タラの葉。 タラの若葉のおいしい食べ方&レシピ

タラの若葉のおいしい食べ方&レシピ

タラの葉

広告 タラの木の特徴 学名 Aralia elata 別名 タラの木、たらのき、タラノキ、 タラの芽、たらのめ、三年疼き、三年うずき、さんねんうずき、タランボ 科、属 ウコギ科タラノキ属の 楽天 樹です。 原産地 日本 分布 日本各地や東アジアで、日当たりの良い山林に分布 樹姿 樹木には とげ 棘がたくさんあります。 葉の特徴 葉の付き方----奇数2回羽状複葉 花の特徴 夏から秋にかけて、小さな白い花が放射状に咲きます 果実 秋には黒い小さな実ができます 利用 一般的には若芽をタラの芽 山菜 として食用にします。 樹皮は健胃、強壮、強精の作用があります。 タラの木と花の写真 タラの木の花(ウコギ科)です。 我が家で畑の隅に栽培しているタラの木に花が咲きました。 木の高さは3メートル程度あり高い所から撮影しました。 タラの芽は有名ですが、花を見ることはあまりありません。 タラの木はこの地方では「三年ウズキ」と言います。 このトゲが刺さると三年も疼くという意味です。 そんなに三年も疼く うずく ことは無いと思いますが、木の幹にはトゲがたくさんあります。 この木は栽培用の品種なのでほとんどトゲはありません。 撮影日 2006. 10 場所 小田郡矢掛町 タラの芽の栽培、採取と利用方法 タラの芽の採取は先端から出た1番芽と、その脇から伸びた2番芽までとします。 樹勢の良い木ではもっと採っても大丈夫ですが、必ずひとつは芽を残すようにします。 そうしないと木が枯れてしまいます。 大きな木になると、枝が何本も出てきて、芽もたくさん出て来るでしょう。 適度に芽を残しながら収穫すると多くのタラの芽をシーズン中に何回でも収穫できるようになります。 採ってきたタラの芽は天ぷらにすると、苦みを感じなくてとても美味しいものです。 単に茹でて「おひたし」にしてもよいと思います。 油で炒めても食べられます。 タラの芽の伏せ込み栽培方法 たくさんの芽を収穫するには、伏せ込み栽培をします。 30cm程度に切り分けたタラの木の枝を水を入れたバケツに浸けて、各節から出てくる芽を摘む方法です。 この方法は、芽は小さくても一本の木から、たくさんの芽を収穫できますのて、小さい芽を多く収穫する場合に適しています。 タラの木の繁殖方法 タラの木の繁殖方法は、一般的には挿し木や種で増やしますが、他にも根挿しや地下茎から出た芽を植え替えても増やすことがてきます。 挿し木や種で増やす タラの木の繁殖方法で一番多いのは、挿し木や種を植えて増やします。 自然に種が落ちて生えてきたのを植え替えて増やしても良いでしょう。 根挿しで増やす 他の繁殖方法としては根挿しがあります。 その根を、幅約1mの畝に約30cm間隔で植え付けます。 秋までには芽が出て大きくなるので別の場所に植え替えます。 地下茎から出た芽で増やす また、タラの木が大きくなると、木の周りに地下茎で別の芽が出てきます。 これを植え替えても繁殖させることができます。 何年も栽培していると、このようにしていくらでも増えていきます。

