乗り ご ごち の いい 車。 【国産&輸入車】一度は乗りたい高級車大特集 42モデルラインナップ

7人乗りで安い新車はコレ!おすすめの人気車種ランキング

乗り ご ごち の いい 車

乗り心地の良い車ランキング!乗り心地のいい日本車と外車はコレだ! written by FULLSWING 乗り心地の良い車をランキングで紹介します。 日本車と外車それぞれに乗り心地のいい車が決定!日本車はセダン編、ミニバン編、軽自動車編にわけてそれぞれに乗り心地の良さでランキングの順位付けを行いましたので自分にぴったりの車を探しましょう。 乗り心地の良い車とは?• 日本車で乗り心地の良い車の昔と今• 乗り心地の良いセダンランキング!国産車3選• 乗り心地の良いミニバンランキング!国産車3選• 乗り心地の良い軽自動車ランキング!国産車3選• 乗り心地のいい日本車についてまとめ• 乗り心地の良い外車ランキング3選• 乗り心地のいい外国車についてまとめ 乗り心地のいい車とは? 皆さんは車を選ぶとき何を基準に選びますか? かっこよさも大事、加速などの走りの良さも大事、燃費も大事ですね。 そしてもうひとつ、乗り心地の良さという基準も車選びにおいてはとても重要な要素になります。 せっかく車に乗るのなら少しでも乗り心地のいい車に乗りたいと思うのは当然です。 車をつくるメーカーも私たち消費者の反応を大事にしますので、乗り心地というのは作る側からしても重要なセールスポイントにもなります。 でも乗り心地のいい車って何? 乗り心地というのは私たちの感覚に訴えるものですので燃費のように一目で数字で判断できるものではありません。 誰でもなんとなくわかっているのが乗り心地で、主にどのような判断項目があるのかについてはあまり考えたことがないかもしれません。 乗り心地のよい車ランキングをみる前に、ちょっとだけ考えてみましょう。 同乗者にとっての乗り心地 乗り心地というとまず思い浮かぶのは、車の剛性の高さや揺れの制御ですが、その大きな役目を担っているのが「サスペンション」です。 サスペンションとは路面の凹凸による衝撃が直接伝わらないようにコイルスプリングによって衝撃を緩和してくれる機能になります。 コイルの振動を吸収してくれるダンパーとセットと考えましょう。 乗っていて快適に感じるという視点では、シートそのものも乗り心地を左右する大事な項目です。 座った時に感じられるフィーリングは車ごとに違いがあります。 ドライバーにとっての乗り心地 車を運転している人にとっての乗り心地は他にもあります。 ドライバーにとっては車を思いのままに動かせるという感覚も大事な項目ですね。 スムーズに曲がるためのステアリング装置や、感覚通りの減速を実現するブレーキシステム、タイヤの横滑りを防止するABSシステムなども総合すると乗り心地のひとつでもあります。 以上が乗り心地のいい車の簡単な定義です。 いろいろな項目がありますが、それらすべてが最終的には「乗った時の気持ちよさ」という感覚になります。 日本車で乗り心地の良い車の昔と今 「日本車で乗り心地の良い車」といえば昭和生まれの人は、「トヨタ センチュリー」「ニッサン プレジデント」と当時の二大超高級車を思い浮かべる方が多いと思います。 当時この2車種は、乗用車でありながらも一般の方が乗る車ではありませんでした。 走っているだけでもこの2車種は普通とは違うオーラを放っており、ついつい目で追ってしまったことを思い出します。 この2車種の最大の特徴は、運転する人のためではなく、「乗せてもらう人」いわゆる後部座席に乗り込む官公庁や企業等の「偉い方」を最優先に考えて作られた車なのです。 トヨタ センチュリーは現在も現行モデルとして存在しますが、ニッサン プレジデントは、残念ながら2010年8月で製造が中止され、このモデルを最後に、終焉を迎えることとなります。 現在、日本の車を作る技術は世界でもトップレベルで、一般販売されているセダン、ミニバンでも乗り心地の良い車は多数存在します。 ここでは、乗り心地が良く一般ユーザを対象にしたセダン&ミニバンのトップ3にランキングをつけて見ていきたいと思います。 乗り心地の良いセダンランキング!国産車3選 「乗り心地の良い車」安全性や機能面、操作性を中心に一般的にセダンと呼ばれる車種についてご紹介していきます。 第3位 ニッサンV37型スカイライン• 第2位 ニッサンY51型フーガ• V37型スカイラインの最上級グレードは、ハイブリッドのSPグレードとなりますが、この車は国産でありながら、世界基準で開発された車なのです。 ドライブモードが5段階で設定されており、「スタンダード」「スポーツ」「スノー」「パーソナル」に燃費向上のための「エコ」をセンターコンソールにあるスイッチで切り替えができるようになっています。 このハイブリッドSPグレードはスポーツモードにすると凄まじいまでの加速力も持っていますが、それよりも非常に静かでスムーズな出足を持っていることが特徴です。 高速域に達しても車自体が安定しており、コーナリングの際もコンピュータ制御による重心バランスにより傾きが非常に少ないというのも特徴です。 最大の特徴は、世界初となるダイレクトアダプティブステアリング(ハイブリッド車のみ)? これは従来の車がステアリング軸によってタイヤが操舵するのに対して、ステアリング軸がなくステアリングからの電気信号によりタイヤが操舵するというものです。 これによりハンドル操作が非常にスムーズで、安定した走りが実現できることで、運転していても乗り心地の良さを感じることができます。 内装は高級感もありますが、どちらかというとスポーツ感の方が強い印象です。 特徴としてナビと液晶操作パネルが2段になっており、インパクトがあります。 室内は広いと感じるものではありませんが前後シートとも窮屈感はなく、助手席に長時間乗っていてもストレスはそれほど感じません。 乗車定員5名なのでリヤシート座面・足元ともしっかり確保されておりゆったり乗れる作りになっています。 ニッサンV37型スカイライン ハイブリッド• 全長:4800mm 全幅:1820mm 全高:1440mm• 室内長:2000mm 室内幅:1480mm 室内高:1180mm• 車両重量:1810kg 乗車定員:5名 駆動方式:FR(4WD設定あり)• サスペンション前:独立懸架式ダブルウィッシュボーン• サスペンション後:独立懸架式マルチリンク• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:VQ35HR 306馬力(モーター:68馬力) 燃費:17. (FR車)• 価格:2. 0リッターターボ2WD 410万円~ 第2位 ニッサンY51型フーガ 「ニッサン フーガ」は、2004年10月からニッサン「セドリック」「グロリア」の後継モデルとして販売され ました。 初代はY50型として登場し、2009年11月のフルモデルチェンジで現在のY51型となりました。 Y51フーガはニッサンの高級セダンとして現在、製造販売されています。 Y51フーガはニッサンのセダン車の代表的存在であり、2. 5リッター、3. 7リッター、3. 5リッターハイブリッドが設定されています。 2010年8月にシーマ、プレジデントが生産中止になったためフーガはニッサンのフラッグシップモデルとなり、国産車を代表する車となりました。。 