動物仕事求人。 動物好き必見!動物に関わる仕事の種類とおすすめ求人13選。資格なしで働けるのは?

【とらばーゆ】陶のまち動物病院(東海)の求人情報(2020/6/22掲載終了)|女性の求人・女性の転職情報サイト

動物仕事求人

動物病院の大まかな仕事内容 動物病院では、診察以外にも動物のお世話や資料の作成等の仕事があります。 どのような仕事があるのか、大まかに紹介していきます。 動物病院の仕事は大きく4個の役割に分けられる 受付業務 受付業務では、診察の予約の対応や来院された飼い主さんの対応が主な仕事になります。 動物病院の中では、飼い主さんとの距離が近いので、飼い主さんからの相談に答える機会がとても多く、しっかりと説明できる知識が必要になります。 動物病院の中には、受付のアルバイトを募集しているところもあります。 未経験者も募集していますが、多少の知識がないと困ることが多いので、応募する場合は本を読んで最低限の知識を勉強をしたほうが良いでしょう。 獣医師の補助 動物病院には治療が嫌いな動物もくるので、その際には暴れないようにしっかりと保定する必要があります。 他にも検査や手術の準備等、獣医師の補助をすることは沢山あります。 受付をしながら獣医師の指示を聞くことになるので、要領良く仕事をこなせる方は、動物病院で働くことに向いています。 診察以外のサービス 動物の診察を任されることは少ないですが、動物病院の中には診察以外のサービスをしているところもあります。 爪切りや肛門腺絞り、犬のしつけのサービスをしている動物病院であれば、診察以外のサービスを任されるので、個人的には診察+何かサービスをしている動物病院で働くと、犬と触れ合える時間も増えるのでオススメです。 雑用 動物病院は診察や手術をしているイメージがあると思いますが、アルバイトの場合は雑用がとても多いです。 掃除や資料の作成や、中にはひたすら封筒にハンコを押してほしいと頼まれる場合もあります。 せっかく動物病院で働けた場合でも雑用ばかり任されることでモチベーションが下がることもあると思いますが、間接的には動物の命を助けている仕事になるので、しっかりと責任を持って仕事に取り組みましょう 受付業務3個の業務 患畜の対応 動物病院の受付は基本的には人間の病院の受付と変わりません。 動物の名前を飼い主さんから聞き出し、カルテの準備やどのような症状が目立つかを聞き出し、獣医師に伝えるのが主な仕事です。 電話やメール対応 診察の予約を電話やメールで受け付けている動物病院もあります。 薬や症状についての質問の電話も多く、受付の方や動物看護師が電話の応対をする場合もあります。 またメールだけではなく、動物病院によっては年賀状や予防接種のお手紙を送ることがあるので、多少の文章力が必要になることも覚えておきましょう。 書類作成やホームページの更新 動物病院では、狂犬病や書類の作成以外にもホームページの更新を任されることがあります。 フィラリア検査等の時期が来た時にはホームページを更新したり飼い主さんにハガキを送る動物病院もあります。 ハガキの作成も受付の方や動物看護師が任されることが多いです。 トリミングサロンに比べると、パソコンを使うことが多いので、使えるスキルを身につけておきましょう。 獣医師の補助4個の業務 動物の保定 動物病院に通う動物の中には、診察が嫌で暴れるものもいます。 暴れてしまうと診察台から落ちて怪我をする恐れがあり、また血液を上手く採血できないので、保定は重要な仕事の一つです。 動物の病状や性格によって様々な保定方法がありますが、仕事をしていると覚えていくので心配はありません。 トリミングサロンやしつけ教室、動物専門学校では教わらない保定方法もあるので、是非沢山の保定方法を学びたい方は動物病院で働いてみて下さい。 カルテの記入 動物病院では診察した結果や性格等をカルテに記入する必要があります。 主に診察は獣医師の仕事になりますが、カルテの記入や飼い主さんに検査結果を伝えるのを任されることもあります。 中には治療の必要性をなかなか理解してくれない飼い主さんもいるので、しっかりと理由を説明できる知識が必要になります。 