外貨預金 人民元。 中国の人民元の金利は魅力的か?外貨預金できるネット銀行一覧

中国人民元(CNH)の知られざる魅力│初心者にもわかるFX投資

外貨預金 人民元

外貨と気軽に付き合う方法として外貨預金がありますが、中国元を取り扱っている邦銀は日本にはありませんでした。 中国政府が投機的な取引を規制していたためです。 中国元を扱えるのは、輸出入や中国旅行の時など実需のある人だけで、投資目的には開放されていなかったからです 唯一、中国銀行Bank of China東京支店だけが人民元預金を提供していました。 HSBCが始める人民元業務 しかし、この10月12日から日本での預金が可能となりました。 やってくれます!HSBC 香港上海銀行 です。 その取扱い概要は以下の通り。 1%、定期預金0. 5% HSBCプレミアとは預け資産1,000万円以上の客へのサービス 香港での長い実績と強力なネットワークを持つHSBCならではのユニークな金融商品の登場です。 日本の多くの個人投資家の熱い期待に応えての、人民元の取り扱い開始です。 これでHSBCでは23通貨を取り扱うこととなります。 日本では最多の取扱い通貨数です。 中国元での預金開始に引き続き、HSBCではこれもまた日本初となる中国人民元建社債 円貨決済型 を2010年10月26日に発行します。 人民元建で発行され、支払いは円貨でなされます。 期間10年、利率は年2. 10%となっています。 中国元の為替差益を狙う 中国から世界中への輸出が増えています。 そこで元が国際通貨として、急速にその認知度が高まってきました。 その一方で、ドルを下げたいアメリカは中国元の切り上げを繰り返し要求しています。 中国元高を狙って元の外貨預金をもくろむ日本人投資家がいるのも事実ですから、今回の元預金の開放はまたひとつ投資家の選択肢を増やしてくれることになるでしょう。 為替の世界は複雑怪奇 ただし、為替レートの行方は「神のみぞ知る」。 たとえ、中国元が米ドルに対して切り上がっても、日本円も高くなれば日本人が元高の恩恵を直接受けることはできません。 また、年利1%未満のリターンが年間8%超の成長を続ける中国経済に期待する投資の成果としてリスクに見合うものなのか?慎重な見極めが必要です。 その上に、中国の政治リスクも見捨てがたいものがあります。 何しろ、一党独裁政治ですから。 海外投資の基本は現地通貨建てで、現地の株や債券に投資することであることを付け加えておきます。

次の

外貨預金するなら、今だとどこの通貨がおすすめなの?

外貨預金 人民元

高金利が魅力の外貨預金。 通貨によって金利が違うのは当然として、預ける金融機関によって異なるのをご存じだろうか? 外貨預金の金利を比較 三菱UFJ銀行の外貨預金の金利は? 三菱UFJ銀行の外貨預金は、普通預金と定期預金(『ホット定期』)に大別される。 米ドル(米国ドル)、ユーロ、豪ドル(オーストラリアドル)、NZドル(ニュージーランドドル)、英ポンド(イギリスポンド)、スイスフランが利用でき、金利は以下となる。 預入額が3万米ドル相当額以上10万米ドル相当額未満、10万米ドル相当額以上で金利は異なる。 他行に比べて金利は相対的に低めの印象。 特徴は為替予約が非居住者以外の個人で利用できること。 為替レート変動のリスクを軽減する可能性がある。 みずほの外貨預金の金利は? みずほ銀行の外貨預金は世界の主要6通貨(米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフラン)を取り扱う。 三菱UFJ銀行と同様、普通預金と定期預金が利用可能で、金利上乗せにより、米ドル、豪ドルの1年ものに金利差が生じる『グローバル外貨定期預金』が用意されるのが特徴。 金利は三菱UFJ銀行とほぼ同水準の模様。 詳しくは以下を参照 楽天銀行の外貨預金の金利は? 楽天銀行の外貨預金は、普通預金と定期預金に加えて外貨定期預金の積立購入が用意される。 当行の特徴は7日間、14日間という超短期の外貨定期預金が利用できること。 また、外貨普通預金から預入した場合に対して円普通預金から預入した際に高金利が期待できるのも魅力だろう。 主要国6通貨のうちスイスフランの取り扱いはないが、南アフリカランド、メキシコペソ、中国人民元といった通貨での預金が可能なことも特徴だ。 外貨普通預金の米ドル、英ポンドのレートが低いのが目立つものの、相対的に金利は高めの設定。 特に定期預金の高金利が際立つが、外貨普通預金から預け入れた場合は金利設定が低めとなるのには留意したい。 また、外貨定期預金には最低預入額があり、例えば米ドルの場合、7日、14日もので500米ドル(約5万5000円前後相当)、1か月以上の商品は10米ドル(約1100円前後相当)と決まっている。 詳しくは以下を参照 イオン銀行の外貨預金の金利は? イオン銀行は米ドル、豪ドル、NZドルの3通貨を取り扱い、それぞれ外貨普通預金と外貨定期預金が用意されている。 また、米ドルのみの取り扱いとなるがあらかじめ指定した日に、普通預金口座から自動的に外貨普通預金口座へ振り替える『外貨普通預金積立』サービスもある。 1回500円から積立可能で、毎日コツコツ貯める、もしくは毎月5日、15日、25日から任意の日を1つから3つまで選択可能だ。 取り扱い通貨こそ少ないが、他行に比べて金利はやや高めの設定になっている。 詳しくは以下を参照.