Y51フーガは、走行安定性が高いのは当然ですが、何よりもセダンでありながら非常に高速安定性に優れています。 コーナーでの振り返しに対しても、スポーツカーにも引けを取らないくらいのパフォーマンスを見せてくれます。 ワインディング走行時の安定性は高く、それでいて乗り心地は良いというバランスのとれた作りになっています。 内装は非常に高級感があり、まさに高級車という代名詞に恥じない作りこみになっています。 ダッシュボードはレザーとウッドパネルをうまく組み合わせることで高級感を演出し、センターコンソール中央上部にアナログ時計がセットされています。 ドア内パネル中央には独特なデザインでレザーが巻き込むように3分割でセットされており、高級感を醸し出しています。 フロントシートは質感が高く、座る人を包み込むような形状でストレスを感じない座り心地です。 リヤシートはセンターアームレストにコントロールスイッチが内蔵されているほか電動サンシェード、読書灯もあります。 また電動リクライニングもついてさらに高級車としてのインパクトを出しています。 状況に応じて真価を発揮するバランスの取れた乗り心地良さ、高級感漂うインテリア、ストレスを感じさせない室内空間、これこそがフーガが高級車といわれる由縁なのです。 ニッサンY51型フーガ ハイブリッドVIP• 全長:4980mm 全幅:1845mm 全高:1500mm• 室内長:2090mm 室内幅:1535mm 室内高:1215mm• 車両重量:1770kg 乗車定員:5名 駆動方式:FR(3. のみ4WD設定あり)• サスペンション前:独立懸架式ダブルウィッシュボーン• サスペンション後:独立懸架式マルチリンク• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:VQ37VHR 306馬力(モーター:68馬力) 燃費:17. (FR車)• 価格:2. 「いつかはクラウン」というキャッチフレーズで国産セダンのトップを常に走ってきたのがトヨタ クラウンです。 ロイヤルはその名の通りクラウンらしい上質感を求め、アスリートは上質の中のスポーティさを求めた作りになっています。 これもまた、クラウンが国産車セダンのトップであり続ける要因にもなっているようです。 クラウンの、柔らかさの中に常に安定という言葉が当てはまる乗り心地はまさにトップクラス。 悪路であってもそれほど乱れるわけでもなく、常に安定した走りを実現しています。 高速でのコーナリングの際は柔らかさから若干不安を感じるかもしれませんが、走りの安定感が乱れるわけでもなく、安心して乗ることができるというのがこの車の特徴ともいえます。 内装の基本構造はほとんど同じですがロイヤルが木目調による高級感を出しているのに対し、アスリートは黒調によりスポーティ感を演出しています。 センターコンソール最上部に大型の液晶画面を配し、中段に液晶コントロールパネルを設置することでさらに高級感を高めています。 フロントシートはゆったり感と安定感をあわせ持った、高級感のある作りになっています。 リヤシートはゆったりとした作りになっており、アームレストにコントロールスイッチが設置されています。 リヤシートにも電動リクライニングの設定もあり、その他リヤ電動サンシェード、手動サイドサンシェードと高級車ならではの装備が満載です。 いつかはクラウン!やっぱりクラウン! 第1位は、やっぱりクラウンですね。 現在ではレクサスブランドやニッサン シーマなど800万円以上するような超高級車も存在します。 そんな中クラウンはトヨタブランドのトップに君臨し続けている車なのです。 レクサスのエンブレム「L」にも引けをとらない「王冠」エンブレム。 最高の乗り心地に、機能と性能も国産車トップクラス。 何よりもセダンで人気ナンバーワンがこの「クラウン」。 一押しです!• トヨタ クラウン アスリートG ハイブリッド• 全長:4895mm 全幅:1800mm 全高:1450mm• 室内長:1975mm 室内幅:1510mm 室内高:1190mm• 車両重量:1760kg 乗車定員:5名 駆動方式:FR(4WD設定あり)• サスペンション前:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング• サスペンション後:マルチリンク式コイルスプリング• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:2AR-FSE 178馬力(モーター:143馬力) 燃費:23. (FR車)• 価格:2. 5リッター2WD 400万円~ 乗り心地の良いミニバンランキング!国産車3選 近年のミニバンは人数が乗れるだけではなく、高級さが求められるようになりました。 最近ではセカンドシートにちからを入れている車種が多く見られ、乗り心地や快適性がミニバンを選ぶポイントになっているようです。 現在は国内メーカー各社がミニバンと呼ばれるタイプを製造販売しており、ミニバンの占有率もかなり高くなっています。 第3位 ニッサン52型エルグランド• 第2位 トヨタH30W型アルファード• 第1位 トヨタH30W型ヴェルファイア 第3位 ニッサン52型エルグランド ニッサン52型「エルグランド」は誕生から3代目となり、国産ワンボックスカーのトップクラスに入る一台です。 このエルグランドの最大の特徴は、ワンボックスとしては格段に低い全高にあります。 単に全高を下げたわけではなく、室内居住空間を確保しながら全高を下げているので、それほどの窮屈感を感じることはありません。 エルグランドは、大きく分けると2. 5リッター、3. 5リッターの設定があります。 最上級グレードは3. 5リッターハイウェイスター・プレミアム・アーバンクロームとなります。 ハイウェイスターは全グレードとも若干の違いはありますが、フロントマスク中央に大型グリルを設置し、高級感を出しながらもスポーティなバンパーを持っているのも特徴です。 ただし、ノーマルの設定は2. 5リッターXGのみとなります。 乗車定員は8名と7名の設定があります。 8名だとセカンドシートがベンチ式になっており、乗り心地よりは人数に対応している感じがします。 しかし7名の場合、セカンドシートにはオットマンが設定されており、ゆったり足を伸ばして乗ることもでき乗り心地が重視されています。 このオットマンは助手席にも設定されており、助手席とセカンドシートの同時使用も可能で前後とも快適に過ごせるようになっています。 室内の居住空間も広いので、シートはフルフラット(全席平面状態)が可能になっており、シートアレンジ(座席位置の調整)も多彩になっています。 エンジンにハイブリッドの設定はなく、3. 5リッタープレミアムガソリン仕様と2. レギュラーガソリン仕様の2種類となります。 パワーは3. 5リッターが280馬力、2. 5リッター170馬力となっており走行時も十分なパワーを発揮してくれます。 この52型エルグランドは外観、内観ともに高級感を持っており、乗る人の乗り心地と満足感を重視したつくりになっています。 静かでいて国内トップクラスの安定性と、他車より低く設定された全高により運動性能は他のミニバンよりも高いものになっています。。 乗る人の乗り心地の良さと快適さを考えて作られた車、それがエルグランドなのです。 ニッサン52型エルグランド 3. 