華山転生 原作。 北斗の拳

無想転生とは (ムソウテンセイとは) [単語記事]

華山転生 原作

無想転生とは、「」に登場した技のひとつ。 の流、究極義である。 概要 哀しみを背負う事で習得できるの究極義であり、「から転じて生を拾う」という意味合いを持つ。 その実体をに消し去り、上化となることによって敵の攻撃をかわし、一撃を与える。 これを発動されるとあらゆる回避も攻撃も効となる。 体全体を化するだけでなく、拳のみをにする場合もある。 初期はと化してになるというような技とされていたが、後に「あらゆる敵の攻撃に対して想にして適切な反撃を行い、また敵にとっては想予測な攻撃を仕掛ける技」と説明された。 の義ではあるが、に油断があった際オウの「暗破」 周囲を間と化すことで受けの技を流し、防御をとする義 によって一度だけ破られている。 なお、この義を習得した者同士が戦った場合 全ての儀が意味をなさなくなってしまうため と対峙した際は全霊の拳による殴りあいとなった。 習得するには深い哀しみを背負わなければならないことから、転じて深い哀しみを背負った事という意味としても使われる。 例)地元のが撤去され深い哀しみを背負った。 北斗無双での無想転生 との伝承義(三で言う「乱舞」で言う「義」で言う「SP攻撃」みたいなもの)として使われた。 一間状態になることができる。 無想転生は無想転生でしか破れない。 格闘ゲームとしての「無想転生」 の挌闘「」では、通りとが、究極義(1本使用。 いわゆる)として使用出来る。 使用した直後から、ブースージの上にマーが点する。 この状態で、対戦相手の上中段攻撃に対して前を、下段攻撃に対しては下を入すると、その攻撃を効化しつつ、自分をと消し去りながら相手の後ろに回る。 ただしに対して想を取った場合は、一定進むだけで相手が余程近くない限り裏には回らない。 要は相手の裏に回れるブと思えば間違いはない 仕込みながら想を取れるので厳密には違うが。 1回の無想転生発動につき、この「裏周り」は7回使用出来る だからか?。 が、大抵7回使う前にが終わるのであまり関係ない。 裏回る間は時間が停止しており、相手の攻撃の硬直はそのままなので、相手が大攻撃を振っていた場合ほぼ確反となる。 なおとは異なり、どんな技でも回避できるではなく、に究極義(=)や一撃必殺義には効となっている。 さすがに準拠そのままでしたならば「 全ての儀が意味をなさなくなってしまう」為、補正と言ってしまえば身も蓋もいのだが…。 イチゴ味での無想転生 認「」でも登場。 など細かい事はhan!! にしている設定であるため、などもに生きているが、は習得済みである(恐らくも)。 また、であるが義「生(なま)・無想転生」を使用。 の無想転生と同じく発動と同時に闘気が流れ、心に刻まれた強敵(とも)の姿が垣間見えるのだが・・・何故かそのナップがいたのかいなかったのか良く分からない、補欠感こってり漂うなメンツ。 しかもあろうことか、残像であるはずのそれらの補欠たちがと一緒になってを殴る蹴る。 闘気の流れに映し出された、心に刻まれた強敵(とも)の記憶ではなく、 実際にそこに本人がいただけであった。 MUGENにおける無想転生 における有効さからか、数多くのにとして搭載されている。 というか、哀しみ背負いすぎじゃないのか。 さらにはこれらのの場合、版を視してあくまで準拠通り「 全ての儀が意味をなさなくなってしまう」を重視し必だろうが、追撃だろうが回避が可になっているもある。 …の村での一件により哀しみを背負ったとされる。 その強さその性格のどちらを見ても、で使用できてもおかしくない。 意外と知られていないが、発動時の効果そのものはあまり大きくない。 …を失ったことで哀しみを背負ったとされる。 南斗の将ではあるが、習得した理由はと全く同じである。 ・・・でもお師さんことオウを失った哀しみを背負っている 無想転生というよりは(版)性の十字という方が近い。 …理解されぬが哀しみを背負ったとされる。 …どう考えてもでは習得できそうにないのだが、死んだ間いなかったことにされたり での最弱にされた哀しみを背負ったところでとあると出会い、 ので厳しい修業を重ねた結果ついに究極義を修得した。 99回使えるなどかなり高性。 …においても無想転生の技である「」を使用できるが、 ムをはじめ各種にも「無想転生」使用できる者が多い。 の詳細はの記事を参照。 ・・・幼い時にと死に別れ、人とも生き別れた孤独哀しみを背負い、 孤独なの中、他の者がこれ以上の哀しみを背負うことを命を賭して拒絶したことで習得したとされる。 その効果はのそれと逆で「その虚幻をに現し、以って回生の一撃を放つ」というものである。 版の及びツクミヤが保持しており、発動による強化はかなり驚異的。 ちなみに、でも「(あるいは夢)から転じて生を拾う」を持っている。 関連項目•

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?を絶対無料で読めるサイトはここ!

