るい そう 看護。 褥瘡の看護計画4つのポイント~原因に対する具体的なケア計画~

やせに関するQ&A

るい そう 看護

この記事の目次• 標準体重はBMI Body Math Index で計算することができ、以下の数式で表されます。 ここで注意したいのは、身長がセンチメートルではなくメートルという点です。 適性体重はこの値が18. 5-25と言われていて、これ以下であれば痩せすぎ、これ以上であれば太りすぎとなります。 また、身長に対する標準体重の求め方は以下の数式で表されます。 58kg。 体重が70kgでの場合少々体重が重いと判断することができるでしょう。 170cmの方の標準体重は約64kg。 2kgです。 この体重が少なすぎることが分かるかと思います。 るいそうは体重が少ないことが見た目でわかるほどです。 自身が当てはまる場合は十分な注意が必要でしょう。 では、るいそうは具体的にどのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか。 るいそうの症状とは? 体重が極度に少ない「るいそう」。 この状態では体に様々な症状を引き起こします。 具体的には以下の症状を発症します。 極度の冷え 体温を保温する脂肪が少ないため、外気温の変化によって体温が変化しやすく、特に冷えを感じることが多いです。 体の末端、手や足の先などの冷えは顕著に現れます。 整理が不定期、もしくは停止する 女性に限ったことですが、るいそう状態では生理が遅くなったり、停止することがあります。 不規則になったり、症状が重くなるといったことも起こるため、非常に注意が必要な状態です。 栄養失調 るいそうの原因の1つに食事を食べないということがあります。 このため、極度の栄養失調となり、体力や感覚機能の低下、生命維持に深刻な問題を及ぼすこともあります。 貧血 血液の循環が滞り、顔色が悪くなったり、ふらつくなどの貧血症状を招くことがあります。 日常生活で元気がなく、体力低下も引き起こします。 体のむくみ 血液循環機能の低下、及び代謝機能の低下によって、体の水分がうまく処理されず、四肢をはじめとする部位にむくみができます。 るいそうの原因とは? るいそうは老若男女、発生する可能性があります。 しかし、その原因はそれぞれ異なります。 具体的には以下のことがあげられます。 過度なダイエット 若い女性に多いのが過度なダイエットです。 ダイエットはシンプルに食べなければ成功しますが、それにも限度があります。 1日1食であったり、1日の総カロリーが少ない。 もしくは、健康食品ばかりを食べ、栄養が足りない。 朝食を食べないなんてことも痩せすぎの原因になります。 拒食 過度なダイエットがさらに進行すると、食べることそのものに拒否反応を示すことがあります。 食べることは醜いこと。 そう思ってしまうことが拒食ではみられます。 拒食の場合、食事というより精神的なケアが必要になってきます。 ファッションモデルの方が稀に亡くなることもありますが、十分な注意を払う必要があるでしょう。 消化器系の病気 食べ物を食べると、胃で消化され、腸で吸収されます。 私たちの体はこれら内臓活動を行い、栄養を食べ物からとっています。 これら消化器に異常が生じると、食事をしているにもかかわらず、栄養が取れなくなり、体重が減ってしまうということがあります。 具体的な病気としては胃潰瘍、大腸炎といったものがあげられます。 また、これら病気を発病しているときは腹部の激痛や下痢といった症状もみられます。 早急に病院へ行くようにしましょう。 甲状腺機能亢進症 甲状腺と呼ばれる喉にある器官の機能が活発になってしまう病気です。 甲状腺は甲状腺ホルモンという物質を分泌しますが、これは体の代謝に関わっています。 ホルモンが分泌されるほど、代謝が進み、食べても食べても太らない状態となります。 