英語 和訳 アプリ。 アプリって英語でなんて言うの?

『camerakun』写真に撮るだけ!英語の文章を日本語に翻訳してくれるカメラアプリ

英語 和訳 アプリ

「隙間時間にアプリを活用して英語を勉強したい」 「机に向かって勉強するのは苦手だから、ゲーム感覚でアプリを使って英語を勉強したい」 「英語の勉強を継続するのに、アプリを活用したい」 そのように思っている方が増えているのではないでしょうか。 実際、以前に比べて英語学習アプリは各段に進歩を遂げており、十分に学習に活用できるクオリティを揃えているアプリが、数多く配信されています。 そこで今回は、これからアプリを使ってみたい人や、現在アプリを使っているけど、さらに良い物を探している人向けに、編集部が実際に 50種類以上のアプリを使ってみた上で、お勧めできるアプリを厳選してご紹介していきたいと思います! 目次• 1.優良な英語学習アプリ タイプ別一覧 まずはこちらの一覧表をご覧ください。 選抜方法としては、以下のいずれかに当てはまるアプリで、編集部が使用してみて一定以上の使いやすさを感じたアプリをラインナップしています。 予めご了承下さい。 英単語の数が豊富ですし、ゲーム形式になっているので、ついついやる気が出ない時も、楽しみながら取り組むことができます。 完全無料でこのコンテンツ力は素晴らしいの一言。 しかも英語だけでなく日本語の字幕も出るので、日本語でも理解できるところが良い点です。 無料で使う分には申し分のない内容でしょう。 残念ながら iOSのみの配信になるのですが、このアプリは TED( Technology Entertainment Design)の動画やオーディオブックを字幕と共に再生してくれるアプリです。 このアプリの一番良い所は、無料なのに字幕表示と同時に一時停止やリピート機能、そして単語の説明ページも用意されていることです。 多くのフレーズを収録しているので、使いまわせるフレーズが見つけやすいと思います。 アプリのクオリティが高く、有料プランもありますが、無料で使える部分も多いので、その範囲だけでも十分満足できると思います。 ペースメーカーで読むスピードを段々UPできたり、分からない単語がすぐに調べられたりする点は秀逸ですね。 3.どのアプリから使い始めれば良いか悩んでいる方は とはいえ、 「どんなアプリがあるのかはわかったけど、どれから始めるのが良いか分からない・・・」 「自分のレベルに合ったアプリはどれだろう・・・」 そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。 これだけ多種多様なアプリがあると、悩んでしまいますよね。 そこで、神田外語学院で英語を教える伊丹先生に、アプリの選び方のコツを聞いてみました! 伊丹 康洋 先生• 神田外語大学外国語学部英米語学科卒業 Temple University, TESOL M. 英語講師を続けながら、海外放送台本の作成に翻訳者として携わる 3-1.自身のレベルに合わせて、アプリの選び方は変えた方が良い まずはご自身の英語力がどれくらいにあるのか把握されるのが良いでしょう。 以下に日本英語検定協会のHPを参考に基準の目安を示していますので、参考にしてみてください。 レベル 取得資格目安 初級 英検3級~5級程度(中学~高校入試レベル) 中級 英検2級~準2級程度(大学入試レベル) 上級 英検1級~準1級程度(大学レベル以上) 3-2.初級レベルの人はまず英単語から始めるのがお勧め ご自身が初級レベルだと思う方は、まずは英語の基礎、つまり英単語から始められることをお勧めします。 英単語は英語 4技能(読む、書く、聞く、話す)を向上させるために絶対に必要な土台です。 単語力をつけることで、他の勉強も効果的に進めることができます。 また書く、話すというアウトプットの技能より、最初に読む、聞くというインプットの勉強から始めた方が初級者の方はやりやすいでしょう。 