梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物。 【頭痛持ちの方】頭痛ーるアプリで梅雨時期の不調に負けない【おこ丸愛用】

ココロも身体もだるい…乱れがちな梅雨時期に食べるといいもの — まとめ構成・小田原みみ

梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物

こんにちは。 花籠陰陽堂 花籠(はなかご)です。 先日沖縄で梅雨入りが発表され、フィリピンの東海上で台風1号が発生しましたね。 ここしばらく暑い日が続いていましたが、先週末はグッと気温と気圧がさがり、最近はまた気温が上がってきました。 体温調節が中々むずかしいです。 この、春から夏にかけての雨で湿気の多い季節。 頭痛やめまい、肩こり、不眠、むくみ、胃の不調など、病院に行く程ではないのだけど 【なんとなく】体調が思わしくない方も多いのではないでしょうか。 また現在は新型コロナウイルスの影響で、心に 不安や 恐れを抱えて、身体にまで疲れを感じる方もいらっしゃると思います。 この 【なんとなく】をどうかそのままにせず、どんな時も健やかな心と身体のバランスを目指していきましょう。 気象病の話 突然ですが、みなさんは 気象病という言葉を聞いたことはありますか? 気象病とは、 近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。 Wikipediaより です。 「雨が降る前に頭痛がする」「古傷がうずく」などの痛みを伴ったり、めまいや吐き気、肩や首の凝り、うつ、喘息の発作や狭心症の症状が悪化する方もいらっしゃるようです。 そんな私もまさに、頭痛がすれば「あー雨が降るな」と反射的に思いつくくらいには「雨が降る前に頭痛がする」タイプです。 わたしの周りでもこの時期から特に上記の症状で悩まれている方をよく見ます。 気象病外来というのもあるくらいで、潜在患者数は日本で約1000万人とも言われています。 気象病の原因は、主に 気圧の変化です。 変化が急なほど症状は強くなります。 梅雨の時期は梅雨前線上を低気圧が横断するのと、台風は大型の低気圧なので台風の接近に伴い気圧が低下してしまうのが、この時期に気象病の症状が出る方が多くなる理由です。 ではなぜ 気圧の変化によって気象病の症状が出てしまうのでしょうか。 それにはわたしたちの 耳が大きく関係しています。 気象病と耳の関係 耳のもっとも内側には 内耳(蝸牛、前庭、三半規管)という器官があり、耳で受けた情報を脳や神経に伝える役割があります。 その中の 前庭器官には、近年の研究により 気圧の変化を感知する場所と能力があることが明らかとなりました。 (2019年中部大学佐藤教授 ) 感知する能力というのは人により異なりますが、気象病の症状が出る方は気圧の大きな変化を感知するセンサーが何らかの原因で敏感になり、脳への情報が過剰に伝わり、その結果 自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れ、様々な症状が出やすいのではないかと考えられています。 現在前庭器官に気圧の変化を感知するセンサーがあることまでは分かっていますが、そのメカニズムまでは解明されておらず、気象病の有効な治療法の確立までには至っておりません。 しかし、この 【なんとなく】の不調はもしかしたらこれなのかもしれない・・と可能性を知っておくことは、それまで理由が分からなかった自分の身体の不調との向き合い方、対処の仕方、何より気持ち・心の状態は確実に変わります。 自分で出来る耳のケア 気圧の変化も感知する事が分かったわたしたちの 耳ですが、 実は耳は 「全身の縮図」と言われるくらい全身の臓器に対応するツボがたくさんあり、耳の外側には 交感神経(活動力を高める神経)の線維、耳の穴を中心とする内側には 副交感神経(心身のリラックスや、内臓の働きを促す神経)の線維が密集しているのです。 耳を効果的に触ることで自律神経のバランスを整え、内臓、頭部の血流や首や肩周りの凝りの改善に大変有効です。 また日々耳を触ることで、耳自体の変化も感じることが出来ると思います。 ここで簡単にではありますが、自分で出来る耳のケアをご紹介します。 是非ご参考にしてください。

次の

ドジョウが活動する時間は?夜行性?

梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物

ドジョウは夜行性です! 朝、活発的に行動をしているのを見たことがない、朝あまり動かないといった光景を見たことがあるという人がいるかと思いますが、そもそも ドジョウは夜行性なのです。 その為、朝にあまり動かないことが多いです。 ただし、朝は必ず活動をしないというわけではないのです。 ドジョウによっては朝でも活発的に活動をするドジョウもいれば、朝は絶対に起きることはないドジョウもいます。 また、ドジョウは気圧の変化にとても敏感なので、気圧の変化が大幅に変わらないように管理が大事なのです。 万が一、気圧の変化が大幅に変わってしまうと、激しく暴れてしまうこともあるのです。 スポンサードリンク 朝でも活動して欲しい場合は? 朝でも活動して欲しい場合はライトによって調整をすることができます。 しかし、注意をしなければいけない点として、常時付けていると、ドジョウにとって大きなストレスになってしまうのです。 常時ライトをつけておくのはやめましょう。 まとめ ドジョウは夜行性です。 ライトを使用する場合はきちんと理解をしておくことが重要です。 スポンサードリンク.

次の

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴

梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物

Sponsored Link 梅雨になると起こる頭痛、めまい、耳鳴りの原因 ・頭痛 雨が降ったり、梅雨の時期になると頭痛がひどくなるのは 気圧の変化によっておこるようです。 詳しいメカニズムはわかっていないようですが2つの説があるようでした。 1つ目は低気圧であることによる片頭痛です。 梅雨の時期に起こる頭痛は気圧がさがるので、 脳の血管を抑えていた圧力が下がり、血管が拡張し片頭痛に発展するケースです。 2つ目はヒスタミンによって引き起こされる緊張型頭痛です。 低気圧の時には内耳と呼ばれるところで気圧の変化を感じると 「ヒスタミン」と呼ばれる成分が分泌されることがわかっています。 このヒスタミンという成分には神経伝達物質として交感神経を刺激する役割があります。 交感神経が刺激されると筋肉や関節周辺では血管を収縮させ、 血行が悪くなり痛みがおきやすくなります。 ヒスタミンによっておこる頭痛はめまいやふらつき、肩や首での強いこり、 古傷が傷んだり、する場合が多くなります。 そして2つ目のヒスタミンによる頭痛は花粉症の時の頭痛と同じメカニズムです。 html 花粉症の時期に頭痛になりやすい人は 同様に梅雨の時期にも頭痛になりやすいので気を付けたほうがいいですね。 ネイバーなどのまとめサイトでは低気圧によって脳の血圧が下がる片頭痛である場合が多くありましたが、医師の方が書いてくれているコラムでは緊張型頭痛であると記載されている場合が多くありました。 梅雨の時期にはめまいやふらつき、肩こりなどを伴うことが多く、 梅雨になると頭痛の他に古傷が傷むという方もいることから ヒスタミンによって交感神経が刺激されて引き起こされる緊張型頭痛 と考えるケースが有力であると思います。 ・めまい・耳鳴り 梅雨の時期に起こりやすいめまいの症状はふわっとした感覚の浮動性めまいだったり、 気が遠くなるような失神性のめまいであることが多いです。 梅雨の時期の耳鳴りは「キーン」とか「ゴー」って感じの音をよく聞くと思います。 めまい・耳鳴りの種類や原因は病気によっておこるものもありますが、 梅雨の時期だけ頻繁に起こる一時的なものは自律神経の乱れによるものが多いです。 html 頭痛やめまい、耳鳴りが起きたときの対処法 ・酔い止め薬を飲む 頭痛、めまい、耳鳴りが梅雨の時期にひどくなるという人は予兆を感じたら 乗り物の酔い止め薬を飲むことで治すことができます。 ただし痛みが来てから飲むのではなく、 痛みが来る前に予兆を感じたら飲むようにすると効果的です。 酔い止めは内耳にある神経の働きを沈めてくれるので、 交感神経が刺激されたとしても事前に飲んでおくことで効果を発揮してくれるのです。 スマホのアプリで天気の気圧の変化から頭痛が怒るタイミングを知らせてくれるアプリもあるので いっしょにつかってみるとさらに効果的でしょう。 ・体を温める 頭痛やめまい、耳鳴りが起きているときは交感神経を刺激されて、 自律神経のバランスが崩れている状態です。 交感神経が刺激されているときは血管が収縮して痛みが起きやすくなっています。 なので頭痛や体に痛みを感じたときは 温めて血管を弛緩してあげることが痛みの緩和には効果的です。 頭痛やめまいが起こりにくくなる過ごし方 梅雨の時期には晴れの日と雨の日の入れ替わりが多く、 ストレスを感じやすかったり、自律神経が乱れやすい時期でもあります。 自律神経が乱れにくくなるように生活することで 体の不調を感じることなく快適に過ごせると思います。 html.

次の