えきねっと アプリ 新幹線。 JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

Androidアプリ 「えきねっとアプリ」 (旅行&地域)

えきねっと アプリ 新幹線

さまざまな機能の中でも、アップルウォッチをかざすだけで公共交通機関に乗り降りできる「モバイルSuicaアプリ」は本当に便利。 わたしはJR東海道新幹線に専用のICカードで乗り降りできる「(エクスプレスIC)」というサービスをかれこれ15年以上利用してきているのですが、「モバイルSuicaアプリ」にはその機能も統合されているため、東海道新幹線もスマホであらかじめ予約し、アップルウォッチをかざすだけで乗車できてしまいます。 でピッとパッと新幹線に乗るところを、撮ってみた! (BGMついてます🎵) — ヌー : すっきり、さっぱり。 これでJR東海道新幹線以外の新幹線にもチケットレスで予約・乗車ができることになるので、いちいち空席があるかどうかを気にしながら窓口に並んだりする必要がなくなり、ほんとうに便利になります。 あたらしく始まる「新幹線eチケットサービス」でできることと、利用するための登録方法をまとめます。 Suicaなどの交通系ICカード、モバイルSuicaアプリで新幹線にラクラク乗車!「新幹線eチケットサービス」とは? まずは「新幹線eチケットサービス」の概要を。 「新幹線eチケットサービス」とは? 券売機や窓口できっぷを受取ることなく、お持ちの交通系ICカードやモバイルSuicaで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にチケットレスでご乗車いただけるサービスです。 早めのお申込みでおトクな「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」もご利用いただけます。 JR東日本「えきねっと」より引用 「新幹線eチケットサービス」でできることは?• JR東日本管内の新幹線( 東北・山形・秋田・北陸・上越)が対象• 乗車券と特急券が一体となった「新幹線eチケット」を、スマホやパソコンから予約購入できる• 予約時に利用選択した交通系ICカードを新幹線の改札にタッチするだけで、新幹線に乗車することができる 「新幹線eチケットサービス」利用に必要なものは?• 「Suica」や「PASMO」「ICOCA」などの交通系ICカードか、「モバイルSuicaアプリ」の入ったスマートフォンやアップルウォッチ• JR東日本の「」もしくはJR西日本の「 」での会員登録 「新幹線eチケットサービス」利用にかかる費用は?• 基本無料• (「Suica」などの交通系ICカードを利用するのであれば、そのICカード利用開始の実費は別途必要) 「新幹線eチケットサービス」利用のための「えきねっと」登録方法は? 「新幹線eチケットサービス」を利用するためには、JR東日本の「」もしくはJR西日本の「」での会員登録が必要となります。 以下は、JR東日本の「えきねっと」でわたしが会員登録したときの画面の流れです。 「えきねっと」会員登録のながれ 「」へアクセスし、左上の「はじめての方 会員登録」ボタンをクリック。 下の方にスクロールし、「会員登録(無料)する」ボタンをクリック。 個人情報の取り扱いおよび規約類に同意であればチェックボックスにチェックを入れ、「同意して次へ」ボタンをクリック。 登録するメールアドレスを入力し、「確認画面へ」ボタンをクリック。 この後JR東日本から送信されてくるメールでリンクをクリックし、ジャンプした先で必要情報を入力すると登録が完了します。 「SuicaID番号」の確認・登録方法 「えきねっと」の必要情報登録時に「SuicaID番号」の入力を求められますので、その確認方法を以下にご紹介します。 「Suica」などの交通系ICカードを登録する場合 「Suica」などの交通系ICカードを「新幹線eチケットサービス」に利用登録する場合、カードの裏側にある番号をそのまま入力します。 「モバイルSuicaアプリ」を登録する場合 「モバイルSuicaアプリ」を 「新幹線eチケットサービス」に利用登録する場合、「モバイルSuicaアプリ」を開いて出てくるSuicaカードのデザイン部分をクリック。 次の画面の中段にある「SuicaID番号」(アルファベット2文字で始まる数字列)を入力します。 あっという間に登録は完了です! 「新幹線eチケットサービス」は、新幹線乗り継ぎに注意 「Suica」などの交通系ICカードか「モバイルSuicaアプリ」を改札にかざすだけで乗車できるのが非常に便利な「新幹線eチケットサービス」ですが、乗り継ぎには気を付ける必要がありそうです。 JR東海道新幹線からJR東日本の東北・山形・秋田・北陸・上越新幹線へ共にチケットレスで乗り継ぐ場合、本来であればいちばんシンプルに乗り継ぎできるはずの「のりつぎ改札」を利用することができません。 JR東海道新幹線から一旦在来線の改札へ出て、そこからぐるりと回って、あらためてJR東日本の新幹線改札を通る必要があります。 …やや遠回りになるので、めんどくさいです。 乗り継ぎ時間にはご注意ください。 おわりに 以前は 「(エクスプレスIC)」 という専用のICカードが必須だったJR東海道新幹線のチケットレスサービスも、「」サービスの開始でスマホを持っている人ならば誰でも利用できるようになりました。 (乗車運賃は「エクスプレスIC」の方が安くなりますが…。 ) 「スマートEX」でJR東海の東海道新幹線、「新幹線eチケットサービス」でJR東日本の 東北・山形・秋田・北陸・上越新幹線に乗ることができるようになれば、乗りたい新幹線の空席の有無を気にしながらみどりの窓口や券売機前に並ぶ必要もなくなります。 しかも早く予約すると割引も。 スマホやPCから乗車予約でき、手持ちの交通系ICカードやスマホをタッチするだけで新幹線にラクラク乗車できる。 3月14日から始まる「新幹線eチケットサービス」、たのしみです。 下の四角いボタンをクリックして応援していただけるととっても嬉しいです。 テーマごとにランキング順でご覧いただけます。

