どんな とき も wifi 使い方。 海外でWiFi使うなら「どんなときもWiFi」が便利! SIM不要で簡単に使える

【写真で解説!】どんなときもWiFiの使い方を電源の入れ方から詳しく解説!

どんな とき も wifi 使い方

下記のような場合は、WiFiストア経由でのお申し込みではなくなりますのでご注意下さい。 どんなときもWiFiを海外で利用するメリットとは? 「ネット使い放題(データ容量に制限なし)」「トリプルキャリア対応でつながりやすい」など、日常(国内)使いするWiFiサービスとして優れた特徴を備える「 どんなときもWiFi」。 この点だけでも十分魅力が感じられますが、海外で使う通信機器として見た場合には次のようなメリットも挙げられます。 海外現地で使う通信手段にはレンタルWiFiや現地キャリアのプリペイドSIMカードなど、いくつかのものが考えられます。 しかしこれらには出発前の事前申込み、窓口での手続き・受取りといった手間が必要。 空港などでの受け取りについては、窓口に待機列ができているシーンも見かけます。 こうした手間を省ければ、待ち時間が減ってスケジュールに余裕を持てたり、忘れ物の心配をなくせたり。 気持ち的に楽になるため、旅を楽しむことにより専念しやすくなります。 国内でも海外でも1台で使える 遠隔操作でサポートが可能 海外で使っていたら急に正常に動かなくなってしまった。 「端末の電源がONにできる(物理的な破損でない)」「お客様サポートセンサーの営業時間内(日本時間で月~土曜日のAM11:00~PM18:00)である」ことが最低条件としてあるものの、これらを満たしていれば操作自体を遠隔で専門オペレーターに委ねられます。 盗難・紛失に備える「海外あんしん補償」 どんなときもWiFiには海外で万が一「盗難」「紛失」の被害にあった場合に適用される補償付き。 補償を使えば中古ランクA品のモバイルルーター(機器本体)を追加費用なしで送ってもらえます。 この「海外あんしん補償」は基本契約に組み込まれたものなので、海外渡航前に別途申し込むといった手間も不要。 うっかり申し込みを忘れていたがために補償が受けられない……なんて事態も防げます。 海外利用の料金はいくら? どんなときもWiFiの海外利用料金は2区分された「エリア」ごとに決まっています。 ・利用国エリア1(アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米)の場合 1,280円/日(非課税) ・利用国エリア2(中東・南米・アフリカ)の場合 1,880円/日(非課税) 料金のほかにおさえておきたいポイントは「海外利用料は別途発生」「利用日数は『実稼働日数』でカウント」の2つ。 どんなときもWiFiは料金プランが1つのみ(月額3,480円/税別)のシンプル設計ですが、ここに含まれるのはあくまで国内利用分のみ。 海外利用分はこれと別に請求されます。 ただし一般的なWiFiレンタルサービスとは異なり、 請求は「機器を借りている日数」でなく「海外で機器を使った日数」でおこなわれます。 海外に持ち出しても使わなければ追加料金が請求される心配はなし。 日本も含む)にて通信を利用できます。 対応国はこちら。 【利用国エリア1(アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米)】 ・アジア・オセアニア(26地域) 韓国、香港、中国、台湾、マカオ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ネパール、インド、スリランカ、バングラデッシュ、カザフスタン、モンゴル、パキスタン、グアム、サイパン、フィジー ・ヨーロッパ(41地域) オーストリア、ベルギー、スイス、チェコ、ドイツ、スペイン、フィンランド、フランス、ギリシャ、イタリア、オランダ、ポルトガル、ロシア、スロベニア、トルコ、リヒテンシュタイン、モナコ、キプロス、ハンガリー、ラトビア、ポーランド、スウェーデン、ウクライナ、エストニア、クロアチア、アイルランド、リトアニア、ルクセンブルク、セルビア、ノルウェー、アルバニア、デンマーク、スロバキア、イギリス、サンマリノ、バチカン市国、ブルガリア、アイスランド、マルタ、ルーマニア、オーランド諸島 ・北米(2地域) アメリカ、カナダ 【利用国エリア2(中東・南米・アフリカ)】 ・中東(7地域) UAE、カタール、ヨルダン、イスラエル、サウジアラビア、イエメン、バーレーン ・中米・南米(17地域) コロンビア、ウルグアイ、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、パナマ、ドミニカ共和国、コスタリカ、エクアドル、グアテマラ、ペルー、ボリビア、チリ、ニカラグア、エルサルバドル、メキシコ、プエルトリコ ・アフリカ(13地域) 南アフリカ共和国、ケニア、モロッコ、エジプト、西サハラ、タンザニア、ザンビア、チュニジア、アンゴラ、アルジェリア、ガーナ、ナイジェリア、モーリシャス 海外で利用する際の注意点 1台で世界107カ国にて通信が利用できるどんなときもWiFiですが、最後に海外利用時の「データ通信量の取扱い」を注意点として覚えておきましょう。 高速通信は1GB/日まで 国内では原則「データ容量無制限」のどんなときもWiFi。 しかし 海外でLTEによる高速通信が利用できるのは1日あたり1GBまでです。 通信量が1GBを超過したあとは終日、最大384Mbpsまで通信速度が制限されます。 また1日の通信量が1GBに満たなかった場合も、余ったデータ容量の翌日以降への繰越はありません。 1日単位に区切ってカウント・請求されることを覚えておきましょう。 カウントリセットは日本時間の朝9時 「海外では1日あたり1GBまで高速通信が可能」の「1日」は 日本時間でAM9:00~翌日AM8:59を1周期としてカウントされます。 つまり日本時間で毎朝9時にカウントのリセットがおこなわれます。 まとめ:料金・通信量を理解して持ち出そう! どんなときもWiFiの海外利用について、サービス内容や魅力、注意点を紹介しました。 最後にとくに重要なポイントを箇条書き。 おさらいしておきましょう。 通信手段を検討するあたり、日常に加え、出張や旅行など海外での利用も想定にある。 そんな場合はぜひ魅力の多い「どんなときもWiFi」を一候補としてチェックしてみることをオススメします。 日々変化する各社情報をできる限り迅速に正確に反映するように努めておりますが、WiFiストアの掲載している情報のご利用に際して、有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等を判断することはご利用者の責任とさせて頂きます。 また、WiFiストアが掲載する情報は、各会社の公表している情報を収集したものであり、閲覧時点での料金単価、サービスその他を保証するものではありません。 以下に掲げる事項ついて、一切保証しないものとします。 ・WiFiストア上で提供されるサービス提供元の情報(本WEBサイト上に表示される、第三者が管理・運営するリンクサイト内に含まれる一切の情報等)に関する、有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等。 ・ご利用者がWiFiストアにおいて提供される情報を利用して第三者と交渉または予約、もしくは契約の申込または締結等を行う場合における当該交渉、予約、契約の申込みの結果及び締結した契約の内容。 ・WiFiストアを通じて入手できる商品、役務、情報等が利用者の希望または期待を満たす適切なものであること。 ・WiFiストアの不具合、エラーまたは障害が生じないこと。

