終わり の セラフ キャラクター。 『終わりのセラフ』シリーズが累計1000万部を突破。オールキャラクター人気投票、「ジャンプSQ.」×「月刊少年マガジン」初のコラボ表紙も

SPECIAL

終わり の セラフ キャラクター

自分を利用させつつも親友である 「ミカエラ」を救わせるためにグレンについていくと決めた。 人間の血を飲まない為、吸血鬼としては 不完全。 優一朗を「汚い人間から救い出す」という思いで行動している。 誰にでも敬語。 帝国軍元帥の娘であり、 鬼呪装備の開発者である真昼の妹である 姉と同じく生まれた時から 体内に鬼を持っており、身体能力などにおいても優れている。 気弱だが優しく、 勇敢。 一度軍の入隊試験に落ちているが、学内に侵入してきた吸血鬼を倒したことで入隊。 小百合(後紹介)いわく 「鬼に対する心の安定は圧倒的」らしい。 授業態度は良くないが、成績は 優秀。 不治の病である妹を助けるために軍での出世を目指し、妹思いで好きな物も妹と一緒、というほどほどに シスコン。 シノアをライバル視しているが、強さを認めていて仲は良い様子。 かつて仲間の危機に陣形を無視して行動じ、 部隊全滅をさせてしまった過去を持つ。 部下を 家族として大事にしているが、 鬼になる一歩手前であり、一日を二つの人格がいったり来てるらしい。 裏人格は 死んだ恋人・真昼に取りつかれており、フェリド(後紹介)と 終わりのセラフ実験を行っている。 (接近戦を得意にするグレンをそれで援護) グレンの実力にほれ込み彼の下についているが、 階級はグレンより上。 階級が低いグレンに従うのは 五士同様の理由。 スカートではなくズボンを着用。 月鬼ノ組の講師をしており、生徒のことをよく見ている。 敬語で、表情もあまり動かない。 戦闘技術に長け、 暗記等を扱うのが得意。 チームワークのないシノア隊や、優一朗に対して厳しい態度だが、 褒める時はきちっと褒めてくれる。 名古屋空港終わりのセラフ実験にて 多数の仲間を失った。 赤蛇の力がゆえに 隊の中核を担う。 知勇兼備であり、名古屋空港にして実験隊として暮人(後紹介)によって 殺害。 スキンシップなども積極的に行う、隊の ムードメーカー。 名古屋空港にて秀作と同じく 死亡。 心優しく大人しそうな見た目だが、吸血鬼と戦う 勇敢さはきちんと持っている。 名古屋空港にて 戦死。 先陣切ってその力を振るい、人一番 正義感が強い。 名古屋にて 戦死。 余談キャラ 出典: グレンのカリスマ性と崇高な野望に シンパシーを感じたらしい。 グレンを慕って、ではない所が 彼らしい。 分家のグレンのことを、あまり心よくは思っていない様子。 黙示録のウイルスに、身体の半分を侵されている。 柊に逆らうモノに容赦は決してしない。 目的達成のためであれば、それは 身内でも同じこと。 シノアには 「バケモノ」といわれ、日本を中核として世界を管理し、吸血鬼を殲滅した 楽園を作ろうとしている。 グレンに嘘を吹き込まれて 信じて暮人の立場を悪くしたり、嘘と知って報復しようとして コテンパンにされたりしている。 しかし柊家のことはよく思っていない。 グレンと志が同じであり、そのため月鬼ノ組の任務をすることもある。 冷静沈着であり、咄嗟の判断力や警戒心を持ち、暮人からも 信頼を得ている。 ちなみにシノア隊の三 宮三葉の姉であり、金髪なのは先祖からの呪いの影響。 鬼呪装備を作り上げ世界を救ったとされている。 シノアいわくグレンに殺され、真昼は黒鬼として グレンの刀に宿っている。 ピンクの髪をした幼い少女であり、 何かの目的のために内密でセラフの研究に手を出している。 名古屋空港の実験の混乱で、フェリドに裏切り者として扱われ 失墜する。 (グレン&深夜を軽くあしらう) おもしろいことを探しているがゆえにフェリドの側についており、小説版では かつて人間だったことが明かされたようだ。 与一の 姉、巴を殺した吸血鬼でもある。 幼い容姿をしており、 自称クルルより実力が上、らしい。 名 古屋決戦にて調子にのった際に優一朗、鳴海によって 殺される。 いで立ちは一番吸血鬼らしいかもしれない。 シノアのキャラ紹介と、Twitterでの反応! 上の動画では、 シノアがそれぞれのキャラを動画と声つきで紹介してくれる。 ここには優一朗版を貼っておくが、他にも ミカエラ、グレンなど様々なキャラを紹介している。 下には終わりのセラフキャラクターに対する Twitterでの反応を少しまとめてみた。 最後に 終わりのセラフのキャラクターいかがだっただろうか。 実際にはもう少しこまごまとキャラクターがいたり、雑誌の方では 第二位始祖が出てきているようなのだがそのあたりは ネタバレになるため控えた部分もある。 未だ謎の人物等も多いため、原作からも目を離さず、新キャラたちの登場を心待ちにしたい。