5ハイウェイスター• 全長:4975mm 全幅:1850mm 全高:1815mm• 室内長:3025mm 室内幅:1580mm 室内高:1285mm(ツインサンルーフ)• 車両重量:1760kg 乗車定員:7(8)名 駆動方式:FF(4WD設定あり)• サスペンション前:独立懸架式ストラット• サスペンション後:独立懸架式マルチリンク• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:VQ35DE 280馬力 燃費:9. (FF車)• 価格:2. 5リッター2WD 350万円~ 第2位 トヨタH30W型アルファード 現行のH30W型アルファードは、3代目になります。 アルファードはトヨタミニバンのトップグレードであり、国産ミニバンのトップクラスに位置します。 アルファードは、2002年5月にトヨタ自動車から販売されました。 当時ニッサン エルグランドは月間販売台数1万6千台を超える数を売り上げており、トヨタは苦戦していました。 そのエルグランドに真っ向勝負を挑むために開発されたのが、このアルファードです。 トヨタは販売戦略として、このアルファードの発表日をニッサン2代目エルグランド発表日の 次に日に持ってきたのです。 この戦略はもちろん話題となり、アルファードが国産ミニバントップクラスに立つ礎(いしづえ)となりました。 H30W型アルファードは、内外装ともに高級感と豪華さを併せ持って誕生しました。 フロントマスクにはメッキ加工が施されている大型グリルを装備し、豪華でいながら気品のある演出をしています。 リヤビューは丸みを帯びて少し突き出しているお尻と左右に跳ね上がったテールランプが迫力を醸し出しています。 室内は広々としていて、大人が7人(7人乗り)乗ってもゆったりできる空間が広がっています。 ダッシュボードもメッキ加工とウッドパネル、レザーをうまく組み合わせ、センターコンソール部分を広めにすることで高級感を演出しています。 また、大きめのサイドボックスはアームレストの役目も果たし、運転席及び助手席も安定して乗ることができます。 アルファードは一番に考えられているのが、セカンドシートです。 7人乗りと8人乗りが設定されていますが、7人乗りはセンターウォークスルーになっており、左右のシートは高級感があり座り心地の良い作りになっています。 また、オットマンも装備しており足を伸ばすことも可能で、最高の乗り心地の良さを味わうことができます。 助手席にもオットマンは装備されており、助手席でも快適な乗り心地を味わうことができます。 上質でいて高級感のある外装、高級な味わいを感じさせる内装、そして乗る側の乗り心地の良さを最優先に作り込んであるシートなどすべてを併せ持ったアルファード。 間違いなく国産トップレベルのミニバンです。 トヨタGGH30WHアルファード3. 5GF• 全長:4915mm 全幅:1850mm 全高:1895mm• 室内長:3210mm 室内幅:1590 mm 室内高:1400mm(ツインサンルーフ)• 車両重量:1760kg 乗車定員:7(8)名 駆動方式:FF(4WD設定あり)• サスペンション前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング• サスペンション後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:2GR-FE 280馬力 燃費:9. (FF車)• 価格:2. 5リッター2WD 319万円~ 第1位 トヨタH30W型ヴェルファイア ヴェルファイアは、2008年5月に2代目アルファードと同時にネッツ店から販売されました。 現行アルファードとの大きな違いは2分割ヘッドライトと張り出して見える大型グリル、テールランプの形状で、内装やスペックはアルファードと同じ作りになっています。 ヴェルファイアは、アルファード比べると外観がワイルドになっており、これがヴェルファイア人気に火をつけることとなります。 ヴェルファイアは、アルファードと比べると若い方からの支持の方が強いようです。 高級車でありながらどこか悪っぽく見える、その魅力が若い方の興味を引いているように思えます。 グレード設定やスペック、乗り心地の良さともヴェルファイア、アルファードはほぼ同じになっています。 「じゃあ、なぜヴェルファイアが1位なの?」と疑問を持つ人はたくさんいると思います。 その答えは、「月間販売台数」にあります。 では、下記を見てください。 ヴェルファイア(2016年販売台数)• 1月3939 2月3242 3月5005 4月3242 5月2498 6月3695 合計21621• アルファード(2016年販売台数)• 1月3040 2月2690 3月4024 4月2392 5月2162 6月3146 合計17454 販売台数をみてみると、6ヶ月販売台数でヴェルファイアが圧倒的に多いことがわかります。 高級感とワイルドさに身を包み「充実した内装」「ゆったりと過ごせる空間」を持ち、「最高の乗り心地の良さ」とまさにミニバンの王様といっても過言ではないでしょう。 という事で「ヴェルファイア」を一押しさせていただきます。 トヨタGGH30WHヴェルファイア3. 全長:4915mm 全幅:1850mm 全高:1895mm• 室内長:3210mm 室内幅:1590 mm 室内高:1400mm(ツインサンルーフ)• 車両重量:1760kg 乗車定員:7(8)名 駆動方式:FF(4WD設定あり)• サスペンション前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング• サスペンション後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:2GR-FE 280馬力 燃費:9. (FF車)• 価格:2. 5リッター2WD 319万円~ 乗り心地の良い軽自動車ランキング!国産車3選 軽自動車といえば、どうしても「小さい」「狭い」というイメージが強く、乗っていると窮屈感を感じてしまうイメージがあります。 しかし最近の軽自動車は、室内スペースも広く、ワンボックスタイプであれば高さも十分にあります。 そんな中から乗る人を満足させることができる軽自動車の特徴やポイントについて、ランキングを付けながらご紹介していきます。 第3位 スズキ ハスラー• 第2位 日産 デイズルークス ハイウェイスター• 第1位 ダイハツ ムーヴキャンバス 第3位 スズキ ハスラー 販売開始当初は爆発的人気を誇ったハスラー。 CMもそうでしたが、実物の見た目だけでも遊び心満載という感じの車です。 ハスラーは軽自動車でありながら、SUVにワンボックスの要素を加えたような車で、独特のスタイリングを持っているところが特徴で、丸いヘッドライトを持つ顔に愛嬌を感じてしまいます。 しかし、その顔つきとは別物の走りを持っている車で、力強い走りを披露してくれます。 操舵性、安定性にも優れている車で、軽自動車で走りを楽しむにはもってこいの車になっているようです。 安定性にも優れているという事は乗り心地も良く、何よりも操舵性に優れているという運転のしやすさは軽自動車でもトップクラスです。 また、Xターボグレードではパワフルな走りも楽しめます。 室内はゆったり目の作りになっており、前席・後席とも軽自動車クラスではゆったりして乗ることができ、このタイプでは居住空間の広さを感じます。 