリーな洋装をしている ページワン。 さらに魚人族のような風貌をしたキャラ( ササキ)と、顔を仮面で隠した人物( フーズ・フー)。 どちらも男性メンバーのようですね。 仮面の内側がどうなっているのかも、早く知りたい…! これで判明したのは4人。 全く雰囲気の違う二人なので、ファンの間で好みも分かれそうですね!! これで合計6人の新たな面々が本編に加わりましたが、皆さんはどのキャラがイチオシでしょうか!? 全員集合! 上陸した飛び六胞の6人は、数年ぶりに集結したとのこと。 普段はそれぞれ別の任務があるという事でしょうか。 そんな彼らが一堂に会するというのは、それだけ大きなイベントが待っているという証拠ですね! ここで彼らの人間関係も色々と見えてきそうな予感がします。 まずマスクの可愛らしいうるティは、ページワンの姉であることが判明! ページワンは、どうやらうるティには頭があがらないようですね。。 言われてみれば、何となく似ているような気も…? 色気たっぷりのブラックマリアは、大看板のキングと顔見知りの様子。 ササキは、光月勢に属する人物と何やら面識があるようです。 盛り上げ役は大看板! 飛び六胞が集合した宴会会場では、すでに各キャラ大盛り上がりの様子。 大看板のクイーンが司会進行、アプーがDJを務めるなど、楽し気な雰囲気が伝わってきます! クイーンは、遅れて登場した飛び六胞たちを、ギフターズ・ウェイターズと引き合わせます。 一方、久しぶりに揃った飛び六胞メンバーたちは、そのノリに少々しらけた態度を見せています。 クイーンたちのハイテンションにはついていけない、といったところでしょうか。 せっかく場を盛り上げようとしているクイーンは、そんな彼らに不満げなようですね! ここで、メンバーの一人である「うるティ」から爆弾発言が飛び出します。 クイーンがやられてしまったら、代わりに誰かが大看板の枠に入れる! それを聞いてかなり驚いているクイーン。 大看板の座も危ういということでしょうか!? ドレークは関心がないようですが、それ以外の面々は「地位が上がるかもしれない」と大興奮しています! 漫画「ワンピース」ネタバレ第978話最新話への展開予想! 漫画「ワンピース」前話では、海上戦がひと段落しいよいよ本土へ向かう展開となりましたね。 シシリアンやヒョウ五郎もサブリーダーとして、しっかりチームをまとめ上げてくれそうな予感がします。 こ こでは最新978話のネタバレ考察・予想をしていきたいと思います。 メンバー構成は? 前話では、カイドウお墨付きの実力を持つ百獣海賊団の「飛び六胞」が登場しました。 まだその姿はひざ下のシルエットしか描かれていませんでしたが、全体像が気になるところですね! 現時点では、ドレーク、ページワンの2人がメンバーに含まれていることしか判明していません。 残りは4人のキャラとなりますが、全員 新しい人物であると推察されます。 どんな見た目をしているのか、情報公開が待ちきれませんね。 前話最終コマの情報では、下駄を履き花柄の鞘を身に着けた人物が確認できますね。 ワノ国の侍っぽい恰好をしているので、ゾロとの一騎打ち候補といえそうです。 他にもブーツにマントをまとった細身のキャラなど、服装からも個性が各々のうかがえます! カイドウがリンリンに彼らを紹介すると発言していたことから、近々その メンバー構成が明らかになるのではないでしょうか。 宴会は続く? 前々話でカン十郎は、オロチたちに戦況が報告できていないことを確認していましたね。 すでに宴会の真っ最中で、何度連絡してもつながらないようです。 前話でも、酔いが回ったカイドウやオロチの姿が描かれていましたね! カン十郎は「赤鞘」としての自身の役目を終えたと判断し、オロチたちの元へ向かうと宣言していました! すでに大きな鶴でモモの助とともに鬼ヶ島を目指していたため、 オロチの耳に戦況悪化の知らせが入るのは時間の問題だと思います。 ここで気になるのは、報告を聞いたオロチがどんな行動に出るか、ということです。 まず考えられるのは「すぐに宴会中断」という選択肢ですが、可能性はあまり高くなさそうです。 なぜなら、カン十郎はルフィたちの実力を過小評価しており、「お前たちは上陸できない」と高をくくっていました。 その後ジンベエが登場し、百獣海賊団の砲台を一瞬で破壊したことも知りません。 したがって、 状況は変わったが大きな問題は無いというトーンで報告をすると思われます。 オロチは小心者のため早めに事態を収束させようと焦るかもしれませんが、現時点で宴会好きのカイドウがすぐに自ら戦いの場に出向くとは考えにくいです。 カイドウはビッグマムに色々と報告したいこともあるようでしたし、またとない機会を逃すことはしないと思われます。 カイドウやオロチに不利な状況が確定するまで 宴会は続くと考えて良いのではないでしょうか!? ローの思惑通り? 前話では、錦えもんのひねりの無い作戦に対し、 ローが的確な助言をしていましたね! ルフィやキッドとは違い、冷静な状況判断ができるところがさすがです! 赤鞘の中でも傳ジローだけは、何故か錦えもんに絶大な信頼を置いているようでしたが…。 ローが立てた戦略の第一条件は、「ルフィーとキッドによる正面突撃」でした。 作戦会議の直後にルフィが鳥居の要塞へ先制攻撃を仕掛け、キッドも後に続いていることが確認できます。 どちらの船長も我先にとカイドウ討伐を目指しているようです。 このまま 最短距離で正面から、敵勢の本拠地へ向かう可能性が非常に高いですね。 したがって、まずは ローの狙い通りに事が進んでいるということになります!! 第978話では、特に戦略変更をせずに各自行動することになるのではないでしょうか。 いや空島の伏線ここでやっと回収なんか。 — h. honyo0420 漫画「ワンピース」ネタバレ978話最新話確定まとめ 今回は、漫画「ワンピース」ネタバレ 978話最新話確定!精鋭の顔ぶれと盛り上がる宴会会場!と題して、ネタバレ最新考察・予想と確定速報をご紹介しました。 どんな技の使い手が集まっているのか、どんな激戦を繰り広げてくれるのか、今から非常に楽しみです!! ルフィたちはまだ敵勢に気づかれていないようですので、ここからどのように宴会が進行していくのか、またローの綿密な計画が無事に成功するのかについても、注視していきたいと思います!.

