イップマン 完結。 ブルース・リーのヌンチャク姿も 『イップ・マン 完結』日本版予告公開|Real Sound|リアルサウンド 映画部

『イップ・マン 完結』ブルース・リーが見事なヌンチャクさばきで敵を圧倒! 本編映像解禁

イップマン 完結

激動の時代に誇りを貫ぬいた『イップ・マン 序章』(08)。 イギリス統治下の香港で誇りを守るために闘った『イップ・マン 葉問』(10)。 妻への愛と、未来に繋ぐべき心を描いた『イップ・マン 継承』(15)。 約10年にわたるその感動のシリーズが、ついに完結。 2019年12月20日、中国で公開されるや『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)を押さえて堂々の初登場1位を記録、アジアを中心に世界各地に興奮の嵐を巻き起こし、既に前作を超えてシリーズ最大の世界興収を叩き出している『イップ・マン 完結』が、いよいよ日本上陸! 本作の舞台は、『イップ・マン 継承』の物語から5年後の1964年、サンフランシスコ。 描かれるのは、人生の終着点へと向かうイップ・マンの、武術家としての誇りと父親としての思い。 病を宣告され、残される息子への切実な思いを抱きながらも、武術家としての心に従うイップ・マン。 最後の闘いへと向かう彼の覚悟が、観る者の胸を熱くする。 主演は、香港が生んだ本格的アクションスターにして、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)や『ムーラン』(20)への出演などハリウッドでも活躍するドニー・イェン。 シリーズを通して、自らが敬愛するブルース・リーの師匠イップ・マン役で真骨頂を発揮。 詠春拳による迫真のアクションのみならず、達人の心、そして人間的魅力をも体現し、強さと優しさを備えた達人イップ・マンとして世界を虜にした。 そして今、イップ・マンの不屈の魂を渾身の詠春拳で演じ切り、物語を完結へ導く。 監督は、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮、『イップ・マン 序章』を香港電影金像奨(香港アカデミー賞)最優秀作品賞受賞に導き、シリーズ全作品を成功させた俊英ウィルソン・イップ。 音楽は、シリーズ全作品を手掛け、心に残るあのテーマ曲を生み出した川井憲次。 そして、『マトリックス』シリーズ(99,03,03)等の武術振付で知られ、『イップ・マン外伝 マスターZ』(18)では監督も手掛けたユエン・ウーピンが、『イップ・マン 継承』に続いてアクション監督を担う。 キャストも実力派ぞろい。 凶悪な軍曹で接近戦のエキスパート、バートン役には、『ドクター・ストレンジ』(16)のスコット・アドキンス。 太極拳の達人ワンを、第三世代のカンフースターと称される『SPL 狼たちの処刑台』(17)のウー・ユエ。 また、台湾のアイドルグループF4のメンバー、ヴァネス・ウーがブルース・リーの弟子ハートマン役で出演。 そして、前作に続いてブルース・リーに扮するチャン・クォックワンが、イップ・マンとの師弟の絆を体現し、ブルース・リー本人を彷彿させるシリーズ初のアクションで魅了する。 『イップ・マン 葉問』から刑事ポーとして出演するケント・チェンが、同役を人間味豊かに演じる。 今、物語の完結と共に、伝説が生まれる。

