楽天 モバイル 速度。 楽天モバイルの速度が遅い原因と対策・改善方法【最新版】

楽天モバイルの格安スマホの料金・速度・評判まとめ

楽天 モバイル 速度

楽天モバイルの最新情報は下記の記事を参考にしてください。 楽天モバイルと言えば、楽天市場を経営している楽天株式会社が運営している格安SIMサービスです。 楽天モバイルは他のMVNO事業者とは違って、かなりの頻度でキャンペーンを行っているのが特徴的です。 その中でも端末セール・キャンペーンを常に行っている印象もあり、新型の格安スマホが欲しい人は楽天モバイルと契約するケースも多いのではないでしょうか。 そんな楽天モバイルの通信速度は、遅いのか?速いのか?を計測するために、楽天モバイルと契約しました。 このページでは、 実際に楽天モバイルの通信速度の実測、測定方法、どの程度の通信速度なら遅いと感じないのか、そしていちばん重要な体感速度も紹介していきます。 快適な通信速度の目安 おそらく数値だけ見ても結局どの程度の通信速度だったら快適にネットサーフィン、Youtubeの閲覧ができるのかわからないと思いますので、ある程度の目安となる通信速度を紹介します。 なお、この通信速度についてはサイトによっても目安は変わってくるので、あくまでも当サイトでの快適な通信速度の目安だと思ってもらえたら幸いです。 動画閲覧時に必要な通信速度 今回は動画閲覧に使うサービスとしてYoutube動画を例に通信速度のお話をしていきます。 Youtubeの動画は、ストリーミング再生方式となっているため、動画を読み込みながら再生を行っています。 つまり、動画のダウンロードをしながら再生をしているので、 それなりのダウンロード速度 下り速度 がないと、画質が低下したり、プツプツと再生が途切れてしまうことになります。 Youtubeをスマホから見る場合の画質は最大720pとなっていて、いわゆる高画質で動画を見る場合は最低でも1. 6Mbpsの通信速度がないと画質が480pまで下がったり、プツプツと再生が途切れてしまうことになりますので注意しましょう。 スマホから720pの高画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度 1. 6Mbps必要• スマホから480pの標準画質の動画を見る場合は、最低でもダウンロード速度 0. 9Mbps必要 動画をよく視聴する人は、混雑時でも最低0. 9Mbpsのダウンロード速度を確保できる格安SIMを選択しましょう。 高画質のYoutubeをサクサクと楽しみたいなら、1. 6Mbps以上、欲を言えば最低でも2Mbps欲しいところです。 ネットサーフィンで必要な通信速度 ネットサーフィンの場合は、動画閲覧時よりも通信速度が遅くても大丈夫ですが、画像などの読み込みに時間がかかるとかなりストレスが溜まってしまいます。 では、どの程度が最低でも必要なのかというと、最低でも0. 5Mbps以上は必要と言われています。 画像の多いキュレーションサイトのようなメディアの場合ですと、 0. 5Mbpsだとかなり読み込みが遅いので、1Mbpsは必要だと思ってください。 以上、快適な通信速度の目安を紹介しました。 これらの通信速度の目安を踏まえまして、このサイトでは、次のように低速、中速、高速を分類しています。 5Mbps 500Kbps 未満:低速• 5Mbps 500Kbps ~ 1. 5Mbps 1500Kbps :中速• 5Mbps 1500Kbps :高速 上記の通信速度を参考に、これから紹介する楽天モバイルの通信速度は速いのか遅いのかを見て頂ければと思います。 楽天モバイルの通信速度測定方法 楽天モバイルの通信速度結果を測定するのに使うスピードテストアプリは、下記アプリとなります。 このアプリを使って計測している人は結構多くいますので見たことがあると言う人も多いかもしれません。 その名も「 Speedtest. net」。 それぞれの平均値を表にしてまとめたのが下記となります。 ダウンロード速度 アップロード速度 画像読み込み速度 お昼 18. 52Mbps 12. 39Mbps ー 夜 18. 21Mbps 8. 61Mbps 4. 28Mbps スピードテストを利用しての通信速度測定ですが、楽天モバイルはかなりの高水準なダウンロード速度がでていることがわかります。 PING値も2桁なので数値上はかなり優秀な格安SIMと言えます。 4月と比較してみると若干ダウンロード速度の数値は昼・夜ともに落ちているものの、画像の読み込みテストでは前月よりも大幅に改善されていました。 これは体感速度も期待できそうです。 