内装はシンプルでありながらおしゃれ感もたっぷりで、スズキならではの収納ボックスも多彩になっています。 軽自動車としての乗り心地は良いですが、おすすめポイントは操舵性の良さと安定性にプラスされる遊び心。 そんなハスラーで車の楽しさも感じてほしいという意味も込めて第3位とさせていただきます。 スズキ ハスラー(Xターボ)• 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1665mm• 室内長:2160mm 室内幅:1295mm 室内高:1250mm• 車両重量:820kg 乗車定員:4名 駆動方式:FF(4WDあり)• サスペンション前:マクファーソンストラット式コイルスプリング• サスペンション後:ITL式コイルスプリング• 主ブレーキシステム:前ベンチレーテッドディスク 後ディスク• エンジン:R06A型 水冷4サイクル直列3気筒DOHC ICターボ(64馬力)• 価格:155万円~ 第2位 日産 デイズルークス ハイウェイスター 日産のデイズルークス ハイウェイスターは、ミニバンをそのまま軽自動車にしてしまったようなちょっとした豪華さも持っている軽自動車です。 デイズルークスのハイウェイスターは、大型化されたメッキグリルが目に付き、このメッキグリルが高級感を漂わせています。 そこにツートンカラーを用いることで、エクステリアに上質感を与えているといえます。 独特のツートンカラーに大型メッキグリルは高級感だけではなく、カッコ良さも兼ね備えていますので、かっこいい軽自動車が欲しいとおもっている方には、もってこいの一台といえます。 デイズルークス ハイウェイスターは走りも静かで安定性にも長けており、軽自動車としては乗り心地も抜群です。 ターボ車であればそこにパワフルさもプラスされますので、快適に乗れる車といえます。 内装については軽自動車でありながら高級感も持っており、上質な雰囲気になっています。 居住空間も確保されており、特に後部座席の足元は広めで、ゆったりと乗ることができるというのも乗り心地の良さのポイントです。 高級感と上質感に、安定した走りと乗り心地の良さを持ったデイズルークス ハイウェイスター。 軽自動車としては最高の乗り心地を持ったこの車を、乗り心地の良い車第2位としておすすめします。 日産 デイズルークス ハイウェイスター(Xターボ)• 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1775mm• 室内長:2235mm 室内幅:1320mm 室内高:1400mm• 車両重量:960kg 乗車定員:4名 駆動方式:FF(4WDあり)• サスペンション前:ストラット式• サスペンション後:トルクアーム式リンク• 主ブレーキシステム:前ベンチレーテッドディスク 後リーディングトレーリング式• エンジン:3B20 水冷直列3気筒DOHC ターボ(64馬力)• 価格:156万円~ 第1位 ダイハツ ムーヴキャンバス 第1位は、まだ登場してから間もないのでまだまだ見かける機会は少ないですが、ダイハツのムーヴキャンバスとなりました。 ムーヴキャンバスの最大の特徴は、この独特のデザインと笑っているようなこの憎めない顔つき。 女性から好まれそうなこの顔を見ていると、なんともいえない気分になってしまいます。 そして乗り心地。 デザインとは違ってかなり静かな乗り心地になっており、操舵性が高く、非常に運転しやすいというのもこの車の特徴です。 また、視認性が非常に高いという点も高く評価できます。 室内は広くなっており、前席に大人二人で乗っていても窮屈感も感じません。 特に前後席の足元は軽自動車としてはかなり広めになっており、長時間の走行でもそれほどストレスを感じないというのもこの車のおすすめポイントです。 内装は非常にシンプルでありながらもおしゃれでかわいさが感じられるデザインになっており、運転することが楽しくなるワクワク感も持っています。 シートもシンプルでありながら座り心地も良く、足元の広さからゆったりと座れるというのも最高です。 室内が広いことからシートアレンジによって広い荷室空間を作り出すことも可能で、リヤシートの足元にトレイが備えられているのもポイントです。 また、フルフラットにすると自分だけの空間を作り出すこともできます。 若干パワー不足は否めませんが、このスタイリングと室内の広さに静かな乗り心地をプラスすることで、トップクラスの軽自動車となるダイハツ ムーヴキャンバスを乗り心地の良い軽自動車第1位とさせていただきました。 ダイハツ ムーヴキャンバス• 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1655mm• 室内長:2115mm 室内幅:1345mm 室内高:1285mm• 車両重量:920kg 乗車定員:4名 駆動方式:FF(4WDあり)• サスペンション前:マクファーソンストラット式コイルスプリング• サスペンション後:トーションビーム式コイルスプリング• 主ブレーキシステム:前ベンチレーテッドディスク 後リーディングトレーリング式• エンジン:KF型 水冷直列3気筒DOHC(52馬力)• 価格:154万円~ 乗り心地のいい日本車についてまとめ 国産セダン 国産セダンの第1位はトヨタブランドでありながらレクサスにも負けない乗り心地、そして誰もが認めるセダンの王様「トヨタ クラウン」。 2位には国産屈指の高級車でニッサンを代表する「ニッサン フーガ」。 3位に世界基準の技術が詰め込まれた「ニッサン スカイライン」。 国産ミニバン 国産ミニバンでの第1位は乗り心地も良く高級感とワイルドさを持つ「トヨタ ヴェルファイア」。 2位には販売台数でおよばなかったものの最高の乗り心地を持つ「アルファード」。 3位には他車と比べると国産車の中ではロングセラーになっており、乗り心地良し、高級感ありの「ニッサン エルグランド」。 軽自動車 軽自動車の乗り心地良といっても、高級セダンのような乗り心地を求めることはできないというのが現実です。 それでも依然と比べると、軽自動車の乗り心地は随分と進化し、普通乗用車とさほど変わらないレベルまでレベルアップしています。 そんな軽自動車の乗り心地で重要なのは、小さい車でありながらストレスなく運転できてストレスなく乗れる車ということ。 それが軽自動車でありながら、軽自動車の最高の乗り心地の演出になると思います。 また、現在の軽自動車は安全装備の充実も図られており、普通乗用車等と比較してもそれと同等の先進安全技術が搭載されており、パノラマモニターも装備されるものが多くなりました。 試乗してみよう! 車といえば人それぞれの好みもあるかとは思います。 そんな中でも気になるような一台があれば一度試乗してみてください。 その良さが、きっと伝わるはずです。 乗り心地の良い外車ランキング3選 外車といえばポルシェやフェラーリ、ランボルギーニの高級スーパーカーや、メルセデスベンツやアウディ 、BMWなどの高級セダンやSUVなどが頭をよぎると思います。 そんな中、乗り心地の良い車といえば何があるでしょう? 外車で乗り心地の良い車といえば、やっぱりセダン系を考えてしまいます。 ただ、どうしても外車のセダンは高額いというイメージが強いもので、外車だとどうしても手が届きにくいというイメージになってしまうのは仕方がありません。 でも外車であれば注目度も高く、運転していると優越感も国産車では味わえないものがあり、日本人でも外車のセダンを好む方は少なくありません。 