映画 アパッチ。 アパッチ : 作品情報

アパッチ : 作品情報

映画 アパッチ

解説 「荒野の決闘」のジョン・フォードがメリアン・C・クーパーと創立したアーゴシー・プロの第2回作品(1948)で、自ら製作・監督に当たった。 ジェームズ・ワーナー・ベラの原作を「レッド・リヴァ」のフランク・S・ニュージェントが脚色、西部劇を得意とするアーチー・スタウトが撮影、「駅馬車 1939 」「果てなき航路」のリチャード・ヘイゲマンが音楽を担当した。 主演は「炎の街」のジョン・ウェイン、「荒野の決闘」のヘンリー・フォンダ、「独身者と女学生」のシャーリー・テンプル、新人ジョン・エイガーで、その他「真珠」のペドロ・アルメンダリス、「果てなき航路」のウォード・ボンド、「男の敵」のヴィクター・マクラグレン、「ケンタッキー魂」のジャック・ペニック等、フォード作品常連や、アイリーン・リッチ、アンナ・リー、ディック・フォーラン、ガイ・キッビー等が助演している。 1948年製作/アメリカ 原題:Fort Apache 配給:セントラル ストーリー 南北戦争で指揮官として失策したサースデイ将軍(ヘンリー・フォンダ)は大佐に階級を下げられ、インディアンとの紛争の絶えなかったフォート・アパッチの守備隊の司令官に任命された。 彼は娘のフィラデルフィア(シャーリー・テンプル)を伴い赴任する。 サースデイ大佐は無骨一点ばりの人間で、フォート・アパッチ守備隊に古くからいるヨーク大尉(ジョン・ウェイン)や、コリングウッド大尉とも、しばしば意見を衝突させた。 大佐はこの地方の脅威アパッチ族を平定して武名をあげ、1日も早く将軍に復位することを夢見ていた。 だからインディアンの情勢に詳しいヨーク大尉の計画に反対し、兵隊に毎日激しい訓練を課すのだった。 部隊の古参軍曹の伜であるオルーク中尉(ジョン・エイガー)は若く凛々しかったので、いつしかフィラデルフィアと愛し合うようになっていた。 サースデイ大佐は互いの家柄がちがいすぎると娘に警告を与えるが、オルーク軍曹夫人(アイリーン・リッチ)の努力により大佐の心も解け、2人の結婚式が賑やかに行なわれた。 コリングウッド大尉はインディアンと講和を提案するが、折から軍事物資輸送の駅馬車がインディアンに襲撃されたため、大佐は一挙にアパッチ族の本拠を殲滅するべく出動を命じる。 インディアンの戦法を知るヨーク大尉の計画を無視して、大佐は操典どおりの作戦計画を立てるが、反対に部隊はインディアンの包陣攻撃を受ける。 サースデイ大佐をはじめ古強者は相ついで戦死を遂げ、ヨーク大尉はいったん後退を命ずるほかなかった。 ヨーク大尉はサースデイ大佐の勇戦を上司に報告し、再び整備された部隊を率い、大佐の葬い合戦にのぼるのだった。 本作は黄色いリボン、リオ・グランデの砦と1年ごとに製作された騎兵隊三部作の最初の作品です 流石はジョン・フォード監督でいちいち小ネタを挟んで来るので全く飽きさせません ジョン・ウェインは31歳で若さを感じます 珍しいことに中間管理職の役柄です それで、やってられねーよの雰囲気が強調される仕組みなわけです ヘンリー・フォンダは左遷されてくるダメ指揮官役で、実力を伴わない尊大なプライドの塊を見事に演じてくれます 取り巻く下士官や兵隊達もなかなかに芸達者ばかり その指揮官の娘役のシャーリー・テンプルがとても可愛いく空気を和ませてくれる良い演技力を示します 撮影も良く、雄大なモニュメントバレー、素晴らしい雲と大空の広がりを捉えています 1948年の作品ですから白黒は当然、画面も4:3の画面です