フランス語 数字 綴り。 フランス語の数字1~100まで:フランス語の数の数え方の究極ガイド(完全保存版)

フランス語の綴りと発音のきまりを動画で学ぼう

フランス語 数字 綴り

10までの数字 10までの数字は覚えるしかない 10までの数字に関してはどの言語でもそうですが、覚えるしか法則はありません! 単語カードを作ったりノートに何度も書いたりして定着させ自然と、 un =1と変換できるように覚えてしまいましょう。 数字1〜10 それでは0〜10までをイッキにいきます! 【フランス語の数字1〜10】• 1 un,une アン、ユヌ(un=男性名詞に、une=女性名詞に)• 2 deux ドゥ• 3 trois トロワ• 4 quatre キャートル• 5 cinq サンク• 6 six シス• 7 sept セット• 8 huit ユイット• 9 neuf ヌフ• 10 dix ディス 16と17の間で何かが起こっている! それをしっかり覚えておきましょう! 【フランス語の数字11〜20】• 11 onze オーンズ• 12 douze ドゥーズ• 13 treize トレーズ• 14 quatorze キャトローズ• 15 quinze キャーンズ• 16 seize セーズ• 17 dix-sept ディセット• 18 dix-huit ディズュイット• 19 dix-neuf デイズヌフ• 20 vingt ヴァン 20の数字は覚えるしかないですが、つづりが難しいのと、こちらもさいごの文字は tでリエゾンのときに重要なので覚えておきましょう。 17〜19のとき、単語の間に ハイフン(-)を入れます 20〜29について 20+1桁の数字 ここからは今まででてきた知識を使えば、 法則を知るだけでマスターすることができます。 要は、 20(vingt)+数字です。 では覚えましょう• 20 vingt ヴァン• 21 vingt et un ヴァンテアン• 22 vingt-deux ヴァンドゥ• 23 vingt-trois ヴァントロワ• 24 vingt-quatre ヴァンキャートル• 25 vingt-cinq ヴァンサンク• 26 vingt-six ヴァンシス• 27 vingt-sept ヴァンセット• 28 vingt-huit ヴァントュイット• 29 vingt-neuf ヴァンヌフ 21のときだけ vingt-un ではなく、英語のandにあたるetを入れることでつなぎます。 発音はvingtの最後のtとリエゾンすることに注意しましょう。 60までの数字は、 10の位の数字+1の位の数字で言えばオッケー! (例) 38なら trente huit• 10の位 trente+1の位 huit 43なら quarante trois• 10の位 quarante+1の位 tois 51なら cinquante et un• 10の位 cinquante +(1の位が1なので etを入れる)1の位 un 70、80、90はややこしい 正直、70以降の言い方はややこしいです。 16と17で数える法則が変わることと、この 70以降の数え方 の2点が、「 フランス語の数字はめんどくさい」という印象を持たせる全責任を負っていると言えるでしょう! 70・80・90 【70・80・90の言い方】• 70 soixante-dix 60+10• いきなり覚えなくていいです。 とりあえずいったん理解しましょう。 70〜99まで ここからも非常にややこしいです。 とりあえずどうのように数えるかを、まとめておきましょう。 100:cent(セント) 最後に確認 では99はフランス語でなんといえばいいでしょうか。 正解は、 quatre-vingt-dix-neufです。 法則は理解できたでしょうか。 慣れるまでは反復練習が基本ですので何度も繰り返し触れることが大切です。 音で聞いたものをそのまま数にリンクさせることができるぐらいまで定着させたら、マスターと言えるでしょう。 反復練習について 使っていたサイト それではどのように反復するのが良いでしょうか。 わたしは練習にを利用していました(パソコンから見ることを推奨します)。 大阪大学のフランス語の教授が運営されているサイトです。 フランス語を勉強し始めて最初の1ヶ月ぐらいは、勉強のウォーミングアップも兼ねて、 最初の10分ぐらいは数字の慣れを徹底的にやりました。 いきなり勉強を始めるにもエネルギーがいるので、 学習の始めの少しの時間をこれにあてるのがオススメです。 大事なことは、 毎日少しずつでもいいので継続してコツコツ続けることです。 一覧 最後に一覧を載せておきます。 ちなみに、 紙辞書にもページ数のところにフランス語の数字が載っているので、辞書があるときはそれで確認するのもいいですね! 【フランス語の数字100まで一覧】.