次の

Mugen wifi(無限wifi)が大胆に料金改定! どんなときもwifi他2つと比較してみた

どんな とき も wifi 使い方

この記事でわかること• 「どんなときもWiFi」で初期契約解除制度(クーリングオフ)を使って解約する方法 「どんなときもWiFiもクーリングオフできますか?」 もちろんできます。 ですので、契約事務手数料の3,000円は払うことになりますが、違約金なしで解約することができます。 「いざ使ってみたら思ってたよりも遅かったので解約したい」という場合は、8日以内に手続きを完了しましょう。 「どんなときもWiFi」の初期契約解除のやり方を画像付きでわかりやすく解説します。 お客さまご自身の責任においてご利用ください。 申請日(本書 面の発送日)から 7 日以内に当社指定の返送先まで届かない場合、機器損害金 を 18,000 円 税抜 請求いたします。 初期契約解除申請書|より引用 つまり「先に申請書だけ送り、それから7日以内にルーター(端末)を送り返せばいい」と解釈することができますが、面倒ですし送り忘れたら18,000円も負担しないといけなくなるので、 申請書とルーターは一緒に発送しましょう。 8日以内に発送しましょう。 元払い、品名に「初期契約解除」の記載がないと処理ができないと明記されている 以上が「どんなときもWiFi」の初期契約解除制度における注意ポイントでした。 最後におさらい<初期契約解除の手順>• ルーター到着日の8日以内に• ルーター、USBケーブル、取扱説明書、個装箱と• 初期契約解除申請書を• 元払い(60サイズ)で発送する 以上の手順で行うことで 違約金なしで解約することができます。 どこでもつながる:3キャリアのLTE回線を使用• 地下でもつながる:電車内でもOK• ギガ上限なし:完全無制限で使える• 月々3,480円~:2年間割引価格が適用 です。 「WiMAXの3日間10GB制限に困っている人」「WiMAXがエリア外の人」「電車での移動や地下で使うことが多い人」にもってこいのポケットWi-Fi。 それが「どんなときもWiFi」です。 2年間割引価格で利用できるキャンペーンが終了してしまう前に申し込んでおきましょう。 どんなときもWiFi公式サイト: 関連記事:.

