シチュー 保存。 カレーやシチューの保存方法が知りたい!保存方法と保存期間

カレーやシチューの保存方法が知りたい!保存方法と保存期間

シチュー 保存

シチューの調理時間を短縮できる 冷凍保存しておけば、シチューの調理(野菜をそれぞれカットする、煮込む、ルーと牛乳を入れて煮込む)の行程をすべて省略することができます。 また、作り置きメニューとして手軽に利用することができます。 簡単解凍で好きな時に食べることができる 朝食のスープがわりやアレンジメニューに使うなど好きな時に、レンジや鍋で加熱する簡単解凍ですぐに食べることができます。 保存方法にジップロックなどの袋を使っている場合は湯せんで解凍もできるので、キッチンを汚さず便利です。 シチューを安全に保存できる シチューは授乳やジャガイモ、肉が入っているため傷みやすいメニューです。 そのため鍋のまま常温で保存しておくなどは向いていません。 冷蔵保存の場合でも 2~3日しか持ちません。 その点、冷凍保存をしておけば 約1か月も保存ができるので大変便利です。 保存期間 ・常温保存の場合 涼しい~寒い時期では1日、それ以外の時期では半日(室内の温度が高くなってしまうと半日もたないこともあります)だと思ってください。 1日に1度は火を通すようにしましょう。 傷みやすいメニューなので、食べる前にしっかり臭いや見た目で傷んでいないかの確認をしましょう。 (粘り気が増していないか、すっぱい臭いがしていないか、糸を引いていないかなどチェック) ・冷蔵保存の場合 しっかり密閉できる容器(タッパーなどに)に移し替えましょう。 密閉性の高い鍋でも構いませんが、どちらの場合も1日に1度は火を通すようにしてください。 保存期間は2~3日です。 ・冷凍保存の場合 冷凍した場合、 保存期間は約1か月です。 解凍方法 解凍方法 材料 (大きめ角型焼き皿1枚分) シチューの残りお玉2~3杯ほど 水溶き片栗粉 大さじ1(シチューにとろみがしっかりあれば不要) ご飯 300~400g バター 20g パン粉 適量 とろけるチーズ 2枚 粉チーズ 適量 塩・コショウ 適量 1)角型焼き皿にご飯入れて、上にバターを乗せます。 上からラップをかけて電子レンジで(600W)3~4分加熱します。 2)1)が加熱できたら、バターとご飯を混ぜ合わせるように軽くかき混ぜます。 3)2)が混ざったら平らにならしておきます。 4)シチューを温めておきます。 とろみがホワイトソース代わりに使うのに足りなそうなら、ここで水溶き片栗粉を入れてとろみを調整します。 このときカレードリアにしたい場合はカレー粉を適量溶きましょう。 5)4)の塩・コショウで味を調えます。 6)シチューを3)のご飯の上にかけてならします。 その上にとろけるチーズ、パン粉、粉チーズの順に重ねて 電子レンジのオーブン機能やオーブントースターで書いたら完成。

次の

ビーフシチューの冷凍保存方法|保存期間や解凍のコツを教えます!

シチュー 保存

シチューを冷凍できる期間はどれくらい? シチューを冷凍保存した場合の賞味期限は 一般的には冷凍してから約1ヵ月が限度 だとされています。 この1ヶ月というのは 「美味しく食べられる期限」という意味ですが、私の体験では、冷凍してから 2ヵ月経ったシチューでも味は落ちていませんでしたよ。 シチューの保存は、 常温・冷蔵・冷凍とありますが、当然ながら賞味期限が一番長いのは 冷凍保存です。 シチューの材料である牛乳やジャガイモなどは腐りやすいものなので、常温保存には向きません。 どうしても常温保存したい場合は、数時間ごとに小さな火でしっかりかき混ぜながら中まで火が通るようにしましょう。 (焦げやすいです) こうして常温で保存した場合の賞味期限は、 約半日です。 また冷蔵保存した場合は、 だいたい2~3日といったところです。 冷蔵保存するときに鍋のまま冷蔵庫に入れがちですが、あまりおすすめはできません。 シチューが空気に触れやすくなり、酸化したり乾燥しやすくなりますし、 匂い移りも味を損ねる原因になります。 しっかり密封できる鍋でしたら大丈夫です。 3日以上保存したい場合は、冷凍保存した方がいいですね。 解凍したときにジャガイモも人参も、たいへん 残念な食感になってしまいますので、冷凍する場合は 取り除くか、完全につぶしてから冷凍するようにします。 なので、冷凍するときは残ったシチューをどかっとひとつの容器に容れるのではなく、小さな容器に一食分や二人分といったように 「小分け」にするのがコツです。 その小分けにする容器ですが、 プラスチックの密封容器か、 ジップロックなどのフリーザーバッグを使います。 どちらでも使えますが、それぞれ長所があります。 ・密封容器 解凍する時に、そのまま加熱でき、一人暮らしだとお皿を汚さないで済ませられたりもします。 さらに容器の中に ラップをひいてからシチューを入れて冷凍すると、さらに容器の汚れが少なく済みます。 ・フリーザーバッグ(ジップロック等) 1. シチューに必要な材料、野菜や肉を適当な大きさに切ります。 ジャガイモの半分は 一口大に、のこりは小さく 1cmほどの角切りにします。 人参と、一口大に切った方のジャガイモを 別茹で(レンジ加熱OK)しておきます。 鍋にサラダ油をひき、肉を炒め、玉ねぎを投入、少ししんなりしてきたら細かく角切りにしたジャガイモも鍋に入れます。 あとは、通常通りにシチューを作ります。 (先に入れたジャガイモが溶けて姿がなくなっていれば完成です) 6. アレンジもしやすいですし、食べる前に人参とジャガイモを別茹でして入れるだけで出来立てのシチューが味わえます。