次の

終わりのセラフ

終わり の セラフ キャラクター

自分を利用させつつも親友である 「ミカエラ」を救わせるためにグレンについていくと決めた。 人間の血を飲まない為、吸血鬼としては 不完全。 優一朗を「汚い人間から救い出す」という思いで行動している。 誰にでも敬語。 帝国軍元帥の娘であり、 鬼呪装備の開発者である真昼の妹である 姉と同じく生まれた時から 体内に鬼を持っており、身体能力などにおいても優れている。 気弱だが優しく、 勇敢。 一度軍の入隊試験に落ちているが、学内に侵入してきた吸血鬼を倒したことで入隊。 小百合(後紹介)いわく 「鬼に対する心の安定は圧倒的」らしい。 授業態度は良くないが、成績は 優秀。 不治の病である妹を助けるために軍での出世を目指し、妹思いで好きな物も妹と一緒、というほどほどに シスコン。 シノアをライバル視しているが、強さを認めていて仲は良い様子。 かつて仲間の危機に陣形を無視して行動じ、 部隊全滅をさせてしまった過去を持つ。 部下を 家族として大事にしているが、 鬼になる一歩手前であり、一日を二つの人格がいったり来てるらしい。 裏人格は 死んだ恋人・真昼に取りつかれており、フェリド(後紹介)と 終わりのセラフ実験を行っている。 (接近戦を得意にするグレンをそれで援護) グレンの実力にほれ込み彼の下についているが、 階級はグレンより上。 階級が低いグレンに従うのは 五士同様の理由。 スカートではなくズボンを着用。 月鬼ノ組の講師をしており、生徒のことをよく見ている。 敬語で、表情もあまり動かない。 戦闘技術に長け、 暗記等を扱うのが得意。 チームワークのないシノア隊や、優一朗に対して厳しい態度だが、 褒める時はきちっと褒めてくれる。 名古屋空港終わりのセラフ実験にて 多数の仲間を失った。 赤蛇の力がゆえに 隊の中核を担う。 知勇兼備であり、名古屋空港にして実験隊として暮人(後紹介)によって 殺害。 スキンシップなども積極的に行う、隊の ムードメーカー。 名古屋空港にて秀作と同じく 死亡。 心優しく大人しそうな見た目だが、吸血鬼と戦う 勇敢さはきちんと持っている。 名古屋空港にて 戦死。 先陣切ってその力を振るい、人一番 正義感が強い。 名古屋にて 戦死。 余談キャラ 出典: グレンのカリスマ性と崇高な野望に シンパシーを感じたらしい。 グレンを慕って、ではない所が 彼らしい。 分家のグレンのことを、あまり心よくは思っていない様子。 黙示録のウイルスに、身体の半分を侵されている。 柊に逆らうモノに容赦は決してしない。 目的達成のためであれば、それは 身内でも同じこと。 シノアには 「バケモノ」といわれ、日本を中核として世界を管理し、吸血鬼を殲滅した 楽園を作ろうとしている。 グレンに嘘を吹き込まれて 信じて暮人の立場を悪くしたり、嘘と知って報復しようとして コテンパンにされたりしている。 しかし柊家のことはよく思っていない。 グレンと志が同じであり、そのため月鬼ノ組の任務をすることもある。 冷静沈着であり、咄嗟の判断力や警戒心を持ち、暮人からも 信頼を得ている。 ちなみにシノア隊の三 宮三葉の姉であり、金髪なのは先祖からの呪いの影響。 鬼呪装備を作り上げ世界を救ったとされている。 シノアいわくグレンに殺され、真昼は黒鬼として グレンの刀に宿っている。 ピンクの髪をした幼い少女であり、 何かの目的のために内密でセラフの研究に手を出している。 名古屋空港の実験の混乱で、フェリドに裏切り者として扱われ 失墜する。 (グレン&深夜を軽くあしらう) おもしろいことを探しているがゆえにフェリドの側についており、小説版では かつて人間だったことが明かされたようだ。 与一の 姉、巴を殺した吸血鬼でもある。 幼い容姿をしており、 自称クルルより実力が上、らしい。 名 古屋決戦にて調子にのった際に優一朗、鳴海によって 殺される。 いで立ちは一番吸血鬼らしいかもしれない。 シノアのキャラ紹介と、Twitterでの反応! 上の動画では、 シノアがそれぞれのキャラを動画と声つきで紹介してくれる。 ここには優一朗版を貼っておくが、他にも ミカエラ、グレンなど様々なキャラを紹介している。 下には終わりのセラフキャラクターに対する Twitterでの反応を少しまとめてみた。 最後に 終わりのセラフのキャラクターいかがだっただろうか。 実際にはもう少しこまごまとキャラクターがいたり、雑誌の方では 第二位始祖が出てきているようなのだがそのあたりは ネタバレになるため控えた部分もある。 未だ謎の人物等も多いため、原作からも目を離さず、新キャラたちの登場を心待ちにしたい。