動物看護の業務 獣医師は診察や手術を行っている間は入院動物をケアできないので、入院中の動物のお世話や観察は動物看護師に任されることが多いです。 カルテに排泄回数や嘔吐時間、食餌の量など細かく記入し、獣医師にいち早く報告します。 動物によっては食餌の好き嫌いがあるので、食餌を試行錯誤するのも重要になってきます。 犬の爪切りや耳掃除等のサービス 診察と同時に爪切りや耳掃除等をお願いする飼い主さんもおられます。 診察は獣医師の仕事ですが、爪切りや肛門腺絞りは動物看護師に任せるところもあります。 動物病院の受付バイトは未経験でも働けますが、受付以外の仕事も教えてもらえるので、意欲的に取り組むと仕事の幅が増えます。 治療以外のサービス3個の業務 トリミング トリミングサービスをしている動物病院もあるので、診察以外にもトリミングやシャンプーの仕事を任されることもあります。 シャンプーやドライング等の基本作業は初心者の方でも犬の扱い方を分かっている方であれば、すぐに覚えることができます。 動物病院で働いてみたが自分に合わずにトリマーになる方も沢山いるので、診察や受付以外にも、何か動物の役に立つスキルを身につけることができる動物病院で働くことをオススメします。 ドッグトレーナー ドッグトレーナーは主に犬のしつけを飼い主さんに教える仕事です。 動物病院の中には犬のしつけ以外にも様々なことを教えているところがあります。 人間でも列にしっかりと並ぶ方もいれば、順番を守らない方がいるように、犬の中にもしっかりとルールを守る賢い犬は存在します。 そのような犬は様々な芸を覚えることに興味があるので、動物病院で細かな芸を教えてあげるようなしつけ教室も最近では増えています。 一般的な犬のしつけ教室では、このような犬の悩みに気づける方が少ないのも理由の一つです。 賢い犬にとことん芸を教えるような所で働きたい方は、動物病院でしつけ教室をしている所でドッグトレーナーとして働くことをオススメします。 ペットアドバイザー ペットショップでどのような商品を購入するべきか等のアドバイスをする方がいるように、動物病院の中にもフードやおもちゃについてアドバイスを担当している方がおられます。 、医療食品等も取り扱っているので、ペットショップにはない商品の知識が身につきます。 飼い主さんからの相談もより答えられるようになるので、将来的にはペットショップで働きたい方でも動物病院で一度働くことで経験を積むことができます。 このように診察以外にも、様々なサービスをしている動物病院があります。 動物看護を勉強しながら、しつけやトリミングの技術や知識を身につけるのは大変ですが、スキルアップにも繋がり、将来できる仕事が増えるので診察だけではなく他のサービスを行っている動物病院でも働いてみて下さい。 動物病院の仕事はどんな人に向いている? 動物病院で仕事をする際には、様々なことを任されることになります。 そこで、どのような方が動物病院で働くことに向いているのか紹介したいと思います。 精神的に強い人 動物病院で働いていると、失敗することもあり自分の思い通りにいかないことが沢山あります。 しっかりと治療や説明をしたつもりでも、飼い主さんからクレームを言われることや動物の命が亡くなってしまうこともあります。 そのような時にクヨクヨせずに、しっかりと気持ちを切り替える必要があります。 また、緊急手術や、飼い主さんが見ている中で動物の処置をする必要があるので、プレッシャーのかかる場面もあります。 精神的に強い方は、そういった場面でもしっかりと能力を発揮できるので、動物病院で働くことに向いています。 記憶力の良い人 動物病院に泊まりに来る犬や猫には様々な特徴や性格があり、それをしっかりと覚えておく必要があります。 また飼い主さんは自分の飼っているペットの名前を覚えてくれていることが嬉しく、それを理由にリピーターになってくれる飼い主さんも少なくありません。 診察の際にも、注射を嫌がる動物の場合には獣医師や動物看護師が噛まれてしまうかもしれないので、しっかりと性格を把握した上で今後の対策が重要になってきます。 動物の性格を覚えることはとても大事なので、記憶力の良い方は動物病院で働く時に役立ちます。 