華山転生 原作

この作品の主な要素は、サバイバル、格闘技 戦闘 、異世界といったところになる。 それぞれの要素ははっきり言って各要素に特化している他の有名作と比べて大したことはない。 例えば、サバイバルの醍醐味は、生きるか死ぬかギリギリのところをサバイバル知識を生かして、生存条件を満たしていくのが良くあるパターンだが、本作は一般に知られてないようなサバイバル知識が語られることはない。 水は川を見つけて得られるし、火起こしは木の板を棒で擦るやつだ。 女の子4人組の無人島生活の某作品に比べて競合相手にさえなれない。 格闘技も異世界も同様にそれらを売りにしている他作品には及ばない。 だが、サバイバル、格闘技 戦闘 、異世界のハイブリッドというだけで新鮮味はあるし、味のある作画、テンポの良い展開なので全体としてはそこそこ面白い。 1巻最後でなにやら主人公自身の謎という新要素も追加されるようなので、今後の展開は期待が持てると思う。 原作なろう作品の頃から野人先生のファンです。 野人転生の小説版には小説版の面白さがありますが、漫画版も別な面白さがあります。 コンパクトにまとめられたストーリーと小林先生の絵の齎す迫力は漫画版の利点ですが 反面、原作部分からはしょられた所が多いのが少し気になっていました。 しかし、その不足部分を補うコラムの存在がcomicの株を爆上げあげしています。 月間電撃 の連載を追うだけよりcomic買った方が断然得です。 こう言う作品読む楽しみって、自分が転生したりサバイバルしたらどうなるのか? と空想したり する部分にあると思います。 故に虫食いながら書いてそうなサバイバルコラムは勉強になる。 サバイバル番組を見てとか言ってるけど、絶対に作者は実体験として生肉とか虫とか食ってる。 ガチで。

次の

無想転生とは (ムソウテンセイとは) [単語記事]

華山転生 原作

ヱデンズボゥイ ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 コンプティーク1月号 - 月刊少年エース11月号 巻数 全20巻 アニメ:エデンズボゥイ 原作 天王寺きつね 監督 シリーズ構成 脚本 十川誠志、田中哲生 キャラクターデザイン 数井浩子 音楽 外山和彦 アニメーション制作 製作 、 放送局 参照 放送期間 - 話数 全26話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 ヱデンズボゥイ』( EDEN's BOwY)は、によるの。 『』()1994年1月号より連載を開始し、1996年に『』(角川書店)に移籍したのち2009年11月号で完結した。 完結を記念し、2009年11月から2010年1月まで小冊子プレゼント(1,000名)キャンペーンが実施された。 単行本は全20巻。 には化、には化された。 「神殺し」の業を背負った少年ヨルンと女神の少女エリシスが、神殺しの秘密を狙い襲い来る刺客達と戦いながら成長していく作品。 少年誌向けとしてはかなり残酷な描写や露骨なお色気シーンも存在する。 ストーリー [ ] 天上都市(エデン)の落とし子ヨルンは、いつか天上都市へ昇り母と再会することを夢見て地上で暮らしていた。 ある日、ヨルンは空から降ってきた少女エリシスと出会う。 時を同じくして、天上都市の一つで神殺しの秘密を求めるユルガハが送り込んだ刺客も現れ、ヨルンは戦いに巻き込まれていく。 用語解説 [ ] 神殺し 神を凌駕し、世界を変えると伝えられる力。 特殊な血筋にある条件を備えた場合に発現する。 天上都市 高度な魔法と科学力によって空中に浮かぶ巨大都市。 