これがるいそうを進行させる1つの原因になっています。 ガン 高齢者に多い原因はガンなどの深刻な病気にかかっているケースです。 この場合、そもそも食事をすることが困難になったり、精神的にも追い詰められていることが症状の原因になります。 特に消化器系のガンはるいそうを著しく進行させることがあります。 症状の進行と合わせて、体重管理も治療において重要なポイントです。 高血糖 血液中の糖の濃度が高い状態を高血糖といいます。 この場合、体が何もしなくても痩せていくという症状が起こります。 糖は体にとってのエネルギー源ですが、高血糖状態になると、糖は正常に処理されず、尿と一緒に排出されます。 この際、体はエネルギーが足りないと判断し、脂肪や筋肉を分解し、エネルギーを得ようとします。 それが結果的に体重の減少、そしてるいそうを招くのです。 高血糖といえば、太っている人の症状と思われがちですが、痩せている人でも十分注意が必要です。 るいそうの治療はどうすれいい? るいそうを治すためには、これまで述べてきた原因をきちんと見極める必要があるでしょう。 その上で、以下の2つの方法があげられます。 食事が原因の場合 過度なダイエットや拒食がるいそうの原因である場合、意識を変える必要があります。 「痩せていること=美しい」と考えてるのであれば、注意が必要かもしれません。 日本人は特に痩せていることにこだわり、安易にダイエットに走りがちな性質があるかもしれません。 しかし、間違ったダイエットやただ食事をカットするだけのようなダイエットをしてしまうと、るいそうになってしまうことがあります。 食事への正しい知識と、自身の体の状態。 そして、適正体重を知り、きちんとしたダイエットをしていくこと。 これがるいそうの予防・治療に大切なことなのです。 病気が原因の場合 高齢者など、病気が原因でるいそうとなってしまう場合。 これは病気そのものの治療をするほか、症状を改善する方法はないでしょう。 例えばガンであれば、きちんとした治療を受けるかと思います。 その他、甲状腺機能亢進症であれば、専門医の治療を受けることが大切です。 るいそうに気づくために るいそう状態であるかどうか、というのは自分ではなかなか気づきにくいものです。 特にダイエットを原因として症状が起こっている時、痩せているほど美しいと感じていますから、ますます気づきにくくなります。 るいそうであると気づくために、おすすめの方法が2つあります。 鏡で全身の状態を見てみる るいそう状態だと、あばらぼねが浮き出て見えたり、腕や足が極度に細いことがあります。 他人と比較するほかないのですが、骨が浮き出ているようであれば、注意する必要があります。 人の声を聞いてみる 友人や家族の会話の中で「痩せすぎだよ」と心配されるようなことを言われたことがあれば注意が必要です。 「痩せたね」とか「細いね」とかであれば、まだ大丈夫かと思います。 まとめ るいそうの原因は様々で病気が発端で起こることもあれば、ダイエットの延長で発症することもあります。 どちらにせよ、体重が少ないというのはとても危険な状態です。 体重の減少は生命活動において、深刻な支障をきたすことがあります。 るいそうは特に女性に多く見られる症状で、男性と比べて4倍の数とも言われています。 病的な理由も大きいかもしれませんが、やはりダイエットなどの理由が多いのだと思います。 るいそうは今後の妊娠といったことにも影響するため、痩せたい願望がある人はダイエットについて今一度考える必要があるでしょう。 もちろん、太り過ぎもよくありません。 健康を維持するためには、自身の適正体重を知り、それに合わせた食事・運動の改善を取り入れていく必要があります。 日常の中でしんどいことが多々ある。 このようなとき、もしかしたらるいそうなのかもしれません。 今一度、自身の体重を元として、健康を考えてみてください。