臨機応変に対応ができる人 診察時は人間ではなく動物を相手にしているので、思い通りに診察や治療ができることが少ないです。 例えば包帯を巻いても噛み千切る犬の場合には包帯を巻く以外の治療方法があるのかどうかや、自分が勧めた治療方法は値段が高いのでしたくないと飼い主さんに言われた場合には他の方法を提案します。 日々様々な飼い主さんやペットが来るので、どんなことにも臨機応変に対応する能力がとても必要になります。 客観的に動物と向き合える 動物が好きな人が動物病院で働くのに向いていると思われがちですが、そういった方もすぐに辞めてしまうことがあります。 動物は可愛いですが、生き物なのでいずれは亡くなり、治療を行っても救えない命を目の当たりにすることもあるのです。 動物が大好きという気持ちも大切ですが、客観的に命と向き合うことがとても大切な仕事になります。 体力がある人 動物病院では立ち仕事が基本になります。 大型犬を抱きかかえることもあり、犬や猫に噛まれることや引っかかれることも少なくありません。 残業は多く休みも少ないので、かなり重労働な仕事になります。 雑用を頑張れる人 動物病院の仕事は沢山ありますが、最初の内は掃除や封筒にハンコを押す等の雑用がほとんどです。 想像していた仕事とは違い辞めてしまう方も沢山いますが、雑用だと感じている仕事も、間接的には動物の為になっている仕事です。 たかが雑用だとは思わずにしっかりと責任感を持ち雑用ができる方は動物病院で働くことに向いています。 必要な資格を持っている人 動物病院では未経験者でも採用されますが、動物看護師統一認定試験に合格していると、より実践的な知識が身についているので即戦力として働くことができます。 そのため求人募集では、経験者や動物専門学校卒業が条件の動物病院もあります。 トリミングサロンを併設している動物病院では、トリミング技術が必要とされます。 動物病院の仕事に向いていない人の特徴は? 次に動物病院で働くのに向いていない人を紹介していきます。 好奇心がない人 動物専門学校では、実際に病気の動物の診察をすることはなく、動物病院で働き始めてから、様々な体験をすることになります。 時には自分から挑戦しないといけないことや、自ら勉強会にいき、知識をつけることがとても大切になります。 犬や猫だけではなく小動物のウサギやハムスターの知識、海外から本を取り寄せることもあるので英語の勉強等と、現状に満足せず新しいことを沢山学びたいという好奇心はとても必要になります。 好奇心がない方は動物病院で働いても技術や知識の向上は望めないので、向いていません。 人とのコミュニケーションが苦手な人 動物病院では、獣医師や飼い主さんとしっかりとコミュニケーションを取る必要があります。 他にも牧場や動物園、水族館等、様々な場所に行き、普段コミュニケーションを取らない方とも関わっていく必要があります。 少しの伝達ミスが動物の命に関わる場合があるので、コミュニケーション能力や相手に何かを伝える能力がない方は動物病院で働くことが難しくなります。 動物に対して過剰な愛情を持つ人 動物を可愛がり愛情を持つことはとても大切ですが、しっかりとした治療を行うためには、冷静に動物の命と向き合うことも大切です。 また動物が好きという理由だけで動物病院で働いてしまうと、亡くなってしまうことや苦しむ動物の姿を見るのが辛くて、動物病院を辞めてしまう方も沢山います。 動物病院で働く際には、過剰な愛情よりもしっかりと冷静に状況を判断できる方の方が向いています。 落ち着きがない人 動物病院で働いていると、予想していなかったトラブルや突然動物の容態が悪くなることがあります。 そういった際に落ち着きがないと飼い主さんも不安になるので、トラブルが起きた場合はしっかりと落ち着いて対処する能力が求められます。 また獣医師からも指示されることも多いですが、一つ一つ焦らず対処することがとても大切になります。 固定概念が強い人 動物病院で働いていると、例外な患畜も出てくる場合があり、今までと同じ治療方法では上手くいかない場合もでてきます。 そういった時には他の治療方法を試す必要があるので、「この病気はこの治療方法が良い」といった決めつけはよくありません。 