初級の方も有料のアプリを使っても良いですし、有料の方が質の高いアプリが多いことも事実ですが、無料で一定の範囲は勉強ができますので、最初は無料のアプリから始めて、学習の感覚値を掴む所から始めた方が無難と言えます。 そういう意味では、リスニング力・リーディング力を鍛えたりするフェーズになってきていると思いますので、それらを鍛えられるアプリを選ぶ方がベターだと考えます。 リスニングに関しては、特にディクテーションに取り組むことをお勧めします。 ディクテーションとは英語の音声を聞き取った後に、その音声を文章に起こす練習法です。 紙に書き出してみると、自分が聞き取れている場所と聞き取れていない場所が鮮明にわかるようになるので、ディクテーションを繰り返すことでリスニングの精度を向上していくことができます。 中級の方であれば、質の高さを求めて、有料アプリを始めてみるのも一つの手だと思います。 強いていえばリスニングにおいて、教材用に録音された音声だけではなく、生のニュースの声やTEDなどの講演映像・音声の聞き取り練習をすると、レベルアップに繋がることでしょう。 上級者の方になれば、無料のアプリでは求めるクオリティに足らず、あまり満足できなくなるかも知れませんので、有料アプリを選んでも良いと思います。 通常月額2,980円(税抜)が発生しますが、動画講義、実践問題集、英単語学習、英文法講座など、非常に濃密な構成になっています。 3-5.一つアプリを使い始めたらやり切ろう ここまでご紹介してきた通り、今はアプリで英語を勉強しようとしたら、いくらでも選択肢がある状態です。 非常に恵まれているといえるでしょう。 ただどうしても選択肢が多い分、あっちのアプリをやっては中途半端に終わり、こっちのアプリをやっては中途半端に終わり、ということになりがちです。 一つ自分がこれだと思って 取り組み始めたアプリは、自分がやり切ったと思えるところまでやりきるべきだと思います。 これは英語の教材にも同じことが言えます。 結局一回やっただけでは身に付きません。 伊丹先生、ありがとうございました! 4.とはいえとても便利なアプリがあっても、勉強を継続できるかは自分次第 「実用的で楽しそうなアプリがあっても、取り掛かるのが憂鬱・・・」、「やらなきゃいけないことはわかっているけど、そもそも英語を勉強する気が起きない・・・」そう感じられている方もいると思います。 その気持ちも非常によくわかります。 どうしてもやる気が起きない自分を、どうにか奮い立たせる方法もご紹介します。 4-1.そもそも勉強に取り掛かれない人は学校や先生に頼ることも重要 やはりアプリがどれだけ優れていても、自分主導で勉強を進めていくには一定の努力が大切です。 先生に顔を見ながら教えてもらったり、気になることを聞けたりする方が自分に合っている、と感じる方も多くいると思いますし、どうしても WEBやアプリで勉強するのは性に合わない、という方もいるかも知れません。 そんな方は やはり学校に通うのが良いでしょう。 例えば神田外語学院のような専門学校ですと朝の 1限は 9:20から始まり、日によりますが夕方 17:00まで授業があります。 早く起きて、規則正しい生活の中で集中して勉強することで、学習習慣をしっかり身につけることができます。 一人で頑張っていると、ついつい怠けてしまったり、勉強が継続できなくなってしまったりしますが、周囲に同じ目標を持っている人がいることで、自分もやらなくては、という モチベーションをキープし続けやすくなります。 一人だと勉強にとりかかれない人は、あえて厳しい環境に身を置くことで、自分のモチベーションを奮い立たせることも有効です。 4-3.目標を持つことが大事! 当たり前の話になってしまいますが、 英語学習が続くか続かないかは目標の有り無しに大きく左右されてきます。 志望校に受かりたいから、就職・転職を成功させたいから、外国人とコミュニケーションをとれるようになりたいから、周囲からすごいと言われたいから、何でも構いません。 まずは明確な目標を持ってみることが、継続の第一歩になるはずです。 学校で英語力を伸ばすなら神田外語学院がオススメ! 