しかし画角がとても広く感じられる のです 構図の作り方、構成力が見事な技量を示しています 特に終盤の決戦のシーンの見事さは筆舌に尽くし難いものです 指揮官とラッパ手が騎乗する馬が二頭横に並ぶシーン、そして横隊の全貌を捉え、ヨーク大尉を見上げるカメラと続き、前進の号令がかかり進みだす騎兵隊の一連のシーンは西部劇屈指の映像だと思い出ます 指揮官の無謀な作戦で壊滅する米軍、襲撃する圧倒的な人数の現地の民兵 それは120年後のソマリアと同じ構図です 正にブラックホークダウンの源流はここにあります そしてエピローグ 恐らく2年後のアパッチ砦に新聞記者達が取材に来ているシーンです 後任の指揮官に昇格したヨークは記者達に、戦死したサースデイ中佐を立派な人だと称え連隊の名誉を守ります そして指揮官以外の兵士達も忘れされるのではなく永遠に生きている、連隊と共に生き続けると語ります 月給13ドル、食料は豆と草、馬の肉も食わねばならぬ 酒を奪い合うくせに、水筒の最後の一滴は分け合う 時が流れようと大事な心はそこにある 彼らの軍人としての魂は引き継がれていく、と そのメッセージはブラックホークダウンでラストに生き残った二人の兵士が語るメッセージと同じものです そして指揮官の娘を妻としたオルーク少尉との間に生まれた幼児を抱き上げるのです 若い世代の安全を守り、未来を作り上げる為に連隊は存在しこれからも永遠に働き続けるのだというメッセージを持って終わるのです それをジョン・ウェインが語り、名付け親になっている子供を抱き上げるからこそ説得力があるわけです 連隊を否定すれば、若い世代もその子供達の未来も、なにもかも無に帰る外ないのです だからラストシーンはジョン・ウェインが先頭に立って進む騎兵隊のシーンで終わるのです 自分が生まれた翌年の作品である。 当然、リバイバルも含めスクリーンでは観ていない。 1876年のカーター中佐率いる第七騎兵隊の全滅がモデルで、大筋は次のようになる。 この「アパッチ砦」では功を焦る愚かな司令官の無謀な作戦によって、軍の壊滅という取り返しのつかない事態を招く。 失策は己の命ばかりか、何十、何百という部下の命を無駄にする。 下の者から「もう、やめましょう」とは言えない時代だ。 そういう時代があったことを肝に銘じた上で、今の平和をありがたく思う。 信望を得ることの難しさ、撤退する勇気の大切さをテーマにした今作、このあと作られた「黄色いリボン」「リオ・グランデの砦」に比べ、遊びが少なくシリアスな作りになっている。 主役のジョン・ウェインの役どころが、上官に押さえつけられる小隊長という立場で、指揮官を演じたほかの2本と設定が大きく異なる。 西部劇としての見せ場は騎兵隊の幌馬車がアパッチの襲撃から逃れるシーン。 疾走する幌馬車の幌が風を巻き込んですっかり剥がれ、丸い骨だけが残った状態になるがまだ逃げる。 スピードは限界を超え、蛇行する馬車に転倒するのではないか、あるいは車輪が外れるのではないかとハラハラする。 と同時に、特撮無しの実写の迫力に唸らせられる。 ドラマでは新任のサースデイ中佐の娘フィラデルフィアと、マイケル・オローク中尉の恋の行方が気になるところ。 シャーリー・テンプルが小っちゃくて利口そうな瞳がくりくりして可愛らしい。 オローク中尉の父、古参のオローク軍曹は息子より階級が下になったものの、やはり息子が気掛かりで何かと画策する親心を見せる。 同じ軍曹のマルケヒー。 演じるヴィクター・マクラグレンが騎兵隊3部作すべてで観る者を和ませる大きな存在になる。 モノクロでも大地と雲の美しさを感じる。

