ワタミ の 宅配。 ひどい?ワタミの宅食の悪い口コミ&評判の3つのパターン【他社と比較】

【弁当写真多数】ワタミの宅食の口コミ&評判と感想

ワタミ の 宅配

こちらは「まごころ おかず」というコースになっていて、週に5日間しっかりと栄養やカロリーが考えられた6種類のおかずセットが届くという商品です。 このセットの平均食塩相当量は3. 5g以下になっています。 カロリーも平均400kcalになっているので、何も考えず外食ばかりしているよりは何倍も健康的なメニューだと思いました。 また、1人だけじゃなく2人用のコースがあるのは他の宅配弁当と違って親切かな。 ただ…高血圧や様々な理由で減塩している方だと、1食2g以下の塩分量で制限していると思うので3. 5gだと少し気になってしまいます。 ワタミの宅食には、最初に紹介したコースだけじゃなく数種類のお弁当が用意されていました。 豪華なおかずセットになれば…もちろん塩分は高めになりますが 「まごころ御膳」と「まごころ こばこ」というコースは減塩している方でも頼みやすいコースだと思いました。 「まごころ御膳」は週平均の食塩相当量が2. 5g以下に設定されていますし 「まごころ こばこ」の方はおかずが3種類と少なめになりますが2. 0g以下の食塩相当量に抑えられたお弁当になっていました。 また、ご飯がセットになっていないコースでもご飯を一緒に注文する事も出来ますし、だしや香味野菜を生かし、健康に配慮したおいしい薄味もポイントになっているそうなので、自分のように減塩している人にも便利なサービスだと思いました。 ただ…2g以下になるとどうしてもおかずの数が減ってしまうのは残念ですけど仕方ないのかな。 それとワタミの宅食は、冷凍では無く冷蔵タイプになるので、全国どこでもお届け可能な宅配食ではありません。 限られた地域でしか頼めないサービスですが、そのぶん手渡しで受け取れるので、高齢になったご両親へ届けてもらうと何となく安心感がありそうですね。 それでは、また。

