ホテル三日月 社長。 株式会社勝浦ホテル三日月(ホテル三日月グループ):やってみなければ分からない。情熱と経済合理性をもって目指す100年企業への挑戦

勝浦ホテル三日月の小高芳宗さんとは?武漢帰国者を受け入れたのはなぜ?

ホテル三日月 社長

2017 年12 月15 日(金) 配信 リョケンセミナー開く リョケン(佐野洋一社長、静岡県熱海市)は2017年12月12日(火)に千葉県・木更津三日月温泉の「龍宮城スパ・ホテル三日月」で、通算160回の旅館大学セミナーを開いた。 宿泊施設の関係者ら200人ほどが集まった。 経営方針やマーケティングなど「ホテル三日月の『個性化』と成長戦略」をテーマに講演を実施した。 新たな挑戦で、改めてベトナム・ダナンへのグローバル展開も発表。 7月に亡くなった前会長の遺志を継ぎ、グループ一丸となり歩みを進める志を語った。 創業から56年の歴史を持つ。 10室から始まったが、千葉県の勝浦と鴨川、木更津、栃木県鬼怒川の4ホテルの客室を合わせると、1千室を超えるまでに成長。 法人として、3つのホテルを運営する勝浦ホテル三日月(小髙芳宗社長)のほか、太陽光発電所など、グループ全体で9社1組合を組織する。 木更津にある龍宮城スパ・ホテル三日月の敷地面積は3万2千坪で、ホテル部門の直近売上は約54億円と規模が大きい。 佐野社長があいさつ 佐野社長は開会のあいさつで、「『三日月グループは規模が大きく、自館とは違う』ということではない。 大変強い経営意思と、卓抜な経営センスがある。 むしろこの大きな組織を統率する求心力や組織能力、経営思想が、価値ある情報だ」と、開催の意義を語った。 同グループを1代で急成長させた、小髙芳男前会長(享年87歳)の跡を継いだ小髙芳宗社長が登壇。 会長の傍でその手腕を学んできた。 「投資遍歴を見れば、すべからく内部留保を得た後、経済情勢が一致したときに次の投資を行ってきた。 これが56年の一貫した方針だった」と振り返る。 「旬な税制がある。 知らなければ損をする」とし、さまざまな税制を紹介。 細かな税制を駆使し、内部留保を溜めてきた。 次なる投資でグループをさらなる成長へ導くため、小髙社長は海外展開も視野に入れている。 現在、ベトナムのリゾート地のダナン市で、レジャー施設を併設した複合型リゾートホテルを計画。 日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援を受けて進行している。 一部で開業が報じられているが「絵は描けているが、決定ではない」(小髙社長)。 現地の行政組織の人民委員長から投資研究許可証を受け、金融機関からの内諾は得ているものの、地主との交渉を継続して行っている段階。 18年の5月ごろに最終的な決定がなされる見通しだ。 計画では約100億円の投資をし、オーシャンフロントの約13㌶の土地を開発する。 19年にアトラクションプールや温浴を楽しむ「スパドーム施設」、20年に20階建500室規模の「リゾートホテル」を建設。 