ユルガハ・ヤヌエス・ウルトの3つが勢力争いを繰り広げている。 地上を支配する存在であり、地上の人々は憧れを込めて「エデン」と呼ぶ。 セフィナの民 地上に住む人間の中で唯一魔法を使うことができる民族。 神殺しを神敵として滅ぼそうとする。 特記ない場合は共通。 農家の素朴な少年だったが、天から降ってきた少女・エリシスとの出会いによって運命が大きく変わることとなる。 「神殺し」の業を背負い、旅での成長を通し神殺しの力が覚醒していく。 エリシス 声 - 天から降ってきた謎の少女。 本名は「エリュエステーラ・シーディア」。 恥ずかしがり屋で最初はほとんど話さなかったが、ヨルンと共に旅をしていくうちに普通に話すようになる。 実は女神の一柱で、「エリシス」、「シーダ」、「テーラ」の3つの姿を取ることができる。 エリシスは最も人間に近い姿だが、振るうことができる力は最も弱い。 なお、3つの姿に共通するのはヨルンのことが好きという感情だけである。 正体は大地母神の伝生。 シーダ 声 - 椎名へきる 大人の女性の姿を取ったエリュエステーラ・シーディア。 エリシスよりも強い力を持ち、積極的にヨルンの危機を救う。 テーラ 声 - 椎名へきる(ラジオドラマ) エリュエステーラ・シーディアの中で最も強い神の力を振るうことが可能になる姿。 反面、人間味には乏しい。 「戦いの女神」。 本名は「エネフステーラ・ソーフィア」。 父のマーサ・イヴェラ(声 - )の呪いによって豹の姿となっている。 第二部からは呪いの解けた姿も見せる。 アニメ版では常に豹の姿のままだった。 通称・おっちゃん。 天上武会で優勝するほどの実力の持ち主。 ヨルンに剣技を教授する。 天上都市に追われる身で、普段は本名を隠していた。 コントロール系を特に得意とする。 アグマイカの部下で、ウィトーらを指揮する。 フィールド球と呼ばれる防御装置を身体の周りに展開する。 実はアグマイカは育ての父であり、実の父はルメザヴィアだった。 セルロッタ フェニスの飼っている猫。 その正体はヒルダが作り出した魔法生物で、フェニスのダメージを引き受ける憑代。 中でもウィトーは、ナンバーワンの人形使いとして名高かった。 禁断の愛の末に死んでしまった妹のヘアラを傀儡として再生した。 フェニスとは生前、友人だった。 死後、ウィトーにより「生体をベースにした人形」として再生された。 戦闘により再び死亡(破壊)するも、ある家族の新生児へと転生する。 アニメ版では第二の身体であった傀儡を廃棄工場で失ったが、すでに自動車に意識を転移していた。 その後、兄の肉体に再転移し、ウィトーと身体を共有する。 有能な魔導士であり、フェニスの上司かつ父親である。 ヒルダ 声 - (ラジオドラマ) アグマイカの妻だが、それを隠して表向きはフェニスの付き人としてフェニスを陰から見守っている。 本名は「ブリュンヒルデ」。 本来は強力無比な魔導士だが、フェニスのためにセルロッタを作った反動で、力の大半を失っている。 ヨルンの母であり、ユルガハにある先見の塔で暮らしている。 本名は「ヨニハ」。 主神(マーサ・イヴェラ)がサヨイを襲い、産ませた娘。 サクラ 声 - フェニスの部下。 マイナス系を得意とする魔導士。 お茶のみが趣味。 ワグナーの孫娘。 モミジ・レイヤード フェニスの部下、サクラの妹。 ワグナーの孫娘。 六導士 ユルガハを統治する6人の高位の魔導士たち。 実態はルメザヴィアの傀儡に等しい。 ミカエラ 六導士の一人。 ラレシロに操られる。 ガロワ 六導士の一人で唯一の生き残り。 皇導士ルメザヴィア ユルガハを統治する最高位の魔導士。 