トイレ逆流。 「大雨でトイレが逆流するって本当!?」その原因と対策

トイレの逆流が大雨時におこる原因と対策方法

トイレ逆流

水濡れ?それとも水災? 家が水浸しになってしまったという場合、火災保険で受けられる補償としては水濡れ補償と水災補償が考えられます。 このどちらが適用されるかは損害を受けた原因によります。 給排水設備の破損や詰まりによって生じた漏水や放水、またはマンションの上の階の住人など被保険者以外の方が占有する戸室で発生した漏水などで起きた水濡れで損害が発生したという場合は水濡れ補償での補償となります。 排水が逆流して損害が発生したという場合の多くはこちらでの補償となります。 一方で、台風や豪雨などが原因で床上浸水したというような場合では水災補償での補償となります。 大雨が原因でトイレや風呂場の排水溝から逆流して水に浸かったというような場合はこちらの補償となります。 配水管そのものの修理費用は補償されない 火災保険で排水が逆流して水浸しになった場合、床や壁紙、電化製品などの修理費用や再購入費用は補償の対象となりますが、給排水設備そのものの修理費用は補償の対象外です。 ただし、水道管修理費用保険金などの名前の特約が契約に含まれている場合は、建物の専用水道管が凍結によって損壊して修繕したときに保険金の支払を受けることができます。 また、自分の故意や不注意による損害や経年劣化による損害の場合は補償の対象外となるので自分の責任が及ぶ範囲については適切にメンテナンスを行っておきましょう。 他の人に損害を与えてしまった場合は? 自宅からの水漏れで他人に損害を与えてしまい、損害賠償責任を負ったという場合にも火災保険で対応できる場合があります。 この場合、契約内容に個人賠償責任保険が含まれていれば補償を受けられるかもしれません。 個人賠償責任保険は日常生活において、契約者自身またはご家族の方が他人にケガをさせてしまったり他人のものを壊してしまったりして損害賠償責任を負った場合に備える保険です。 水漏れで他人に損害を与えてしまったというようなケース以外にも自転車で人をはねてしまったという場合や飼い犬が他人を噛んでケガをさせてしまったという場合、お店のガラス商品を落として壊してしまったというような場合にも利用できます。 火災保険以外にも自動車保険や傷害保険の特約として契約できるので自分の契約を見直してみましょう。 また、重複して契約していても二重にもらえるわけではないので、重複している場合はどれか一つに絞って保険料を無駄にしないようにしましょう。 また、賃貸住宅に住んでいて大家さんに損害賠償しなければならないという場合では借家人賠償責任保険が使えます。 前述の個人賠償責任保険は人から借りているものについては補償の対象外なのでこの場合には使えません。 賃貸で契約する火災保険にはこの補償が基本的に含まれています。 原状回復義務を果たせずに大家さんに対して損害賠償責任を負った場合に補償を受けられる保険なので、賃貸での火災保険は無駄だとは思わないようにしましょう。 大雨のときの逆流防止方法 短期間に集中的に大雨が降ると、汚水管に大量の雨水が入り込んで下水が逆流し、トイレや風呂場、洗濯機の排水口などから水が噴き出ることがあります。 大雨が降ってトイレからゴボゴボと音がして水が流れづらい場合はその兆候です。 ゴボゴボという音は汚水管に大量の雨水が流れ込み、汚水管の中の空気が上に押し出されることが原因で起こります。 多くの場合は天候の回復と時間の経過で収まりますが、豪雨が長時間続いたり短期間に記録的な豪雨が降ったりした場合には排水口から排水が逆流することがあります。 この逆流を防ぐ方法としては、トイレや排水口を水のうでふさぐという方法があります。 ごみ袋など大き目なビニール袋に半分程度水を入れ、残りの空気を袋から抜いて口を固く締めてください。 これをトイレの便座の中に入れたり排水口の上に置いてふさいだりすることで逆流をある程度抑えることができます。 なお、入浴や洗濯などは逆流の兆候があるときはできるだけ控えるようにしましょう。 まとめ 排水管の破損や詰まり、短期間での集中豪雨などで排水が逆流してしまうことがあります。 排水が逆流して水浸しになり、床の張り替えが必要になったり電化製品の修理が必要となったりした場合は火災保険で補償を受けられる可能性があります。 もし被害を受けてしまった場合は契約している保険会社に連絡して補償の対象となるか確認してみましょう。 また、他人に損害を与えてしまって損害賠償責任を負ったというような場合も個人賠償責任保険や借家人賠償責任保険で補償を受けられる場合があります。 自分が契約している保険はどのようなときに使うことができるのか、しっかりと補償内容を見直し、確認しておきましょう。

次の

浸水対策にはトイレに水のうを!逆流しない水のうの作り方と置き方を紹介!