保定方法や治療方法は犬や猫によって様々な方法があるので、固定概念を捨て、どの方法でやるべきかをしっかりと判断する能力が必要になります。 動物病院の仕事の良いところ 動物病院は、他の動物関係の職業に比べると給料が高く福利厚生が整っています。 また身につく知識や技術も沢山あり、資格の取得にも繋がるのがメリットです。 最近ではペットシッターや老犬ホーム等も増えてきているので、一度動物病院で働くことで、様々な仕事をできる機会が増えます。 自宅で飼っている動物が病気になった時にも薬や治療費を割引サービスをしてくれる動物病院もあります。 働いていると覚えることが沢山ありますが、それ以上に自分の能力を高める機会が多いので、是非働いてみて下さい。 やりがいを感じるポイント 動物病院は病気を治す場所ですが、残念ながら命を失う動物や痛々しい状態を見ることもあります。 実際にそのような動物を見るのが辛く仕事を辞める方もいますが、それ以上に飼い主さんに感謝されたり、動物の命を救えることがあるので、とてもやりがいを感じる仕事です。 ヘルニアや骨折等で歩けなくなっていた動物の担当になると、長期的な治療やリハビリで大変なこともありますが、歩けるようになった姿を見ると、とてもモチベーションアップにも繋がります。 動物病院では、長期の休みが取れないことやサラリーマンに比べると給料が低いというデメリットもありますが、資格や症状の回復等努力が形になるので魅力のある仕事です。 面白いポイント 動物病院ではオフィスワークでは味わえない面白さを感じられます。 実際に私が働いていて面白いと感じたことを紹介します。 珍しい動物を診察する 動物病院は犬や猫の診察をしているイメージがあると思いますが、小動物や爬虫類、鳥類等の診察をしている動物病院もあります。 珍しい蛇やリクガメが入院することもあり、様々な動物を診察するので知識の向上にも繋がります。 動物病院のホームページには診察対象の動物が記載されているので、犬や猫以外の動物の診察をしたい方はしっかりと確認しましょう。 飼い主さんと接する機会が多い 動物病院では、飼い主さんの悩みを聞くのも仕事になるので、信頼されて気軽に質問をしてもらえるようになります。 雑談のような会話から、時々治療に繋がる情報も得られるので、飼い主さんとのコミュニケーションも大切です。 往診がある 外来の診察だけではなく、高齢の飼い主さんの自宅に往診に行くこともあります。 またサファリパークや動物園にいる動物の診察を任されている動物病院もあります。 普段は近くで見ることができない動物に触れることができるので、とても良い経験になります。 往診の有無や提携している施設があるのかは、直接動物病院に確認してみて下さい。 様々な体験ができる 私は動物病院で働いていた経験を活かし、老犬ホームやペットシッターとして働いていました。 最近ではペットシッターの派遣業も増えているので、副業として働いている方も増えています。 ペットシッターはより飼い主さんや犬とのコミュニケーションがとれ、自分の時間を作ることができます。 また医療器具や事務所が要らないので、独立がしやすい職業になります。 中には爬虫類や鳥類のお世話を頼まれることもあるので、犬や猫以外の動物と触れ合いたい方にはとてもオススメの仕事です。 犬の運動会がある こちらは犬のしつけサービスをしている動物病院に多く、年に数回ですが飼い主さんとのコミュニケーションとして犬の運動会を開いているところもあります。 普段しつけをしている犬が走り回る姿はとても可愛く、リフレッシュもできるのでとても面白いです。 動物病院の仕事で活かせる経験 動物病院で働いていると今後に活かせるスキルや経験が沢山あるので、紹介していきます。 相手に伝える能力 動物病院で働いていると、病気の症状や治療方法等飼い主さんに伝えないといけないことが沢山あります。 他にもワクチンの接種時期や、狂犬病予防の必要性を疑問に思っている飼い主さんがいた場合には、何故それが必要なのかを分かりやすく説明します。 相手に分かりやすく伝える能力が磨けるので、今後に活かせます。 洞察力 動物は痛いところ等を伝えることができないので、しっかりと観察することが必要になります。 