天上都市ヤヌエス [ ] ニャコ・ミーケニカ 声 - (テレビアニメ) ヤヌエスの元首の座に就く(天上都市ウルトで生み出され、捨てられた)獣人の少女。 ユルガハ打倒のため神狩りの力を求める。 先見の姫の熱烈なファン。 部下達の失態に苛立って自ら出撃した。 なお、放送当時の『』によると演じた水橋は母親に「ニャコは貴女に似ている」と言われたらしい。 オルトラン 声 - (テレビアニメ) ヤヌエス四天王の一人で、副官。 ニャコの婚約者。 高い実力の持ち主だがミーハーな性格で、自室には隠し撮りしたエリシスの写真が何枚も貼られている。 アニメ版ではユルガハとの戦後、副官の座を追われて家庭教師に転職した模様。 メラニス 四天王の一人。 ヨルンにとっては姉のような存在。 実は妹のパレラや弟もいる。 アニメ版でも3姉弟全員が登場しているが、こちらでは彼女らの血縁関係について触れられていない。 いずれも妹弟を失う展開は共通している。 クェントロゥ 四天王の一人。 マスクの下はかなりの美形(サクラ曰)。 グリフォー 四天王の一人。 パレラ 声 - 虚力場(ゼロフィールド)の使い手。 ヨルンに虚力場の使い方を教える。 また、「最強最悪」といわれるほど強力な魔獣使い。 弟(ヨハン)がいた。 ゴルドー、ヴィロッグの上司にあたる。 ゴルドー 声 - 冷酷無比な凄腕の剣士。 武人としての矜持を持ち、おやぢと互角に渡り合う。 ゴルドーの相棒。 ヘアラの死に関わる。 アニメ版ではゴルドーと共に狂言回しをも担当した。 コニャコ・ペルーシャ 声 - (テレビアニメ) ニャコと同じ獣人の少女。 実はニャコの姪。 生徒会活動やボランティアの合間にヨルンと接触、ヤヌエスへの助力を請う。 本来はアニメオリジナルキャラキャラクター。 後に原作にも登場した。 ルカルダ・ウエンズ パレラの昔の恋人。 しかしパレラを利用するためだけに接近したのであり、パレラを使い魔導の実験を行う。 結果、パレラに取り返しのつかない傷を負わせる。 後に天上武会に参加し、ヨルンのチームと戦う。 実験から得た成果として負力場(マイナスフィールド)を操る。 カミラ・ブゥードゥークィーン ヤヌエスの前・元首で、オルトランの母。 三賢者とも呼ばれる伝説的な英雄。 若い頃にブリュンヒルデ、モンラッドと共に大暴れし、超魔法王国「天上国ゴンドワナ」滅亡の引き金をひくなどの活躍を残す。 ラグナード ヤヌエスの前々・元首。 ロン・タイシと戦い敗れた後、カミラにその座を譲った。 天上都市ウルト [ ] スパイク・ランディット 声 - (テレビアニメ) ヨルンと同じく神殺しの力を持つ少年。 原作ではデニルモの子。 デニルモ 声 - (テレビアニメ) スパイクと行動を共にする女性。 実はマーサ・イヴェラによって追放された女神の一柱で、「異端者デニルモ」、「黒き翼のデニルモ」とも。 アニメ版でもスパイクと行動を共にしていたが、彼との些細な喧嘩が切っ掛けですでに命を落としていた。 皇帝ヴュメント ウルトの支配者。 三賢人 ウルトの高位の魔導士。 骸(むくろ) 壁画の間に埋め込まれたミイラ。 ルメザヴィアの先祖で、一千年前に突如として世界に現れ、魔法理論をもたらした人物のなれの果て。 また、一千年の歴史の予言も残した。 その正体は次元の穴に落ちてタイムスリップしたアグマイカだった。 ヴィンレッダ・ヴァニトー ウルトから分派した急進過激派魔導士グループ「ヴァニトー」の党首。 ウルト皇帝ヴュメントの許婚。 ヴィシュラー ウルトの前皇帝。 セフィナの民 [ ] ウォルロック・セフィーニロ 神官戦士。 最年少で「聖戦士」の位を得た。 