5-1. 日本語禁止の英語の授業がほぼ毎日! 神田外語学院では、 EIC(国際コミュニケーション英語)という外国人から英語で英語を習う授業が、 1年次に週 5回、 2年次に週 4回、必修になっています。 授業の中で日本語は禁止。 英語漬けの環境の中で英語の 4技能を向上させるため、自然と英語力がアップしていきます。 5-2. 外国人教員が4割以上! 神田外語学院の外国人教員数は128名!これは全体の教員の4割以上にのぼります。 外国人教員が多いインターナショナルスクールのような雰囲気のキャンパスでは、語学力を高めるだけではなく、常に異文化と身近に接することができます。 5-3. ともに英語を学ぶ仲間がたくさん 神田外語学院には英語を学ぶことが大好きな学生が集まります。 英語を学ぶことにも英語で話すことにも意欲的な人ばかりです。 周囲に英語を学びたいと思う仲間が集まることで、よりモチベーションを高く保つことができます。 6.まとめ いかがでしたでしょうか。 多種多様なアプリがリリースされていますが、自分がどのアプリを使っていくと効果的か、イメージがつかめましたでしょうか。 最後にもう一度今回の記事をまとめます。 (1)無料でも活用できるアプリはたくさんある 最初の図の通り、無料でも良いアプリはありますので、まずは一度ダウンロードしてみることをお勧めします。 自分に合うアプリ、合わないアプリの判断軸を持つことも重要です。 (2)自身のレベルに合わせてアプリを選択することが大事 初級者の方から、いきなり有料のアプリを使って取り組むことはお勧めしません。 アプリもやはりある程度メインとするターゲットをイメージして作られているため、ご自身のレベル感にあったアプリを選ぶことをお勧めします。 (3)そもそも勉強に取り掛かれない人は学校や先生に頼ることも重要 いくら良いアプリや勉強ツールがあっても、自分のモチベーションが上がらないと勉強ははかどりません。 学校に通い、周囲に同じモチベーションを持つ人たちの中で頑張ることは、モチベーションを高く保つための、一つの選択肢です。 ぜひアプリを活用し、英語力をばっちり伸ばしてみてください! 無料ダウンロード.

次の

スマホ・アプリは英語でなんて言うの?パソコンに関する英語表現も

英語 和訳 アプリ

英語ブロガーのアツトです。 最近、英語や英会話を勉強できるおすすめアプリの記事をたくさん書いてきましたが、一度、 全体の地図となるべき記事を書いておこうと思い、筆を取りました。 以下で紹介する英語学習アプリは、外資系のITエンジニアとして海外プロジェクトに関わって仕事をしていた私( 英検一級、TOEIC985)が使用して、「 これは絶対におすすめできる!」と思ったアプリをまとめたものです。 下は子供(小学生、中学生、高校生など)の方から、上は大人(社会人、ビジネスマンなど)の方まで幅広く勉強できるアプリばかりですので、気軽に試してみて下さい! 定期的に内容をアップデートしておりますので、 ブックーマークなどして下さると便利かと思います。 厳選!英語勉強アプリを目的別におすすめ 1. [英語基礎] Duolingo は、世界で一番ダウンロードされている無料の語学学習アプリです(英語以外にも、中国語など多言語の学習に対応)。 単語、文法、リスニング、ライティングなど、 英語の幅広いスキルを超初心者レベルから勉強することができます。 上の画像は、ライティングとリーディングと問題の例です。 パズルのように英語や日本語を並び替えて解答します。 このように、ゲーム感覚でストレスなく英語を勉強できるというのがDuolingoの特徴の1つです。 ニューヨーク市立大学と、サウスカロライナ大学が実施した調査では、「 Duolingoで学習した34時間は、4年制大学における言語教育の1学期分に匹敵する」との研究結果も得られており、効果は実証済み!(参考:) ただ、Duolingoのレベルは、 一番高くても中学校3年レベルという感じなので、実践的な日常英会話やビジネス英会話の習得という点ではかなり物足りなさがあります。 