しかし購入となるとどうしても価格を考えてしまいます。 それでも外車セダンに乗りたいと考えている方は少なくないはず。 ということで、ここでは日本でもなじみの強い外車の中から、乗り心地の良い外車にランキングを付けながらご紹介させていただきます。 第3位 アウディA4 2. 0TFISクアトロ• 第2位 BMW M523iラグジュアリー• 第1位 メルセデスベンツ CLA250シュポルト4マチック 第3位 アウディA4 2. 0TFISクアトロ アウディのA4は、アウディのセダン系の車種の中でも中堅的存在の高級セダンに位置します。 アウディA4は、前進となるアウディ80と合わせると、累計売上台数が1,200万台以上という販売実績を持っており、50年に及ぶ成功の歴史を持っていることから、アウディのベストセラーモデルとなっている点でおすすめできる車です。 中でもアウディA4 2. 0TFISクアトロは、クアトロと呼ばれる独自のフルタイム4WDを持っており、前後輪のトルク配分をコントロールする事で卓越したトラクションコントロールとコーナーでの高いコーナリング性能を発揮することができます。 エンジンはアウディA4専用に新開発された3つのTFSIエンジンをラインナップしており、2. エンジンは252馬力と先代より41馬力パワーアップしながらも燃費15. を実現しました。 トランスミッションは全車に7速Sトロニックトランスミッションを標準装備し、瞬間的なシフトチェンジを可能としており、効率アップに大きく貢献しています。 内装も高級感とデザインが調和しており、機能性も高いものになっています。 視界は良好とのことで、フロントシートの足元のスペースを拡大することで開放感があり、リヤシート頭上空間を確保することで快適な室内空間を作り出し、最高の乗り心地を演出します。 アウディA4 2. 0TFISクアトロ• 全長:4735mm 全幅:1840mm 全高:1430mm• 室内長:-mm 室内幅:-mm 室内高:-mm• 車両重量:1660kg 乗車定員:5名 駆動方式:4WD• サスペンション前:ウィッシュボーン式• サスペンション後:ウィッシュボーン式• 主ブレーキシステム:前ベンチレーテッドディスク 後ディスク• エンジン:CYR 直列4気筒DOHC ICターボ(252馬力)• 価格:597万円 第2位 BMW M523iラグジュアリー BMWのM523iラグジュアリーは、BMWのセダン車でも上位クラスに入り、最高の走りと最高の乗り心地を実現してくれる車です。 BMW M523iラグジュアリーは、見た目で高級感と迫力感を併せ持つセダンで、周囲に強烈なインパクトを与えてくれる車になっています。 この車のフロントからリヤにかけての美しいシルエットがBMW社のいう特徴になっています。 そしてLEDヘッドライトやBMW伝統のキドニー・グリル、BMW社の理想を実現とするために、フロントからリヤまでの細部にまで手が加えられており、この美しいシルエットが作り出されているのです。 車自体のクオリティも高く、ハンドリングも正確でスムーズなものにしているため操作性も高く、質の高い走りと質の高い乗り心地を実現しているのがこのBMW M523iラグジュアリーであり、おすすめの一台です。 室内は良質な素材を使用していることに加えて滑らかなデザインが高級感を引き出しており、運転席やセンターコンソールの操作系においても高い操作性がうかがえるのもこのBMW M523iラグジュアリーのおすすめポイントになります。 BMW M523iラグジュアリー• 全長:4915mm 全幅:1860mm 全高:1475mm• 室内長:-mm 室内幅:-mm 室内高:-mm• 車両重量:1760kg 乗車定員:5名 駆動方式:FR• サスペンション前:ウィッシュボーン式コイルスプリングスタビライザー• サスペンション後:インテグラル・アーム式コイルスプリング• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:N20B 直列4気筒DOHC ターボ(184馬力)• 価格:706万円 第1位 メルセデスベンツ CLA250シュポルト4マチック メルセデスベンツのCLA250は、メルセデスベンツのセダン系では、なんといっても価格がより現実的な価格になっているというのが一番のポイントです。 それでもデザインはメルセデスベンツですので、高級感のある車になっています。 このCLA250のデザインの特徴は、フロント周りにあります。 他のモデルよりも大きく開いたフロントバンパーダクトが若者から中高年まで幅広く好まれる迫力感を出しており、メルセデスベンツとしての高級感をさらに引き出しています。 ボディ形状は、フロントからリヤにかけて流麗的なデザインになっており、若干スポーティさを持ちながら高級セダンとしての品格を持ち、見るものを魅了するデザインになっているところもおすすめポイントです。 サイズも大きすぎず小さすぎずになっているため、このクラスの外車セダンの中ではドライバーにとっては扱いやすいものになっています。 また室内もゆったりしており、同乗者もストレスのない上質な乗り心地を味わうことができます。 室内は黒を基調としており、シックでありながらもステアリングに本革を使用するなど高級感を醸し出しているのが特徴です。 リヤシートは座り心地も良く分割可倒式となっていますので、後部座席にもストレスなく乗ることができます。 メルセデスベンツとしてのエクステリアの高級感に上質な室内と上質な乗り心地を併せ持ちながら価格帯もより現実的ということも含めて、このCLAを乗り心地の良いおすすめ外車セダン第1位とさせていただきます。 メルセデスベンツ CLA250シュポルト4マチック• 全長:4670mm 全幅:1780mm 全高:1430mm• 室内長:-mm 室内幅:-mm 室内高:-mm• 車両重量:1560kg 乗車定員:5名 駆動方式:4WD• サスペンション前:マクファーソンストラット式• サスペンション後:マルチリンク式• 主ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク• エンジン:270M20 直列4気筒DOHC ターボ(218馬力)• 価格:579万円 乗り心地の良い外国車ランキングまとめ 外国車のなかで乗り心地の良い車として、セダン車を3つ選ばせていただきました。 しかし、外車セダンの乗り心地の良い車といえば高級車になってしまい、価格を見ても手が届かないと思う方は少なくありません。 今回選ばせていただいた3車種は、乗り心地とエクステリアの高級感に加え、価格帯も現実的に考えられる範囲のものをご紹介しました。 高級外車をご検討されている方であれば、是非とも選択肢に入れてみていただきたいと思います。 乗り心地のいい車って大事ですね 以上、乗り心地のいい車について車種別に上位3位の車を発表しました。 いかがでしたか?車を選ぶ基準というのは走りや燃費、デザインなどなど多岐にわたりますが、乗り心地の良さも大事な条件のひとつですね。 乗っているときの気持ちよさや快適性についてもぜひチェックしていただきたいと思います。 この記事があなたの車探しの一助となりましたらうれしい限りです。

次の

乗り心地の良い車ランキング!乗り心地のいい日本車と外車はコレだ!