次の

シチューの作り置きは常温で何日大丈夫?冷蔵の場合と食中毒を防ぐ方法!|Maman Style

シチュー 保存

目 次• カレーやシチューの保存方法 カレーやシチューを作り、余ったものをお鍋にいれたままで保存しておき、次の日に食べようと思ったら「あれっ?味が変。 腐りかかっている?」と感じた経験はありませんか?しっかり煮込んだ料理なので大丈夫と過信は禁物です。 常温保存は冬場でも1日半が限度だともいわれています。 夏場なら半日で腐敗するということもあります。 もし、お鍋にそのままおいておくなら、こまめに火を入れることが大切。 一日に2回、できれば三回。 一般的に75度の温度で60秒以上加熱すると腐敗をおこすおおよその細菌は死滅するそうです。 しかし、カレーやシチューはとろみがついており、加熱すると底が焦げ付いてしまいます。 全体を高温にすることはかなり困難でしょう。 あまりかき混ぜると具材が崩れてしまい、見た目がよくありません。 そんなとき、加熱する前に中のものを端に寄せるようなイメージで、中央あたりの底が見えるようにします。 そこに水を入れ(シチューなら牛乳でもよいのですが)、火をつけます。 加熱しながらゆっくりとその水分が底にいきわたるように混ぜると焦げ付きにくくなりますよ。 また少量のお湯を沸騰させ、その中に加熱するものを少しずつ加えてもよいのですが。 また冷蔵保存する場合にはは完全に冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。 冷蔵庫の状態にもよりますが、それでも2,3日以内には使い切りましょう。 余ったカレー。 冷凍保存しておくと便利 余ったものは冷凍しておくと、欲しい時に、欲しいだけ利用できるので便利です。 冷凍するときには必ず完全に冷ましてから、なるべく早い段階で冷凍庫に入れてしまいましょう。 注意すべきはカレーやシチューに入れているジャガイモやニンジンは冷凍には不向きです。 解凍した時にスカスカになってしまうので、予めスプーンなどでつぶしてから冷凍しておきましょう。 冷凍していても少しづつ酸化していくといわれており、2か月以内には使用することがおいしく食べるコツです。 小腹がすいたとき、一人だけの食事になど、冷凍したものがあれば簡単に使用できとても便利です。 冷凍するときに使用場面を考えながら量を小分けにするとよいでしょう。 ジップロックなど薄く平らに伸ばした状態で冷凍しておくとスープなどに少しずつ使用するときには使いやすいです。 製氷皿を利用して小分け冷凍しておくと、冷凍後にキューブ型のものをまとめて袋に入れ保存すると使う際には便利ですが、製氷皿を洗うのがちょっと面倒です。 カレーのリメイク料理 カレーのリメイクといえばカレーうどんがまず浮かぶのではないでしょうか。 リメイクとは言えないのかもしれませんが、湯通ししたうどんに豪快にカレーをかけるというスタイルもあるようです。 また和風の出汁に薄めの味付けをしてカレーを加えてお好みの味に調え、カレーうどんを作るのがポピュラーかもしれません。 好みで長ネギや玉ねぎ、牛肉などを出汁でさっと煮て、カレーを加えると自分の好みにあったものができます。 ネットでレシピを開くと様々なアイディアリメイク料理のレシピも載っているので実際に試してみてお気に入りのものを見つけていくのも楽しいかもしれません。 カレーはある程度の量を作った方がおいしいので、一人暮らしの人でも一人分を作るということはないと思います。 そんな時、冷凍しておいて、カレーうどんを作るのはいかがでしょうか。 シチューのリメイク料理 シチューも寒くなると特に食卓にのぼる機会の多い人気料理です。 扱い方はカレーと同様ですが、余ったものは小分けにして冷凍しておくと、いろいろな使い道があります。 クリームコロッケ、グラタン、ドリア、パスタにと工夫次第で色々な料理に利用できます。 解凍したシチューをしっかりした大きめのアルミホイルに入れ、とろけるチーズの上にのせてオーブントースターで焼くだけでグラタン風の一品になり、子供達には好評です。 ベーコンを炒めてシチューを加え茹でたパスタと和えるとクリームパスタに変身です。 レトルト商品と利点 シチューやカレーは最初の工程から自分で作るのも楽しいですが、様々な市販品があるのでルーを利用するのが便利です。 たくさんの種類の中から自分の好みのものを見つけ出すのも楽しみの一つになります。 また、温めるだけで簡単に食べられるレトルトの商品も多く出回っています。 高級さを銘打ったものから安さを売りにしているものまであり、価格帯も様々ですが、もちろん高いからおいしいというわけでもありません。 レトル製品の利点としてアレルギーに対応したものがあるということです。 最近よく耳にするようになった小麦粉アレルギー。 カレーもシチューも小麦粉は欠かせない材料ですが、小麦粉の代わりに米粉を使用した製品もあります。 また牛乳アレルギーの人に対しては、牛乳を使用していないクリームシチューも販売されています。 それらの商品をうまく取り入れながら楽しい食卓を囲みたいものです。 まとめ 人気メニュのカレーやシチュー。 余ったものは正しく保存し、リメイク料理を楽しみましょう。 - , , , ,.

次の