Duolingoで基礎力を身に着けたら、別の教材やアプリに進み、より実践的な力を養いましょう。 *iphone、androidどちらも対応。 私自身、大学時代から800点以上のスコアを持っていたことで、就職や転職の時には、面接官から高評価を頂けました。 は、TOEICでハイスコアを取るために最短距離を突っ走るイチオシのTOEICアプリです(AppStoreで 1位も獲得)。 私自身、TOEICアプリは30以上試してきましたが、現状では最もハイクオリティなアプリと言えるでしょう。 複数のコンテンツがあるのですが、特に良いのは関正生先生による「 パーフェクト講義」。 TOEICのPART1からPART7に関して、それぞれの攻略法や例題解説まで 全150レッスンが提供されており、特に、 TOEICの効果的な勉強法や、頻出パターン、そして、多くの受験生の失敗パターンが絶妙に解説されています。 の 版アプリの講義動画めちゃめちゃ役立つな。 「リスニングは真剣に聞いた量だ。 集中してディクテーション 書き取り しろ!」はまさしく真理!これ一番のTOEIC勉強アプリだわ。 何事もやるかやらないか。 ありがとう。 ありがとう熱血講師 関先生。 凄い伸びた! 100点くらいはスタディサプリの関先生のおかげだと思う。 次の目標は700点。 Keep going! — Takitani takkipon TOEIC対策コースは、月額2980円の費用がかかり、割高なのがネック。 しかし、 メインコンテンツであるパーフェクト講義の150レッスンは、集中すれば1ヶ月で完了させることができるため、1ヶ月限定で集中的に利用するという考えもありでしょう。 関先生のビシビシと本質を突いてくる講義は 、 本当に凄いです!マジで。 通学型のTOEICスクールで同じ講義を受けると、数十万円のお金が必要なので、ある意味、安いとも言えます。 本当に良い時代です・・・ なお、TOEIC対策コースは、 1週間の無料体験が可能ですので、まずは試しに利用してみると良いでしょう。 [英会話] スタディサプリ ビジネス英語コース 「 日常英会話もビジネス英会話もどちらも習得したい」 「 外資系に転職するために、仕事で使える英語を身に着けたい」 そんな方にイチオシなのが、です。 英会話を勉強していた友人が、「スクールやオンライン英会話のビジネス英会話は高いけど、これは良かった」と言っていたので、私も使ってみたのがきっかけです。 スタディサプリ ビジネス英語では、 ゲーム感覚でストーリーを楽しみながら、自然に実践的なビジネス英会話を身に着けられるようにレッスンが構成されています。 上の図のように、 Lv. 1 海外出張編(TOEIC400点レベル)では、「自己紹介をする」、「場所をたずねる」、「連絡先を交換する」など、 日常でもビジネスでも必要な英会話の基本が扱われています。 そこから、 Lv. 4 グローバル進出編(TOEIC860点レベル)では、「会議の進行」、「条件つきの許可」、「代案の比較」など高度なトピックが扱われるのです。 ストーリーは、ドラマ「下町ロケット」などを手掛けた脚本家、稲葉一広さんがオリジナルに書き下ろし。 ストーリーを楽しみながら、簡単な日常英会話から上級のビジネス英会話にレベルアップしていく 自然な流れは本当にお見事! アプリには、ネイティブ講師による丁寧な講義動画(画像左)や、英文法の復習動画(画像右)もあり、学校の英語に自信のない社会人の方でも安心です。 スタディサプリは有料アプリですが、 無料体験が1週間あり、本気で英会話を習得したい方は是非、試してみると良いでしょう。 ビジネス英語を学べる優れたアプリが少ない中、スタディサプリ ビジネス英語コースは、非常に貴重な優良アプリです。 自分への投資として、本気でビジネス英語をマスターしたい方におすすめです。 【スタディサプリENGLISH・ビジネス英語コース】を体験して思ったこと。 🆎仕事をテーマにしたストーリーが面白くて続けやすい。 🆎中学レベルの英文法を、総復習するのにも使える。 — 新けんてぃずむ kentyzm スタディサプリビジネス英語コース、メインストーリー以外に基礎英文法講座もある。 文法忘れてしまった社会人にも良さそうですね。 [英会話フレーズ] Real英会話 上で紹介したDuolingoやスタディサプリは、英語力をじっくり養成するためのアプリです。 でも、中には、 「 1ヶ月後に海外出張の予定が決まった!必要なフレーズをピンポイントで学習したい」 こんな事情がある方もいらっしゃるかもしれません。 (買い切りで980円)は、英会話フレーズを学ぶためのアプリとしては、最高レベルの人気と品質を誇るアプリです(android版は)。 「なぜ、そんなに人気があるのか?」 詳しくは、以下のレビュー記事を見て頂きたいのですが、その理由の1つとして、 知らないフレーズをネイティブのテリー先生に実際に質問することができるリクエスト機能にあります。 そして、リクエストしたフレーズは、 毎月新着フレーズとしてアプリに追加されます。 左の「心配」に関するフレーズは11件ヒットしていますが、これは1年前のデータで、2020年現在では22件に増えています。 まさに、Real英会話は 常に進化するアプリと言えるのです。 また、Real英会話のフレーズは、1度ダウンロードすれば オフラインでも検索可能です。 ですから、海外でネットに接続できない時にも、瞬時にフレーズを検索して利用することができるのです。 [リスニング] NHK WORLD RADIO JAPAN 次にリスニングを勉強したい方におすすめのアプリが、です。 NHK WORLD RADIO JAPANは、NHKによる日本の英語ニュースアプリで、 バイリンガルアナウンサーによる聞き取りやすい英語が特徴的。 例えば、英語ニュースのアプリの場合、CNNやVOAという選択肢がありますが、ネイティブのアナウンサーは たまに早口過ぎると感じることもあるでしょう。 その点、NHK WORLD RADIO JAPANは、発音はネイティブでありつつも、 日本人の英語学習者にとって聞き取りやすい英語になっているのです。 また、上の画像の通り、 全てのニュースにはスクリプトがついているので、スクリプトを読みながらニュースを聞けば、リーディングとリスニングを同時に鍛えられて一石二鳥ですね! 私は、英検一級の二次面接対策としてNHK WORLD RADIO JAPANを毎日聞いていました(英検準一級志望の方にもおすすめできます)。 一方、デメリットとして、やはり英語ニュースであるため、 英語初心者の方には難しいことが挙げられます(最低でも英検2級、TOEIC600点程度の実力は欲しいところ)。 初心者の方は、まずは上で紹介したduolingoやスタディサプリを使って、英語の基礎を身に着けられると良いでしょう。 NHK WORLD RADIO JAPANは、英語の中級者におすすめのリスニングアプリです。 政治、経済、社会問題などの幅広いトピックをカバーしており、英検の二次面接対策にもバッチリです。 [リーディング] POLYGLOTS は、世界中の英語ニュースを読みながら気軽に英語学習ができるリーディングアプリです(*iphone、androidどちらも対応。 無料プランと有料プランの両方がありますが、無料プランでも、驚くほど充実した機能を利用することができます。 まず、見て下さい、この充実したジャンルのラインナップを! ビジネス、マーケティング、テクノロジー、スポーツ、音楽、インテリア等々、他の英語リーディングアプリでは全く追随を許さない充実ぶりです。 自分の興味のあるカテゴリの記事を読むと、学習が長続きして良いですね~。 さらに、POLYGLOTSでは、上の画像を見て分かるように、「 日本語訳がある記事」、「 リスニングができる記事」など、英語学習者にとって利便性が高い仕組みも導入されています。 一方、 POLYGLOTSに掲載される記事は、ネイティブが読む記事と全く同じのため、英文の難易度は高めです。 