年金 受給 開始 70 歳。 「75歳から」にダマされるな!年金は早くもらうほど得をする (週刊現代)

年金は70歳受給開始にすると42%も増えるが、落とし穴も!

年金 受給 開始 70 歳

70歳以降の年金の仕組みとは? 一昔前までは60歳で定年退職し、60歳以降は年金生活という図式でしたが、現在は年金支給開始年齢の引き上げに伴い、60歳になっても満足に年金がもらえず、また、定年年齢の引き上げや継続雇用制度などの措置もあり、60歳になってからも働いている人が大半を占めるようになりました。 今や60代は働く世代という位置づけが完全に確立されています。 そして、定年なしという会社も徐々に多くなり、70歳になっても働くという方も増えています。 そこで、今回は70歳以降の年金の仕組みについてご紹介したいと思います。 厚生年金の加入は一生涯? 厚生年金は、会社勤めをしている限り一生加入しなければならないのでしょうか? 答えは「NO」です。 厚生年金に加入できる期間は決まっています。 それは70歳までです。 70歳になったら、それ以後加入したくても加入できません(年金受給権のない70歳以上の人を除く)。 70歳になると、会社は厚生年金の資格喪失手続きを行います。 よって、70歳以上は健康保険・介護保険だけ加入ということになります。 当然保険料についても厚生年金保険料は支払う必要はなく、健康保険料と介護保険料だけ、給与から天引きされるということになります。

次の

年金開始、70歳超も選択肢 政府が高齢社会大綱 :日本経済新聞

年金 受給 開始 70 歳

(写真=iStock. com/NoSystem images) 働いている間は毎月決まってお給料が入ってくる。 だからこそ、私たちはお金を使うことができるが、仕事を引退するとお給料は入ってこない。 現役中に蓄えたお金や退職金があっても、お金を使うばかりでは減る一方でなんとも心もとない。 対して年金は、定期的に、確実に、一生涯、受け取ることができる。 やはり老後資金のベースは年金であり、90歳まで生きても、100歳まで生きても受け取れる終身型という性質は、大きな安心材料だ。 年金はなくてはならないもの。 なんとなく不安視するのではなく、正しく知って老後資金づくりのスタートに立ちたい。 支給開始年齢を遅らせるのは今のところ、なし まずは多くの人が気になっている「支給開始年齢」から見ていこう。 1966年4月2日以降に生まれた女性(男性は1961年4月2日以降)が年金を受け取れるのは、65歳から。 この支給開始年齢が引き上げられるのではないか、という見方がある。 少子高齢化で年金財政がひっ迫しているから支給を遅らせる可能性がある、などと聞くと、納得しそうになる。 また現在は60歳定年後も働くことを希望する従業員については、65歳までは、雇用延長する、定年そのものを65歳にする、定年制を撤廃するのいずれかで働けるようにすることが法制化されているが、これを70歳まで引き上げる動きも出てきている。 このことから、「70歳まで働かせて年金を出さないつもりだな」と見る人もいる。 しかし実際には、年金の支給開始年齢を引き上げるという具体的な話は出ていない。 内閣の未来投資会議では、人生100年時代を迎え、働く意欲がある高齢者がその能力を十分に発揮できるよう、高齢者の活躍の場を整備する必要がある、といった論点が出てきている。 しかし、それと同時に、「70歳までの就業機会を確保したとしても、年齢支給開始年齢の引き上げは行うべきでないのではないか」、という論点メモも公表されている。 つまり、支給開始年齢引き上げの方向で話が進んでいるわけではないのだ。 もしも将来的に引き上げられることが決まったとしても、過去の年金改正を踏まえると、20年先に老後を迎える人の支給開始年齢を徐々に遅らせていくなど、長い時間をかけて、ゆっくり引き上げていくものと考えられる。 未来永劫、支給開始年齢が引き上げられることはないとは言いきれないが、今から心配しても仕方がないし、個人で心配してもどうにもならない。 また仮に引き上げられることがあっても、年金が国の制度である以上、「なくなる」ということはない。 もらえない、いつからもらえるか分からない、など、疑心暗鬼になるのはやめよう。

次の

年金は「夫は70歳、妻は65歳」から受給するのが一番得するワケ(週刊現代)

年金 受給 開始 70 歳

(写真=iStock. com/NoSystem images) 働いている間は毎月決まってお給料が入ってくる。 だからこそ、私たちはお金を使うことができるが、仕事を引退するとお給料は入ってこない。 現役中に蓄えたお金や退職金があっても、お金を使うばかりでは減る一方でなんとも心もとない。 対して年金は、定期的に、確実に、一生涯、受け取ることができる。 やはり老後資金のベースは年金であり、90歳まで生きても、100歳まで生きても受け取れる終身型という性質は、大きな安心材料だ。 年金はなくてはならないもの。 なんとなく不安視するのではなく、正しく知って老後資金づくりのスタートに立ちたい。 支給開始年齢を遅らせるのは今のところ、なし まずは多くの人が気になっている「支給開始年齢」から見ていこう。 1966年4月2日以降に生まれた女性(男性は1961年4月2日以降)が年金を受け取れるのは、65歳から。 この支給開始年齢が引き上げられるのではないか、という見方がある。 少子高齢化で年金財政がひっ迫しているから支給を遅らせる可能性がある、などと聞くと、納得しそうになる。 また現在は60歳定年後も働くことを希望する従業員については、65歳までは、雇用延長する、定年そのものを65歳にする、定年制を撤廃するのいずれかで働けるようにすることが法制化されているが、これを70歳まで引き上げる動きも出てきている。 このことから、「70歳まで働かせて年金を出さないつもりだな」と見る人もいる。 しかし実際には、年金の支給開始年齢を引き上げるという具体的な話は出ていない。 内閣の未来投資会議では、人生100年時代を迎え、働く意欲がある高齢者がその能力を十分に発揮できるよう、高齢者の活躍の場を整備する必要がある、といった論点が出てきている。 しかし、それと同時に、「70歳までの就業機会を確保したとしても、年齢支給開始年齢の引き上げは行うべきでないのではないか」、という論点メモも公表されている。 つまり、支給開始年齢引き上げの方向で話が進んでいるわけではないのだ。 もしも将来的に引き上げられることが決まったとしても、過去の年金改正を踏まえると、20年先に老後を迎える人の支給開始年齢を徐々に遅らせていくなど、長い時間をかけて、ゆっくり引き上げていくものと考えられる。 未来永劫、支給開始年齢が引き上げられることはないとは言いきれないが、今から心配しても仕方がないし、個人で心配してもどうにもならない。 また仮に引き上げられることがあっても、年金が国の制度である以上、「なくなる」ということはない。 もらえない、いつからもらえるか分からない、など、疑心暗鬼になるのはやめよう。

次の