次の

タラヨウ

タラの葉

タラノキは日本や中国の山林などに自生する落葉低木。 春に芽吹くタラノメは脂質とタンパク質を多く含むため、山のバターとも呼ばれ、天ぷらや和え物にして食べると美味しいものです。 以前は山野のいたるところに生育していたタラノキですが、新芽の乱獲により枯れる個体が多く、近年では自生している木を見かけることが少なくなってしまいました。 栽培の歴史も浅く、栽培品種として確立されたものは極めて少ないので、貴重な植物だと言えます。 タラの葉は、中国で古くから民間薬として利用されてきました。 中医学の漢方生薬としても、糖尿病や腎臓病の改善に用いられています。 日本でお茶として飲まれるようになったのは最近になってから。 タラの葉のえぐみや苦みを抑えて飲みやすくなったタラの葉茶が販売されています。 タラの葉茶の期待できる効能• 糖尿病予防• 動脈硬化予防• 整腸作用• 便秘改善• アンチエイジング• ダイエット タラの葉の大きな薬効は、なんといっても血糖値上昇を抑える作用。 タラの葉の成分には、糖尿病治療薬「グリチルリチン」と同様の効能があることが研究により確認されています。 「グリチルリチン」には高血圧やむくみなどの副作用がありますが、タラの葉茶にはそんな副作用はありません。 自然の恵みである植物で、体に負担なく病気を予防、改善できるのはうれしいことですね。 ここで、タラの葉茶に含まれる有効成分が、人間の体にどのように作用するのかをご紹介します。 サポニンが血糖値上昇を防ぎ、年齢を感じさせないカラダを作る タラの葉に含まれるサポニンは、胃で代謝吸収されず、腸に届いて多様な薬理作用を発揮します。 まず注目すべきは、 血糖値の上昇を防ぐ作用。 サポニンには、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌促進作用はありませんが、胃から腸への糖分の移動を妨げて、小腸でのグルコース(ブドウ糖)吸収を阻害することにより、 食後の急激な血糖値の上昇を抑制する働きをします。 胃の排出能力を弱めて腸のぜんどう運動を活発にするため、 食欲を抑制する作用や、便を排出する作用もあり、 ダイエットや便秘解消効果も見込めます。 また、脂肪消化酵素(リパーゼ)に働きかけて、 脂肪の吸収を抑える作用もあり、ダイエット効果を高めています。 それからタラの葉のサポニンには、 細胞の酸化(サビ)を防ぐ作用もあります。 ある研究で、老齢マウスに60日間タラの葉サポニンを投与したら、血液中と肝臓の酸化物質が大幅に減少し、老化を防ぐ酵素が増加したという結果が出ています。 肌のシワやシミ、白髪から、ガンや生活習慣病なども、細胞の老化が原因の一つ。 タラの葉茶は、そういった老化現象を防ぎ、 健康で若々しいカラダ作りをサポートしてくれるのです。 ポリフェノールが血液をサラサラにして、病気を防ぐ タラの葉には強力な 抗酸化作用があるポリフェノールが含まれていて、上記サポニンとの相乗効果により老化を防ぎます。 コレステロール値を下げることにより、 血流を改善する作用もあるので、血管内に血栓ができるのを防いで 動脈硬化など心血管疾患を予防します。 食物繊維が腸内をキレイにし、タラの葉茶の薬効を高める 食物繊維には、 腸内環境を整える作用があります。 腸壁にこびりついた宿便を排泄に向かわせて 便秘を解消する効果や、過剰な脂質や糖質の吸収を抑制して、 血液中の中性脂肪をを減らす働きをします。 食物繊維は、上記サポニンやポリフェノールの働きをサポートし、病気予防効果を高めてくれる成分なのです。 タラの葉茶の副作用 タラの葉には糖の吸収を妨げる作用があるので、普段から低血糖の人は注意して飲用してください。 始めて飲む場合は、薄目に煎じて、体調を見ながら少しずつ飲むようにすると良いでしょう。 また、有効成分サポニンには体を温める作用があるため、熱がある人やのぼせやすい人は、タラの葉茶の飲用は控えたほうがよいとされています。 さにら、タラノキ抽出物は、グルコースの消費を増加させ、体重および空腹時血糖値を低下させることが確認されています。 このことは、タラノキが糖尿病に有効であることを示唆しています。 In the present study, AE extract was shown to reduce hepatic lipid accumulation and significantly downregulate the level of lipogenic genes and upregulate the expression of lipolysis genes in HepG2 cells. And also, AE extract significantly increased the glucose consumption, indicating that AE extract improved insulin resistance. 糖尿病誘発心臓疾患におけるタラノキ抽出物の影響を調べた研究 中国とアメリカの共同研究で、タラの木抽出物を糖尿病ラットに8週間投与したところ、糖尿病誘発性心機能障害に対して有意な防御作用を示しました。 タラノキ抽出物は、心臓細胞に対し、線維化を阻止することで心機能不全を予防することが明らかとなっています。