ルームチャージで170㌦(約2万円)ほどを設定している。 ベトナムは経済成長率が高い。 一人当たりGDPは2200㌦を超え、ダナンでは3千㌦を超えている。 ただこのエリアはすでに5つ星クラスの外資系ホテルが17軒ほど先行し、競合が多い側面がある。 小髙社長は「レジャー施設を併設したものは1つもない」と市場を分析。 これまでのホテル三日月のビジネスモデル「スパ&ホテル」で培った知見、ノウハウを強みに、既存のホテルとは一線を画す考えだ。 同計画では人手不足の課題解決もはかる。 ベトナムで育成した人材を日本のホテルに登用し、人材の交流も狙う。 小髙社長は「できるか、否か、挑戦しなければわからない。 挑戦すれば何かを得ることができる。 見えてくる課題の対策を練ることもできる」と力を込める。 「三日月グループ一丸となり、会長の意思を継いで邁進する」と強調した。 1998年から用地取得に動き、翌年に取得。 神奈川と千葉を結ぶ東京湾アクアラインは1997年に開通した。 しかし同ホテルがある内房エリアは、通過ポイントとして、「インフラが良くなったにもかかわらず、賑わいがなかった」という。 同ホテルの敷地は3万2千坪。 旅館事業用地としては広すぎる向きがあるが、眼前に広がる東京湾や、その向こうに広がる東京の景色、富士山など「ロケーションとしては良かった」と振り返る。 2000年に龍宮城スパ棟をオープン。 延床面積は1万7488平方㍍、総工費33億円。 当時は大規模の日帰りの温浴施設はなかった。 これがうけた。 一方で季節波動が大きかった。 その後、2002年に龍宮城のホテル棟を新築。 延床面積が1万4500平方㍍。 10階建てで260室を用意。 スパ棟開業から僅か2年でホテルを用意。 小髙専務は「日帰りだけでなく、宿泊などの需要増大もあり、早期にホテル建設に移った」と述べた。 55周年事業として、新館の富士見亭の建築を行った。 総投資額は120億円、延床面積2万5870平方㍍で、219室。 コンセプトは、他館とかぶらないようワンラク上の高級路線に据えた。 和モダンを取り入れ、客室は顧客満足度向上を考え、全室露天風呂を付けた。 小髙専務は「社長を盛り立てて、投資に前向きに、全力を尽くしていく。 このことが業界全体を明るくしていくことの、一因になるかもしれない」と今後の意気込みを語った。 藤縄光弘総支配人が講演 その後、藤縄総支配人は地域社会に持続可能な貢献活動を展開していく考えを発表。 「複合型リゾートはほぼ完成した。 統合型リゾート(IR)も進めていく」と新たな構想も提示した。 このほか、「今期は売上を73億円の達成を狙う。 富士見亭の新たな魅力の発信などをはかり、利益を最大化する」と語った。 館内見学のようす 当日は館内見学も行い、客室から大浴場、普段は見ることのできないバックヤードも視察。 小髙芳宗社長は「裏導線も見てもらったのは、旅館業の皆さまに少しでもお役に立てればと思ってのこと」と述べた。 行楽地、明日の天気•