楽天モバイルの体感速度 4月の楽天モバイルと5月の楽天モバイルの体感速度を比較していきたいと思います。 まず全体的な速度に関してですが、4月と比べると格段に体感速度は速くなったと感じます。 逆に4月はどうしてあんなに遅かったのかという印象。 5月は無難に使える格安SIMだなと感じました。 お昼に関してですが、4月とスピードテストでの通信速度はほとんど変化ありませんが、4月よりも読み込み速度も速くネットサーフィンも問題なく行うことが出来ました。 そして夜に関してですが、数値上はお昼とそこまで変わらない通信速度を記録していますが、実際は画像読み込みテストよりも遅く2Mbps前後しかでていないんじゃないかと感じました。 理由はYoutubeを720pの画質で視聴した際に若干止まる時があったりするからです。 しかしそこまで致命的なレベルで止まるわけではないので、そういった点を考慮すると楽天モバイルの通信速度は若干改善してきているのではないかと感じた5月でした。 他の格安SIMとの比較 お昼 SIM名 下り速度 上り速度 ワイモバイル 19. 64Mbps 0. 53Mbps LINEモバイル 21. 20Mbps 6. 54Mbps Y. U-mobile 13. 30Mbps 10. 29Mbps 楽天モバイル 18. 52Mbps 12. 39Mbps mineo Dプラン 4. 60Mbps 9. 53Mbps UQmobile 21. 60Mbps 6. 82Mbps DMMモバイル 1. 59Mbps 12. 38Mbps 夜 SIM名 下り速度 上り速度 画像読み込み速度 ワイモバイル 23. 23Mbps 1. 46Mbps 13. 16Mbps LINEモバイル 8. 61Mbps 14. 13Mbps 5. 43Mbps Y. U-mobile 3. 53Mbps 6. 28Mbps 1. 76Mbps 楽天モバイル 18. 21Mbps 8. 61Mbps 4. 28Mbps mineo Dプラン 9. 33Mbps 8. 97Mbps 1. 49Mbps UQmobile 20. 77Mbps 11. 13Mbps 7. 88Mbps DMMモバイル 2. 01Mbps 9. 68Mbps 1. 22Mbps 2017年楽天モバイルの通信速度まとめ 2017年楽天モバイルの通信速度をまとめています。 過去と現在の通信速度を比較してご契約の参考にして頂けたらと思います。 下り速度の計測 お昼 夜 画像読み込みテスト 夜 1月 ー ー ー 2月 ー ー ー 3月 26. 75Mbps 27. 46Mbps ー 4月 19. 18Mbps 22. 02Mbps 922. 87Kbps 5月 18. 52Mbps 18. 21Mbps 4. 28Mbps 6月 7月 8月 9月 楽天モバイルはこんな人におすすめ 以上、楽天モバイルの通信速度を評価してきましたが、楽天モバイルは次のような人におすすめしたい格安SIMです。 比較的新しい格安スマホを安く手に入れたい• とりあえず知っている業者が良い• サブとしてSIMカードを持っていたい やはりスマホ自体を安く購入できたりするキャンペーンが多いのは楽天モバイル最大の魅力です。 ユーザー獲得数が多いのもこのキャンペーンを頻繁に行っているからでしょう。 私も楽天モバイルでZenfone Goを5000円ほどで購入できたので契約しました。 現在は通信速度の関係からメインではなくサブのSIMカードとして使っています。 とりあえず出先でメインで使っているほうのSIMに通信制限がかかったり、テザリングしたりするときに楽天モバイルのSIMカードは役立っています。 料金プランもそこまで高いわけではないのでおすすめです。 楽天モバイルの通信速度制限撤廃について 2017年3月1日から、3日間のうち、ある一定数のデータ容量を使っていたら 通信速度が制限される設定が撤廃されることになりました。 ですので、契約したデータ容量を超えない限りは、ずっと高速通信 LTE ができるようになりました。 今まで極端に楽天モバイルが遅いと言っていた人の中には、おそらく通信速度制限にかかっていた人もいるでしょう。 しかし、今回から撤廃されたことで今後は楽天モバイルが遅いという不満の声も少しは減るのかなと思っています。 最後に 以上が、楽天モバイルの通信速度が遅いのかという検証と、他社MVNOの通信速度を比較してみた結果でした。 スピードテスト上ではかなりいい数値がでる楽天モバイルでしたが、実際はそこまで下り速度がでないということは念頭に置いてから契約するようにしてください。