次の

東海道新幹線の予約をするのにえきねっとのように無料で出来る?他の人の分まで取れる?

えきねっと アプリ 新幹線

Point 2 交通系ICカードでチケットレス乗車!• ・「えきねっと」であらかじめ登録したSuica等のICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで、新幹線にチケットレス乗車することができます。 ・お持ちの全国相互利用対象の10種類の交通系ICカードがご利用いただけます。 ・こども用のICカードをご登録いただければ、小児のお客さまもチケットレス乗車していただくことができます。 ・モバイルSuicaもご登録いただけます。 Suica• Kitaca• ICOCA• PASMO• TOICA• manaca• PiTaPa• nimoca• SUGOCA• はやかけん• ・指定席:所定の運賃+料金から 200円引き• ・自由席:所定運賃+料金と同額 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 あり あり あり あり なし なし 6名 6名 6名 1ヶ月前10時から 出発時刻4分前かつ22時54分まで 1ヶ月前10時から 乗車日当日の1時40分まで 1ヶ月前10時から 乗車日13日前の1時40分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで ご予約成立時 ご予約成立時 ご予約成立時 クレジットカード決済 クレジットカード決済 クレジットカード決済• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 1名様につき手数料320円• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円)• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円) スワイプすると内容の詳細がご覧いただけます。

次の

Androidアプリ 「えきねっとアプリ」 (旅行&地域)

えきねっと アプリ 新幹線

えきねっとなら発売前にひと足早く予約できる えきねっと」なら指定席予約を 乗車日の1ヶ月前より、 さらに1週間前(同曜日)の5:30から ネットで「 事前受付」してくれます。 言ってみれば、一足先に乗りたい新幹線の指定席にノミネートするイメージ。 あくまでも予約を受け付けるサービスです。 申込結果の成立/不成立は メールで送られてきます。 ネットでも確認できます。 割引される新幹線の指定席チケット料金も魅力 全国の新幹線、JR特急列車がインターネットで予約できる会員サービス。 やなど公式サイトの解説も参考になります。 「えきねっと」を使うメリットは… 1)窓口よりひと足早く指定席の予約受付開始 2)発券前なら何度でも変更や払い戻し可能 3)えきねっと表示の券売機できっぷを受取 4)年末年始、お盆、連休など混雑期もOK 5)Suicaなどにチャージできるポイント 発券時に予約番号と登録した クレジットカードと 暗証番号が必要です。 必ず忘れずに持参してください。 「 えきねっとトクだ値」は 5〜15%割引。 早めの申し込みで さらに割引率が高い「お先にトクだ値 」は 25〜35%割引できっぷが買えます。 「えきねっと」会員登録は無料 「えきねっと」を利用するには 会員登録(無料)が必要です。 パソコンやスマホから会員登録できます。 はからどうぞ。 会員登録に当たって、 本人名義のクレジットカードを用意しましょう。

次の