次の

【ワンピースネタバレ】第978話 最速画像で飛び六胞が判明‼︎ 画像追加

ワンピース978

飛び六胞が到着、カイドウの息子も 一方の鬼ヶ島では、ルフィたちが討ち入りに来ることが未だ伝えられておらず、宴が続いていました。 しかしついに 飛び六胞が到着し、オロチカイドウ側の戦力も不足なく集結しています。 また、カイドウ陣営に カイドウの息子らしき人物がいることも、カイドウの口から語られています。 978話以降の展開予想 カイドウの息子について 977話にて、カイドウの口から息子の存在が仄めかされました。 詳細は語られませんでしたが、意味深な「・・」がついており、あえて名前が伏せられていたので、 登場済みキャラの可能性が高いです。 そこで、カイドウの息子として可能性の高い人物を考察・予想していきます。 説1:70巻に登場した人物 70巻にて、シーザーの公開実験を見ていた人物の1人。 大看板である「ジャック」を呼び捨てで呼んでいることから、位としてもカイドウに非常に近しい存在であることが分かります。 また、 カイドウの特徴的な角と同様のものを頭部から生やしており、カイドウの息子として最も有力な人物といえます。 説2:シャーロット・カタクリ 2人目の候補者は、ビッグ・マム海賊団に所属するシャーロット・カタクリ。 カタクリの特徴的な歯が龍カイドウの歯と酷似しており、腕輪もカイドウのものとそっくりです。 また、 兄弟であるダイフクとオーブンの容姿がカイドウに一部似ていることも、カイドウとビッグ・マムの息子説をより裏付けることに。 加えて、カイドウの発言した「ウチの息子」という言葉は、ビッグ・マムと飲み明かす酒の席で出ていたので、息子がビッグ・マムと関係しているのではないかと感じます。 可能性として十分にあり得る人物です。 説3:エドワード・ウィーブル 3人目の候補者は、自称白ひげの息子であり元七武海のエドワード・ウィーブル。 明確な証拠はなく予想の域を出ないのですが、 出生と素性が未だ判明していないのが気になります。 親の存在を誤魔化されてきたウィーブル。 子の存在をチラつかせるカイドウ。 カイドウの息子と言われても、辻褄は合う状態です。 可能性としては十分にあり得ます。 説4:実の息子は存在しない? カイドウの発言をよく見てみると「 ウチの息子」という表現を使っていました。 94巻にてビッグ・マムもキングに「ウチに来いよ」という表現を使っており、 「ウチ」が海賊団を指す可能性も高いです。 ミスリードを誘う表現であり、実の息子は存在せず百獣海賊団所属という意味合いなのかもしれません。 アニメ版ワンピースも見放題!.