トイレ逆流

トイレがあふれてしまう恐怖! その原因は? トイレをすませて スッキリ爽快!と思ったつかのま、ふと振り返ると流れて減っていくはずの水がどんどん上がってくる!いったい何事?このままあふれたらどうなるの? まさか汚物まであふれてくるなんてことは…… 一瞬でさまざまな思いが浮かんできて、パニックになってしまった経験を一度はしたことがあるんじゃないでしょうか。 [PR] 流した水があふれる原因は、大きく分けて2タイプ トイレから水があふれてくる2つの原因 トイレから水があふれるのは、便器の水がうまく下水に流れないのが原因です。 便器の水が下水に流れないのは2種類の原因が考えられます。 1つは、異物をトイレにつまらせた場合。 もう1つは、配管そのものに問題が起きてしまっている場合です。 異物をトイレにつまらせた トイレットペーパーやお掃除シートなど、トイレにつまってしまうと水をあふれさせる原因になります。 多くの場合は、床下の配管まで届かず、その手前のトイレの内部でつまることがほとんどです。 トイレのつまりやすい箇所 トイレの内部には2つのつまらせやすい箇所があります。 1つは「せき」と呼ばれる、便器に水を溜めるためのせり上がりです。 便器には、下水道から上がってくる臭いを防ぐために「封水」(ふうすい)と呼ばれる水が常に溜まっています。 便器から床下まで一直線に水が流れるようにすると、水は便器に溜まりません。 流れてくる水をせき止めるために、S字に作られた水の通り道が「せき」です。 もう1つはトイレ下の下水道の手前にある「排水路」部分です。 「せき」と床下の下水道の間にある排水路も複雑な作りになっており、異物がつまりやすい箇所でもあります。 トイレにつまらせやすい異物 ティッシュや生理用品などをトイレに流してしまうと、トイレがつまり水流が止められ、水があふれる原因になります。 特に多くのつまりの原因となるのがトイレットペーパーです。 水に溶けるからと油断して、掃除のさいに大量に流すとつまりの原因となります。 子供もいたずらによって、つまってしまうことも多くあります。 お掃除シートも、厚手でできているぶんトイレットペーパーよりも水に溶けにくくつまりやすいです。 水に溶けるからと油断せず、流す量に気を配るようにしましょう。 その他、うっかりで流してしまうものは数多くあります。 ・おむつ• ・生理用品• ・使い捨てカイロ• ・ペン• ・子どものおもちゃ これらの異物が便器を通り越して、床下の配管で詰まってしまった場合は、便器を取り外す必用があります。 特におむつや生理用品は、水を吸うと膨張します。 専門家が専用の道具を使い少しずつ取り除く必用があるため、時間もお金もかかります。 配管そのものに問題が起きている あまりありませんが、配管そのものに問題が置き水があふれることもあります。 例えば尿石が配管を防いでしまっている場合です。 尿石は尿の中のミネラルが結晶化したものです。 長い年月をかけて配管に蓄積することにより、トイレを詰まらせる原因となります。 近年のトイレは尿石が蓄積されないように加工されていますが、配管に起きた問題がきっかけで蓄積される場合などがあります。 尿石がきっかけのトイレづまりは、専用の薬剤を使うことで尿石を溶かし解決できます。 水あふれの程度の確認 トイレの水があふれそうだと感じたら、まずは便器内の水の水位を確認しましょう。 水位を確認することで、トイレにどのような異物がつまっているのか予想できます。 いつもより水位が一時的に高くなり、時間をかけて下がっていく場合は、水に溶けやすいトイレットペーパーやお掃除シートがつまっている可能性が高いです。 この場合、いつかは水に溶けるからと無理やり水に流したりしないように注意しましょう。 無理やり水を流したからといって、トイレットペーパーが溶けてきちんと流れる保証はありません。 