ですから、英語初心者の方には、もう一つのリーディングアプリとして、を使うのがおすすめです。 studynowは、polyglotsよりも英文のレベルが易しく、真ん中の画像のように、1段落ごとに英文をチェックできる仕組みになっています。 また、スタディポイント(右の画像)では記事に登場した英語表現の解説まであるので、初心者の方には本当にありがたい仕組みです(しかも、画像には載っていませんが、各記事には重要英単語のまとめもあります)。 まとめると、英語中級者以上の方にはpolyglots、初心者の方にはstudynowということですね。 [旅行英会話] スタディサプリ 新日常英会話コース スタディサプリENGLISHには、これまで日常英会話コースがありましたが、2019年11月から、新たにがリリースされました! 新日常英会話コースは、「海外旅行英語」や「おもてなし英語」(=日本文化の説明など)に強みがあり、これまで旅行英語に関してイマイチなアプリが多かったですが、ようやく優秀なアプリがでてきた印象です。 新日常英会話コースでは、「ホテルにチェックインする」、「サービスについて確認する」、「朝食の時間を確認する」など、 海外旅行に必要な英会話をレッスンごとにしっかりと学ぶことができるのです。 かと言って、海外旅行やおもてなしの英語ばかりに特化しているのではなく、 基礎的な英会話もしっかりと扱われています。 「3日後に海外旅行を控えているから、急いで旅行英会話を学びたい」 というよりは、 「 1ヵ月後の海外旅行(or留学)に向けて、まだ時間があるから、しっかりと英語を学びたい」 という方に最適です。 NHK英会話講師のスティーブ・ソレイシィ先生による、分かりやすい動画解説も魅力的なポイントです。 動画解説と言えば、最近youtubeも人気ですが、間違った内容も多いため、 信頼できる教材を選ぶことも重要でしょう。 mikanは、良くも悪くもオーソドックスな英単語アプリで、英単語の意味を4つの中から選ぶ仕組みになっています。 このような仕組みのアプリは複数ありますが、では、なぜmikanがおすすめなのかというと、無料で使えるコンテンツの多さ(中学生、高校生、TOEIC、TOFEL、GRE向けなど)、レイアウトの見やすさ、動作の軽さなど、 総合的なパフォーマンスが優れているからです。 一方、IELTS Vocabulary Flashcardsは、海外製のアプリで、ILETSの試験対策用に作られたものですが、一般的な英語学習用に十分、使えます。 形式としては、mikanと同じく、単語カードを使った学習です。 このアプリのおすすめポイントは、 単語の解説が全て英語であることです。 英英辞典を使うと英語力が大きく伸びると言われますが、このように、 単語の意味を英語で理解する習慣は、英語力を伸ばす上でとても有効です(私自身も、高校生の時から、毎日のようにlongman dictionaryを使って辞書をボロボロにして、東大模試の英語でも偏差値85以上を取ることができました)。 自分が他人に英語で何かを説明する訓練になりますし、特に、日本人が苦手とする 関係詞の使い方が上達します。 このアプリは、日本語の表示が全くありませんが、海外製のアプリも使って、「英語を学ぶ」ではなく、「英語で学ぶ」ことにもチャレンジしてみてください。 なお、以下の記事では、その他にもおすすめの英単語アプリを紹介していますので、合わせて参考にしていただければ幸いです。 英単語の学習をするのであれば、無料アプリで十分です。 mikanやIELTS Vocabulary Flashcardsなど様々なアプリを試してみて、自分にピッタリのものを見つけましょう。 番外編:ごめんなさい!有名だけどあまりおすすめできない「iKnow! 」 さて、あまりアプリをディスるのは心苦しいですが、有名だけどあまりおすすめしないのが「」です。 なぜかと言うと、 提供している機能に比べて、月額1510円という料金が割高だからです。 iKnowは、脳科学に基づいた英語学習ができるというのが一つのウリですが、 結局のところ、中身は英単語の暗記アプリです。 (*iKnowでは単語だけではなく、英文も読むことができますが、それはmikanでも同じです) iKnowがリリースされた2007年当初には意義深いアプリだったと思うのですが、現在では、mikanなどの無料英単語アプリが充実しています。 また、DMM英会話の受講生でなくても、 無料体験が5回分可能ですので、気になる方は試してみても損はないと思います。 題材になっている会話文は実践的ですし、重要なフレーズには複数の例文が掲載されているので、徹底的にシャドーイングすればかなり力がつきます。 シーン別にフレーズがまとまっているので、ちょっとしたスキマ時間に学習すると良いと思います。 英語スピーキング ただフレーズを紹介するだけではなく、「AREA式」という討論の基本パターンを身に着けるという考え方がおすすめできる本です。 題材の英文も豊富なので、この本で論を立てるトレーニングをしましょう。 もちろん、ディベート用のアプリではないのですが、ディベートに必要なボキャブラリーを鍛えることができます。 以上、いくつか紹介しましたが、一番重要なのは、「シャドーイング」をするということです。 ビジネスやディベートでは、あまりじっくり考える時間がありませんので、徹底的にシャドーイングして、使える英語を脳内にストックしましょう! コメントありがとうございます! WSCに参加されるのですね。 一番重要なのは、メンバーとスタディガイドのテーマについてリサーチしたり、英語でのディベート練習をたくさん積むことです(当たり前のことが最も大切です)。 一方、個人的にできる努力としては、NHK WORLD RADIO JAPANよりもTed Talks のアプリを使った方がより実践的だと思います。 Ted Talksはバックナンバーが豊富にあるので、WSCのスタディガイドに記載されているテーマと似たトピックを検索してシャドーイングしましょう。 各スピーチにはスクリプトも公開されているので、知らない単語やイディオムを調べて勉強すれば、とても力がつきます。 また、各スピーカーの堂々とした姿勢から、模範的なパブリックスピーキングも学ぶことができるので、そういった意味からもおすすめです。

次の

『camerakun』写真に撮るだけ!英語の文章を日本語に翻訳してくれるカメラアプリ

英語 和訳 アプリ

今年こそ英語ができるようになりたい!または、会社での昇進やスキルアップのためにTOEICのスコアを上げていきたいと思っている方もいるのではないでしょうか。 英語を勉強する中で一番大事なことは、「コツコツと続けること」 です。 飽きずに毎日少しずつでもいいので英語に触れ、英文を読んだり、英語のスピーチを聞くことに抵抗がなくなってくることが最初のステップだったりします。 そこで今回は、毎日の通勤時間や空き時間を活用しながら、英語のニュースを読めるアプリについてご紹介していきます。 ニュースを見つけたら、まずは全体的な内容を日本語で確認しましょう。 内容を把握したら英語新聞にトライします。 このようにすると、挫折することなく英語新聞を楽しく読み進められるようになります。 英語新聞に慣れてきたら、いきなり英語からトライするといいでしょうね。 おすすめのアプリ 私がおすすめするアプリはNHK WORLD RADIO JAPANです。 NHKが配信しているので、馴染みのあるニュースが並んでいます。 英語新聞のコツは馴染みのあるニュースから入ること。 そういう意味で、NHK WORLD RADIO JAPANは取っ付きやすい教材です。 POLYGLOTS iPhone版: Andoroid版: 英語を勉強する上で必要な機能が揃っている万能アプリです。 BBCやHuffington Post、New York Times、The Guardianなど有名なメディアのニュースが掲載されており、ペースメーカ機能により読むスピードを一定にして、リーディングやリスニング力を鍛えることができます。 分からない単語はそのたびに、ワンタップ辞書機能で即座に調べることができます。 