チャネル トーク。 チャネルトーク、チャットディーラーの比較

チャネルトーク、チャットディーラーの比較

チャネル トーク

株式会社ZOYI Corporation 「顧客中心文化をすべてのスタートアップに根付かせ、成長に貢献する」を目的に提携 熱狂的ファンをつくるカスタマーサクセスチャット 「チャネルトーク」(株式会社ZOYI Corporation、本社:東京都新宿区、CCO Chief Customer Officer :坂本彩)は、ベンチャーキャピタル(VC)のグローバル・ブレイン、コロプラネクストと提携し、同VCが出資するスタートアップがチャネルトークのWebチャット機能を1年間無料で利用できるスタートアッププラン第一弾の提供を開始しました。 本提携を通じ、チャネルトークが掲げる「顧客中心文化」を多くのスタートアップに根付かせ、スタートアップのより良いサービスの誕生と成長、熱狂的ファンづくりに貢献します。 顧客の声に耳を傾け、顧客フィードバックを起点にサービスを改善し続けることで、熱狂的ファンが世界中にいます。 そんな "顧客中心文化"や "熱狂的ファン作り"、 "顧客の声を聞く"ために開発されたWebチャットが「チャネルトーク」です。 モバイルアプリやWebサイトに設置する単純なお問い合わせ窓口ではなく、顧客が持つサービスへのニーズや課題に耳を傾け、社内で共有、サービスを素早く改善する成長の原動力になるWebチャットを2017年11月より正式リリースし、グローバルに提供しています。 今回の提携は、顧客中心文化をスタートアップに浸透をさせ、より良いサービス作りに貢献したいチャネルトークと、スタートアップの成長を後押ししたいベンチャーキャピタルの想いが重なり実現しました。 また、長引く新型コロナウイルスの影響を少しでも緩和できればと、 1年間という長期の無料期間を設定します。 【今後について】 チャネルトークは、多くのスタートアップの成功に貢献できるよう、積極的に他ベンチャーキャピタル(VC)との連携を進めていきます。 現在すでに9社との連携を計画していますが、継続してパートナーも募集中です。 独りよがりになった結果、失敗したこともありました。 投資先を見ても、お客様やステークホルダーのニーズを捉えていこうとする仕組みを持つビジネスは国内外問わず伸びており、成功するスタートアップの共通点です。 コロプラネクスト シニアアソシエイト 武部 誉花 チャネルトークには彼らの追求する顧客中心の価値観が細部にまで反映されています。 スタートアップに導入をオススメすると、チャネルトークのファンになる方が沢山いらっしゃいます。 プロダクトは勿論のこと、プロダクトの先にある顧客のことを常に考えるチームへ出資できたことを、我々も嬉しく感じています。 「顧客中心文化」「熱狂的ファン作り」そして「顧客の声を聞く」というZoyi社の追求する価値観を、より多くの潜在的クライアントに知って頂く為に、我々も伴走していきたいと考えています。 1、導入実績24,000社突破 累積調達額 11. 8億円のシリーズCスタートアップ コロプラネクスト、グローバル・ブレイン、KDDIから資金調達 URL:(サービスサイト) 【本件に関するお問合せ先】 株式会社ZOYI Corporation 広報担当:柿崎 俊輔 チャット:.