飼い主さんが今の説明で理解できたかどうか、獣医師が何を求めているかをしっかりと予測して行動に移すことがとても多いので、動物病院で働いていると洞察力や観察力は自然と上がり、どの職場でも活かせるスキルが身につきます。 対応力 動物病院では他の職場に比べてイレギュラーなことが沢山起こるので、対応力が養われます。 社会人に出ると自分の思い通りにならないこともあるので、学生時代に動物病院で働き、誰かに合わせて行動する能力を身につけることは今後に活かされる経験になります。 資格 カルテの管理やホームページの更新、飼い主さん向けのパンフレットや院内に掲示する案内などパソコンでの仕事も多くあります。 病気の動物が最優先なので、事務仕事やパソコン作業が早いと看護に従事する時間が増えます。 パソコンはどの職種でも必要なツールなので、スキルを高めておくと今後に役立てます。 その後のキャリアについて 動物病院で働いた後の転職先を紹介したいと思います。 動物専門学校の先生 動物病院でを辞めた後、動物専門学校の先生になる方もおられます。 動物専門学校の先生になる場合、動物病院で働いていたという経験はとても有利になり、貴重な人材です。 美容実習をしている際に生徒が怪我をさせてしまった犬の治療や、動物専門学校で飼育している犬や猫、小動物のお世話も、動物病院で働いたことのある方が任されることになります。 動物病院では飼い主さん相手に病気や症状の説明をしていた経験もあるので、生徒にも分かりやすく教えることができます。 その後のキャリアの一つとして、動物専門学校の先生はとてもオススメです。 ペットシッター ペットシッターは独立もしやすいので、動物病院での経験を活かしペットシッターになる方も増えてきました。 ペットシッターは、飼い主さんの代わりにペットのお世話をするのが主な仕事になります。 ペットシッター業は、主にアルバイトや派遣サービスに登録をして副業として始める方もいるので、動物病院で働きながらでもペットシッターとして活躍することが可能です。 老犬ホーム ペットシッターと同じく、老犬ホームも最近増えています。 こちらは、老人ホームの犬バージョンであり、老犬のお世話をするのが主な仕事になります。 老犬に対してどのような治療をしていくべきか、老犬の接し方等、動物病院で学んだことがとても活かせる仕事になります。 また老犬ホームはペットショップとは違い、犬が亡くなる瞬間まで一緒にいることになるので辛く感じることもあると思いますが、動物病院では見せないような穏やかな犬の表情を見ることができる仕事です。 まとめ 動物病院の仕事は動物専門学校を卒業以後も沢山の勉強をする必要があります。 雑用も多く、大好きな動物が亡くなる瞬間も見ることになるので精神的にキツく辞める方も多いですが、それ以上にやりがいもある仕事です。 その経験は今度役に立つので、どの職業で働こうか迷っている方がいれば、動物病院で働くことはプラスになります。 最近では専門学校だけではなく、通信教育や講習会、勉強会も増えており、資格も取りやすい環境になっています。 動物病院受付の仕事であれば未経験でも募集している動物病院も多いので、気になったら一度調べてみて下さい。

次の

動物に関わる仕事一覧

動物仕事求人

関東 55• 北海道・東北 12• 東海 8• 関西 7• 中国・四国 1• 日野市 8• 港区 1• 八王子市 1• 横浜市 11• 北葛飾郡 4• 南埼玉郡 4• 白岡市 2• 児玉郡 1• 千葉市 18• 四街道市 2• 富津市 1• かすみがうら市 1• 水戸市 1• 大阪市 5• 枚方市 2• 名古屋市 3• 半田市 2• 藤枝市 1• 焼津市 1• 岐阜市 1• 道東エリア 2• 仙台市 9• 上山市 1• 岡山市 1•

次の

動物カメラマンの仕事内容・なり方

動物仕事求人