乗り ご ごち の いい 車

8人乗りモデルも販売しているミニバン・SUV特集 ~ ファミリー層に人気のクルマの特徴を比較します 国内外の自動車メーカーは、市場に数多くの車を供給していますが、その多くは5人乗り・4人乗りモデルだったりします。 今回は国産車かつ新車でも購入可能な8人乗りモデルが展開されているミニバンやSUVを中心としてピックアップして、各車の特徴比較も行います。 7人乗りモデルは2列目には2人・3列目には3人を、8人乗りモデルは2列目には3人・3列目には3人を乗車させるフォーメーションを採用しているケースがほとんどです。 7人乗りモデルのミニバンの多くが採用するキャプテンシートは、左右のシートを独立させて、アームレスト・電動オットマン・温熱シート機能を設けるなどして乗車の快適性を追求します。 また、キャプテンシートは、センター部の隙間からサードシートへとスムーズに移動できるというメリットも備えています。 一方の8人乗りモデルが採用するベンチシートは、フルフラット化可能・跳ね上げられるタイプも多くてキャプテンシートよりもラゲッジスペースを広く確保できるシートアレンジが可能なので、車中泊ユーザーにも受けています。 車両価格は、2列目にベンチシートを採用する8人乗りモデルの方がリーズナブルとなります。 8人乗りモデルも展開しているミニバンの室内スペースや特徴を比較 ショッピングモール・道の駅・サービスエリアの駐車場で見掛ける機会の多いミニバンは、8人乗りモデルも数多く展開しています。 ヴォクシーやセレナなどのファミリーカーとしての地位を確立している人気ミニバンの8人乗りモデルの特徴などに関する情報をお届けします。 アウトドア好きのパパさん達に人気のヴォクシーは8人乗りモデルをラインナップする車中泊するにも便利なミニバン トヨタのミドルサイズのミニバンである「ヴォクシー」は、2018年時のミニバン市場で第2位の販売台数を記録して、その後のセールスも好調なアウトドア好きのパパさん達から長年愛されている一台です。 ヴォクシーの8人乗りモデルは、2列目に580mmのスライドを可能とする6:4分割チップアップシートを装備させて、跳ね上げを可能とする3列目シートとの組み合わせ効果によって、乗車人数や積載する荷物の種類に適したシートアレンジを可能とさせています。 グレード ZS 燃費(JC08モード) 16. 5m 車両価格 3,347,300円~ : 4WD値 女性ユーザーの利用率も高い「ノア」はワイドに開口できるスライドドアを採用してサードシートへの乗り降りをスムーズ化させる ヴォクシーの兄弟車であるノアはトヨタのカローラ店で販売されています。 ヴォクシーと比較すればエクステリアが全体的に柔らかい雰囲気を感じられるノアは、女性ユーザーが利用する割合も多いミニバンです。 3代目ノアの現行モデルは、ガソリン車の「Si」「G」「X」といったグレードで8人乗りモデルをラインナップしています。 ノアの8人乗りモデルは、可動域の広いスライドドアやフラットな低床フロアの特長を活かして3列目シートへの乗り降りを楽にさせています。 グレード G 燃費(JC08モード) 16. 5m 車両価格 3,218,600円~ 洗練されたデザインを特徴とする「エスクァイア」は大人数でのドライブ時の快適性をアップさせる装備パーツが充実している トヨタ店・トヨペット店を販売チャンネルとする「エスクアィア」は、ヴォクシーやノアをベース車として開発された兄弟車であり、上質感の伴う洗練されたデザインを特徴とするパーツを設置してラグジュアリーさをアップさせています。 エスクアィアの現行モデルは、ガソリン車のグレード「Gi」「Xi」で8人乗りモデルの選択を可能としています。 6:4分割チップアップセカンドシートを採用する「エスクアィア」の8人乗りモデルは、フロントフラットソファーモードなどへのスタイルチェンジを可能として、標準装備させるアクセサリーソケットやUSBソケット等の装備類を充実させて、大人数での移動時の快適性をアップさせています。 グレード Xi 燃費(JC08モード) 16. 5m 車両価格 3,198,800円~ 日本を代表するラグジュアリーミニバンである「ヴェルファイア」の8人乗りモデルは採用するセカンドシートが機能的 ヴェルファイアは、ネッツ店を販売チャンネルとするトヨタのラグジュアリーミニバンです。 木目調加飾や採用するシートの質感などにも徹底してこだわっている同車の室内空間は、ホテルや空港のラウンジのような高級感が漂っていると高い評価を受けています。 2代目ヴェルファイアの現行モデルは、ハイブリッド車のグレード「X」・ガソリン車のグレード「2. 5L X」と「2. 5L Z」で8人乗りモデルを展開しています。 ヴェルファイアの8人乗りモデルが採用する6:4分割チップアップシートには、リクライニングや高さ調整を可能とするヘッドレストなどの乗員をおもてなす機能以外にも、大きな荷物を積載する際に便利なロングスライド機能も付いています。 グレード 2. 5L X 燃費(WLTCモード) 10. 6m 車両価格 3,520,000円~ : 4WD フロントマスクが優雅で美しい「アルファード」は乗員が快適に過ごせる8人乗りモデルも展開している トヨペット店で取り扱われているLLクラスのミニバンであるアルファードは、ヴェルファイアの兄弟車です。 大胆かつワイドなシルバー調のメッキ加飾を行うフロントグリル、フロントパンバーと一体化しているようなデザインを採用するヘッドライトなどを搭載しているのがアルファードの特徴です。 3代目アルファードの現行モデルは、「HYBRID X」「2. 5L X」「2. 5L S」のグレードで8人乗りを可能とする車両を展開しています。 アルファードの8人乗りモデルは、跳ね上げ調整を可能とする2列目シートを採用して、移動時に疲れた乗員の体をリラックスさせられるリヤシートフルフラットモードなどのシートアレンジを実現させます。 グランエースの8人乗りモデルは4列シートを採用してラグジュアリーな装備と窮屈さのない快適性で乗員をおもてなす 2019年の12月16日に発売を開始したトヨタのラグジュアリーミニバンであるグランエースは、3列シートで6人乗りの「Premium」と、4列シートで8人乗りの「G」の2グレードを展開しています。 8人乗りモデルは、1列目にはエグゼクティブパワーシートを、2列目にはリラックスキャプテンシートを、3列目には6:4分割チップアップを装備させています。 回転式アームレストや折りたたみ式サイドテーブルなどのユーティリティーパーツを充実させて、全ての乗員を満足させるグランエースは、ホテルや空港などで用いられる送迎車としてのニーズも期待されています。 グレード G 燃費(WLTCモード) 10. 6m 車両価格 6,233,000円~ ステップワゴンのガソリン車はメーカーオプションで「6:4分割ベンチシート」を追加設定すれば8人乗りが可能となる ホンダのステップワゴンは、「こどもといっしょにどこいこう。 」といったキャッチフレーズや大人の遊び心と冒険心を刺激したCMの宣伝効果によって、日本にミニバンブームを引き起こしたパイオニア的な車です。 現行モデルにあたる5代目ステップワゴンのグレード「G・EX Honda SENSING」や「SPADA Honda SENSING」などのガソリン車は、メーカーオプションで2列目に6:4分割ベンチシートを追加設定すれば8人乗りが可能となります。 ステップワゴンは、3列目には床下収納を設けて荷物の積載力アップさせて、タテにもヨコにも開く「わくわくゲート」を採用してファミリー層の支持を広げています。 グレード SPADA Honda SENSING(4WD) 燃費(JC08モード) 15. 