次の

【神対応】楽天の三木谷社長が個人保有するホテルを軽症者の受け入れ施設として無償提供すると申し出る!

ホテル三日月 社長

勝浦ホテル三日月(本社・千葉県勝浦市)は2020年1月31日、による肺炎が拡大する中国湖北省武漢市から、政府チャーター機第1便で帰国した人を滞在先として受け入れたことについて、公式サイトで声明を発表した。 政府や県、市ほか関係機関と緊密な連携を取りながら感染予防対策をしていることや、同社従業員への安全にも最大限配慮していることなどを明かしている。 政府からの要請を受け、受け入れにあたって困難も予想される中、「同じ日本人として、帰国者のために、政府の要請に応えることを決断しました」という。 「様々な困難があることも予想されましたが... 」 武漢へのチャーター機第1便は29日、206人を乗せて羽田空港に到着し、検査を受けた。 体調に問題のなかった人のうち、希望者は勝浦ホテル三日月に滞在した。 同ホテルは31日、公式サイト上で「お知らせ」と題したコメントを発表。 「既に、報道等にて御承知のとおり、中国人民共和国湖北省武漢市での新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、日本政府は、現地に滞在する日本人の希望者を帰国させるため、28日夜、中国武漢に向けてチャーター機を派遣し、翌29日、武漢在住の日本人206人が帰国しました」としたうえで、 「当社は、政府の強い要請のもと、都内の医療施設で検査を受け帰国した日本人206人のうち、特段の症状がなく、宿泊施設での経過観察を希望した191名全員を、勝浦ホテル三日月で受け入れました」 と帰国者を受け入れたことを説明した。 十分な受け入れ態勢をとっていることも説明している。 「勝浦ホテル三日月内において、政府事務局が設置され、医師等の常駐のもと、政府、千葉県、勝浦市及び関係諸機関との緊密な連携を取りながら、感染予防対策等を行っており、勝浦ホテル三日月としても、当社従業員の安全に最大限に配慮しつつ、協力しております」 受け入れを決めた経緯についても次のように明かしている。 「政府からの要請に接し、様々な困難があることも予想されましたが、当社は、同じ日本人として、帰国者のために、政府の要請に応えることを決断しました。 当社は、本件の受け入れのみならず、これからも地域、日本の繁栄のために邁進していく所存です。 どうぞ、皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします」 「この状況により、キャンセルをされたお客様には、深くお詫び申し上げます」 同ホテル支配人名義のコメントも、あわせて掲載。 宿泊を予定していた客への感謝と謝罪の言葉をつづっている。 「勝浦ホテル三日月にてご宿泊の予定をされていたお客様には、グループ店である鴨川ホテル三日月や龍宮城スパホテル三日月に振り替えの宿泊を依頼していますが、ご協力をいただいたお客様に深く感謝申し上げます。 また、この状況により、キャンセルをされたお客様には、深くお詫び申し上げます」 J-CASTニュースの取材に応じた勝浦ホテル三日月の担当者によると、受け入れ客の滞在期間は約2週間を予定。 相部屋となった客がいることについては、「1名様1部屋で、ということまでは伺っていなかった経緯もあります。 当ホテルは1部屋につき5名様まで宿泊できますので、人員ベースで受け入れることができる態勢を整えておりました。 客室ベースでは全169室となりますが、フル稼働しています」と話した。 滞在中の生活は政府の指示を受けている。 食事は事前に時間を決め、スタッフが客室の前に弁当を置き、スタッフがいなくなったところで客にとってもらう形をとり、客とスタッフが直接は接しないようにしている。 基本的に各自の客室で過ごしてもらうようにし、飲み物の追加などで部屋の外に出る場合は、フロア内までとし、屋外には出ないようにしているという。 また、常駐している医療関係者には、同ホテル従業員も含めて健康管理してもらっている。 勝浦ホテル三日月が武漢からの帰国者を受け入れたことをめぐっては、ツイッター上で「風評に負けず、頑張って下さい」「困った人に尽くそうとしてる良いホテルですね」「ホテル三日月の名前を忘れてはいけませんね。 感謝します」と称賛の声があがっていた。 同ホテルは19年9月、台風15号による停電や断水被害が千葉を中心に広がった中でも、近隣住民に大浴場を無料開放する措置を取り、感謝の声が広がっていた。 (J-CASTニュース編集部 青木正典) 外部サイト.