水があふれトイレの床下が濡れる可能性もあります。 トイレットペーパーが水に溶けるのを待つよりは、専用の道具を使って異物を取り除くことを優先してください。 一方全く水が流れない場合は、水の流れを完全にせき止める固形物などがつまっている可能性があります。 水があふれた際のやってはいけないこと 水があふれそうになっている、もしくはすでにあふれてしまっているとき、絶対にレバーを引いて無理やり水を流すことだけはやめてください。 レバーを引いても、タンク内から便器に向かって水が流れるだけです。 トイレは上から下へ落ちる水の勢いで、便器内の水を排水路に送るようにできてます。 レバーを引いても便器から排水路へは何の影響もないため、いたずらに便器内の水を増やしてしまうことになります。 逆をいえばレバーさえ引かなければ、便器内の水が増えることはありません。 便器内に汚物などがある時は、早く流してしまいたいという気持ちは分かりますが、水を流すことはやめてください。 まずは慌てずに、水位の様子を見てみましょう。 自分でできる対処法 止水栓を止める まずはこれ以上便器の中の水が増えないように止水栓を閉めましょう。 止水栓を閉めると、水道からタンクまでの水の流れを止められます。 トイレの水があふれる原因の多くは便器より下にあり、仕組み上はレバーを引かなければ便器の中の水が増えることはありません。 トイレ修理の基本として、念のために止水栓は締めておいてください。 止水栓は壁とトイレのタンクをつなぐ配管の間にあります。 タンクがないタイプは、トイレの背中側に収納されています。 多くの場合はマイナスドライバーで閉められますが、まれに付属品の工具や手で閉められるタイプの止水栓もあります。 便器の水にお湯を加える トイレットペーパーやお掃除シートなどのつまりが原因である可能性が高い場合は、便器の水にお湯を加えることで解決できる場合があります。 レバーを引き水を流したさいに、便器の水の水位が高くなり徐々に下がる場合、水に溶けるトイレットペーパーやお掃除シートがつまっている可能性があります。 トイレットペーパーやお掃除シートは、水よりもお湯に溶けやすく、お湯を流して時間をおけばつまりが解消されることがあります。 また重曹とお酢を便器内の水にふりかけてから湯を流し、トイレットペーパーが溶かす方法もあります。 この方法は、便器内の水が多いと溶けにくくなりますので、最初に便器内のある程度の水をかきだす必用があります。 ただしこの方法は、便器の水位を増やす方法でもあります。 いきなり大量のお湯を流すのではなく、様子を見ながら少しずつ加えていきましょう。 専用の道具を使う 子どものおもちゃや携帯電話などの固形物がトイレにつまっている場合は、ラバーカップなどの専用の道具を使いましょう。 ラバーカップとは、棒の先に円形状のゴムがついた「スッポン」などと呼ばれる掃除用具のこと。 ゴムの部分を便器の奥に押し当てながら真空状態にして、ゆっくりと押していきます。 押し切ったら素早く引っ張りましょう。 上手くいけば詰まりが解消するはずです。 ラバーカップを使っても詰まりが解消されない時は、ラバーカップよりも強力な真空パイプクリーナーがおすすめです。 その他だと、ワイヤーブラシというトイレ専用の掃除用具を使ってみるのも良いかもしれません。 業者に頼むべきか判断をしよう ラバーカップやパイプクリーナーを使っても流れが戻らない場合は、素人の手に負えない床下まで異物が入り込んでしまっているか、排水路や下水道そのものが故障してしまっているおそれがあります。 素人がトイレを取りはずしたり、むりやりつまりを解消しようとすると、便器を傷めたり割ったりする可能性があります。 上記の方法で解決しない場合は、調査や解決に専門家の力が必要な可能性が高いです。 短時間の解決を目指すためにも、早めに業者さんに相談することをおすすめします。