4m 車両価格 3,320,900円~ 低床・低重心を特徴とするオデッセイは安定的な走りを堪能できる8人乗りも可能とするミニバン 走行時の振動を抜群に吸収できるダンパーや高性能サスペンションといったパーツを、低重心を実現しているボディに組み合わせているオデッセイは、安定感のある走りを体感できるミニバンとして評価されています。 5代目オデッセイの現行モデルは、グレード「HYBRID ABSOLUTE EX Honda SENSING 」を除く全グレードで8人乗りモデルが設定されています。 同車の8人乗りモデルは、2列目にはドリンクホルダーとセンターアームレストが設定される6:4分割スライドシートを、3列目にはリクライニング機能が備わるシートを装備しています。 グレード HYBRID Honda SENSING 燃費(WLTCモード) 20. 4m 車両価格 3,819,445円~ 日産のラグジュアリーミニバン「エルグランド」は250XGなどの多くのグレードで8人乗りモデルを展開している 日産のフラッグシップミニバンであるエルグランドは、2010年8月に実施したフルモデルチェンジのタイミングで従来採用していたFR駆動からFF駆動へと切り替えるなどして、室内空間の拡充・低重心走行の安定性を引き上げました。 エルグランドの現行モデルにあたるE52型は、「350ハイウェイスター」「350ハイウェイスターアーバンクローム」「250XG」「250ハイウェイスターS」「250ハイウェイスターSアーバンクローム」といったグレードで8人乗りモデルを展開しています。 同車の8人乗りモデルは、着座時のリラックス度をアップさせる大型アームレストやカップホルダー、ロングスライド機能が付く6:4分割ベンチシートを2列目に採用しています。 グレード 350 Highway STAR 燃費(JC08モード) 9. 7m 車両価格 4,340,600円~ セレナはファミリーカーとして支持されている日産を代表するミニバンでスマートシンプルハイブリッド車で8人乗りを展開している セレナは、駐車時に役立つアラウンドビューモニターをオプションで追加設定できるポイントや、ライフケアビークルもランナップしている等の理由により好調な販売が続く日産の主力ミニバンです。 セレナの現行モデル(C27型)は、100%モータードライブを可能とするe-POWERをパワーユニットとして搭載するグレードは7人乗りで、スマートシンプルハイブリッド車では2WD・4WDタイプの全グレードが8人乗りモデルとなっています。 同車の8人乗りモデルは、1列目及び2列目にも設置可能とする「スマートマルチセンターシート」を装備させる効果によって、各シートに備わるスライド機能との組み合わせの幅を広げて、ドライブシーンに応じた乗員の満足度をアップさせます。 グレード ハイウェィスター V 燃費(JC08モード) 16. 7m 車両価格 2,986,500円~ デリカD:5は寒冷地のウィンターシーズンでも大人数でドライブをアクティブに楽しめるミニバン デリカD:5は、乗員数や積載している荷物の重量に応じた適切な制動力を発揮させられるABSや、三菱自慢のAWC(All Wheel Control)などの技術力を組み合わせて、雪道などの滑りやすい悪路走行時であっても安定した走破性を実現するオールラウンダー性能を誇るミニバンです。 デリカD:5のガソリン車である「G-Limited Package」「M-Limited Package」や、ディーゼル車である「P」「G-POWER Package」「G」「M」は全グレード8人乗りモデルを展開しています。 同車の8人乗りモデルは、リクライニング機能やチップアップ機構を設けた専用の6:4分割ベンチシートを装備させて、着座時の心地良さを引き上げます。 グレード 2. 0S 燃費(JC08モード) 15. 5m 車両価格 2,555,300円~ 8人乗りモデルも販売しているSUV・オフローダーである「ランドクルーザー」とレクサスの「LX」の特徴などを紹介 8人乗りモデルも販売している国産車はファミリーカーとして定着しているミニバンだけではありません。 ランドクルーザーやレクサスLXといった大型クラスのSUV・オフローダーも最大8名が乗車できるグレードを展開しています。 ランドクルーザーは仲間や家族と一緒にアウトドアの旅を楽しめる大型サイズのオフローダー 半世紀を超える車歴を誇るランドクルーザーは、SUVに分類される車両としては数少ない最大8名が乗車できるクルマ。 現行モデルの200系では、「AX」「AX Gセレクション」「ZX」といったグレードで8名が乗車可能となっています。 跳ね上げ機能が備わるスペースアップシートを採用する3列目は、簡単に格納・固定することが出来て、キャンプなどのアウトドア時の参加人数や持っていく荷物の種類にも合わせて便利に利用できると評判です。 グレード AX 燃費(JC08モード) 6. 9m 車両価格 5,979,600円~ 8人乗りが可能なレクサス「LX570」は存在感抜群の国産SUV最高峰のラグジュアリーなクルマ レクサスのフラッグシップSUVであるLXはランドクルーザーをベース車とします。 ゴージャスな内外装を魅力とする同車の現行モデルにあたるLX570は2列シート・5人乗りモデルと3列シート・8人乗りモデルを展開しています。 8人乗りモデルは、高級感と質感が一級品のセミアニリン本革を各シートに採用し、1列目から2列目・2列目から3列目へと昇順するにつれてアイポイントを高く設定して乗員の乗り心地の良さを引き上げます。 グレード LX570 3列シート・8人乗り 燃費(JC08モード) 6. 9m 車両価格 11,356,481円~ 8人乗りできる車をマイカーやレンタカーで利用してドライブを楽しんで思い出を沢山つくっていこう 気心の知れた友人や家族が乗車している時ほど、車内が賑やかになって目的地までの移動が楽しくなります。 子供たちと一緒にご両親も乗せて行楽地や買い物などへと出かける機会の多い方は、セレナやヴォクシーなどの8人乗りできる車両をマイカーとして利用するプランを考えているかもしれません。 卒業旅行や社員旅行で訪れた観光地の名所を巡る際には、8人乗りを可能とする車両をレンタカーで利用して移動した方が便利です。 家族や友人達との移動をサポートしてくれる8人乗りができる車でドライブして、沢山の思い出を作っていきましょう! 8人乗りミニバン・SUVの新車・中古車価格帯 車名 グレード 新車価格 中古車価格帯 ヴォクシー ZS 3,347,300円~ 200,000円前後~ ノア G 3,218,600円~ 78,000円前後~ エスクァイア Xi 3,198,800円~ 948,000円前後~ ヴェルファイア 2. 5L X 3,520,000円~ 1,998,000円前後~ アルファード HYBRID X 4,547,000円~ 2,890,000円前後~ グランエース G 6,233,000円~ 5,990,000円前後~ ステップワゴン SPADA Honda SENSING 4WD 3,320,900円~ 1,699,000円前後~ オデッセイ HYBRID Honda SENSING 3,819,445円~ 2,599,000円前後~ エルグランド 350 Highway STAR 4,340,600円~ 689,000円前後~ セレナ ハイウェイスター V 2,986,500円~ 95,000円前後~ デリカD:5 M 3,913,800円~ 310,000円前後~ ランディ 2. 0S 2,555,300円~ 170,000円前後~ ランドクルーザー AX 5,979,600円~ 2,080,000円前後~ レクサスLX570 3列シート 11,356,481円~ 3,480,000円前後~.