本来、敵対するべき「神殺し」であるイフォーラを慕い、共に天上武会に出場する。 ウェドロック 神官戦士長。 ウォルロックの兄。 ゾアロ 司祭。 野心家。 正体は主神。 ヴェルナー 司祭。 ヤイカ セフィナにおける当代の先見の姫。 ヨニハの異父妹。 ゾアロに心が傾くが、ゾアロはヨニハに目をつけ、ヤイカを見下している。 ヨニハ 先代の先見の姫。 ヨルンの母。 サヨイ 先々代の先見の姫。 ヨニハの母。 神族 [ ] マーサ・イヴェラ 声 - 天上都市ユルガハに潜む、巨大な魚の姿をした謎の存在。 その正体「偉大なる父」とも呼ばれる、神族の「主神」。 リリス エネフェアやエリシスの妹。 「破壊の女神」。 本名は「リリシャーロ・フレーベア」。 「混沌と開闢の女神」。 「大地母神」「見届ける者」と並び、神の中で最も古い、世界の創造に立ち会った三柱の神の一人。 エリシスが姿を消した三年後の天上武会で、エリシスの姿でヨルンの前に現れる。 イヴァ・フェニシア 大地母神。 人類、神族、双方の母。 マーサ・イヴェラに殺された。 神殺しの血縁を産み出した。 バリュトア 神族(かみぞく)最強の戦士といわれる男。 サリエラート 神族。 エリシスの兄。 「生命の神」。 エネフェアに懸想している。 リュシカ マーサ・イヴェラに従う神族。 「時間の神」。 本名は「リュシカート」。 ミレニア マーサ・イヴェラに従う神族。 「理(ことわり)の神」。 ラレシロ マーサ・イヴェラに従う神族。 (第一部の時点では)地上への干渉を制限されているため、地上で活動するときに「素体」を必要とし、六導士ミカエラの身体を乗っ取ったりしていた。 ワルキュルア・カイドマ フェニス、ブリュンヒルデ等に力を与えていた神族。 のちにフェニスの記憶を継いで、ユルガハを率いて主神と戦いに身を投げた。 マグドゥゥア 天使長。 神族に仕える天使族の長。 ベルヘア、サルトゥス、フリュード、ゲヘナ 殲天使。 天上武会 [ ] 松平華山 天上武会出場者。 東方の小国の姫。 虚力場の使い手。 東方では虚力場を「天位の気」と呼び、その王者の資質とされている。 しかし「女で天位の気の持ち主は不吉」という言い伝えもあり、これにより武者修行という名目で家を出された。 立派な婿を見つけて家に帰るのが目的で、同じ天位の気の持ち主であるヨルンに結婚を申し込む。 ロン・ダオシー(龍道士) 華山の付き人。 かつてはロン・タイシ(龍大師)と呼ばれていた東方の伝説的魔導士。 朔之進 華山の付き人。 東洋で随一といわれる剣の達人。 妖刀村正を持つ。 刀の魔力が強すぎて完全には制御ができないため、三度、攻撃するのが限度。 モンラッド 天上武会の審判。 昔はブリュンヒルデ、カミラと共に冒険していた強者。 もう一つの身分は三柱神の一人、魔神「見届ける者」。 ウィグルデン(兄) 一応、地上では「名匠」と呼ばれるくらいには腕の良い刀鍛冶らしい。 ウィグルデン(弟たち) ウィグルデン(兄)の弟たち。 ウィグルデンが作ったオーダーメイドの武具を装備して天上武会に出場した3人組。 ツィーニ、ヴィルガ 天上武会に出場したルカルダのチームメイト。 ランドウ 天上武会が開かれたサメロの街の警備隊長。 以前、天上武会に出場したことがあり、そのときにウルガー(おやぢ)と戦って左目を失っている。 フォルティーヌ ランドウの妻。 その他の人物 [ ] イフォーラ・ルフェナーゼ 3人目の神殺し。 ヨルン、スパイクとは異母兄妹。 フェウマー イフォーラとチームを組んで天上武会に参加。 ヴァニトーの魔導士。 ルグル パメラの連れていた子犬型の魔獣。 アルーシャ、メルーシャ 幼い、双子の魔導士。 テレパシーで心を読むことが出来る。 