孤独 の グルメ ロール キャベツ。 「孤独のグルメ Season8」に登場した店と料理とゲストまとめ

孤独のグルメのロールキャベツ!店は四馬路で場所と値段は?クチコミも気になる(シーズン8)

孤独 の グルメ ロール キャベツ

ロールキャベツ定食 900円 夜は癒やしを求めて人々が訪れるバー。 しかし昼は、ロールキャベツを求めて人々が訪れる、洋食の名店がある。 それが「四馬路」 東京都中央区銀座6-3-16 泰明ビル本館B1F だ。 四馬路と書いてスマロと読むこのお店、多くの人たちを「こんなにも美味しいロールキャベツを食べた事はない」と唸らせる。 ・現在はロールキャベツ定食のみ作られる このお店にはメニューはふたつしかない。 ロールキャベツ定食 900円 と、煮豚のポークソテー定食 1100円 だ。 どちらも美味しいと評判だが、現在はロールキャベツ定食のみ作られている。 ・焼き茄子の味噌汁がついてくる ロールキャベツ定食には、ライス、人参のあます、焼き茄子の味噌汁がついてくる。 ライスの量は最初に申し出れば少なめ、普通、多めの調整が可能で、女将の善意であとからおかわりも可能な場合がある。 ・あまりにも濃密なウマさに味覚が喜ぶ ロールキャベツはやや大きめで、非常に重厚感を感じるサイズ。 それが皿にふたつも盛られており、そこにトマトとクリームが添えられている。 ナイフで切って箸でつまんで食べれば、キャベツの甘味と具の旨味が融合し、あまりにも濃密なウマさに味覚が喜ぶのがわかる。 ・美味しさだけを届けることに成功 キャベツはしっかりと食感を残しながらも柔らかく、具のホロホロと崩れていく軟度とシンクロ。 どちらの食感も、どちらも邪魔せずに美味しさだけを届けることに成功している希少な存在。 ・最高のロールキャベツが銀座の路地裏の地下に存在 このロールキャベツ、半分に切ってライスに乗せて食べれば、ロールキャベツの旨味とあふれ出るエキスとスープの旨味で最高のロールキャベツご飯が完成する。 こんなにも美味しいロールキャベツが銀座の路地裏の地下に存在するとは、いやはや驚きである。 ・コーヒーは注文を受けてから30分かかる ちなみにコーヒーは丁寧に作るため、注文を受けてから30分ほど時間を要するため、どうしても飲みたいときはロールキャベツ定食を注文すると同時にお願いしよう。 ただ、混雑時のコーヒーの注文は付けたほうが良いかもしれない。 とにかく、この感動のロールキャベツを一人でも多くのロールキャベツ好きに食べてもらいたい。 ロールキャベツを食べ終えた後に残ったスープも、これまた格別なので絶対に飲む干すこと。

次の

【孤独のグルメ8】3話|日比谷銀座のバーのロールキャベツ定食

孤独 の グルメ ロール キャベツ

東京都でもっとも無美味しいロールキャベツが食べたかったら、中央区銀座の四馬路に行くとよい。 読みかたはスマロで、夜はバーとして営業している路地裏の地下の小さな店だ。 ロールキャベツはランチタイムのみ定食として出されており、価格は900円。 定食の内容はロールキャベツとみそ汁、あます、そしてライス。 みそ汁には季節の野菜が入っており、使用しているダシの美味しさが密かに人気。 ロールキャベツは1皿に2つ盛られており、たっぷりのスープに浸されている。 樽のようにドッシリとしたロールキャベツの上には、やや細かくざく切りにされたトマトと、少し生パセリが振りかけられている。 ロールキャベツが美味しい店は多々あれど、ここまで大絶賛されているロールキャベツが美味しい店は稀。 「ロールキャベツが名物の店」と「ロールキャベツが大絶賛される店」は似て非なるものであり、この店は大絶賛される店なのだ。 ここのロールキャベツが美味しいのは当然である。 ロールキャベツにスープの旨味を染み込ませるため、煮込みすぎたり、火力を強くしてキャベツの食感を損なっている店が少なくない。 それゆえ、きゅぺつの一部が崩壊してトロトロになっている場合もある。 それほどロールキャベツの仕上げは難しい。 しかし四馬路のロールキャベツは違った。 型崩れしないように丁寧に煮込まれているのか、まったくキャベツの繊維が破壊されることなく、しっかり形状を保っている。 しかも、型崩ればかりに注力したロールキャベツにありがちな「硬すぎる」「筋ばっている」という失敗をせず、「非常に柔らかいのに型崩れせず食感が具と近い柔らかさ」に仕上げられているのだ。 つまり、柔らかいのに型崩れしてない、キャベツと具の食感が似ているので抵抗なくバクバク食べ進められるのである。 さらに、ロールキャベツ内のエキスが究極的に最高で、スープ、肉汁、そしてキャベツの甘味がたっぷりと含まれていて、皿のスープとロールキャベツ内部のスープの旨味のグラデーションが楽しめるのが素晴らしい。 まさに究極のバランスによって誕生したロールキャベツなのだ。 ちなみに、このロールキャベツをご飯に乗せて食べることを忘れないようにしよう。 米粒とロールキャベツのエキスの相性はバツグンで、旨味が増幅するのである。 また、適度に盛られているクリームとパセリが少なくも強い底力でロールキャベツの旨さをコクと爽やかさとして盛り上げているのは言うまでもない。