次の

手が届くカッコいい車に乗りたい!価格&タイプ別でおすすめ車種を紹介

乗り ご ごち の いい 車

画像: 車の基本はセダンということで、まずはセダンの中で乗り心地が特にいい車種として、トヨタのアッパーミディアムセダン、 「カムリ」を紹介します。 カムリは、低重心が売り物の最新プラットフォーム「TNGA」の採用により、不快な横揺れを低減している点が特徴です。 サスペンション形式は、フロントに長いストロークが得られるマクファーソンストラット独立懸架式、リアに動きのスムーズさや接地性の点で有利なダブルウィッシュボーン独立懸架式を採用しています。 形式的にはごく一般的なもので、エアサスや電子制御サスなどのハイテクも採用されていません。 しかし、そのセッティングは固過ぎず柔らか過ぎずの絶妙なもので、フラットかつ重厚な乗り心地を提供してくれます。 ゴツゴツ感や突き上げ感とは無縁なので、誰が乗っても、またどんなシチュエーションでもまず不満は出ないでしょう。 一クラス下の「プリウス」も乗り心地がいい車ですが、カムリはその上を行きます。 ただ、カムリは北米市場をメインターゲットに開発された車なので、日本で乗るには少し大き過ぎるかもしれません。 その点にさえ目を瞑れるならば、乗り心地のいいセダンとしてお勧めです。 画像: コンパクトカーは、セダンと比べると車両重量が軽い上ホイールベースも短いので、乗り心地の面でやや不利です。 しかし、中には高級セダン顔負けの優れた乗り心地を実現しているコンパクトカーもあります。 シトロエンのBセグメントモデル 「C3」は、その代表格といえるでしょう。 サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式、リアが半独立懸架式ともいえるトーションビーム式で、コンパクカーとしてごく標準的な形式です。 しかし、その乗り心地は 「雲の上を行く」ような快適なものに仕上がっています。 適度にソフトで路面からの当たりが柔らかいだけでなく、ダンパーの効きが良いため姿勢がフラットなことが特徴です。 また、こうした優れた快適性には、素晴らしく出来の良いシートも貢献しています。 スタイリングが奇抜なので好き嫌いはハッキリと分かれるところですが、一クラスも二クラスも上級の車種に匹敵する乗り心地は、このクラスでは頭ひとつ抜きん出たものです。 このスタイリングに抵抗感がなければ、乗り心地の面でイチオシのコンパクトカーといえます。 C3って乗り心地がすごくいいんだね~。 シートがとっても座りやすくて疲れにくいからかなぁ。 外観も個性的だしいいんじゃない?! マツダ・CX-8 SUVは腰高のため乗り心地の面で不利だと言われますが、中には優れた乗り心地を実現している車種もあります。 1台あげるとすれば、マツダの最上級モデルとして位置付けられる 「CX-8」でしょう。 サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式で、リアはダブルウィッシュボーン式の進化系ともいえるマルチリンク独立懸架式です。 エアサスなどの設定はないものの、絶妙なセッティングによりフラットかつ重厚な乗り心地を実現しています。 目地段差や路面のうねりも巧みにいなしてくれるので、エアサスが欲しいと思うことはまずないはずです。 ピープルムーバー(多人数乗車)としての性格も併せ持つCX-8ですが、どの乗員からも乗り心地の面で不満が出ることはないでしょう。 高級感が漂うCX-8だけど乗り心地も裏切らないようね! 今度夜景の綺麗な場所にドライブに行ってみようかしら。 もちろん、じいやの運転で・・・ ホンダ・ステップワゴン SUVと同様、ミニバンも乗り心地の面でハンディを抱えていると下記項目で触れています。 しかし、ホンダの5ナンバーモデル 「ステップワゴン」は、なかなか快適な乗り心地を実現したミニバンとしてお勧めできます。 サスペンション形式はフロントが全車マクファーソンストラット式で、リアはFF車が車軸式、4WD車がド・ディオン式です。 ド・ディオン式は独立懸架式ではないものの、車軸式よりは乗り心地の面で有利です。 しかし、ステップワゴンのFF車の乗り心地は、特に4WD車に劣る物ではありません。 どちらのモデルも、ミニバンとしてはソフトで快適な乗り心地を実現しています。 3列目はシートの出来が良くないのでさすがに厳しいものの、2列目シートの乗員から不満がでることはないはずです。 画像: 軽自動車は、コンパクトカー以上に乗り心地の面で不利な要素を抱えています。 しかし、足回りが上手く設計された車種はコンパクトカー顔負けの乗り心地を実現しているので、決して侮れません。 その最右翼といえる車種が、スズキのハイトワゴン 「ワゴンR」です。 サスペンション形式はフロントが全車マクファーソンストラット式で、リアにはFF車はトーションビーム式が、4WD車はI. L式と呼ばれる車軸式の一種が採用されています。 FF車・4WD車に共通しているのは、軽自動車離れしたフラットな乗り心地です。 一般的に軽ハイトワゴンは背が高くトレッドが狭いので、コーナリング時の安定性を高めるため、ある程度足回りを固める必用があります。 しかし、その影響を微塵も感じさせない快適な乗り心地を実現しているのが、ワゴンRの素晴らしい点です。 軽自動車のワゴンRは普通車顔負けのとっても快適な乗り心地なんだね!FF車も4WD車も同じように快適だからライフスタイルに応じて選ぶといいね! 車の足回りのセッティングや形式と乗り心地の関係 乗り心地がいい車というと、とにかく足回り サスペンション が柔らかくセッティングされた車を想像されるかもしれません。 しかし、例えスプリングが柔らかく設定されていても、その動きを制御するダンパーの効きが弱ければ常に車がふわふわと揺れてしまい、乗り物酔いを引き起こしてしまうような乗り心地になってしまいます。 それよりは、むしろスプリングが固めでもダンパーの効きが良い車の方が、快適な乗り心地を提供してくれることが少なくありません。 理想的には、 ソフトなスプリングに制御の効いたダンパーを組み合わせた車種がベスト、ということになるでしょう。 また、サスペンションの懸架方式が車軸式であるか独立懸架式であるかも、乗り心地を左右するポイントのひとつです。 路面に凹凸がある場合、独立懸架式なら車体が比較的水平な状態に保たれますが、車軸式の場合は車体が傾いてしまうので、快適性の面で不利になります。 前輪は大半の車種が独立懸架式を採用していますが、後輪は車軸式を採用する車種も少なくありません。 しかし、近年は車軸式でも良好な乗り心地を確保している車種も増えているので、それほどシビアに考えなくても良いでしょう。 車のタイプと乗り心地の関係 車には様々なボディタイプがありますが、ボディの形状と乗り心地にも関連性があります。 一般的に、ミニバンやSUVといった背の高いタイプは、コーナリング時のロールを抑えるため足回りを固めに設定せざるを得ないので、乗り心地の面ではやや不利です。 一方、セダンやコンパクトカーなどは車高が低く、無理に足回りを固める必用がないため、良好な乗り心地を得やすいといえます。 楽々快適!乗り心地がいい車おすすめ5選まとめ カテゴリー•

次の