次の

「アパッチ」 Apache (1954) : なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

映画 アパッチ

総合60点 ( ストーリー:55点|キャスト:60点|演出:60点|ビジュアル:65点|音楽:60点 ) 1954年の制作ながら、白人が一方的にアメリカ原住民を撃ち殺すのではなく、白人に迫害されるアメリカ原住民を主人公に置いたのは先見性がある。 それでもまだ青い目の白人がアメリカ原住民を演じているのは違和感があるものの、時代背景を考えれば仕方ない。 それで映画の内容だが、アメリカという近代国家が設立され社会基盤が整い追い詰められていくアパッチ族が、最後の組織的抵抗を終わらせ部族は白人に堕落させられ、それでも一人で誇りを持って孤独な戦いをしていく姿が悪くない。 結局白人だけでなく魂を失った自分の部族からも裏切られ時代に取り残され、山奥で二人でひっそりと人目をはばかりながら明日をもしれず刹那的に寂しく気高く孤高に生きようとする場面が最も良かった。 だがその後の結末の突然の幕切れは綺麗にまとめようとしすぎでがっかり。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

アパッチ砦 : 作品情報

映画 アパッチ

巨匠ロバート・アルドリッチの監督2作目にして初の西部劇。 バート・ランカスターとハロルド・ヘクトが共同設立した制作プロダクションによる雇われ仕事ということもあってか、まだまだ映像作家としての本領発揮には程遠いものの、西部劇において先住民=未開の野蛮人という固定概念の強かった'50年代当時、アパッチ族の戦士を反逆のヒーローとして描いたばかりか、米国史における横暴な圧制者としての白人の側面を明確に浮き彫りにした革新性は見逃せない。 そういう意味では、反骨の巨匠としての面目躍如といったところ。 両者の対立関係を善と悪に単純化しなかったという点も含めて、不完全ではあれど極めてアルドリッチらしい作品とも言えよう。 もちろん、アメリカ先住民の視点に立って歴史を振り返るという姿勢には、主演を兼ねた製作プロ・オーナーであり、リベラルの闘志でもあったバート・ランカスターの熱い想いがあったことは間違いない。 また、実在したアパッチ族の英雄マサイを主人公にした本作には原作本があり、一介の新進監督であるアルドリッチの意見がどれだけ盛り込まれていたかは不明だ。 配給元であるユナイテッド・アーティスツの強い意向で変更を余儀なくされたという、どう考えても安易で不自然なハッピーエンドにアルドリッチ本人は不満だったというが、恐らく他にも決して本意ではない部分は少なからずあったに違いない。 まあ、映画作りに妥協は付き物だ。 特にメジャー・スタジオが絡む場合は。 それでもなお、次回作『ヴェラクルス』 '54 でも主演ランカスター、脚本ジェームズ・R・ウェッブ、監督アルドリッチのトリオが顔を揃えていること、後に再びランカスターとタッグを組んだ『ワイルド・アパッチ』 '72 でも似たような題材を取りあげていることを考えると、本作の方向性においてアルドリッチとランカスターの間で一致する点は多かったのだろうと想像できる。 特に注目すべきは、先住民の弾圧を取り巻く複雑な状況を極力公平な目で描いている点だ。 ニューシネマ以降の先住民側に立った作品ではしばしば、先住民を思慮深くて誇り高くて神秘的な人々として描く一方、ヨーロッパ人を差別意識に凝り固まった極悪非道な侵略者として描きがちだ。 その真骨頂が『ソルジャー・ブルー』 '70 であろう。 確かにヨーロッパ人入植者が大勢の先住民を虐殺し、本来は彼らのものである土地を勝手に奪い、彼らの人権を蹂躙したことは事実だ。 しかし、その一方で多くの先住民が己の利益のためそれに加担したこと、アパッチ族のように好戦的な部族を中心に先住民もまた大勢のヨーロッパ人入植者を虐殺したことも忘れてはならない。 そうした決して一筋縄ではいかない当時の実情をきっちりと踏まえた上で、先住民としての己のアイデンティティを守ろうとする主人公マサイの孤独な戦いを描く本作は、アパッチ族と騎兵隊の双方の残虐性を赤裸々に描いた『ワイルド・アパッチ』の原点であることはもちろん、常に人間や社会の善悪では片づけられない本質を描いてきたアルドリッチ監督作品群の原点でもあると言えるだろう。 ただ、その一方で大まかな全体の流れは予定調和の連続で、コンパクトな上映時間をサクサクとスピーディに進んでいく割に、肝心のスリルや緊張感はほとんどない。 マサイがたった一人で騎兵隊に立ち向かうクライマックスもいまひとつ盛り上がらず。 その上、先述したようなご都合主義にもほどがあるハッピーエンドに言葉を失う。 初期アルドリッチ作品には欠かせないオスカー受賞の名カメラマン、アーネスト・ラズロによる大西部の映像は抜群に美しいし、ダイナミックかつ軽妙なアクション・シーンの演出も後の『特攻大作戦』 '67 や『ロンゲスト・ヤード』 '74 などの傑作群を彷彿とさせるし、登場人物の内面的な掘り下げ方にも光るものがあるのは確かだが、それでもやはり、少なくともアルドリッチ作品としては残念ながらベストの部類ではないだろう。 また、まだチャールズ・ブチンスキーを名乗っていた頃のチャールズ・ブロンソンが、白人側に加担してマサイを追い詰めようとする卑怯者ホンドーを演じているのも要注目。 そのホンドーを伴って、マサイの行方を執念深く追うアル・シーバー 実在の人物 役には、『幌馬車』や『バージニアン』などのテレビドラマでも親しまれた西部劇の名脇役ジョン・マッキンタイア。 差別主義者のサディスト、ウェドル役には、筆者世代だと『ブラジルから来た少年』 '78 や『白と黒のナイフ』 '85 などの端正な老優として懐かしいジョン・デナー。 さらに、サイレント映画の二枚目スターだったモンテ・ブルーが、伝説の酋長ジェロニモ役で冒頭にチラッと顔を出している。

次の