次の

Microsoft Teams でのチームとチャネルの概要

チャネル トーク

前回の記事では「なんでチャネルトークを選んだの?」という背景をしっかり説明できていませんでしたので、自分の気持ちの整理も兼ねて、今回noteを書いてみようと思います。 チャネルトークってどんなサービス チャネルトークのサービスを一言で説明すると、 熱狂的なファンを作るためのCSチャットサービスです。 が以前話題になっていましたが、チャネルトークでは 答えは顧客にある(顧客の声を聞くことに事業成長の鍵がある) とう哲学の基、下記のような業務変革を目指しています。 これまで(It's OLD CS):顧客の声を効率的に処理する📞📩 ・一日何件を処理したのかがKPI ・顧客の声が社内に共有されない ・同じ問題が反復する これから:顧客の声からビジネスを導く🤝 ・顧客がファンになる ・社内に情報を共有してビジネスを導く ・問題を処理するのではなく解決する サービスの世界観・コンセプトの話は、個人的にすごく好きでもっとお伝えしたいのですが、ここでお伝えするには長くなりすぎてしまうのでまた別エントリでnoteを書こうと思います。 サービスの詳細を知りたい方は、下記のページを見てみてください!👇 そこから具体的なサービス説明をしてもらい 、これはまさに求めていたものだと感動したことを今でも覚えています。 その後ユーザーとして使い始め、本当にいいサービスだよな〜と思っていたところ、日本代表のJayとCCOのAyaからありがたいことにお誘いをいただき、気がついたら入社することを決めていました。 チャネルトークを選んだ理由 実際にユーザーの立場で使ってみた上で、ここまで顧客起点で考え、熱狂的なファンを生み出している(いける)プロダクト・チームは他にないだろうなと本心で思えたことが入社の決め手になりました。 また入社前からこんなぶっちゃけ言っていいの?というお話までストレートに伝えてもらえたことで、逆に当事者としてなんとかしたいなという気持ちが芽生えてきました💪 あと、難易度の高いチャレンジということも心が動かされた理由の1つです。 そもそも何が違うの?という人は下記の記事が非常にわかりやすかったので参考にしてみてください😊 このあたりは、先人の知恵学びつつ、現場の生の情報を集めつつ、仮説の精度を高めていきたいと考えています。 どんな仕事をしているのか チャネルトークの日本事業を成功させることが自分のミッションです。 グローバル全体では50名ほどの社員がおり、累計約10億円の資金調達をしているシリーズCのスタートアップですが、日本でチャネルトークに関わるメンバーは3名だけ、まだ無名のシード期の気持ちで仕事をしています。 入社1ヶ月目は、とにかく顧客の解像度を上げるためにお客さんに実際に会ってフィードバックを頂いたり、自社プロダクトへの理解を深めるためにチャネルトークでCSをやるといったことに時間を使っていました。 入社初期のタイミングはどこか他人事感が出てしまっていたのですが、徐々に自分の言葉で語れるようなってきたなと感じています。 一部ですが会っていただいた方と撮らせていただいた写真 ファン作り・サービスの世界観を知ってもらうという目的でノベルティーのプレゼントも行っています🎁 入社1ヶ月で感じたこと 前述した通り、チャネルトークのすごいなと感じたことは、徹底的な顧客起点でのプロダクト開発と、熱狂的なファンの存在です。 徹底的な顧客起点のプロダクト開発 自分自身、過去にPM兼CSをやっていた際にこんな状況になってしまったことがありました。 自分の社内交渉力が低いということもありますが、今振り返ると 最大の要因は、"顧客中心文化"を築けていなかったからだなという反省があります。 ) チャネルトークでは、顧客中心文化を築くためにお客さんに直接に会う機会が少ない職種(エンジニア、デザイナー、マーケッターなど)の人たち含め全員が顧客と対話することを大事にしています。 全50名の社員のうち、上位はエンジニアが占めています。 自分自身も初めて改善提案を行った際にも、「自分も以前に顧客と対話した際にこういうフィードバックをもらっており、気になっていたんですよ!」などといったポジティブな会話が起こり素直に嬉しかったです。 今ではサポート業務を通じて、お客様の悩みをひとつでも解決したいと思うし、一線で頑張っているセールスやCSの皆さんの力にもなりたいと思うし、 同時にプロダクトを前に進めていきたいとも思えるようになりました。 さいごに 正直な話、自分が0から作ったものでないと心の底から伸ばしたい、世の中に広めていきたいとは思えないよなと考えていました。 けれど、チャネルトークは友達にも自信を持っておすすめできるし、もっと多くのスタートアップに使ってほしいと心から思えています。 これだけ自分の情熱を捧げるプロダクトに、このタイミングで出逢えたことに本当に感謝しています。 前回のnoteでもお伝えした通り、 20代ラストの3年間はとにかく結果を残すことにこだわることを心に決めています。 2020年はチャネルトークがきた年だったね!と言われるくらいの成果を残せるよう、目の前のコトに向き合い精一杯取り組んでいきたいと思います! 💬チャネルトークのサービスに興味持っていただけた方がいましたら、もしくはで連絡頂けると嬉しいです!😆🙌 SaaSのグロース・戦略についてディスカッションさせていただける方も募集中です! P. こんな記事を書いていますが、実はまだ試用期間中なんですw(1ヶ月目のフィードバックはポジティブで、なんとかFireされずにすみました。