次の

孤独のグルメ シーズン8 / 銀座のBarのロールキャベツ定食 / 四馬路(スマロ)

孤独 の グルメ ロール キャベツ

テレビ東京系「孤独のグルメ Season8」第3話が10月18日に放送された。 「時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。 誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。 この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである」 冒頭のナレーション。 その中に「自由になる」という一文があるが、今回の五郎さんは自由を奪われていた。 「孤独のグルメ Season7」Blu-ray BOX ドラマパートもグルメパートも相手ペース 個人で輸入雑貨商を営む五郎さんは、銀座のカフェで劇団主催者の武者小路朱雀(岸谷五朗)と商談をする。 武者小路は、今作では珍しいほどのぶっ飛んだキャラで、店内でシェイクスピアの「リア王」を演じまわる奇人だった。 五郎さんは武者小路に振り回され、「腹が減って」しまう。 疲れが溜まった五郎さんは、「パワー系」を求めて銀座の裏通りを徘徊。 「昼食堂」と書かれた看板と「ポークソテー定食」に惹かれて、見の客を寄せ付けないような地下の怪しげなバーへと入った。 武者小路に続いて、ここの店主(室井滋)もアクが強かった。 のっけから水を運ぶ手伝いをすることになり、さらには「ロールキャベツ定食しかありませんけど」とメニューを限定されてしまう。 このドラマは、入店してからのメニュー選びも見どころのひとつだが、今回は「ロールキャベツ定食」一択。 入店時に先客がいなかったことで、五郎さんが得意とするテーブルの覗き見もできなかった。 求めていたはずのパワー系「ポークソテー」も食べられず、選択の自由もない。 普段は、一人であれやこれやと思考する場面に、五郎さんの人間味や、食のクセが見えるのだが、今回はそれが封じられてしまった形だ。 出てきたのは、和洋ごちゃまぜのフォーメーション 口を動かすと手が止まってしまう店主の長い話に付き合わされる五郎さん。 自由を奪われ、やっと出てきた「ロールキャベツ定食」は、和洋ごちゃ混ぜのフォーメーションだった。 店主が過去にロシアのウラジオストクで店を出していたことが関係するのか、「ロールキャベツ」はヨーグルトがかかった思いっきり洋風で、なのに付け合わせは、「わかめの味噌汁」「大根と人参の紅白なます」と和風も和風。 ナイフとスプーンと箸で食べる定食だった。 「口の中に嬉しさが広がっていく……」 自由を奪われ、出ててきた料理はムチャクチャな組み合わせだが、肝心の味は五郎さんを満足させるものだった。 コンソメスープがよく染みたロールキャベツは、ヨーグルトとトマトの酸味が合うらしく、なんと煮干し出汁の味噌汁とも、紅白なますとも相性が抜群だという。 五郎さんに与えられた自由 「スプーンでわしわし食べるロールキャベツ丼。 最高」 ご飯をおかわりした五郎さんは、ロールキャベツを茶碗に乗せて「ロールキャベツ丼」を完成。 一瞬で口に掻っ込むと、今度は逆にロールキャベツのスープにご飯を入れて「お茶漬け的な洋風スープライス」を作り上げる。 心の中で「おう、おう」言いながら一気に平らげた。 仕事も注文も自分のペースでできなかった五郎さんだが、食べ物を前にすればそれはまた別の話。 初めてきた完全アウェイの店で、「ロールキャベツ丼」や「お茶漬け的な洋風スープライス」を勝手に作り、冒頭のナレーション通り「誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為」を楽しんでいた。 」 作曲:久住昌之 演奏:The Screen Tones エンディングテーマ:「五郎の12PM」 作曲:久住昌之 歌:伝美脚本:田口佳宏 児玉頼子 演出:井川尊史 北畑龍一 北尾賢人.

次の