次の

SPECIAL

終わり の セラフ キャラクター

1、アフレコをしてみてのご感想をお願いします。 まだ始まったばかりで出演者も少ないのですが、これから先どんどんと魅力的なキャラクターが増えキャストも増えてくるので楽しみです。 2、ご自身が演じるキャラクターの印象はいかがですか? 序盤は本当に俺様で帝王主義っぽいのでアレな感じの人物にうつるかもしれませんが内面では色々と考えているキャラなので深みある人物として表現できればと思いました。 3、放送を楽しみにされているファンの皆様へメッセージをお願いします。 先行のPVからも伺えるクオリティの高さ!楽しみにしながら何度も再生してくれている方も多いと思います!もう間も無くですので期待してお待ちください! 1、アフレコをしてみてのご感想をお願いします。 色とりどりのキャラクターが出てくるので毎回新鮮です。 漫画の中で見ていたあの人やこの人が実際に動いているところを見ると楽しい気持ちになりました。 続きが気になるアフレコ現場です。 2、ご自身が演じるキャラクターの印象はいかがですか? 一言で表すのが難しいです。 三角かと思えば丸で、丸かと思えば四角で、かと思えば六角系で…というような掴めないところがあるキャラクターですが、可愛らしいところも多いです。 3、放送を楽しみにされているファンの皆様へメッセージをお願いします。 ついに放送が始まります。 原作を読んでいるという方にもまだ読んでいないという方にもお楽しみ頂ける内容です。 一度にたくさん美味しさがつまった作品だと思うので、ぜひご覧いただけると嬉しいです。 1、アフレコをしてみてのご感想をお願いします。 ブース内では日本帝鬼軍と吸血鬼側に分かれて座っているのですが、休憩中はリラックスしながらも、いざ収録が始まるとピリッと空気がかわります。 居心地が良く、キャスト一同が全力で収録に臨んでいます。 2、ご自身が演じるキャラクターの印象はいかがですか? クールでありながら荒々しく、演じていてとても楽しいです。 特に優一郎と絡んでいるときの君月は台本の段階からすごく生き生きしていて、実際に掛け合っているときの心(拳)のぶつけ合いを表現できるように頑張ります。 3、放送を楽しみにされているファンの皆様へメッセージをお願いします。 「終わりのセラフ」の世界が映像として新たな進化を遂げます。 映像になり、キャラクター達が動き、音が付き、音楽が付きます。 さらに広がっていく「終わりのセラフ」の世界にどっぷりと浸かってください!よろしくお願いします。

次の