次の

Corporationのプレスリリース

チャネル トーク

興味がありましたら、本記事とあわせて視聴してみてください。 Microsoft Teams でチャットをする場合、大きく分けて2種類あると思います。 チームのチャネルの会話タブで行うチャットと、個人チャット・グループチャットのチャット。 この2種類のチャットには様々な違いがあるけど、チャットの機能として考えた時の大きな違いの一つが「スレッド型」であるか否かだと思います。 Microsoft Teams において「スレッド」という言葉は出てこないのですが、「新しい会話」と言われてもピンと来ないので僕は良く「スレッド」と説明しますがこの方が理解してもらいやすいです。 」という名の通り、この中で会話をしていくイメージです。 この「件名」は新しい会話を開始する時しか利用できない機能です。 ここにどんなトピックで会話をするかを明確に記載することで、チャネル内の会話が整理できるので極力件名は書いた方が良いと思います。 チームのチャネルの会話に比べてシンプルです。 自分が送信したメッセージは右寄せでプロフィール画像などもなく、自分以外のメッセージは左寄せでそれぞれのユーザーのプロフィール画像がアイコンとして表示されるのも、こちらのチャットの特徴ですね。 と、このようにしっかり見ると小さな違いから大きな違いまで様々な違いがあります。 もちろん、裏側の仕組みとしてチームを作れば Office 365 グループができるけど、個人チャット・グループチャットなら Office 365 グループが作られないので、心理的にもユーザーからすると気軽に会話を開始できるかどうかという違いもありますが。 ただ、このような性質を見比べると向き不向きが出てくるので、それに合った使い方が選択できると思います。 例えば、個人チャット・グループチャットでは、スレッドが立てられないという事は、つまり、マルチなトピックを同時並行して複数人で会話をするには厳しいと思います。 特に大人数で様々なトピックで会話をするならグループチャットではカオスになってしまいます。 ところができたんです。 これに気が付くヒントをくれたのが僕の嫁さんでした。 ママ友とLINEをしていて一つ機能を教わったんだそうな。 LINE も Microsoft Teams なら個人チャット・グループチャットのようにスレッド型ではないチャットなので、同じく複数人でマルチなトピックでやりとりをするには不向きですが、特定のメッセージに対して引用返信できる「リプライ機能」があるそうな。 以下の記事を見ると、2018年の8月に登場した機能だそうです。 メッセージを引用返信できる!「リプライ機能」が新登場:LINE 公式ブログ 試してみます。 で、思ったんです。 Microsoft Teams にもこの機能あればいいなぁと。 で、試しに右から左にスワイプしてみたんですよ。 で、PCから色々試してみたけど、やはりPCからは引用返信はできなさそうです(できる方法知っている方がいたらご一報お願いします。 モバイルアプリならではの機能っぽい。 ただし…上のスクショの通り、引用返信を繰り返しても特にそのやりとりだけスレッド化できるわけじゃないので、その引用返信されたやりとりだけを時系列に並べるなどはできず、あくまでもただの1回の引用返信という感じです。 やはり、チャットでグループチャットをする場合は、大人数でマルチなトピックで会話をするには不向きだと思います。 例えば、相談ベースはグループチャットにして、そこから新しいプロジェクトが生まれたら早い段階でチームを作成する…などの判断が必要だったり、使い分けてみると良いと思います。 「居酒屋店員」「ミュージシャン」「Webデザイナー」という経歴から… 2009年から2016年まで従業員数が約7,000名規模の企業に常駐し、 SharePoint 2007/2010/2013の運営・サイト構築を担当。 2016年の転職をキッカケに、Microsoft 365 Office 365 全般を楽しんでます。 プライベートでも Microsoft 365 を契約し、家庭内活用しています。 公私ともに Microsoft 365 の楽しさを多くの方に伝えられたら、と思っています。 当ブログは完全に個人の趣味で運営しています。 (家族がいるので)限られた短い時間で調査・検証・記事作成をしているので、正確性に欠けている場合があります。 また日々変更のあるサービスをネタとして扱っているため、特に古い記事についてはご自身でも調査・検証を行ってください。 Microsoft MVP 免責事項 2020年6月 日 月 火 水 木 金 土 5 6 7 8 13 14 16 18 20 21 22 24 27 28 29 30 アーカイブ• 10 人気記事•

次の