次の

トイレの逆流、感染症はこう防ぐ。大雨の被災地で気を付けたい5つのポイント

トイレ逆流

目次 [] 1 大雨でトイレの水が逆流する理由とは? 大雨でトイレの水が逆流する理由は、下水道の方式と関係があります。 そのため、まずは下水道の排除方式を理解することが重要です。 1 下水の排除方式は2つ キッチンやトイレから出た生活排水は下水道に流れます。 そして、下水道を使って生活排水などを都市部の外へ出すことを「排除」と一般的に呼ぶのです。 この下水を排除する方法は二通り。 分流式と合流式があります。 方式 特徴 分流式• 雨水と汚水が別々の排水管を流れて処理されます• 水質汚濁防止のために有効な手段となります• 工事や工期、経費が多くかかるのが難点です 合流式• 雨水と汚水が一緒の排水管を流れて処理されます• 工事と経費の両面で効率が良い方法とされています• 水質汚濁が問題となってしまいます 分流式と合流式の大きな違いは1点。 雨水と汚水が別々に流れるか、一緒に流れるかということです。 分流式の場合は、雨水は雨水だけが流れる排水管があって、トイレなどから出る汚水は汚水だけが流れる排水管があるのです。 そのため、下水道が分流式であれば、どれだけ大雨が降ってもトイレの汚水が流れる下水道には影響がありません。 降り注いだ雨水は雨水専用の排水管を流れて、公共用水域(河川など)に放流されてしまうのです。 一方で、合流式の場合、雨水と汚水は同じ排水管を流れています。 大雨が降れば、その雨水もトイレから出た汚水が流れる排水管に流れ込むため、下水道は雨水で溢れることになるのです。 つまり、合流式の下水道では、大雨のときに排水管の中が雨水で満たされてしまうため、トイレなどの汚水が流れにくくなってしまいます。 雨水だけであれば汚染の心配はほぼないのですが、汚水も含まれるため、公共用水域の水質汚濁が問題となるのです。 2 大雨でトイレの水が逆流する理由と注意点 大雨でトイレの水が逆流する理由は単純。 すでに解説したように下水道の仕組みを考えると、簡単に理解できます。 合流式の下水道の場合、大雨や局地的な豪雨があると、その雨水も汚水と同じ排水管に流れ込みます。 すると、通常の降雨であれば処理できるはずの排水管も、大量の雨水によって限界を突破。 溢れることになるのです。 下水道の中が雨水で満たされるということは、一時的に下水が詰まっているのと同じ状態になります。 下水道の圧力が高くなれば、どこかが溢れるのですが、それが家庭の場合はトイレということなのです。 一般的な住宅では、キッチンや浴室よりもトイレのほうが下水道に近い場所にあります。 要するに、感覚的により汚れた水が出る場所が公共の下水道に近い場所になっているということです。 そのため、まるで詰まったかのような下水道から逆流した水は、公共の下水道に最も近いトイレから逆流を開始。 トイレが溢れたあとは、浴室やキッチンでも逆流するおそれがあるのです。 これはあくまで合流式の下水道の話。 そのため、分流式の下水道であれば、逆流しないと考えがちですよね。 しかし、そうとは限らないのです。 分流式の下水道でも、トイレがボコボコしたり逆流したりすることがあります。 ただし、特殊な事情がある場合の話です。 例えば、お住まいの地域が分流式の下水道でも、自宅の汚水用の排水管が雨水用の排水管に接続されているとすれば、どうでしょうか? 家を建てるときのミスがあれば、排水管が反対になっているケースも十分に考えられます。 そうすると、地域は分流式の下水道なので、トイレは逆流しません。 しかし、雨水用の排水管が溢れたときに自宅だけはトイレが逆流したりボコボコしたりするということが起こり得るのです。 このようなケースはまれですが、注意しておきたいポイントと言えますよ。 もしも大雨が降ったときにトイレがボコボコしたり、トイレから水が逆流したりすることがあれば、まずは地域の水道局のホームページなどで、下水道が合流式かどうかを確認。 合流式であれば、トイレの逆流に注意しましょう。 また、下水道が分流式であれば、自宅の排水管に問題がないかを調べましょう。 お近くの専門業者に相談すると、排水設備に問題がないかなどを詳しく調べてもらえますよ。 2 大雨でトイレが流れずに溢れるときの対策 大雨でトイレが流れないと困りますよね。 もしもトイレが逆流して溢れてしまうと、ニオイもありますし、本当に大変。 そこで、トイレが流れないときや逆流するときの対処法を解説していきます。 1 簡単な対策は天候回復まで待つ 大雨でトイレが流れなかったり逆流したりする場合、根本的な対策はありません。 特に下水道が合流式の場合、雨水の量の問題ですから対策しようがないのです。 