次の

【受付終了】「ワタミの宅食」が休校支援 宅配5日分1000円 | マネーの達人

ワタミ の 宅配

テレビCMでもお馴染み・ワタミの宅食は、できたてのお弁当を毎日まごころスタッフが配達してくれる人気の宅配食事サービスです。 そのワタミの宅食から冷凍のお惣菜をクール宅急便でお届けする、ワタミの宅食ダイレクトが2017年11月にはじまりました。 どちらのサービスも食事の準備に困っている人に便利ですが、冷蔵と冷凍にはそれぞれのメリット・デメリットがあります。 そこでここでは 冷蔵で毎日届くワタミの宅食と冷凍でまとめて届くワタミの宅食ダイレクトの違いを、比較しながらまとめてみました。 ワタミの宅食ダイレクトは冷凍のお惣菜セットで2種類ですが、塩分とカロリーに配慮した塩分カロリーケアコースがあります。 冷蔵タイプのお弁当は、「料理の手間を一切なくしたい」「気軽に毎日食事をとりたい」と考えているご高齢に方にオススメです。 また「普段は食事の支度をしているけれど、今日はちょっと手を抜きたい」「今日は食事の支度をしている暇がない」という人に、冷凍のお惣菜セットは向いていると思います。 ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトに共通するメリット• ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトに共通するメリット• 多彩なメニューは専任の管理栄養士が担当しているので安心!• 塩分・カロリーや品目数に配慮したバランスのいい食事がカンタンに食べられる!• 仕事で帰宅が遅くなってもカラダ思いの食事が食べられる!• 買い物や料理、後片づけの手間がはぶける!• ご高齢の方・産前産後のママなど、料理がしにくい人に便利!• 無駄な食費がおさえられる!• 食材や作った料理が余らない! カラダにいい食事を毎日食べるのが大切だとわかっていても、いざ栄養バランスを考えて食事の支度をするのは手間がかかります。 ワタミの宅食もワタミの宅食ダイレクトもカロリー・塩分を控え、出汁の風味を生かしてプロの管理栄養士がメニュー作りをしているので安心です。 好みのワタミの宅食を自分のペースに合わせて注文しておけば、わざわざ買い物に行って重い荷物を持ち帰らなくても栄養バランスを考えて料理を作らなくても、美味しい食事が食べられます。 ワタミの宅食のメリット• まごころスタッフによる見守りサービスが毎日ある• まごころスタッフに直接連絡が取れる• 配送料が無料• 種類が5種類と豊富なので、好みのお弁当を選びやすい• カギ付き安全ボックスが無料で貸してもらえるので、安心して出かけられる• 作りたての料理が電子レンジ1分だけで食べられる 冷蔵タイプのワタミの宅食は、作りたてのお弁当を毎日無料で自宅まで届けてもらえます。 毎日決まった時間にまごころスタッフがお弁当を手渡ししてくれるので、ひとり暮しで人とのコミニュケーションが取りにくい高齢の方でも、会話をする機会ができる魅力があります。 田舎に離れて暮らしているご両親が心配という方でも、毎日安否確認をしてもらえて安心できます。 カギ付きの安全ボックスを無料で貸出してもらえるので、出かける機会が多い人でも気にせずに出かけられます。 ワタミの宅食のデメリット• ワタミの宅食のデメリット• 配送エリア外は配達してもらえない• 1日単位での注文ができず5日分注文• 水曜日注文締切で翌週月曜日からの配達なので、急ぐ時に間に合わない• 注文したらお弁当がいらない日でも休めない• 賞味期限が当日の22:00までと短い• お腹が減っていてもお弁当が届かないと食べられない 作りたてのお弁当が毎日届けてもらえるメリットのあるワタミの宅食ですが、注文したくても住んでいる地域が配送エリア外だと注文できません。 明日からすぐに食べたい時でも翌週からしか配達してもらえず、最低5日分からしか注文できません。 お弁当は保存できるのは当日の22:00までで翌日には食べられないので、若干融通が利かないと感じる部分があります。 冷凍でまとめて届くワタミの宅食のメリット・デメリット ワタミの宅食ダイレクトのメリット• ワタミの宅食ダイレクトのメリット• いつ注文しても2~3日で届く• 冷凍でまとめて届くので受取が楽チン• 保存期間が長い• 好きな時に食べられる• 電子レンジ3~5分で簡単調理できる• 4食のお試しセットがある 冷凍のお惣菜がまとめて届くワタミの宅食ダイレクトは、いつ注文しても2~3日すればすぐにクール宅急便で届きます。 冷凍庫にストックしておけばご飯の支度に困った時に、電子レンジで5分前後温めるだけですぐに食べられて便利です。 保存技術の向上で冷凍とは思えないほど美味しく仕上げられているので、自分で作った料理と同じように楽しく食事が食べられます。 ワタミの宅食ダイレクトのデメリット• おまかせコースと塩分ケアコースの2種類しかない• 冷凍庫に保存スペースが必要になる• 宅配便配送料が毎回800円 税込 かかる 冷凍タイプのお弁当は受取が楽チンというメリットはありますが、まとめて受け取るので冷凍庫にかなりのスペースが必要になります。 また自社スタッフが届けてくれる冷蔵タイプと違い宅配業者の配達になるため、注文する度に800円の配送料がかかります。 冷凍庫の空きスペースにもよりますが、できるだけまとめて注文する方が料金がおトクです。 宅配食事サービスで見守りサービスを実施している会社は他にもありますが、 ワタミの宅食の見守りサービスの違う部分は地域や行政と連携してしていることです。 なにか異変に気がついた場合は、市区町村の指定の連絡先に通報。 お弁当を届けるご家庭だけでなく、地域に貢献する見守りサービスを行っています。