次の

やせに関するQ&A

るい そう 看護

この記事の目次• 標準体重はBMI Body Math Index で計算することができ、以下の数式で表されます。 ここで注意したいのは、身長がセンチメートルではなくメートルという点です。 適性体重はこの値が18. 5-25と言われていて、これ以下であれば痩せすぎ、これ以上であれば太りすぎとなります。 また、身長に対する標準体重の求め方は以下の数式で表されます。 58kg。 体重が70kgでの場合少々体重が重いと判断することができるでしょう。 170cmの方の標準体重は約64kg。 2kgです。 この体重が少なすぎることが分かるかと思います。 るいそうは体重が少ないことが見た目でわかるほどです。 自身が当てはまる場合は十分な注意が必要でしょう。 では、るいそうは具体的にどのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか。 るいそうの症状とは? 体重が極度に少ない「るいそう」。 この状態では体に様々な症状を引き起こします。 具体的には以下の症状を発症します。 極度の冷え 体温を保温する脂肪が少ないため、外気温の変化によって体温が変化しやすく、特に冷えを感じることが多いです。 体の末端、手や足の先などの冷えは顕著に現れます。 整理が不定期、もしくは停止する 女性に限ったことですが、るいそう状態では生理が遅くなったり、停止することがあります。 不規則になったり、症状が重くなるといったことも起こるため、非常に注意が必要な状態です。 栄養失調 るいそうの原因の1つに食事を食べないということがあります。 このため、極度の栄養失調となり、体力や感覚機能の低下、生命維持に深刻な問題を及ぼすこともあります。 貧血 血液の循環が滞り、顔色が悪くなったり、ふらつくなどの貧血症状を招くことがあります。 日常生活で元気がなく、体力低下も引き起こします。 体のむくみ 血液循環機能の低下、及び代謝機能の低下によって、体の水分がうまく処理されず、四肢をはじめとする部位にむくみができます。 るいそうの原因とは? るいそうは老若男女、発生する可能性があります。 しかし、その原因はそれぞれ異なります。 具体的には以下のことがあげられます。 過度なダイエット 若い女性に多いのが過度なダイエットです。 ダイエットはシンプルに食べなければ成功しますが、それにも限度があります。 1日1食であったり、1日の総カロリーが少ない。 もしくは、健康食品ばかりを食べ、栄養が足りない。 朝食を食べないなんてことも痩せすぎの原因になります。 拒食 過度なダイエットがさらに進行すると、食べることそのものに拒否反応を示すことがあります。 食べることは醜いこと。 そう思ってしまうことが拒食ではみられます。 拒食の場合、食事というより精神的なケアが必要になってきます。 ファッションモデルの方が稀に亡くなることもありますが、十分な注意を払う必要があるでしょう。 消化器系の病気 食べ物を食べると、胃で消化され、腸で吸収されます。 私たちの体はこれら内臓活動を行い、栄養を食べ物からとっています。 これら消化器に異常が生じると、食事をしているにもかかわらず、栄養が取れなくなり、体重が減ってしまうということがあります。 具体的な病気としては胃潰瘍、大腸炎といったものがあげられます。 また、これら病気を発病しているときは腹部の激痛や下痢といった症状もみられます。 早急に病院へ行くようにしましょう。 甲状腺機能亢進症 甲状腺と呼ばれる喉にある器官の機能が活発になってしまう病気です。 甲状腺は甲状腺ホルモンという物質を分泌しますが、これは体の代謝に関わっています。 ホルモンが分泌されるほど、代謝が進み、食べても食べても太らない状態となります。 これがるいそうを進行させる1つの原因になっています。 ガン 高齢者に多い原因はガンなどの深刻な病気にかかっているケースです。 この場合、そもそも食事をすることが困難になったり、精神的にも追い詰められていることが症状の原因になります。 特に消化器系のガンはるいそうを著しく進行させることがあります。 症状の進行と合わせて、体重管理も治療において重要なポイントです。 高血糖 血液中の糖の濃度が高い状態を高血糖といいます。 この場合、体が何もしなくても痩せていくという症状が起こります。 糖は体にとってのエネルギー源ですが、高血糖状態になると、糖は正常に処理されず、尿と一緒に排出されます。 この際、体はエネルギーが足りないと判断し、脂肪や筋肉を分解し、エネルギーを得ようとします。 それが結果的に体重の減少、そしてるいそうを招くのです。 高血糖といえば、太っている人の症状と思われがちですが、痩せている人でも十分注意が必要です。 るいそうの治療はどうすれいい? るいそうを治すためには、これまで述べてきた原因をきちんと見極める必要があるでしょう。 その上で、以下の2つの方法があげられます。 食事が原因の場合 過度なダイエットや拒食がるいそうの原因である場合、意識を変える必要があります。 「痩せていること=美しい」と考えてるのであれば、注意が必要かもしれません。 日本人は特に痩せていることにこだわり、安易にダイエットに走りがちな性質があるかもしれません。 しかし、間違ったダイエットやただ食事をカットするだけのようなダイエットをしてしまうと、るいそうになってしまうことがあります。 食事への正しい知識と、自身の体の状態。 そして、適正体重を知り、きちんとしたダイエットをしていくこと。 これがるいそうの予防・治療に大切なことなのです。 病気が原因の場合 高齢者など、病気が原因でるいそうとなってしまう場合。 これは病気そのものの治療をするほか、症状を改善する方法はないでしょう。 例えばガンであれば、きちんとした治療を受けるかと思います。 その他、甲状腺機能亢進症であれば、専門医の治療を受けることが大切です。 るいそうに気づくために るいそう状態であるかどうか、というのは自分ではなかなか気づきにくいものです。 特にダイエットを原因として症状が起こっている時、痩せているほど美しいと感じていますから、ますます気づきにくくなります。 るいそうであると気づくために、おすすめの方法が2つあります。 鏡で全身の状態を見てみる るいそう状態だと、あばらぼねが浮き出て見えたり、腕や足が極度に細いことがあります。 他人と比較するほかないのですが、骨が浮き出ているようであれば、注意する必要があります。 人の声を聞いてみる 友人や家族の会話の中で「痩せすぎだよ」と心配されるようなことを言われたことがあれば注意が必要です。 「痩せたね」とか「細いね」とかであれば、まだ大丈夫かと思います。 まとめ るいそうの原因は様々で病気が発端で起こることもあれば、ダイエットの延長で発症することもあります。 どちらにせよ、体重が少ないというのはとても危険な状態です。 体重の減少は生命活動において、深刻な支障をきたすことがあります。 るいそうは特に女性に多く見られる症状で、男性と比べて4倍の数とも言われています。 病的な理由も大きいかもしれませんが、やはりダイエットなどの理由が多いのだと思います。 るいそうは今後の妊娠といったことにも影響するため、痩せたい願望がある人はダイエットについて今一度考える必要があるでしょう。 もちろん、太り過ぎもよくありません。 健康を維持するためには、自身の適正体重を知り、それに合わせた食事・運動の改善を取り入れていく必要があります。 日常の中でしんどいことが多々ある。 このようなとき、もしかしたらるいそうなのかもしれません。 今一度、自身の体重を元として、健康を考えてみてください。