次の

どんなときもWiFiとFujiWiFiを徹底比較!【最適なギガ数で選ぼう】

どんな とき も wifi 使い方

2020年4月どんなときもWIFIはヘビーユーザーを強制的にプラン変更させました。 その結果どんなときもWIFIは、たくさんネットを使う人にはおすすめできないポケットWIFIとなりました。 関連 私が契約しているポケットWIFI 『どんなときもWIFI』と 『FUJI WIFI(フジワイファイ)』 どちらも無制限ポケットWIFIです。 無制限ポケットWIFIを2台も契約してムダじゃないか! と分かっていても、マニアとしては契約せずにはいられませんでした。 せっかくどちらも契約しているので、 『どんなときもWIFI』と『FUJIWIFI』を比較してみました。 無制限ポケットWIFIをお探しの方の参考になれば幸いです。 その結果、どんなときもWIFIとフジワイファイはほぼ同じ月額料金となりました。 参考 通信回線・通信可能エリア 通信回線 通信可能エリア どんなときもWIFI ドコモ、AU、ソフトバンク ドコモ、AU、ソフトバンクのLTE回線エリア FUJI WIFI ソフトバンク ソフトバンクのLTE回線エリア 『どんなときもWIFI』の通信回線は、クラウドSIMという特殊な仕組みによって、ドコモ、AU、ソフトバンク全ての通信回線が使えます。 そのときの電波状態が良い回線に自動的に接続されます。 当然通信可能エリアもそれと同じです。 メチャクチャ通信可能エリアが広いのが特徴です。 それに対し『FUJI WIFI』の通信回線は、ソフトバンクの回線を使用します。 通信可能エリアもソフトバンクのLTE回線と同じです。 単純に比較すると『どんなときもWIFI』の方が、トリプルキャリアの回線全てを使うことができますので有利です。 もっとも、『どんなときもWIFI』を実際に使用していると、基本的にソフトバンク回線に接続されることがほとんどのため、『FUJI WIFI』と実質的な違いはあまりありません。 山道を車で通るときに、ドコモ回線を使える『どんなときもWIFI』の方が若干圏外エリアが少ないかな、という程度の違いです。 ちなみに2か月チョット『どんなときもWIFI』を使っていますが、AU回線に接続されているのをまだ見たことがありません。 通信速度 理論上の最高速度ではなく、実際の通信速度で比較してみます。 上り(アップロード) 下り(ダウンロード) どんなときもWIFI 10~30Mbps 10~40Mbps FUJI WIFI 10~20Mbps 10~40Mbps 実際の通信速度はどちらもほどんと変わりません。 ただ注意事項として『どんなときもWIFI』はドコモ回線に接続されているときは通信速度が若干遅めな感じです。 どんなときもWIFIのドコモ回線は、リンクスメイトという格安SIMを提供している会社がプロバイダとなっているようで、特殊な調整がされているようです。 スピードテストで『Logic Links』と表示されているときが、ドコモ回線に接続されているときです。 『どんなときもWIFI』がドコモ回線で接続されているときには、動画配信サービスの利用やアプリのダウンロードをするときなどに通信速度が頭打ちになるような挙動を見せます。 まあ、特に困るような通信速度ではないですし、ドコモ回線につながること自体が稀なのでそれほど気にする必要もないでしょう。 関連 通信速度制限 通信速度制限 どんなときもWIFI 異常な通信利用量の場合制限されることがある FUJI WIFI 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信の場合制限されることがある どちらも基本的にはデータ通信量無制限の使い放題です。 しかし、どちらも『異常な通信量』『大容量通信』の場合には速度制限される可能性があります。 今のところ『どんなときもWIFI』で本当に速度制限されるのかは分かりませんが、1日10GB以上、月に300GBくらい使っても私は速度制限されたことがありません。 動画配信サービスを毎日ガンガン見ています。 それに対し『FUJI WIFI』の場合は、だいたい月250GBくらい使うと速度制限の予告メールが送られてきます。 もっとも、万が一速度制限された場合でも、FUJI WIFIの無制限プランなら代替機の送付サービスがありますので、実質的に無制限で利用することができます。 今のところ『どんなときもWIFI』の方が速度制限が全くなく利用できていますし、FUJI WIFIの代替機送付サービスは面倒くさいので、現状だけ見れば『どんなときもWIFI』が勝ち!ということになります。 契約期間中に解約する場合は後で説明するとおり違約金が発生します。 それに対し『FUJI WIFI』は契約期間がありません。 いつでも違約金無しで解約ができます。 もっとも、『FUJI WIFI』では一定の契約期間を定めた『おまとめプラン』にすると最長12か月という契約をすることも出来ます。 一定の契約期間を定める代わりに月額基本料金が割安になります。 以上のとおり、契約期間については柔軟に契約期間を選べる『FUJI WIFI』の方が有利ということになります。 違約金 違約金 どんなときもWIFI• 0~12か月目:1万9000円• 13~24か月目:1万4000円• 26か月目以降:9500円• 更新月:0円 FUJI WIFI 無し 『どんなときもWIFI』は更新月以外に解約すると違約金が発生します。 特に2年以内に解約すると1万円以上の高額な違約金が発生します。 なかなか解約しづらい契約内容となっています。 それに対し『FUJI WIFI』は契約期間がありませんので違約金も一切ありません。 もし『おまとめプラン』で契約した場合も違約金はありません。 そもそも『おまとめプラン』は利用開始時に契約期間分の利用料を一括払いするからです。

次の