進研ゼミ スマイルゼミ どっち。 スマイルゼミとチャレンジタッチを比較!継続性はどちらが上?

中学生は進研ゼミとスマイルゼミどっちを選ぶべき?おすすめできる人の特徴をそれぞれ解説します【メリット&デメリットも比較】

進研ゼミ スマイルゼミ どっち

進研ゼミの専用タブレット 引用: 1台目• 6ヶ月以上継続受講の場合、 0円 (税込)• 6ヵ月未満の場合、 9,900円請求される (税込)• それ以外は、2台目を自分で購入 2台目• 19,800円 (税込)• ただし、故障保険に入ると、負担額が約5,000円で済む スマイルゼミの専用タブレット 引用: 1台目• 1年間継続受講の場合、 10,978円 (税込)• 6ヶ月以上12ヶ月未満の場合、 7,678円請求される (税込)• 6ヵ月未満の場合、 32,802円請求される (税込)• それ以外は、2台目を自分で購入 2台目• 43,780円 (税込)• 専用のタブレットで動画やアニメーションなどの解説を見ながら勉強。 (タブレット専用ペン付き)• で、紙テキストの問題を解いたり、 添削問題を解いたりする。 (赤ペン先生の添削)• タブレットが 自分に合った学習内容を提案。 (カスタマイズ機能)• 保護者が子供の学習状況をチェックできる機能あり。 1教科ずつの受講はできない。 授業動画や問題などの学習教材が 全部つまっている専用タブレットを使って、勉強。 (タブレット専用ペン付き)• つまり、 紙とシャーペンがなくても勉強できる。 ソファに座りながら勉強できちゃう。 タブレットが 自分に合った学習内容を提案。 (カスタマイズ機能)• 保護者が子供の学習状況をチェックできる機能あり。 1教科ずつの受講はできない。 添削指導がないところが、進研ゼミとの大きな違い。 (保護者が設定できる).

次の

進研ゼミとスマイルゼミ中学生はどっちがいい?Z会との比較と口コミや活用事例も紹介!

進研ゼミ スマイルゼミ どっち

進研ゼミとスマイルゼミどちらにしようか迷っている親御さんも多いようです。 そこで、進研ゼミとスマイルゼミを比較してみました。 また、選ぶポイントもまとめてみたいと思います。 受講科目 まず初めに進研ゼミとスマイルゼミの受講科目について比較してみます。 スマイルゼミ 進研ゼミ 小学一年生 国・算・英・プロ 国・算・英 小学二年生 4教科・英・プロ 4教科・英 小学三年生 4教科・英・プロ 4教科・英 小学四年生 4教科・英・プロ 4教科・英 小学五年生 4教科・英・プロ 4教科・英 小学六年生 4教科・英・プロ 4教科・英 中学一年生 5教科 5教科 中学二年生 5教科 5教科 中学三年生 5教科 5教科 高校一年生 提供無し — 高校二年生 提供無し — 高校三年生 提供無し — スマイルゼミは小学生の場合プログラミングコースが用意されています。 しかし、中学生の場合にはどちらも同じ5教科(国語・数学・理化・社会・英語)です。 進研ゼミは高校講座もありますが、タブレット学習ではありません。 スマイルゼミは高校講座は提供されていません。 小学生でプログラミングならスマイルゼミ 料金比較 進研ゼミとスマイルゼミの料金について比較してみました。 スマイルゼミは高校講座がありません。 また、調査時に小学6年生、中学3年生の受付が無かったので掲載していません。 こちらの価格は12か月一括払いにした場合の1か月あたりの費用になります。 スマイルゼミ 進研ゼミ 小学一年生 2980円 2705円 小学二年生 3100円 2705円 小学三年生 3600円 3425円 小学四年生 4100円 4094円 小学五年生 4600円 4885円 小学六年生 中学一年生 6900円 5600円 中学二年生 6900円 5600円 中学三年生 高校一年生 — 5900円 高校二年生 — 5807円 高校三年生 — 6114円 進研ゼミの方が多少割安になっているようです。 利用料金は進研ゼミの方が若干安い タブレット比較 タブレット学習ですので、専用タブレットの価格について比較してみました。 スマイルゼミ スマイルゼミは 12か月の継続利用をすることで9980円で専用タブレットを提供しています。 また、6か月以上12か月未満で解約した場合には端末代の不足として6980円、さらに6か月未満で解約された場合には端末代の不足分として29820円が請求されます。 進研ゼミ 進研ゼミは 6か月以上の利用継続で専用タブレットが無料で提供されます。 ただし、6か月以内に解約した場合には14800円のタブレット代が請求されます。 継続利用なら進研ゼミはタブレットが無料• スマイルゼミは短期解約でタブレット代が高い 進研ゼミとスマイルゼミの選ぶポイント 最後に進研ゼミとスマイルゼミを選ぶ際に迷った方の選択ポイントをまとめてみます。 料金で選ぶなら進研ゼミ 料金で選ぶなら進研ゼミがわずかに安く利用できます。 また、専用のタブレットも6か月以上の継続利用で無料で提供されます。 ですので、料金的に安く利用したい方は進研ゼミがおすすめです。 高校でも学習継続なら進研ゼミ 進研ゼミは高校講座も用意されていますが、スマイルゼミは中学講座までとなっています。 ですので、高校でも塾へ通わずに教材で勉強するのであれば、進研ゼミがおすすめです。 プログラミングを学ぶならスマイルゼミ 小学生でプログラムも学びたいならスマイルゼミがおすすめです。 進研ゼミではプログラミングは提供されていません。 リンク集 小学生向け スマイルゼミ 進研ゼミ 中学生向け スマイルゼミ 進研ゼミ.