ページコンテンツ• 動物に関するお仕事は年々増加!資格がなくても働ける職種が多いってほんと? 獣医師などの資格以外はほとんどが民間資格 動物の診断・治療などを行う獣医師の仕事に関しては、「獣医師国家試験」に合格した人だけが行えるものです。 しかし、実は民法上では動物は「動産(不動産以外の全ての財産)」として扱われており、そこに命が宿っていても、 国家資格が求められる仕事は少ないのです。 実際、動物に関わる仕事の中で、 国家資格が求められるのは獣医師のみであり、あとは ほとんどが民間資格となっています。 つまり、資格があれば待遇面で優遇されたり、採用されやすくなることはあっても、基本的に 資格がなければ働けない仕事はないということです。 このように表現されると、「動物はモノではないのに…」と悲しい気持ちになる人もいるかもしれませんが、考え方を変えて、 「資格がなくても動物に関わる仕事ができる」ととらえた方がよいでしょう。 動物に関わるお仕事一覧 職種名 仕事内容 獣医師 動物病院で来院した 動物の診断・治療を行う他にも、民間経営の動物園や水族館にいる 動物たちの健康管理等も行います。 トリマー ペットショップや動物病院等の施設において、生体の体毛を顧客が求めるデザインに カットするほか、 爪切り、シャンプーなども行います。 動物看護士 獣医師のサポート業務が主な仕事内容です。 診察だけではなく、手術に立ち会うこともあり、他にも受付業務や、預かっている生体の世話をするなどの仕事も行います。 ドッグトレーナー 顧客の犬を一定期間預かり、 基本的なしつけから、コンテストに出場可能な範囲の高レベルなしつけまでを行います。 ブリーダー 動物を繁殖させたり、必要に応じて改良を行う仕事です。 一度に複数の生体を飼わなければならないため、初期費用がかかるとともに、生体が売れるまで世話をするのも仕事となっています。 酪農家 乳牛を育てて、搾乳し(近年はミルカーという機械で行います)、それをチーズやバターなどの 乳製品に加工します。 レンジャー(自然保護官) 国立公園内などで 自然保護活動を行いますが、その一環として野生動物の保護も行います。 動物飼育係 自然動物公園や、動物園で飼育されている生体の飼育、育成などを行います。 日々の体調管理や、種の保存のための繁殖のサポートも行うため、日ごろから担当した動物と密に関わることも仕事のうちです。 ドルフィン・トレーナー 水族館などで飼育されているイルカが、ショーを行えるように 訓練・指導します。 ショー本番に備え、ほぼ毎日体調管理をしたり、世話をするのも仕事です。 ペットシッター 飼い主が仕事や旅行などの事情で、ペットの世話ができないという時に、 飼い主の自宅でペットを預かるのが主な仕事です。 乗馬インストラクター ライセンス取得後、 馬の調教や世話、顧客に対する騎乗技術向上のための 指導を行います。 馬具を手入れしたり、馬房の清潔を保つことも仕事となっています。 毎日動物と触れ合える!国家資格なしでOKのおすすめ求人9選 民間資格のみ、あるいは民家資格を取得した方が有利なお仕事 トリマー トリマーは資格がなくても働ける動物関連の仕事であり、実際に店舗でトリマーとして働いている有資格者たちは すべて民間の資格保有者です。 専門学校に通うお金もなく、すぐに働きたいなどの理由で時間もない人がトリマーになりたいと思ったら、ペ ットショップ等にアルバイトなどで働き、実際に現場で経験を少しずつ積みながら、カットなどのスキルを身に着けていくという方法がおすすめです。 近年では トリマーになるための専門学校もあり、専門学校で実際の生体を扱い、授業内でカットやシャンプーなどのスキルを身につけてから、ペットショップ等に就職していくケースが増えています。 資格はないよりもあったほうが、お店に出て働く際にも 「きちんと生体について学んできた」ことの証にもあるため、 民間資格であっても有資格者の方が有利に働けるでしょう。 動物看護師 動物看護士の仕事は、獣医師のサポート業務ではあるものの、 獣医師のような国家資格は必要ありません。 5団体が1つの資格のためにまとまったことにより、認定動物看護師の需要・信頼性は高まり、 現場で働く人の中には、働いてからこちらの資格を取る人もいます。 ただ、認定動物看護師の資格がなくても、求人に応募できるものも多くあります。 また、認定動物看護師を取得するとしても、 筆記試験のみで取得可能ですから、働きながら勉強して取得することも可能です。 