ただし、下水道が分流式なのにトイレが流れなかったり逆流したりする場合は排水管の問題なので、専門業者に排水管を正しくしてもらうと改善します。 さて、下水道が合流式でトイレが流れない場合、天候回復まで待つというのが一般的。 天候が回復すれば、下水道が詰まったような状態も解消されるため、トイレが流れるようになるはずです。 もちろん、雨量によっては時間がかかるかも知れないので、その点も考慮しておきましょう。 下水道は合流式から分流式へ移行しつつあります。 次第に合流式の下水道は減っているため、やがて解消される可能性はあるのです。 しかし、そこまで待つだけでは困りますよね。 そこで、対策ではなくて、一時的な対処法を学んでおくと便利ですよ。 2 どうしてもトイレに行きたいときの対処法 入浴や洗濯などの家事は一時的にストップしておくことができますが、トイレはずっと我慢しておく訳にはいかないですよね。 そこで根本的な対策ではないものの、一時しのぎとなる対処法を解説。 大雨のときの対処法 内容・方法・手順 ビニールホースを使う• ビニールホースを用意します• ビニールホースの口を指で押さえます• 反対側をトイレに差し込みます• 奥まで入れたら、指を離します• 便器の内部の空気がホースから出ます• ニオイも出るため、要注意• 空気が抜けると、水が流れやすくなります 別のトイレを借りる• 高台のコンビニや公共施設のトイレを借りる• 外出できる場合に限る 簡易トイレを使う• 非常用の簡易トイレを使う• 外出できず、自宅のトイレが使えない場合など まず試したいのはビニールホースを使う対処法。 大雨でトイレが流れにくいとき、トイレがボコボコするときなどに有効な対処法です。 一時しのぎですが、意外と効果的です。 多くの自治体がホームページなどで公開している対処法で、トイレが流れやすくなります。 また、ビニールホースを使う対処法が難しかった場合、別のトイレを借りる対処法が有効。 自宅よりも高い場所にあるコンビニやスーパー、公共施設などのトイレを借りましょう。 水は高い場所から低い場所に流れるため、トイレの水も流れやすいと言えるのです。 ただし、大雨で外出できない場合は危険なので、別の対処法を試してください。 最後に、どうしても困った場合には簡易トイレを使うという対処法があります。 災害時などに使う簡易トイレは、どこでも使えるので便利。 大雨も自然災害と言えます。 自宅のトイレが大雨でボコボコしたり逆流したりすることがあるのならば、簡易トイレを用意しておくことも大切ですよね。 トイレは天候回復まで待てないこともあります。 自分でできる対処法や対策を日ごろから考えておくことが重要ですよ。 3 トイレの逆流を防ぐ方法や対策 大雨のときにトイレが流れにくいというくらいであれば、まだ良いほうです。 トイレが逆流してしまうと、ニオイや後始末が大変ですよね。 そこで、大雨でトイレがボコボコした場合、トイレが逆流しないように対策を講じるのが重要。 トイレの逆流を防ぐには「簡易水のう」を使う方法が良いですよ。 簡易水のうであれば、自宅にある物で対処可能。 大雨に気づいてから準備しても、十分に対処できます。 簡易水のうの作り方・設置場所 必要な物・用意する物• ゴミ袋• 水(水道から出す) 作り方• ゴミ袋を二重にします• その中に水を入れます• 水は半分程度で良い• 運べない場合は運べる分量で良い• 袋の空気を抜いて、中の袋の口をヒモで縛る• 外側の袋も同様に口をヒモで縛る 設置方法・設置場所• 洗濯機の排水口に置く• トイレの排水口に置く• 浴室や洗面所の排水口に置く• キッチンの排水口に置く• そのほかの排水口にも置くと良い ゴミ袋はどこの家庭にもありますよね。 また、大雨でもほとんどの場合は水道が使えるはずなので、水も用意できるはずです。 もしもヒモがなければ、袋の口を結んでもOK。 空気をきちんと抜いておけば、十分に対処可能です。 また、簡易水のうは、すべての排水口に設置するのが望ましいと言えます。 一つの排水口にだけ設置していなければ、そこから水が逆流する場合があるのです。 十分に注意しておきましょう。 そして、大雨が止んだら、排水口の様子を確認してから水のうを退けます。 そのときに、使った袋をトイレに流したり、排水口に流したりしないこと。 当たり前のことですが、逆流を防ぐことができた安心感で流してしまう人がいるのです。 こちらも要注意。 3 まとめ 大雨でトイレがボコボコしたり逆流したりするときの対策と対処法を解説してきました。 大雨でトイレが流れない場合には無理をせずに天候回復まで待ちましょう。 無理をすると、トイレが逆流してしまいます。 また、トイレが逆流して困るときは、水のうを使って上手に逆流を防いでくださいね。

次の