次の

ホテル三日月

ホテル三日月 社長

急遽のチャーター機派遣の裏で…帰国者の滞在先が見つからない! 中国で感染が拡大し、世界へと広がりつつある新型コロナウイルスによる肺炎。 政府は武漢市を中心とした湖北省に滞在する日本人について、希望者全員をチャーター機で帰国させることを決め、きょうまでに3便が飛んだ。 チャーター機の第1便・1月29日 チャーター機の第1便は、大急ぎで行われた調整の末に、1月28日午後8時すぎ羽田空港を飛び立ち武漢に向かった。 しかし実はこの時点では、武漢から帰国し発熱などの症状のなかった人たちがどこに向かうか、その滞在先は決まっていなかったのだ。 政府は、チャーター機派遣を決めた直後は、帰国後の検査で症状のない人は帰宅させる方針だった。 しかし自民党などから感染拡大防止に万全を期すため、症状のない人も当面は特定の場所で待機してもらうべきだとの声が強まったのを受け、急遽、滞在場所を確保する必要に迫られたのだ。 首相官邸や観光庁などを中心に滞在場所の選定が進められる中、いくつかの民間のホテルが候補にあがった。 しかし政府関係者の「従業員が難色を示しているんだよね」という声が物語るように、交渉はなかなか前に進まなかった。 観光庁が藁にもすがる思いで頼ったのがホテル三日月のワケ そしてチャーター機の離陸予定時刻のわずか数時間前。 観光庁の担当者が藁にもすがる思いで頼ったのが千葉県勝浦市にある「勝浦ホテル三日月」だった。 勝浦ホテル三日月 実は「ホテル三日月グループ」を30代で率いる若き社長・小髙芳宗氏は、自民党幹部の海外視察の際に経済界の一員として参加したこともあり、政府や自民党と接点があった。 そして、観光庁の担当者もこの海外視察に同行していたため、小髙社長と知己があり、アプローチを試みたのだ。 政府関係者によると、「勝浦ホテル三日月」は、宿泊予定者を千葉県内の2つのグループのホテルへ移すことも可能なことなど条件が最良だった上、去年の台風15号で被災した地元住民に大浴場を無料開放した例もあったため、「政府は彼の男気にかけた面もあった」のだという。 「想定と違う中での苦渋の選択だった」…なぜ相部屋になってしまったのか? 政府からの依頼をうけたホテル三日月は、千葉県庁や勝浦市に、受け入れについての確認を求めた。 勝浦市側は、土屋市長が「(滞在先が)決まっていないのは予想していなかった」(31日の記者会見)と明かしているように、突然の要請に対し時間の制約がある中での受け入れ決断となった。 受け入れ当日となる29日、ホテル三日月は従業員への説明を行うことにした。 しかしまだ政府からの受け入れに関する要請書が手元になかった。 政府も多忙をきわめる混乱の中だったのだろう。 そのことを官邸関係者に確認すると、「会議で(滞在先が)三日月であることは総理が了承している。 従業員には総理からの要請ですと伝えてほしい」と口頭で回答があったという。 一方で、受け入れる帰国者の人数については、想定外の事態が起きた。 当初の予定は100人前後だった。 ホテル側は、収容人数の関係上、最大でも177部屋しかないことは伝えてあったという。 実際にホテルに到着したのはバス7台で191人、当初の予定のおよそ2倍にのぼった。 それを受けてホテルへ向かうバスの中では、従業員や政府関係者が帰国者に対し、約3時間をかけて相部屋への協力をお願いした。 そして日が暮れた夜、バスはホテルに到着し、帰国者たちはホテルへと入っていった。 関係者は、「ホテルもそもそもの想定と違う中で苦渋の選択になった」と明かす。 ホテル側「日本人として決断」 滞在長期化に政府側「もう少しこらえて」 帰国者を受け入れたホテル三日月は公式サイトで声明を発表し、「政府、千葉県、勝浦市及び関係諸機関との緊密な連携を取りながら感染予防対策等を行っている」とした上で、最後にこう結んだ 「様々な困難があることも予想されましたが、当社は、同じ日本人として、帰国者のために、政府の要請に応えることを決断しました。 当社は、本件の受け入れのみならず、これからも地域、日本の繁栄のために邁進していく所存です」 一方で、滞在が長期化する中、ホテル側が通常時とは違う異例の対応に、疲弊してきているとも伝えられる。 ホテルの今後の営業に影響が出る可能性も否定できない。 こうした状況に、安倍首相は関係者を通じて「なんでも要望を聞きます」とホテルを支援する考えを伝え、関係者はホテル側に「もう少しこらえてくれ」と切に頼み込んだという。 ホテル関係者に対し心ない言葉が…求められる冷静かつ適切な対応 一方で、衝撃的な話を聞いた。 ホテル三日月の受け入れ以後、他の民間施設で受け入れを表明した施設はまだない。 従業員の安全などを考えればそれも一つの判断と言える。 地域住民が不安を覚えるのもわかる。 それでもホテル関係者に心無い言葉を向けることなど絶対にあってはいけないだろう。 そして国や自治体は、今回のホテル三日月の英断と、関係者や従業員の奮闘、不安をこらえている地域住民に対して、きめ細やかな支援を行うことが求められているのではないか。

次の