動物介護士 人間も高齢化や身体の不自由によって介護福祉士に介護を依頼することがあるように、ペットもまた高齢化等に伴い、介護が必要となります。 動物介護士は、このような介護が必要とまった動物を対象に、 年齢や状態に応じた適切な介護を提供します。 民間資格であるため、資格取得後は自分が飼っている動物を自宅で看取りたいという理由で取得する人もいますが、 ペットシッターとして働くことを考えている人にもおすすめです。 高齢の動物をわけあって自宅で看病することができない人に代わって、適切な介護を提供することができるようになります。 実際にドッグトレーナーライセンスがなくても、ドッグトレーナーになることはできますが、 民間資格であっても有資格者の方が仕事の依頼を受けやすいでしょう。 昔から「噛まれた」「逃げられた」などのご近所同士のペットトラブルになることも多いことから、なるべく大きくなる前に 基本的なしつけを済ませておきたい人は多く、ドッグトレーナーの需要は高まっています。 資格がなくてもできるお仕事 ペットショップスタッフ フランチャイズで展開されている大型のペットショップや、個人経営のペットショップなどのスタッフとして働けば、 毎日動物と関わりながら仕事をすることができます。 直接生体の世話をする前に、ペットショップで販売している エサや小物の商品情報を暗記したり、 ポップを作成して販売促進をするといったように、生体周辺の仕事を任されることが多いものです。 しかし、経験を積むことによって生体への餌やり、散歩など、 生体に直接関わる仕事も任せてもらえるようになります。 これら すべての業務に特に資格は必要ありませんので、初心者でも働ける間口の広い勤務先だといえます。 酪農家 酪農家は、昔は世襲制で仕事が引き継がれてきたため、酪農家の家に生まれたら、その次の代も酪農家になる場合が多かったものです。 しかし、家長制度、世襲制の文化も薄れてきた今、特に資格がなく、酪農家に生まれなくとも、酪農家として働くことができます。 最初は 乳牛を飼育できる環境を整えた後、何頭かの 乳牛を買い付けて、その乳牛から搾乳した 牛乳をもとにチーズやバターなどの乳製品に加工します。 技術自体は、農業系の高校・大学を出ている人は学生時代に学ぶことができますし、そうでなくとも酪農家にアルバイトなどで雇ってもらい、 勉強した後に独立する人もいます。 ブリーダー ブリーダーになるために 必要な資格・条件は特になく、年齢も学歴も無制限となっています。 ただし、ブリーダーとして収入を得るためには、 繁殖させた生体を販売しなければいけません。 この「販売」行為を行うに当たっては、 保健所に「動物取扱業の届出」を提出しなければいけないのです。 もちろん、保健所への届出をするための資格は特に必要ないため、 手続きだけきちんとすれば、ブリーダーとして働くことができます。 ペットホテル従業員 ペットショップとペットホテルを併設しているところもありますが、ペットホテルもまた、無資格でも働くことができる仕事です。 ペットホテルでは、旅行や仕事などの都合により、自宅でペットの世話ができない飼い主に変わり、 ホテル内で短期間に限り自宅同様のお世話を行います。 ペットによっては好むエサ、散歩の時間や場所等が異なるため、 預かったペットの好みに合わせたお世話を提供します。 動物保護団体職員 NPOやNGO団体の中に、動物保護を目的とした団体があり、そこで 保健所等で殺処分になる予定の動物を保護する団体職員になるという選択肢もあります。 団体職員になるための資格は特にありませんが、書類選考や面接試験などがあり、 正規雇用ではなく契約社員などの雇用形態が多くなっています。 しかしながら、命を落とす運命にある動物を救うことができるというやりがいのある仕事もあるため、 動物の生と死に向き合うことができる覚悟のある人にはおすすめの仕事です。 間接的に動物をサポート!動物関連ビジネスのおすすめ求人4選 ペットフード関連企業 動物好きな人なら、 動物が日々口にするペットフードに携わる仕事に転職するという方法もあります。 