次の

楽天モバイルの通信速度は遅い?他社と比較・実測してみた

楽天 モバイル 速度

楽天モバイルの最新情報は下記の記事を参考にしてください。 楽天モバイルが遅いのは本当? 楽天モバイルに限らず、格安SIM MVNO は大手キャリアの回線から電波を借りて運営しているため、どうしても通信速度が遅くなってしまいます。 遅くなる理由としては、借りている通信量の上限が決まっているため、ユーザーが増えると一人あたりに当てられる回線の量も少なくなるため、結果的に速度低下に繋がります。 このような理由もあり、回線が込み合うお昼休みや夕方の時間帯は、普段より遅くなったと実感するのです。 そして楽天モバイルですがdocomoの回線を借りて通信を提供しており、格安SIMの中でもさらに「格安」を売りにしているSIMです。 そのため楽天モバイルは格安SIMの中でも「遅い」回線として、あまり良く思われていませんでした。 しかし2015年10月以降に新しく回線を増設したため、2015年10月より前の楽天モバイルよりも通信速度はかなり改善されています。 しかしネットの口コミを見てみると、それでも速度が遅いと感じている利用者が多いようです。 下記の投稿からは、人が多い都心部では地方よりもさらに遅くなってしまうことがわかります。 ずっと多摩にいるから気づかなかったけど、都心に来るとたしかに楽天モバイル遅い。 — たまご korehamasadesu 2018年8月23日 楽天モバイル遅い。 おせえええええええええ — miyasako バイク復帰 ororonline• 検証場所:富山県• 計測時間帯:朝8時・10時、昼12時、夜22時• 契約プラン:ベーシックプラン• 利用端末:iPhone 6s 計測場所は富山県の人口10万人足らずの町です。 高層ビルはありません。 昼や夜は、お昼休みや仕事終わり、寝る前などで、ちょうど回線が混み合う時間帯となっています。 通信速度を測定するために、「4Gmark」というアプリを使用しました。 WiFiに接続していると、当然WiFiのスペックなどで影響してくるため、高速データ通信のモバイルネットワーク回線の状態で測定しています。 速度測定で有名なアプリ「Speedtest」は、楽天モバイルだとリミッターが外れて計測値と体感値が全く異なるので、当サイトではなるべく使わないようにしています。 測定結果 朝:8時 朝8時代は、 下り ダウンロード が2. 4Mbps、上り アップロード が7. 48Mbpsでした。 一般的に、ネット回線は下りが10Mbpsでほぼストレスなくサイトの閲覧や動画閲覧ができます。 その半分以下の速さのため、ややもたついた印象を受けるでしょう。 特にアクセスが集中するサイトでは、読み込みまでに数秒かかることがあります。 朝:10時 仕事が始まった/始まる直前/授業中など、なにかしら活動中の人が多いであろう午前10:00ごろの速さは、 下り ダウンロード 10. 29Mbps/上り6. 97 アップロード Mbpsでした。 サイトの閲覧や動画サイトの閲覧、Facebookへの投稿も、ストレスを感じないスピードでした。 このように、利用者が少ない時間帯ならば楽天モバイルの回線は混み合わないことがわかりました。 