次の

ワタミの宅食

ワタミ の 宅配

ワタミの宅食ダイレクトは、ワタミの宅食の経験を活かした冷凍宅食弁当です。 実際に、ワタミの宅食の冷凍弁当のお試しを購入し実食。 感じたことを書いた口コミです。 私は月に40食以上冷凍弁当を食べているいわばマニア。 かなりこの業界に詳しいので、参考にしてください。 また、文字や写真だけでは伝わりにくい部分もありましたので、動画も撮りました。 「おまかせコース」と「塩分カロリーケアコース」の2つの動画です。 記事の中ほどにあります。 こちらも参考にしてくださいね。 ワタミの宅食ダイレクトは、ワタミ株式会社が2017年1月から始めた「通販の冷凍弁当」になります。 ご存知の通りワタミ株式会社は、資本金44. 1億円の外食事業宅食事業大手です。 ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトの違いは、「毎日1食づつ配達してくれる常温弁当か」「複数個まとめて配達してくれる冷凍弁当か」の違いで、どちらにもメリット・デメリットがあります。 ここで紹介しているのは冷凍のワタミの宅食(ワタミの宅食ダイレクト)です。 ワタミの宅食ダイレクトには定期コースだけではなく。 お試しコースもありますよ。 向かって左の小さい方が塩分カロリーケアコースです。 1食あたりの値段(おまかせコース定期) 600円(税込み) 1食当たりの値段(塩分カロリーケアコース定期) 500円(税込み) 送料 全国一律800円(税込み) 品数 おまかせ:主菜1+副菜4=5 塩分ケア:主菜1+副菜2=3 コース おまかせ・塩分カロリーケアコース 賞味期限 数か月 配送できる地域 日本全国 お試しセット おまかせ:4食2,668円(1食当たり667円)送料無料 塩分ケア:4食2,224円(1食当たり556円)、送料無料 ワタミの宅食冷凍「ワタミの宅食ダイレクト」の良くないと思うところ ワタミの宅食ダイレクトの良くないと思うところは、コースの選択が少ないところです。 2020年7月現在、「塩分カロリーケアコース」と「おまかせコース」の2種類しかありません。 ちょっと選択肢が少ないので、もう少しバリエーションは増やしてほしいところですね。 ワタミの宅食冷凍「ワタミの宅食ダイレクト」の良いところ バリエーションが少ないのが良くないと書きましたが、逆の見方をすれば迷うことがないと言えます。 たくさんあり過ぎると、迷ってしまって決められないこともありますからね。 その2種類も「塩分カロリーケアコース」おかず3品で1食500円(定期)と、「おまかせコース」おかず5品で1食600円(定期)と価格の違いが鮮明。 より選びやすいです。 おかず3品ですが、1食500円は冷凍弁当としては安い部類に入ります。 「ワタミの宅食ダイレクト」のメニュー 「塩分カロリーケアコース」と「おまかせコース」があります。 それぞれ詳しくみていきましょう。 塩分カロリーケアコース 管理栄養士が考えた塩分・カロリーに配慮したコースです。 平均250kcal、塩分相当量は2g以下。 10品目以上の素材を使っていて、おかずの品数は3品になります。 選択肢として、お試しセットと定期購入があります。 お試し4食セットの値段は税込み2,224円(1食当たり556円)。 送料は無料です。 定期購入は、お試しよりも少し安く7色セットが税込み3,500円(1食当たり500円)+送料800円。 定期購入はご飯ありコース(税込み4,508円)もあります。 塩分カロリーケアコースの動画レビュー ワタミの宅食ダイレクト(冷凍弁当)塩分カロリーケアの6種類のメニューを紹介しています。 「ワタミの宅食ダイレクト」のお試し ワタミの宅配ダイレクトのお試しは、「塩分カロリーケアコース」と「おまかせコース」に各々設けられています。 (こういう感じで段ボールに入れて送られてきます。 配達はクロネコさんでした) 塩分カロリーケアコースは、4食セット2,220円(税込み送料込み)。 おまかせコースは4食セット2,668円(税込み送料込み)です。 品数が違うの値段も違ってきます。 塩分カロリーケアコースは3品。 おまかせコースは5品です。 (電子レンジに入れる前の冷凍状態の写真です) いきなり定期購入は不安がある場合は、お試しコースから初めて、味や量をしっかり確認してからのほうがいいと思います。 私もワタミの宅食冷凍のおまかせコースのお試しを頼んでしました。 さすがワタミという感じで、冷凍なのにしっかり味がついていておいしかったです。 味付けについては個人差がありますから、実際に自分で食べてみることをお勧めします。 「ワタミの宅食ダイレクト」まとめ ワタミの宅食は人気です。 ただ常温の配達なので、「その日のうちに食べてしまわないと、ダメになってしまう」という欠点がありました。 そんな保存が効かないというワタミの宅食の難点を補ったのが、ワタミの宅食冷凍弁当になります。 歴史あるワタミの宅食の冷凍弁当なので安心できますしね。 選択肢は2つのコースしかなく少ないのですが、値段差もはっきりしていて選びやすいです。 「塩分カロリーケアコース」と「おまかせコース」ともにお試しがありますので、まずはそこから始めてみてください。

次の