次の

じぶん銀行の外貨預金の評判とメリット、デメリット

外貨預金 人民元

高金利が魅力の外貨預金。 通貨によって金利が違うのは当然として、預ける金融機関によって異なるのをご存じだろうか? 外貨預金の金利を比較 三菱UFJ銀行の外貨預金の金利は? 三菱UFJ銀行の外貨預金は、普通預金と定期預金(『ホット定期』)に大別される。 米ドル(米国ドル)、ユーロ、豪ドル(オーストラリアドル)、NZドル(ニュージーランドドル)、英ポンド(イギリスポンド)、スイスフランが利用でき、金利は以下となる。 預入額が3万米ドル相当額以上10万米ドル相当額未満、10万米ドル相当額以上で金利は異なる。 他行に比べて金利は相対的に低めの印象。 特徴は為替予約が非居住者以外の個人で利用できること。 為替レート変動のリスクを軽減する可能性がある。 みずほの外貨預金の金利は? みずほ銀行の外貨預金は世界の主要6通貨(米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフラン)を取り扱う。 三菱UFJ銀行と同様、普通預金と定期預金が利用可能で、金利上乗せにより、米ドル、豪ドルの1年ものに金利差が生じる『グローバル外貨定期預金』が用意されるのが特徴。 金利は三菱UFJ銀行とほぼ同水準の模様。 詳しくは以下を参照 楽天銀行の外貨預金の金利は? 楽天銀行の外貨預金は、普通預金と定期預金に加えて外貨定期預金の積立購入が用意される。 当行の特徴は7日間、14日間という超短期の外貨定期預金が利用できること。 また、外貨普通預金から預入した場合に対して円普通預金から預入した際に高金利が期待できるのも魅力だろう。 主要国6通貨のうちスイスフランの取り扱いはないが、南アフリカランド、メキシコペソ、中国人民元といった通貨での預金が可能なことも特徴だ。 外貨普通預金の米ドル、英ポンドのレートが低いのが目立つものの、相対的に金利は高めの設定。 特に定期預金の高金利が際立つが、外貨普通預金から預け入れた場合は金利設定が低めとなるのには留意したい。 また、外貨定期預金には最低預入額があり、例えば米ドルの場合、7日、14日もので500米ドル(約5万5000円前後相当)、1か月以上の商品は10米ドル(約1100円前後相当)と決まっている。 詳しくは以下を参照 イオン銀行の外貨預金の金利は? イオン銀行は米ドル、豪ドル、NZドルの3通貨を取り扱い、それぞれ外貨普通預金と外貨定期預金が用意されている。 また、米ドルのみの取り扱いとなるがあらかじめ指定した日に、普通預金口座から自動的に外貨普通預金口座へ振り替える『外貨普通預金積立』サービスもある。 1回500円から積立可能で、毎日コツコツ貯める、もしくは毎月5日、15日、25日から任意の日を1つから3つまで選択可能だ。 取り扱い通貨こそ少ないが、他行に比べて金利はやや高めの設定になっている。 詳しくは以下を参照.

次の