次の

るいそう

るい そう 看護

[どんな病気か] やせとは、体重が異常に減っている場合をいいますが、肥満の反対、つまり脂肪だけが減っているということではありません。 筋肉など、脂肪以外の組織も減少している状態をいいます。 ふつうは、標準体重のマイナス20%未満をやせとしています。 しかし、人それぞれで、体重がほぼ一定している場合には、標準体重より少ないからといって、すぐ病的だとはいえません。 むしろ、標準体重より少しやせぎみのほうが、糖尿病や高血圧、高脂血症など、いわゆる「生活習慣病」にかかりにくいことがわかっています。 肥満の場合は、食べる量が消費する量より多いことが大部分ですが、やせの場合は、いろいろな病気が原因となっている場合があります。 やせの原因は、世界的にみると食料不足によるものが多いのですが、日本では、かつては(けっかく)やそのほかの感染症など、伝染性の病気にともなっておこるやせ(外因性)が問題でした。 それが現在では、がんや(ないぶんぴつ)(ホルモン)の病気、精神や神経に原因がある内因性のものが、原因として重要になってきています。 [原因] カロリーの摂取を極端に減らしていないのに、体重の減少が著しいときは、重大な病気が原因となっている場合があります。 消化・吸収の障害による消化器の病気では、食道、胃、腸、膵臓(すいぞう)、肝臓、胆嚢(たんのう)などの病気によって、やせがおこることがあります。 からだの中で栄養の利用がうまくいかないとか、代謝が異常にさかんで摂取したエネルギーの消耗がはげしいといった内分泌・代謝に問題がある病気としては、糖尿病(「」)と甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)(バセドウ病など(「」))が、やせの原因としてよくみられます。 神経や精神に原因があっておこる精神科で扱う病気としては、神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)(摂食障害(せっしょくしょうがい)(「」))が代表的なやせの原因です。 そのほか、感染症やいろいろながん、外傷、手術などでもやせをおこす原因となります。 [治療] なにか原因となっている病気がある場合は、その病気を治療することが先決です。 出典 家庭医学館について.

次の