次の

ワンピースネタバレ978話最新話考察確定!カイドウの息子と飛び六胞

ワンピース978

ワンピース最新話978話「飛び六胞登場」 カン十郎の報告はまだナシ?? いよいよ作戦開始という事で、まず動き出したのはローと赤鞘の侍達が乗った潜水艇。 本命のこのチームは城の裏口からの突入を目指してますので、真っ先に動き出さないといけません。 島を半周程回って行く訳ですから、戦いに参加するのも後半になってからかもしれませんね。 そしてそれ以外のメンバーは鬼ヶ島の内部へと突入に成功。 しかし 敵襲を全く警戒していないようで、まだカン十郎からの報告はオロチに届いていないようです。 これはかなりありがたい展開・・・ですが、 空を飛んでいったカン十郎がまだ到着していないというのも気になる所ですよね? 単純に物語の都合上の事かもしれませんが、ちょっとだけ色々な可能性を考えたくなりますね。 侍達の本気の覚悟 巨大なドクロが印象的な鬼ヶ島。 しかしカイドウの城はそのドクロの中の奥の奥。 そこまではかなりの距離があり、島の港には流石に見張りも多少はいます。 が、そこで久々に活躍したのがウソップ。 緑星「眠り草」であっさりと見張りを眠らせる事に成功します。 順調な感じで来てはいたものの、思い切り目立つ場所に大量の船が停泊していたら、流石に敵に気づかれやすくなってしまう。 そう心配していたジンベエでしたが、侍達が上陸するのと同時に船がどんどん沈んでいきます。 ルフィがそんな状況に驚きますが、錦えもんがカッコよく言い放ってくれます。 全て沈めてゆく!! 帰りの船など要らぬゆえ!! これは侍らしい格好良い台詞ですよね!! 最初から この戦いは逃げる事なんか考えない戦いであり、勝つ事だけが目的の戦い。 だから帰りの事なんか考える必要もない。 勝つか死ぬかのどちらかだけという、退路を断つ精神が侍らしくて良いですね。 錦えもんの能力の本領発揮 次々と上陸していく侍達。 しかしそこで謎のゲートみたいなものをくぐると、侍達の格好が次々とカイドウ軍の兵士達の格好に変わっていきます。 それは当然錦えもんの能力によるもの。 フクフクの「錦ちゃん呉服店」という大技なのだそうです。 要するにそこをくぐれば皆同じ感じの格好にチェンジ出来るって事なのでしょう。 これによって キッドやルフィ達もカイドウ軍の格好にチェンジ。 マントを羽織った感じのルフィが格好良かったので、ここでこの格好にチェンジなのはちょい残念。 しかし敵味方の区別が付きにくいという事は非常に有効ですよね。 一度脱いだり破損したりしたら元の格好に戻るとの事。 とはいえ これでかなり戦闘を避ける事が出来そうで、まさに大技って感じでした。 まあ そんな事をやっても結局ルフィやキッドは暴走してしまいそうな危うさはありますけどね(笑) 盛り上がるクイーンのコールアンドレスポンス 完全に準備万端で鬼ヶ島へと上陸したルフィやキッド、そして大勢の侍達。 しかしそれでもまだ鬼ヶ島の内部では最高に盛り上がる宴が続いていました。 その 主役になっていたのは宴が大好きなクイーン様。 年に一度の宴という事で、兵士達も大盛り上がり。 何気にスクラッチメン・アプーもDJをやっているようです。 そしてクイーン様によるコールアンドレスポンスは続きます。 まずはSMILEを待つ者達である ウェイターズ。 そしてSMILEの賭けに失敗して笑うだけの プレジャーズ。 更にSMILEの能力を得た者達である ギフターズ。 その中でも選ばれた者である 真打ち。 その調子でクイーン様は、 飛び六胞にもレスポンスを求めますがこれは無反応。 とはいえその返事が返ってこない事まではお決まりの流れのようですね。 しかし気になるのは、 飛び六胞に続いて怪物共のナンバーズにレスポンスを求めた事です。 割と下の立場の者から順々に声をかけていった感じに思えますし、 カイドウ軍の立ち位置的には飛び六胞よりもナンバーズの方が上なのかもと思ってしまいました。 が、この後の描写ではまた違う感じなんですけどね。 クセ強めの飛び六胞登場!! クイーン様はそのまま今度はオロチ組の見廻組や御庭番衆に同じ様にやっていました。 が、それをうるさがっていた者達こそが飛び六胞。 その中の一人が意味深な発言をしてきます。 