イヌ、ネコなど人気の高いペットの他に、爬虫類、猛禽類のペットフードを扱っている企業もあり、 成分にこだわって開発職になっても、 パッケージデザインや広告にこだわって広報になっても、 より多くの店舗で扱ってもらえるように動く営業になっても、 最終的に動物の口に入る商品に関わることができます。 また、このような企業の場合は 一般的なペットショップよりも好待遇であることが多く、継続して働きたいという気持ちがある場合は、福利厚生の充実の面からいってもおすすめの仕事です。 動物用医療機器の製造 主に動物病院で用いられる 動物用医療機器の製造業に転職するという選択肢もあります。 病気やけがなどでこの世を去っていく動物たちの命を救う役目を果たす医療機器の製造は、動物好きな人にとってはやりがいのある仕事になるでしょう。 検査の際に使われる検査機器や、採血用の針、コンテナーなどの製造には 無資格で携わることができるため、早すぎる動物の死を救いたいという人におすすめの仕事です。 また、このような製造業には必ずマニュアルや研修期間があるため、これまで他の職種・業種で仕事をしてきたという 異業種転職の人でも、安心して転職することができます。 ペット保険取り扱い保険会社 ペットが度重なる病気やけがをすると、保険のきかない動物病院では治療費がかさみ、場合によっては治療を諦めざるを得ないという飼い主もいます。 お金の問題で大切なペットの命を縮めることがないように、 ペット専用の保険を取り扱っている会社に転職することによって、 1匹・1頭でも多くの動物の命を結果的に救うことができるのです。 ペット保険取り扱い会社では、 保険の営業が主な業務ですが、自分よりもペットの方が大事と考えている人は多いため、 人間のための保険よりもむしろ営業をかけやすいという特徴があります。 自分の成績・収入が増えるたびに、どこかで命を救われている動物がいると思うと、働く意欲もわいてくるでしょう。 リクルートエージェント 日本最大級の転職エージェントで、 求人数No. 1、転職成功実績No. 1の最大手リクルートエージェントです。 拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。 対応できる業種・職種が幅広く、質の高い求人を数多く保有しています。 各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った動物に関わる求人を紹介してくれます。 また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。 キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、 採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。 転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、 転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。 転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。 土日の相談が可能なのも有難いですね。 おすすめの転職サイトについてまとめています。 どの転職サイトに登録すればいいのか悩んでいる人のために、年齢ごとのおすすめ転職サイト、女性向けや既卒向け、特定の職種に特化した転職サイトなどを紹介しているので、参考にしてみてください。 まとめ 動物が好きだけど、特に資格がないから転職できるか不安…という人は、獣医師以外の仕事なら、 ほとんどの場合において無資格でも経験を積めば転職できるということを覚えておきましょう。 中には トリマーや動物看護師など、 民間資格があった方が採用されやすかったり、資格手当等で収入に反映されるものもあるため、時間とお金に少し余裕のある人は、勉強して資格を取ってから転職することをおすすめします。 また、 動物に間接的に関わるペットフード関連企業、動物用医療機器製造などの仕事は、雇用形態が正社員で収入も安定していることから、 趣味と実益を兼ねた仕事になるでしょう。

次の