また、ニュースのトピックも17テーマ(ニュース、ビジネス、トラベル、ペット・動物、写真、英語学習、ライフスタイル、スタートアップ、エンタメ、マーケティング、音楽・映画、グルメ、テクノロジー、スポーツ、デザイン、インテリア、ファッション)あり、興味のある分野のニュースだけを選択して読むことができます。 アプリそのものの動作や操作性も分かりやすく、とても使いやすいアプリです。 英語をこれから勉強していきたい初級者から上級者まで十分楽しめるアプリです。 ざっくり英語ニュース!StudyNow photo by pixta iPhone版: Andoroid版: 記事を読むことに飽きがこないアプリで、短い英語のニュースが配信されています。 また、ニュースと一緒に日本語訳や解説、音声までついてくるので、英語のニュースで理解できないところをきちんと理解できるようになり、リスニングを同時に鍛えることが可能です。 初心者向けに、若葉マークがついていたり、中級者以上のために長文などが用意されていたりと、幅広いレベルの人が使えるアプリです。 国内ニュース、海外ニュース、エンタメ、ビジネス、政治経済、漫画アニメ、ゲームなど興味が尽きないトピックばかりで、朝の通勤時間やちょっとした待ち時間でもすぐに読める便利さがあります。 もちろん無料です。 またPOLYGLOTS同様、単語をタップすると辞書で意味を調べることができるので、わからない箇所をそのままにする必要がありません。 1ヶ月で読める量に制限があるので、ものすごく大量の記事を毎日読む人は注意が必要かもしれません。 ニュースのスピードなどを変えることもできないので、まさに通常のニュースを聞きながら内容を理解するリスニング力と、経済や政治、金融などのニュースの場合は専門用語を理解する必要があり、ネイティブスピーカーと同じレベルのリスニング力が要求されるアプリです。 耳を慣らせていくことや、レベルアップのために活用することもできるでしょう。 スマートニュース iPhone版: Andoroid版: HuffPostやBBC、BuzzFeedなどのサイトから厳選したニュースを、一気に見ることができるアプリがSmartNewsです。 上記で紹介したアプリは一つのニュースサイトに公開されている、奥の奥の記事まで確認することができますが、SmartNewsは各サービスのいいニュースをより取ったアプリです。 NHK WORLD TV photo by pixta iPhone版: Andoroid版: NHK WORLD TVは、日本で起きている様々なニュースを日本に住んでいる外国人に向けて発信しているアプリです。 英語かつ動画で内容が説明されるので、ただ動画を見ているだけでも流し聞きができるのでおすすめ。 リーディングというよりもリスニングでニュースを聞くことができます。 Time For Kids 名前の通り、アメリカの子供がもっとニュースに触れられるようにと作られたウェブサイトです。 サイトを開くと学年別(レベル別)にニュースが分かれており、比較的読みやすいものからだんだん難しくなるので、英語でニュースを読みながらレベルアップしていくことができます。 小学校低学年レベル〜なので、非常にとっつきやすいはず。 政治などのニュースは少なく非常に読みやすくなっていますので、英語を学び始めて間もない人でも楽しめるでしょう。 同じく学年別(レベル別)に分かれており、中高生レベルとなっているので、先ほどご紹介した「Time For Kids」を経てチャレンジしてみると良いでしょう。 アメリカ国内向けなので政治や経済なども出てくるので、どんどん新しい単語を覚えることができます。 このウェブサイトで勉強した上でどんどん新しいニュースを読んでいくと良いでしょう。 政治・経済・カルチャーなど日本に関する様々なことが英語で発信されています。 英語レベルは少し高め。 社会人向けの内容となっているので、少し難しい英語に挑戦したい人、慣れたい人にはぴったりのブログです。

次の