「クイーンがポックリ死んだらよ・・・次の大看板誰だと思う?」と。 この台詞から考えると、 飛び六胞の中から次の大看板が選ばれるという感じに思えますよね? そしてこの発言に対してメンバーはちょっとだけ言い争いをする事に。 飛び六胞の中で存在が明らかになっていたのは、 海軍のスパイである「ドレーク」と サンジと戦った「ページワン」 そしてその ページワンの姉である「うるティ」という女性も飛び六胞の一人。 そして上記の 大看板の座を気にしていた男が「フーズ・フー」 花魁のような姿ながらも かなり巨大な姿の女性が「ブラックマリア」 明らかに 魚人っぽい牙を持っている男が「ササキ」 という感じで飛び六胞全員がここで描かれる事になりました。 いやいや、名前どうしたよ?? 「フーズ・フー」とか「ブラックマリア」とかはなんとなく聞き覚えがある感じですが(それでもワンピースっぽくはない気がしますが)「うるティ」とか「ササキ」ってどういう事??? そもそも カイドウ軍は大体がトランプ関連の名前だと思ってたのに。 え、もしかして「うるティ」って名前のトランプゲームとかって存在するの???( 追記 ウルティもササキもあるみたいです。 マジか(笑)) まあかなり謎な感じの彼らでしたが、 一番ヤバそうだったのは「うるティ」 何故か花魁の「ありんす」という言葉を使ってみたり、弟の「ページワン」がナメられるのは許せなかったり、「ブラックマリア」にも「誰にでもカミつく」と言われたりと、良い感じにヤバめのアホキャラっぽいです。 しかし 見た目は割と可愛い感じで、ツノが生えている(これはドレーク以外共通だけど帽子だったり付けツノ的な感じなのかな?)のとマスクをしている以外は普通な感じです。 「ワンピース」のキャラらしくスタイルも良いですしね。 その一方で「ページワン」は人間状態は初登場でしたが、割とこじんまりした体型で、 恐竜状態のあの威圧感が嘘のような感じとなっています。 「フーズ・フー」は仮面を被った喫煙者でちょっと強そうな雰囲気もありますね。 「ブラックマリア」は人間にしてはデカすぎますし、どういう種族なのかも気になります。 「ササキ」はおそらく魚人のハーフ、もしくはクォーターなんじゃないかと思いますが、見た感じはまあまま強そうかな。 前回飛び六胞をビッグ・マムに合わせる為に集めていたカイドウでしたが、カイドウは急用だという事でここにはまだ集まっていませんでした。 ササキによれば 「カイドウさんの一大事と言えば大方決まってる」との事。 それに対してうるティがその狂犬っぷりを見せつけます。 「また家族問題でありんすか?カイドウって馬鹿なの?」と。 流石にこの発言には、他の5人全員で突っ込んでいました(ドレークまでも) この感じだと 少なくともうるティは、カイドウに忠誠を誓っているというタイプではなさそうですね。 まあドレークも当然そうですし、弟のページワンもそうかもしれません。 だとすれば、 飛び六胞っていうのは、外部から大看板の地位を狙って百獣海賊団に入ってきた集まりだった・・・なんて事もあるかもしれませんね。 ナンバーズとどっちが上なのかという問題もありますが、このキャラの濃さからすれば、飛び六胞はかなりの強敵揃いなのだと考えて良さそうです。 しかしカイドウの家族問題も気になります。 もしかしてカイドウ、息子と上手くいってなかったりするのでは?? これ以上株は下げないで欲しいですが(笑) ワンピース最新話978話ネタバレまとめ ルフィ達の討ち入り開始の部分と、敵の主力である飛び六胞がメインで描かれた978話。 久々に強敵といった感じの敵キャラが一気に登場してきましたが、 相変わらず尾田先生のキャラクターの生み出し方は半端じゃないですね。 飛び六胞のメンバーはそれぞれかなり個性的ですが、特にうるティの謎っぷりは凄いですわ。 たった3ページくらいだというのに、どのキャラも一気に個性が出てきているのが素晴らしいです。 この飛び六胞のメンバーと誰が戦う事になるのか? そしてカイドウの息子の件も気になる所。 次回色々と明かされてくれたら嬉しいですね! 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の