目覚め たら 最強 装備 と 宇宙 船 持ち だっ た ので。 目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい (カドカワBOOKS)

目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい

目覚め たら 最強 装備 と 宇宙 船 持ち だっ た ので

クラッシャージョウとか、スターウォーズとか。 けれども何時の間にかSF設定がなによりも重要視されるようになり、スペオペは一部を除いて消えてしまった。 ロボット物に一部残っているか否か。 ロボット物自体少なくなってしまったけれど。 高性能な宇宙船を駆り、宇宙を縦横無尽に飛び回る、そんな痛快な話しは皆無では無いが、あまり見ない。 それがゲーム世界に云々というひとくさりで、かつてのあの痛快な物語の匂いが感じられるのは嬉しい。 だからといって脳天気な世界というわけでもなくて、西部劇が源流にあるスペオペならではの悲惨な境遇の子供もキッチリといる。 星間国家の設定も別に手を抜いているわけでも酷くもない。 ただ痛快な活躍の方に主眼が置かれているだけで。 一巻のスタートは良好だが、痛快なままで進むのか期待している。 王道のなろう小説です。 お約束に満ちた山も谷もなだらかなストーリー進行は良くも悪くもザ・なろう小説という感じで、このジャンルではクオリティの高い方かなと思います。 なろう好きなら安心して読める内容かと。 主人公のスタンスは「なんか知らんけどゲームにすごく似た世界で強キャラになっちゃったので、思いきり楽しんで庭付き一戸建てを手に入れよう」というもので、惑星居住地に家を建てるために大金を稼ぐ傍ら遊んだり投資したり人助けしたりと寄り道を繰り返す物語ですね。 食生活やら重力の問題やら世界観もそこそこ最低限すぺーすふぁんたじー的に書き込んでくれているので、ガチのSF小説は読まないけれどゲームとかのSFは好き、という人にちょうどいいSF感かもしれない。 Webからの書籍版としての評価をすると、正直「Webで読んで応援したくなったら買おう」という感じ。

次の

目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい 1(松井俊壱) : MFC

目覚め たら 最強 装備 と 宇宙 船 持ち だっ た ので

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

『目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい』のコミカライズ連載が開始

目覚め たら 最強 装備 と 宇宙 船 持ち だっ た ので

カドカワBOOKS刊『 目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい』のコミカライズ連載が、「」にて開始となった。 本作は小説投稿サイト「」発の作品で、お気に入りのゲームに似た世界で目覚めた主人公が、ハイスペックな宇宙船を駆りながら傭兵稼業に臨む冒険譚を描く。 原作小説は現在第1巻が発売されている。 コミカライズの作画は 松井俊壱氏が担当しており、第1話「これは夢じゃない。 現実だ。 」がカラー含む32ページで公開された。 銀河を舞台に無双するスペース・ファンタジーがコミックでもスタートした。 【原作小説あらすじ】 会社から帰宅した佐藤孝弘は、今日もいつも通りお気に入りのゲーム(ランカーになる位はやりこんだ)をして、ベッドに入った。 が、目覚めると暗闇…というか宇宙船の中!? お約束のように野良の宙賊に襲われるも、ゲームの中で自分が超強化した愛機そっくりな船のお陰で瞬殺! どうやら、俺はゲームに似た時空にいるらしい。 コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。 『目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい』は、カドカワBOOKSより第1巻が発売中。

次の