次の

タラの葉茶の効果・効能・副作用|選び方のコツとおすすめの飲み方まとめ

タラの葉

タラの芽とは ウコギ科タラノキ属のタラノキの若芽を指し、古くから親しまれている山菜の1つです。 旬の時期や採れる地域は? 旬は3-4月で、日本ではほぼ全域の山に自生しています。 原産は中国東北部で日本のほかにも朝鮮半島、シベリアと分布地域が広いのが特徴です。 タラノキは酸性の土壌を好み、海抜250-1000mの小川のそばや雑木林林、潅木林、広葉樹林、野原、草むらといった天然の環境です育ちます。 また、焼畑や伐採をした跡地にも多く見られます。 しかし自然破壊や乱獲の影響により、成育条件はそれほど厳しくないにも関わらず、年々数が減ってきているのが現状です。 タラの芽はこれからも注目される食材 私たちの食生活は豊かになり、肉や魚がいつでも食べられるようになった反面、これらの安全性も懸念されるようになっています。 そこで注目されているのが、汚染なし、低脂肪、低糖質、ビタミン食物繊維が豊富なタラの芽です。 タラの芽は病気を防いだり長寿のもとになるとして、古くから薬のように食べられてきました。 天然のタラの芽が減っていることを受けて、種があれば簡単に増やせて、コストも手間もかからないハウス栽培が盛んです。 スーパーにあるとげがなく柔らかいもののほとんどが、ハウス栽培もといわれるほど。 日本でも東北、関東、四国、中国地方の各地で栽培されています。 タラの芽の栄養成分 香り豊かな自然の風味にほんのり甘いタラの芽は、栄養価が非常に高く山菜の王様と呼ばれます。 豊富な栄養 タラの芽には以下に挙げるさまざまな成分が含まれています。 タンパク質、脂肪、炭水化物、食物繊維、ビタミンB2、ビタミンB1、ニコチン酸、ビタミンC、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、マンガン、錫、バリウム、鉛、銅、リンなど。 そのうち栄養素となるのが、有機酸やビタミン、食物繊維やミネラルであり、アミノ酸量も多いことから、リウマチ、関節炎、糖尿、精力減退、肝炎といった症状に効果があるとされます。 ・ タラの芽には毒がある? 国内外では常に品薄状態が続いている反面、毒があるとも言われます。 これは一体どういうことでしょうか。 毒があるといわれる理由 タラの芽そのものに毒はありませんが、見た目がよく似たウルシの新芽は毒タラの芽と呼ばれます。 みなさんご存知の通り、ウルシは体質によってかぶれる危険性があります。 しかし誤ってウルシの芽を食べても毒はないとされています。 タラの芽とコシアブラとの違い タラの芽にとてもよく似た山菜に、同じウコギ科のコシアブラという木があります。 もちろんこちらも食用なので誤って食べても問題ありませんが、タラの芽と区別したい場合は、どう見分ければ良いのでしょうか。 ポイントはとげ タラの芽と同じように、コシアブラもハカマ(付け根)の上に細く柔らかな葉が真っ直ぐに伸びていますが、タラの芽はこのハカマの部分に小さなたくさんのとげがあります。 同じような山菜でハカマにとげがあるのはタラの芽だけですので、この1点だけで見分けがつきますね。 他の違いを挙げてみると、コシアブラの葉は若草色で葉の先がピンと尖っていますが、タラの芽は茶色がかった黄緑色をしており、葉の先が丸まっています。 また表面全体が灰色を帯びたビロードのような毛で覆われているのも特徴的です。 味の面では、コシアブラはタラの芽よりもアクが強いため、天ぷらなどの揚げ物以外で調理する場合は、少し長めに塩水で茹でてアク抜きするようにしましょう。 ウルシとの見分け方 タラの芽の半分ほどの大きさのハカマに、濃い緑色をした茎と茶色を帯びた葉が生えているのがウルシです。 柔らかふわふわしたタラの芽に対し、ウルシは茎から葉までピンと生えそろっており、茎の部分が長く葉の形もはっきりとしています。 タラの芽の味を引き出す食べ方と保存方法 タラの芽の天ぷらは、甘くサクサクした食感と口の中に広がる香りがたまらない逸品です。 タラの芽といえば天ぷらというほどその食べ方は定着していますが、同じように春を感じられる食べ方はほかにもあるんです。 タラの芽はこんな食べ方がおすすめ 生のまま天ぷらにするのはもちろん美味しいですが、ほかにも下ゆでをしたものに和風ソースをつけたり、炒めものや、スープ、おひたしでも美味しく食べられます。 どんな調理方法でも、ケチャップやソースなどは使わず、あっさりと塩胡椒で味を整えましょう。 そうするとタラの芽の香りが存分に楽しめます。 タラの芽の保存方法は• 鍋に湯を沸かし、沸騰したらタラの芽を入れ、色が変わったら取り出します。 すぐに冷水につけ、今度はしっかり水切りをします。 大きめの容器にタラの芽を敷き詰めて塩をまんべんなくふり、しっかり全体に塩が行き渡るようにします。 30分ほどで水が出てくるため、更に水を切ります。 乾いたらラップに包んで冷凍庫に入れれば、15-20日は保存可能です。 食べる時は、解凍してからぬるま湯にくぐらせてから調理してください。

次の