次の

映画『イップ・マン4 完結篇』あらすじとキャスト。ドニーイェンが華麗な中国武術で魅せる予告編解禁

イップマン 完結

ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。 その集大成となる本作の舞台は米国。 教え子ブルース・リーと再会したイップ・マンが、残される息子への思いを胸に、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに臨む。 解禁された本編映像は、チャン・クォックワン演じるブルース・リーがシリーズで初めてアクションシーンを披露し、見事なヌンチャクさばきで敵を圧倒する様子を収めたもの。 前作『イップ・マン 継承』では、イップ・マンが最愛の妻とダンスをするためのコーチとして登場したまな弟子のブルース・リー。 本作では、久しぶりに師匠イップ・マンと再会したダイナーで、不当な言いがかりをつける米国人に一人立ち向かう。 ブルース・リーを演じるチャン・クォックワンは、『少林サッカー』(チャウ・シンチー監督)でブルース・リーにそっくりなゴールキーパー役を演じ話題となった。 今回満を持して見事なヌンチャクアクションを披露。 路地裏でのその激闘シーンは、ブルース・リーの生誕80周年の今年、傑作4作品が鮮やかによみがえる「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」(7月3日より公開)で上映される『ドラゴンへの道』をほうふつとさせる。 「ブルース・リーとイップ・マンが中国カンフーの世界に与えた影響を表現したかった」と語るウィルソン・イップ監督は、完結となる本作で、師匠イップ・マンとまな弟子ブルース・リーの師弟関係を中心に物語を紡いだ。 幼い頃からブルース・リーを敬愛するドニー・イェンと共に作り上げたイップ・マン最後の闘いに注目だ。 映画『イップ・マン 完結』は7月3日より全国順次公開。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

映画『イップ・マン 完結』公式サイト

イップマン 完結

CONTENTS• 映画『イップ・マン 完結』について c Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved. これまでのシリーズである戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』と、 孤高に闘ってきた、ドニー・イェン演じるイップ・マン。 本作『イップ・マン 完結』では、最愛の妻と死別したイップ・マンが、ブルース・リーの招待を受け息子と渡米したサンフランシスコのチャイナタウンで繰り広げられる米海軍との闘いに立ち向かう姿が描かれています。 さらに本国公開を前に解禁された予告編では、イップ・マンが、『ドクター・ストレンジ』のスコッド・アドキンス、『SPL 狼たちの処刑台』のウー・ユエ、クリス・コリンズらとの新たなる闘いに臨む場面も描かれており、日本公開への期待が高まります。 監督は、「イップ・マン」シリーズのウィルソン・イップ。 アクション監督は香港アクション界の巨匠で、『イップ・マン外伝 マスターZ』(2018)では監督も務めたユエン・ウーピン。 さらに音楽には川井憲次と、 おなじみのスタッフが勢揃いしました。 原題タイトルの「完結篇」の文字が表すとおり、 シリーズ4作目にして完結篇であることが公表されている最新作、そこで繰り広げられるイップ・マン最後の闘いに、全世界が注目しています。 映画『イップ・マン4 完結篇(原題)』の作品情報 c Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved. 【日本公開】 2020年(香港映画) 【原題】 葉問4 完結篇(英題:IP MAN4 ) 【監督】 ウィルソン・イップ(葉偉信) 【アクション監督】 ユエン・ウーピン(袁和平) 【音楽】 川井憲次 【キャスト】 ドニー・イェン(甄子丹)、スコット・アドキンス、ルシアン、チャン・クォックワン(陳國坤) 【作品概要】 監督はシリーズ通して撮り続けているウィルソン・イップ。 アクション監督もユエン・ウーピンが続投。 主演イップ・マンを演じるのはもちろんドニー・イェン。 『ドクター・ストレンジ』(2016)のルシアン役も記憶に新しい、英国出身の俳優スコット・アドキンスが、イップ・マンに立ちはだかる米海軍役に扮します。 イップ・マンの愛弟子ブルース・リーは、『少林サッカー』(2001)のブルース・リーなりきりゴールキーパーでおなじみのチャン・クォックワン。 『イップ・マン 継承』(2008)に続き同役を演じました。 まとめ 世界中のファン待望、ドニー・イェン主演 「イップ・マン」シリーズの最新作にして完結となる『イップ・マン 完結』。 当初、中国・香港での公開が2019年7月に予定され、日本の公開も2019年内に公開される予定でしたが、本国での公開日が延長し、最終的に2019年を締めくくる12月20日 金 に決定。 それを受けて日本公開は、 2020年7月3日 金 より公開、そして邦題はこれまでのシリーズ『イップ・マン 序章』、『イップ・マン 葉問』、『イップ・マン 継承』と漢字2文字を使用した形を踏襲し、『イップ・マン 完結』に決定しました。 新宿武蔵野館をメイン館として全国順次公開される『イップ・マン 完結』をぜひ劇場でご覧ください!.

次の