お昼:12時 お昼休みの方が多い12時代は、朝よりも上りの速度がさらに落ちます。 下記画像の速さ 下り速度 ダウンロード :4. 79Mbps/上り速度 アップロード :6. 50Mbps だと、動画を見たりサイトを閲覧できるまでは数秒かかり、画像や動画のアップロードには数十秒かかります。 かなり遅さを感じるようになります。 22:00 夜になると仕事も終わり、プライベートの時間が増えるため、回線は混雑しやすいタイミングです。 測定した結果、 下り速度 ダウンロード が2. 32Mbps、上り速度 アップロード が3. 15Mbpsという結果になりました。 昼の速さと比べると、大差は無いといえやや遅く感じる通信速度です。 具体的にいうと、Facebookのフィードの読み込み 下り や投稿 上り は、昼12:00よりもやや遅く感じます。 また、楽天市場などの通販サイトでは画像が多く使用されているため、画像の読み込みに数秒~10秒ほど時間が必要です。 都内などの人が多くいる場所や、地下にいる場合は、さらに遅く感じてしまいます。 回線が混雑する時間帯/時期だから 楽天モバイルの通信速度が特に遅くなるのは、お昼休みなどの回線が混雑する時間帯や、新生活が始まるシーズンによく遅くなってしまいます。 時間帯や時期に共通する原因は「利用者の増加」です。 混雑する時間帯を避けて使用する、もしくはWi-Fiに接続してインターネットを利用するなどし、通信速度を改善しましょう。 利用者は多いが、まだまだ設備投資不足 楽天モバイルの契約者 回線利用者 が多いということも、通信速度が遅くなる原因です。 楽天モバイルは500円代から利用できるため、他格安SIMに比べても安いSIMです。 また、楽天ポイントがたまる、最新のAndroidスマホが格安で入リュできるというメリットがあるため、比較的人気の高い格安SIMです。 こればかりはユーザー側では対策をとれませんが、楽天側で回線を増やすなどの設備投資対策をとっているので今後に期待しましょう。 電波のさえぎられる場所にいるから エレベーターの中や地下鉄、高層ビルが立ち並ぶ大都会などにいると、通信の電波がさえぎられるため速度が落ちてしまいます。 大手キャリアのドコモ回線でさえ、少し速度が遅くなるため、楽天モバイルはさらに遅く感じてしまうのです。 もし、通信速度が遅いと感じるときや動画の閲覧をするときなどは場所を変えることで通信速度が改善できるかもしれません。 我慢できる 標準 快適 動画 YouTube等 1~5Mbps 5~10Mbps 10Mbps以上 画像 Webサイト 200~1Mbps 1~5Mbps 5Mbps以上 昨今はYouTubeなどの動画コンテンツを視聴する人が多いので、 やはり目安としては速度低下が起こりやすい時間帯でも5~10Mbpsくらいの通信速度が欲しいところです。 ただ、ほとんどの格安SIMでピーク時に5~10Mbpsの速度を出すのは難しいのが現状。 総務省では格安SIM間での速度格差を失くすよう指導し始めましので、今後のMVNO側の対策に期待して待ちましょう。 楽天モバイルが遅い原因まとめ ここまで、楽天モバイルが遅い原因と対策について解説してきました。 今回の記事内容をまとめると次の通り。