次の

スマイルゼミとチャレンジタッチを比較!継続性はどちらが上?

進研ゼミ スマイルゼミ どっち

進研ゼミと塾、やるならどちらにしようか検討中の方って多いようですね。 私の経験からいうとどちらも使うべきだと思います。 塾と進研ゼミを「目的に応じて使い分ける」べきだと思います。 進研ゼミも塾もコースに通わず、単一教科で選ぶ方法がいいです。 塾は「新しい知識得る学習」• 進研ゼミは「知識を発展させる学習」 この違いを知っておくと勉強が効率化出来るかもしれません。 どういう事か?以下で説明しましょう。 塾とは 新しい知識を吸収する場所 塾は解法やコツ、陥りがちなミスなどを先生から教えてもらえる場所。 新しい知識を吸収することが出来ます。 何よりとても楽です。 机に座っていれば、効率的に先生がポイントを教えてくれるのですから・・・。 その年の出題傾向や重要ポイントなどを効率的に学べたり、学習ペースを保てたり、他人との競争意識などモチベーションの維持が出来たりします。 デメリットは、わからなくても、授業から置いていかれてしまう事や、高額な授業料などが挙げられます。 塾のメリット• 知らなかった知識や情報を吸収出来る• 学習ペースを保てる 塾のデメリット• わからなくても置いていかれる• 高額な月謝 塾は、「知識を得る」場所として利用する 進研ゼミは「知識を発展させる学習」 対して、進研ゼミなどの通信教材は、自分で考える力をつける事が出来るものです。 例えば、わからない問題に出会っても、塾とは違い先生はいないので、自分であれこれ調べなければなりません。 テキストを読み返してみたり、他の参考書・辞書をひっくり返して・・・と。 実は、この作業が、応用力を身につけるには欠かせないものなのです。 脳科学的にも立証されているそうで、自分で調べたものは忘れにくく、記憶に定着しやすいと言われています。 塾で学んだものを進研ゼミで固定化させるという方法もありだと思います。 また、塾など他人がいて「がちゃがちゃ」している場所よりも、一人で机に向かってもくもくと勉強する方が捗る!という方には向いています。 通信教材のメリット• 自分のペースで学習できる• 人がいるところでの勉強は苦手!という人には最適• 塾よりも費用が安くすむ 通信教材のデメリット• 自分のペースに甘えがち• 外からの刺激を得られにくい.

次の