次の

フランス語の数字に強くなりたい人!数字練習アプリで反射神経を鍛えよう

フランス語 数字 綴り

スポンサード リンク 外国語学習の中で苦手な分野っていろいろあるんですが、特に 「数字」ってなかなか慣れないもののうちの一つだと思います。 話すテンポがゆ~っくりだったら反応できたりする(こともある)んですが、ポンポン数字が飛び出してきたらもう何がなんだか・・・そんな人も多いのではないでしょうか。 特に、 フランス語の数字は70以上の数字の数え方は特殊で反応が遅くなりがちです。 数字の反復練習も、時間も、金額も、これ一つで! 「123 French」 これはちりめん絶賛アプリです。 これがFreeとは!というクオリティの高さ。 読み上げられた数字を入力して 「Done」を押すと、正解か不正解かチェックしてくれます。 910って・・・間違ってますね。。 文章も色んなパターンがあります。 これも読まれる文に色んなパターンがあります。 間違えたときの返事も気が利いてます。 お試しあれ。 (82,40って・・・また間違えてますね。。 ) 字幕もON・OFF可能 上のキャプチャでは下に噴出しで「neuf cent onze」などと出てましたが、 この吹き出しは非表示にできます。 「Options」の「Display Words」をOFFにすればOKです。 シンプルで使いやすいです。 1000以上の数字の練習と、数字のつづりを確認するのに便利な 「french numbers」 「123french」は999までしか練習できませんが、1000以上の数字も慣れておきたいですね。 「french numbers」は「1000000」まで対応しています。 (ただし有料版のみ。 Freeでは42まで) これも 「Listen」「Speak」「Read」の3モードがあります。 出題する数字の範囲は「Settings」で設定が必要です。 「Listen」で1000000まで練習 数字が読まれるので、発音された数字を入力してちゃんと聞き取れたかチェックできます。 数字の読み上げは(桁数が多いものほど)若干遅めです。 (不正解は赤) 何問中何問が正解かは、下のほうに「Questions(X)Correct(Y)Corrent In A Row(Z)」と出ます。 「Speak」で数字のつづりを確認 数字のつづりもさっと確認できます。 数字を入力して「?」を押せばOK。 発音も聞けます。 「Read」はつづりが出題される 数字の綴りが表示されるので、数字を入力して答あわせをします。 (音声は出ません) おわりに 数字は買物や時間の待ち合わせ、年号など、いろんなシチュエーションで頻出する割には対策がおろそかになりがちです。 どちらのアプリも、自分が止めない限り 延々と数字の反復練習ができます。 (夢中になってやっていると結構疲れる・・) 数字の特訓をしてみたいという方はぜひお試しください。

次の

フランス語の数字1~100まで:フランス語の数の数え方の究極ガイド(完全保存版)

フランス語 数字 綴り

フランス語には、二重母音がありません。 しかし、それに似たものがあります。 それが、半母音です。 すなわち、フランス語では、綴りとしては二重母音となりそうな場合に、その母音のうちのいずれか一つだけが母音として残り、それ以外の部分は子音化してしまいます。 これが、半母音と呼ばれる現象です。 この結果、フランス語においては、二重母音が存在しない一方、子音が連続することが多くなります。 ただ、半母音はその名称からも察せられるように、母音とも子音とも聴こえるような音であり、したがって、聞き方によっては母音のようにも聞こえます。 この半母音の多くはフランス語に特徴的な音であり、半母音と正書法の関係をマスターすることが、フランス語を読めるようになる上で重要です。 ここでは、次項で述べる鼻母音との組合せを除く、基本的な半母音を学びましょう。 綴りと発音の間に若干の乖離があるものもありますが、規則的ですのですぐに慣れます。 o-:子音[w]となります。 oi:〔ワ〕[wa]• oy:〔ワユ〕[waj]• ou-:子音[w]となります。 oua:〔ワ〕[wa]• oui:〔ウィ〕[wi]• -y:子音[j]となります。 oy:〔ワユ〕[waj]• -l le :子音[j]となります。 ail le :〔アユ〕[aj]• ille:〔イユ〕[ij]• ouil le :〔ウユ〕[uj]• i-:子音[j]となります。 ia:〔ヤ〕[ja]• 例えば、 Il y a une dame. (一人の婦人がいる) という文を考えてみると、それぞれの単語の発音は[il][i][a][yn][dam]ですので、これを文章として発音すると、アンシェヌマンが起こって、 [il iayndam] となるはずです。 ところが、下線部に半母音の現象が起こり、実際には、 [il jayndam] となるわけです。

次の