次の

【2020年】楽天モバイル(楽天アンリミット)の実効速度・評判・デメリットを徹底解説

楽天 モバイル 速度

今回は端末の購入は行わず、SIMカードのみを契約しました。 SIMカードのみを契約した場合、以下の2点が届きます。 スタートガイド• SIMカード(マルチSIM) 格安SIM(MVNO)としてサービスを展開していたころの楽天モバイルは赤色のロゴを使用していましたが、大手通信事業者(MNO)として新しくサービスを開始した楽天モバイルのロゴは蛍光色のピンクのような色で、とても派手派手しいです。 開通方法 開通方法はとても簡単! 届いたSIMカードを自分の使う端末に挿し電源を入れるだけです。 筆者の環境下では煩わしい通信設定を行うことなく使えるようになりました。 少し気になったためAPN設定を確認すると、、、 実際の通信速度測定 ここまで楽天モバイルの基本情報を紹介してきましたが、ここからは実際の通信速度や、自社回線からパートナー回線への切り替わりのスムーズさなどを確認していきたいと思います。 スピードテスト まずはスピードテストを行いました。 スピードテストに使用したアプリは下記の3つです。 my 楽天モバイル• ドコモスピードテスト• Speedtest. net 測定では、HUAWEI P30 Pro(中国版)に楽天のSIMカードを挿入し、自社回線の速度、パートナー(au)回線の高速通信時速度、パートナー(au)回線の低速通信速度を測定しました。 測定は千葉県市川市と東京都新宿区で行いました。 それでは、結果を見ていきましょう。 自社回線の速度(測定場所:千葉県市川市) 市川駅の改札内で低速通信で速度を計測してみました。 my 楽天モバイルのアプリより、 「 データ制限モード」をONにすることで低速通信が可能となります。 低速通信時の速度は 最大1Mbpsと、Youtube動画も標準画質で見れてしまうほどの速さです! データ制限モードを使用すると、パートナー回線エリアでの 高速データ通信容量を消費しません。 データ制限モードはパートナー回線でのみ適応され、楽天回線では常に高速データ通信が使い放題です。 パートナー回線を使用した低速通信でも通信は安定しており、約1Mbpsの速度が出ています。 これだけの速度が出ていれば、Youtubeも問題なく観れますよ! 自社回線の速度(測定場所:東京都新宿区) 楽天モバイルでは、楽天リンクというアプリを使用して電話をすることで、かけ放題となります! 実際に楽天リンクを使用し電話をしてみましたが、LINEの無料通話のような音質で、少々遅延があるようにも感じました。 また、ノイズが入っていることもあり、あまり快適な通話はできませんでした。 サービスを開始ししたばかりなので、これからの改善に期待しています。 通信の切り替わりは? サービスを開始したばかりの楽天モバイルは通信エリアは狭いため、エリア外では、auの通信に切り替わります。 楽天モバイルの通信エリアはから確認できます。 通話中に通信回線が切り替わった場合どのようになるのか試してみたところ、筆者の環境下では上手く切り替わらず、通話が終了してしまいました。 また、通信が切り替わる際は必ず圏外になってしまいます。 考えられる理由として、筆者が使用しているHUAWEI P30 Pro(中国版)は楽天モバイル回線に対応している機種ではないため、通信中に何かトラブルが起きているのだと思われます。 契約時には、端末もセットで購入した方が良さそうです。 まとめ 4月8日よりサービスを開始した楽天モバイルですが、今のところトラブルなくサービスを提供しています。 サービス開始直後のため、加入者も少なく通信速度も速いです。 また、基地局の整備が手薄な場所では、通信速度に差が出ることがありますが、体感速度に変わりはありません。 ただし、対応機種以外で使用する場合には、通信が全く切り替わらないなどの問題が発生するかもしれないので契約時にスマホもセットで購入すると良いでしょう。 今なら、楽天スーパーポイントが最大63,00ポイントも貰えるキャンペーンと、1年間の基本料金が無料となるキャンペーンを行っているため、気になっている方は是非契約してみてはいかがでしょうか。 最低利用期間も契約解除料もないので、1年間無料を存分に味合うことができます。

次の