ガスチーニ 声 - ヨルンの養父。 かつては戦士として名を馳せた。 天上都市への憧れから、天上都市から落とされたヨルンを(人身売買オークションで)買い取った。 ヘクター 盗賊団の一員。 キャラバンを襲って返り討ちに遭った際、ヨルンに片腕を斬りおとされた。 G団 「魔導士狩り」を行うテロリスト集団。 白い法衣を着て、茶色の頭巾を被り、魔導士を襲う。 ワグナー 地上で店を営む魔導士。 天上国ゴドワナの生き残り。 ゴドワナが滅びた時、孤児だったワグナーはヒルダに拾われ、そのまま育てられた。 小さい頃の愛称は「リッヒ」で、本名は「リヒャルト」。 アサト ヨルンの父。 ヨニハの夫。 古代文明研究家だった。 「神殺し」の血筋だが、「業」の条件が揃わず、神殺しの力は発現しなかった。 リング・オッチ 「真理の実」の管理者。 書誌情報 [ ]• 1995年3月28日発売• 1996年2月27日発売• 1997年1月16日発売• 1998年1月7日発売• 1999年1月6日発売• 1999年4月30日発売• 2000年1月27日発売• 2000年9月25日発売• 2001年6月27日発売• 2002年3月8日発売• 2002年9月24日発売• 2003年7月1日発売• 2004年8月1日発売• 2005年3月26日発売• 2006年1月26日発売• 2006年11月25日発売• 2007年11月26日発売• 2008年12月26日発売• 2009年10月26日発売• 2009年11月26日発売 ラジオドラマ [ ] 1998年12月から1999年3月まで、『』(36局ネット、木曜 25時10分 - 26時00分)内で放送された。 全14話。 後にCD化されている(詳細は「関連商品」を参照)。 テレビアニメ [ ] 『 エデンズボゥイ』のタイトルで1999年4月から同年9月までで放送された。 全26話。 内容はかなり改変され、原作の残虐描写やお色気シーンはほぼなくなり、「神殺し」が「神狩り」に、エネフェアが白い豹に、ゴルドーとヴィロッグがお調子者のキャラクターにそれぞれ変更されている。 また、天上都市は「ユルガハ」「ヤヌエス」の2つしか登場しない。 スタッフ [ ]• 原作 - 天王寺きつね• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 数井浩子• インダストリアルデザイン、レイアウト監修 - 山形厚史• 美術監督 - 阿久津美千代• 色彩設計 - もちだたけし• 撮影監督 - 渡邊英俊• 音楽 - 外山和彦• 音響監督 -• 編集 - 森田清次• 協力 - 角川書店、、、• アニメーション制作 -• アニメーションプロデューサー - 長谷川洋• プロデューサー - 小林教子(テレビ東京)、横山真二郎(創通エージェンシー)• 監督 -• ドラマCD エデンズボゥイ Vol. 第1 - 7話を収録。 エデンズボゥイ Vol. CD エデンズボゥイ オリジナル・サウンドトラック Vol. 歌:椎名へきる。 歌:佐藤康恵。 歌:The Water Of Life。 歌:椎名へきる。 設定資料(約100点)、天王寺きつね描き下ろしイラスト、背景付きセル画像(約250点)、エリシス・シーダ・テーラのボイス集などを収録。 最終話から約1年後を描く。 女神覚醒 発売日:1999年10月• 神狩り消滅 発売日:1999年10月 外部リンク [ ]• - (2012年10月31日アーカイブ分) 系 火曜18:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の